何度でも行きたい 世界のトイレ

何度でも行きたい 世界のトイレ
127ページ
67登録

何度でも行きたい 世界のトイレはこんな本です

何度でも行きたい 世界のトイレはこんな本です

何度でも行きたい 世界のトイレの感想・レビュー(41)

清潔なトイレだったらどれもステキです♪
★13 - コメント(0) - 2月11日

いちばん行きたいトイレはニュージーランドのカワカワ。色合いが美しい。ジャングルのトイレなんて、なぜトイレを作る必要があるのだろう。私なら「お花を摘みに行く」。もっとわからんのはマジックミラーを壁一面に張ったトイレ。いくらあちらからは見えないからって落ち着かないよ。ビデボタンのデザインは、言われてみれば「便器発射!」だ。
★6 - コメント(0) - 1月30日

世界のいろんなトイレの写真集。マジックミラーのトイレの存在は知っていたけど、落ち着かないよねぇこれは(笑)。砂漠のトイレはWCの立て看板があるだけ。これもキョロキョロと挙動不審になりそう。イギリスの地下からせりあがってくるポップアップ式トイレは斬新だ。油圧で上がってくるのを見てみたい。やたらと見晴らしのいいもの、使うのが難しそうなもの、いずれも工夫がなされてはいるけれど…やはり日本のトイレが一番ですよ♪
★49 - コメント(6) - 1月29日

厳しい環境にあるトイレ、昔のトイレ、お洒落なトイレなど様々なトイレを見れる。
★4 - コメント(0) - 1月14日

本のタイトルは『何度でも行きたい 世界のトイレ』になっているけど…こんなトイレはイヤだと感じたり、行きたくないようなトイレが多数掲載されていた。タイトルはミスマッチだと思った。
★6 - コメント(0) - 2016年12月8日

★★★やはり日本のトイレが一番である。トイレもアートだ。
★3 - コメント(0) - 2016年11月24日

行ってみたいトイレもあれば、御免被りたいトイレも、そんな世界のトイレの写真集です。考えてみれば行ってみたいトイレというのもおかしな話ですけどね。日本のトイレでは、どこにでもあるような温水シャワー機能付きのトイレと、東京ジョイポリスのトイレが紹介されてます。温水シャワー機能付きトイレというのは世界ではまだ普及してないのかな。ジョイポリスのトイレは、おしっこを的に当ててそのデータでゲームができるそうです。日本らしいと言えばらしいですね。
★21 - コメント(0) - 2016年11月23日

図書館で衝動借り。景色がいい。トイレは生活に密着しているからこそ、その地域性が存分に発揮されていて眺めてるだけでも想像力が掻き立てられる。森の中のトイレとか正直存在する意味があるんか!?とか思ったり、体長1.6mのトカゲがいるから高床式になっていたり、ホント世界は広い。世界のトイレも多種多様だわー(笑)
★50 - コメント(3) - 2016年11月13日

宇宙のトイレは使うのが大変そうだ。行ってみたいと思ったトイレは、ザ・ペニンシュラ(香港/中国)、アドルフ・ロースの公衆トイレ(ウィーン/オーストリア)、イスラム美術館(ドーハ/カタール)、アレクサンダー広場(ベルリン/ドイツ)、ポップアップ式のトイレ(ロンドン/イギリス)、トイレの島(プラセンシア沖/ベリーズ)、エフェソス(トルコのエーゲ海地方)、果物型のトイレ(テルアヴィヴ/イスラエル)、ソニーセンター(ベルリン/ドイツ)、古代の公衆トイレ(カルタゴ/チュニジア)、カフェ八角形(ベルリン/ドイツ)。
★4 - コメント(0) - 2016年11月7日

人集う所にトイレあり(笑)。崖っぷちにワイヤーで固定されたものや、外には野犬がうろつく危険が伴うものなど野性味あふれるものから、近代的でかっこいいものまでさまざまなトイレが紹介されていて楽しかった。お気に入りは、卵型の個室が並ぶおしゃれなレストラン「スケッチ(ロンドン)」。伝統的な赤と金の模様が施され、なぜかおばちゃんが見張っている「公衆トイレ(モスクワ)」。看板だけがポツンと立っている「砂漠のトイレ(シロリ砂漠/ボリビア)」。
★41 - コメント(2) - 2016年10月27日

トイレ目的でもいいから、ああ、旅に出たい!北欧、カナダ、ニュージーランドが、意識的にトイレに力を入れていると分かる。日本はハイテクものとしてだけ取り上げられているのは、ちと残念。日本版の本も見たい。
★17 - コメント(0) - 2016年10月24日

世界のトイレの写真集、宇宙のトイレから山小屋のトイレ、砂漠のトイレ、日本のハイテクトイレ、古代遺跡のトイレなどさまざま。大自然の中に置かれたトイレが多い。表紙はカナダの自然公園のエコトイレ。
★1 - コメント(0) - 2016年10月17日

一度も行けそうにないけれど、見ているのは楽しい。
★16 - コメント(0) - 2016年10月16日

ロンリー・プラネットならではの楽しい企画だね。ロケーションが素晴らしいトイレがたくさんあって、旅心を誘われる。トイレ島とかフリースラントの高床式トイレとかいいなあ。
★7 - コメント(0) - 2016年10月14日

これを見たなら、たぶん多くの人が考えるであろう、「自分ならどこで用を足してみたいか」。 私ならシュクサン山のベースキャンプトイレ。便座が冷たそうだけど。絶対イヤなのは、マジックミラーのトイレ。両方ともアメリカのトイレだな。
★3 - コメント(0) - 2016年10月3日

『奇界遺産』の佐藤健寿さんのtwitterで紹介されていて知りました。興味深々だけどなかなか知る機会がない、世界中のトイレの写真集。絶景にぽつりと建つ美しいトイレから、まるでオブジェのようなトイレまで様々です。中には砂漠の中に看板が建っているだけの、もはや壁も何もないただの目印だけのトイレも(笑)ちなみに表紙はカナダにあるエコトイレ。大自然の中のトイレ…落ち着くのか、落ち着かないのか…
★6 - コメント(0) - 2016年10月2日

世界のトイレ、楽しい。モンゴルがないのがちょっと残念。内モンゴルで見た、柳の枝を編んで作った“壁”にぐるぐるっと囲まれた「まいまいず便所」も紹介の価値があると思うのだが。それと、カナダのブリティッシュコロンビア州の海岸トイレのページの「月光発電」による1日2回水が流れるしかけって何だろうと思ったら、もしかして潮の満ち引きを利用しているということですか。
★3 - コメント(1) - 2016年9月27日

図書館で借りる。新刊である。この本はタイトルの通り、世界のトイレを紹介した本であり、オールカラーで写真が美しい。ドロッドロのトイレが紹介されているわけではないので、不潔感もなく明るく綺麗な雰囲気で不快感もない。トイレのコメントもシャレが効いており面白く読める。しかも海外の人が書いた本であり、日本のトイレの紹介も笑えてしまう。一つはジョイポリスのトイレが紹介されており、日本人でも知らないような情報もある。(有名なのかも知れないが)著者がどうやって調査したのか、知りたくなるくらい、広い範囲の情報である。
★18 - コメント(0) - 2016年9月26日

kaz
絶景スポット、僻地から街中の斬新なものまで、面白いトイレが盛りだくさん。何度も眺める本ではないが。
- コメント(0) - 2016年9月22日

今読んでいるみんな最新5件(1)

11/07:ロア

積読中のみんな最新5件(2)

10/09:ゆんふぁ

読みたいと思ったみんな最新5件(23)

02/12:さい。
01/29:リコリス
01/29:アクア
何度でも行きたい 世界のトイレの 評価:93 感想・レビュー:19
ログイン新規登録(無料)