早起きのブレックファースト (河出文庫)

早起きのブレックファースト (河出文庫)
224ページ
140登録

早起きのブレックファーストを読んだ人はこんな本も読んでいます


早起きのブレックファーストの感想・レビュー(80)

私も堀井さんのようにすきなもの、ことを素直に受け入れたい。真似したくなる習慣をいくつか発見。
- コメント(0) - 2月4日

漆の盆の塗り直しとか
★2 - コメント(0) - 2016年10月30日

朝御飯に限らず、ご飯の話、おやつの話、食器や調理器具の話、それらにまつわる思出話等々、載ってますエッセイ集。ほこほこした気持ちになりつつ読了。同じ著者さんの本、読みたいなー♪
★1 - コメント(0) - 2016年8月14日

ブックカフェにあった本。コーヒーとワッフルを片手に読んでみました。内容は難しくない&短編なので、ぼーっとしたいときにちょいちょい読むのがおすすめ。気合いを入れて読む本ではなかった。
★1 - コメント(0) - 2016年4月25日

書いてあることはかなり好きでこんな生活をしたいと思った。 でも、文体があまり好きではなかった…
- コメント(0) - 2015年11月7日

run
読みにくかったので、数日かけて空いた時間にパラパラ。写真かイラストが見たかったなーと思うところが多々あり。文庫じゃなければ載っていたのかな?
★9 - コメント(0) - 2015年11月5日

文章と挿絵(こう呼びたい)が手を取ってリズムを奏でているような、焼きたてのパンのかおりがしてくるような一冊。
★2 - コメント(0) - 2015年5月15日

Filed.
- コメント(0) - 2015年3月25日

料理スタイリストの堀井和子さんのエッセイ。 以前、この方のエッセイに挫折した記憶あり(^^;; 今回も、ややその傾向があって、少し時間がかかりました。 ふと暇を見つけると手を伸ばし広げてみる本を、コーヒーテーブルブックというそうで、その言葉が素敵で、取り敢えず読了。
★3 - コメント(0) - 2015年2月3日

少し前までは、合わないのかも…と思っていた堀井和子さん。でも、これは、スッと入ってきて良かった。ごはん、旅、家族、日々のことが綴られている。
★6 - コメント(0) - 2014年12月17日

バブリーな香りのするエッセイ。好きなものを好き。好きな時間の過ごし方や美味しいと思える感覚を持っているということは幸せなことなんだな。と感じた。「出会ったものと数多くの失敗から、自分の感覚や個性を育ててもらっている」失敗も消して無駄ではないのか。
★1 - コメント(0) - 2014年8月27日

朝食に家でパンを焼くというライフスタイルだけでおしゃれ。どうやったら朝に余裕がある生活にできるのかな。素敵な生活だけど、私にはムリっぽいと認識した一冊。
★2 - コメント(0) - 2014年7月27日

なんというか、まぁエッセイですから、著者がひたすら自分の生活様式を主張をする本。個人ブログに毛が生えたような印象。笑える事も無く、一般に適用できるような生活の知恵も少ないと感じた。著者に憧れている人にとっては楽しいのかな〜?ただ、煎茶を使い古しのお鍋で煎って自家製ほうじ茶を作るっていうのはチョットやってみたい気がした。
★8 - コメント(0) - 2014年7月15日

とても1日1日の生活を丁寧に、そして心地よく過ごしているのが伝わってくる。堀井さんの作るお菓子やパンは、どれも別に派手だったり難しかったりしないのに、とてもおいしそうで生活をとても鮮やかに彩っている。使っている生活道具もとてもシンプルなものなのに、ぬくもりがありわたしの生活のなかにもすこし加えたいっておもう。堀井さんのように丁寧に生活や食べ物や道具たちとは過ごせないかもしれないけれど、じぶんの生活にちいさな彩りのヒントをくれるような素敵な一冊。
★19 - コメント(0) - 2014年6月28日

最初はなんとなく読みにくいなぁと感じたものの、徐々に気にならなくなる。好きなものに囲まれた生活ということについて考える良い機会になった。大切に使い続けていく中で段々に馴染んで味わいが増してくる道具であるとか、試行錯誤を重ねた上で見つける理想の味とか。自分の生活をちょっと見直してみようかなと思った。まずは宵っ張りをなんとかしたい。食べ物について語られているエッセイは読んでいて楽しい。
★4 - コメント(0) - 2014年6月11日

本当に好きなことをまっすぐにやっているんだなぁと感じ、自分も好きなことまっすぐにやろうと改めて思わされました。やっぱり五感で感じることが大事。
★2 - コメント(0) - 2014年5月16日

汐留ミュージアムで開催中のメイド・イン・ジャパン南部鉄器展で、堀井和子さんのテーブルコーディネートを見た。 派手じゃなく、素朴で飽きがこない印象で、私けっこう好きかも。
★2 - コメント(0) - 2014年2月26日

はじめて読む堀井和子さんの本。こういう、簡素で丁寧、みたいな暮らし、あこがれる。ずぼらな自分にはなかなかむつかしい…、と思ってしまうんだけれど、これなら自分のくらしにも取り入れられそうだなと思うところが、読んでいて、ちょこちょこあった。久々に家でパンを焼きたいと思ったり。ともかく何もかもおいしそうに書かれている。一篇がとても短いので、あいた時間に手軽に読めた。
★6 - コメント(0) - 2014年2月3日

だいすきな堀井和子さんの本!さらっと描いてあるイラストも、味があって素敵だなぁ。朝ごはんのしあわせが伝わってくる1冊です。
★3 - コメント(0) - 2013年12月24日

ERi
★★☆☆☆読むのがしんどかった。
- コメント(0) - 2013年12月14日

sou
タイトルに魅かれて購入。こういうエッセイは電車内でぼんやり読むのに良い。石井好子の料理エッセイとかに雰囲気が似ているなと思う。
★3 - コメント(0) - 2013年10月3日

朝食に関するエッセイが中心だが、それ以外にも身の回りや親族(の子ども)に関する話が収録されていたりする。パンの話が素敵だが、取り入れるのはややハードルが高い印象を受けた。
★2 - コメント(0) - 2013年9月1日

定番の手作りパンも手間ひまとセンスの料理も、使い込むほどに味が出る道具も、憧れるし素敵だなと思うのだけれど、私にとってはその辺のフィクションよりもよっぽどフィクションのように感じられて、想像力が限界な感じ。
★4 - コメント(0) - 2013年8月31日

朝ごはんのパンお話をしたかと思うと自転車の話が出てきたりする。独特の文章が頭に入りにくく読むのにちょっと苦戦した。写真があるといいな~。さっそくこの本のパンケーキを作ってみました。
★2 - コメント(0) - 2013年8月27日

ほどよく。「お、いいな」って思ったものはやっぱり写真を見たいなあ。
★2 - コメント(0) - 2013年8月19日

とてもよかったので、少し物足りなく感じた。あとは写真入るとよかったな
★2 - コメント(0) - 2013年8月15日

文庫化!と喜んで購入したものの、文庫化にあたり他2冊との再構成された内容でした…。他2冊が一部のみ収録ってことは「早起きの…」もそうなの?それとも内容量が足りなかったからそういうことに?他の2冊に関しては今後文庫化はないってこと?色々疑問が残りました。やはりこの手の楽しむのは文章だけではない本は文庫でない方が楽しめるように思います。写真やデザインがあまり活きて来なかったり削られてたり。値段相応ではありますが。
★3 - コメント(0) - 2013年8月7日

今読んでいるみんな最新5件(8)

02/02:うえはら
07/08:fuyuki
10/22:さといも
08/16:EMILY

積読中のみんな最新5件(13)

09/19:nemuro
08/02:meg*めぐ
05/21:ゆう*

読みたいと思ったみんな最新5件(39)

03/14:朝顔
02/12:とっきー
02/05:河童
01/12:もち
早起きのブレックファーストの 評価:68 感想・レビュー:27
ログイン新規登録(無料)