真田忍者、参上!: 隠密伝奇傑作集

真田忍者、参上!: 隠密伝奇傑作集の感想・レビュー(15)

今年の真田丸も もう終わるので。真田忍者 アンソロジー。色々な人の本が 楽しめたよ。
★14 - コメント(0) - 2016年12月13日

今年話題の真田に関する本を読んだ。真田の陰の立役者、真田忍者の物語の連作集。過去に書かれたものを集めたものだが、作家がすごい。柴田錬三郎、田辺聖子、池波正太郎とビッグネームが連なる。真田十勇士の映画、演劇などでも話題の人物もたくさん登場する。そもそも架空の話で、あまりに変幻自在で興ざめするシーンもあるが、そこそこ楽しめた。
★27 - コメント(0) - 2016年9月27日

いい話集めましたね。やっぱり柴錬の描いた真田忍者の姿が荒唐無稽な伝奇物として王道だと思うのですが。だって池波のはなんか理不尽でわりと意味不明でもやっとするし。両極って意味で最初と最後に配置したのかな?とか。
- コメント(0) - 2016年8月11日

2016年7月8日:ゆみ
柴田錬三郎、山田風太郎、宮崎惇、嵐山光三郎、田辺聖子、池波正太郎というすごい面々。 田辺聖子さんの九ノ一ではない女性目線での忍者の話が斬新でした。 でもやっぱり池波正太郎さんが安心して読めますね(^^)
★19 - コメント(0) - 2016年7月1日

普通の忍者ものありどんでん返しあり忍者じゃない人目線の作品ありとどの作品も手堅く面白かった。三好清海は大体パワー系僧侶にされがちだけど細身でイケメンな柴田錬三郎版三好清海はやっぱり斬新。宮崎惇作品はほぼ超能力な忍法のルーツがSFっぽくて楽しかったけど暗号の後半も明らかにならないしでオチが消化不良気味なのが残念だった。
★3 - コメント(0) - 2016年6月29日

2016年6月12日:半殻肝
2016年5月20日:pigumon
池波先生の話が読みたくて手に取ってみた。他の話もなかなか面白い。柴田先生の十勇士読んでみたいなあ。真田太平記読んだ人にはこの短編はおすすめ。幸村の光と忍びの闇との対比にぞくっとする。
★1 - コメント(0) - 2016年2月1日

2015年11月刊。6篇のアンソロジー。三好清海入道:柴田錬三郎、いだてん百里より どろん六連銭の巻:山田風太郎、神変卍飛脚:宮崎惇、霧隠才蔵の秘密:嵐山光三郎、忍びの者をくどく法: 田辺聖子、闇の中の声:池波正太郎。真田忍者で、揃えたというのが、面白いです。いずれも良いできです。田辺聖子さんが、視点が変わっていて、楽しめました。
★1 - コメント(0) - 2016年1月28日

豪華な作家ばかりだ!心が踊るし、胸だって震える!どの作品もそれぞれクセがあって(褒め言葉です)本当に楽しかった。最後の池波正太郎でキリッと引き締まった感じ。真田忍者に恋する1年になりそう(*^^*)
★4 - コメント(0) - 2016年1月7日

真田丸が始まるということで。こういうのもあるよという見本市のような感覚で読んでみた。池波正太郎は正統派だし田辺聖子の一篇はひと味違った面白さでいいですね。
★1 - コメント(0) - 2016年1月4日

2016年1月1日:青行燈
2015年12月14日:あにき
2015年11月10日:けやき

今読んでいるみんな最新5件(1)

09/19:kiyoboo

積読中のみんな最新5件(5)

08/31:風花
06/19:ぜんこう
11/11:UN
11/10:estis

読みたいと思ったみんな最新5件(10)

09/14:月並
01/26:りぶろ
12/24:aya.
11/27:ベック
真田忍者、参上!: 隠密伝奇傑作集の 評価:100 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)