スイッチを押すとき 他一篇 (河出文庫)

スイッチを押すとき 他一篇 (河出文庫)
432ページ
67登録

スイッチを押すとき 他一篇を読んだ人はこんな本も読んでいます


スイッチを押すとき 他一篇の感想・レビュー(48)

これは特殊な設定の物語で、国家的な実験で心理の調査の為に、心臓を止めてしまう事が出来る【自殺用スイッチ】を子供達に渡し、監禁して追い詰めた結果どう行動するかを観察する。と言う話なんですが、とにかく辛い。切ない。やりきれない。最後まで悲しい物語でした。 次に読むのは癒されるような本にしようと思います。
- コメント(0) - 2月2日

誰も救われない虚しいお話。本当に救いのないストーリーだった。残った2人の関係は途中でなんとなく気が付いた。近い未来に本当にこんな日本になったらいやだなと思った。
★9 - コメント(0) - 2月2日

逃避行がなんとなくダラダラと長かった気がした。物語の前半から逃亡劇が始まったのでどう言う風に展開して行くのかと思ったらそれが終盤まで引っ張られ、最後の方で衝撃の?事実発覚。面白すぎて一気読み!はなかったです。
- コメント(0) - 1月4日

政府の実験。めちゃくちゃやがな!と思いつつ、さすが設定が面白いなー
★4 - コメント(0) - 2016年12月12日

主人公の勇気と行動力に驚いた。重いテーマなのに対し、文章が読みやすく、スラスラ読むことができた。
- コメント(0) - 2016年11月5日

先が気になり一気読みでした。スイッチを押すと心停止…果たして監視員の洋平は彼等を救えるのか?最後は思いもしない結末…短編【魔子】も面白かった。
★13 - コメント(0) - 2016年7月6日

図書館。 増加する若年層の自殺を防ごうと、政府による戦慄のプロジェクトが始まった。心理データ取得のためにあえて自殺に追い込まれる子供たちを、監視員の洋平は救うことができるのか。感動のラストに多くの読者が涙した、初期の名作大幅改稿版。ホラー短篇「魔子」も併録。 【感想】施設で実験のように育ってきた4人は監視員の洋平さんと出会って良かったのだと思いました。まさか洋平さんと真沙美ちゃんは兄妹だったのも驚きました。
★14 - コメント(0) - 2016年6月5日

山田さんの作品は、数年前に読んだ「リアル鬼ごっこ」と、これが2冊目。 ストーリーも面白いし、展開もスピーディで一気に読めるのですが・・・・ 読んだ後の充実感が、あんまりないんですよね(^^;)
★6 - コメント(0) - 2016年4月6日

増加する若年層の自殺を防ごうと、政府による戦慄のプロジェクトが始まった。心理データ取得のためにあえて自殺に追い込まれる子供たちを、監視員の洋平は救うことができるのか。感動のラストに多くの読者が涙した、初期の名作大幅改稿版。ホラー短篇「魔子」も併録。
★2 - コメント(0) - 2016年3月24日

タイトルを見たときにどんな話なのだろうかと気になり手にとった本。読んでみるなりどんどん吸い込まれていって、すごく胸が苦しくなった。自分がもしこの子たちのような状態に置かれていたら間違いなくスイッチを押してしまうだろうなと思いました。
- コメント(0) - 2016年2月18日

今読んでいるみんな最新5件(4)

04/05:たけ
02/29:佐山 諒

積読中のみんな最新5件(7)

12/30:はやみー
03/13:
02/21:佐山 諒

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

11/28:真朝
08/25:Kaori Kosugi
06/06:ぽぽろん
05/14:花三郎
03/12:fujihiro
スイッチを押すとき 他一篇の 評価:42 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)