陸奥A子(らんぷの本)

陸奥A子の感想・レビュー(44)

こちらも図書館で発見。アイビー漫画の陸奥A子さん論。当時のりぼんやりぼんの付録の画像を見て、びっくりするくらい記憶に残っている!!!懐かしさで夢中になって読みました。現在の陸奥さん作品にも興味がわきました。
★2 - コメント(0) - 2月18日

陸奥A子さんの漫画が好きで、今でも何冊か持っています。男性にも人気があったとは、この本を読んで初めて知りました。
★1 - コメント(0) - 1月28日

もっとたくさん漫画が載っているかと思ったら、陸奥A子論的な展開で、ちょっとがっかり。せっかく大人気分で購入したのに・・・残念。
★3 - コメント(0) - 2016年7月12日

BJ
1800
- コメント(0) - 2016年7月11日

懐かしい~~私には少し年代が古いのだけど、ピアノの先生のおうちにいっぱい置いてあって、レッスンの時間より少し早めに行って、陸奥A子さんの漫画をいつも読んでいたなあ。今からでもコミックス集めたい!乙女チックというけれど、身近な女の子の普通の片恋を描いていたりして、ちょっぴりSFポイお話が好きだったなあ。
★4 - コメント(0) - 2016年6月10日

展覧会で出ていたものをじっくり読めたので良かった。 見ていると幸せな気持ちになれた。 昔の漫画も最近の漫画も読んでみたい。
★1 - コメント(0) - 2016年5月4日

いい本を買ったなあ。ずっと現役作家さんだが,70~80年代のりぼん時代は神懸かっている。「優しい男の子」込みで,この時代の「女の子が憧れる女の子像そのもの」だった。一コマ一コマの絵も,素晴らしいイラストのかたまりである。色がまたきれい。さすがに年令と共に作風が変化していくので,A子さんの黄金時代をリアルタイムで読めてこれて,ほんとうによかった。
★3 - コメント(0) - 2016年5月3日

いや~なつかしい、陸奥A子。私が読んでた80年代のりぼんは漫画家の絵やストーリーにそれぞれ強い個性があって、好みじゃないのもあったがどれも面白かった。ふろくも楽しみでわくわくした。そのなかで陸奥A子が一番好きだった。影響されてチェックの巻きスカート買ってもらったなー(失笑)。漫画家をA子タンとかA子センセと書いてたのはさすがに今読むと鳥肌立つが(笑)、砂の城と陸奥A子が同じ紙面で読めた時代があったんだよな、やっぱすごいな「りぼん」。
★9 - コメント(0) - 2016年2月14日

田渕由美子さんも気になる
★1 - コメント(0) - 2016年1月16日

先日、弥生美術館の陸奥A子×少女ふろく展に母と行き、絵のかわいさ、タイトルのかわいさ、物語のかわいさ、いろんなかわいさに惹かれてもっと知りたい!と購入。 やっぱり漫画も読まないと、と思い次はベストセレクションを買おうと考えています。
★6 - コメント(0) - 2015年12月25日

陸奥A子と田渕由美子は神です!
★2 - コメント(0) - 2015年12月19日

ページを開いた途端に中学から高校時代の甘酸っぱい時代にタイムスリップ。付録のトランプや バインダーの写真に、持っていた!と これまた興奮。同世代 陸奥A子ファンには たまらない一冊かもしれない。ユーミン聴きながら読むと 更にキュンキュン( ̄▽ ̄)
★27 - コメント(2) - 2015年12月13日

Fe
外舘惠子編 河出書房新社 2015年9月刊。四年前、1973~77年に発表された短編9作収録の『たそがれ時に見つけたの 陸奥A子りぼん名作選』集英社文庫 2004.4 を読んだだけの私には知らないことばかりの面白い本でした。雑誌『りぼん』も単行本『りぼんマスコットコミックス』も、その存在自体は昔から目にしてましたけど手に取ったことがなかったのは少し残念な気がしています。学生の頃(1973-77)、同級生(=妻)に萩尾望都や樹村みのりを教えてもらいましたが、彼女は『りぼん』をまったく読んでいなかったのです。
★24 - コメント(5) - 2015年11月15日

小学生の時に持ってた付録が!忘れてた記憶がいっしょに思い出されて!懐かしい!
★9 - コメント(0) - 2015年11月8日

陸奥せんせーの洗礼を受けないまま大人になった私は、吹き出しの継ぎ接ぎ、手紙やセーターを噛む少女キャラが愉快でいちいち反応してしまう。『昭和的おとめチック』なチョップで心を掴まれた。本書はせんせーの当時を知る方々のインタヴューや、りぼん誌上での活躍をまとめている。同時発売された「ベストセレクション」の方は、幻の作品から大ヒット作を収録したオール漫画仕立て。描き下ろしもあり。この二冊、ファンならゼッタイ買うべき!これ以上の本は今後、期待できないと思う。
★58 - コメント(10) - 2015年10月25日

あゝ懐かしいおとめちっくわーるど♡大好きだった陸奥A子さんの付録、あれもこれも持ってた!持ってた!それがカラーで見れたのも良かった。同じ北九州出身っていうのも思い出した。そうそう、駅に「おりお」って書いてあったし「IZUTUYA」の文字もあったよね。リリーさんがファンだったとはびっくり。北九州をあんなに素敵に変えてしまうなんて、やっぱり陸奥A子さんは神!
★17 - コメント(2) - 2015年10月19日

A子ワールド満載。漫画可愛い♡ 付録も宝物だった! 手に届かないお姫様じゃなくて、身近な女の子の夢や恋にワクワクしたっけ♪ ひと時少女時代へ戻りました(^^)
★9 - コメント(0) - 2015年10月18日

「陸奥A子総論」といった感じ。リリー・フランキーや江口寿史ら男性陣のインタビューが、当時のオトコの子目線で語っているのが共感できる。全作品リストとして、「あ~こんな話もあったなァ」と記憶を辿るのも愉しい。
★7 - コメント(0) - 2015年10月14日

りぼん当時から大好きだった。こんな心のかわいい女の子になりたいと思っていたなぁ。一コマの細部まで楽しめる作品ばかり。付録も好きだったし。大人になった作品も大好き。また、コミックを読み返したい!これからももっと描いてほしい。
★7 - コメント(0) - 2015年10月5日

そのページをカラーにするなら付録紹介部分を全部カラーにしてくれよ~、と思うところがあったけど、A子先生の歩んだ道をまんべんなく一望できる一冊であることには違いない。これを読むと全部の作品を読み返したくなること必須なので、BOXセットでもいいからマスコットコミックスをそのまま再販して欲しい!ついでに付録のノートもそのまま復刻させて発売すれば、かつてのファンの乙女達が大人買いしてくれるだろうに。
★8 - コメント(0) - 2015年10月5日

原画、インタビュー、活動記録などをまとめたムックのような一冊。リリー・フランキーと江口寿史のインタビューが熱い。A子タンって男子にもこんなに人気あったのね。りぼんってあの頃こんなに陸奥A子の付録推しだったんだ。今月末に上京予定なので弥生美術館で開催されている陸奥A子×少女付録展に行くつもりです。楽しみ。 http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html
★14 - コメント(3) - 2015年10月2日

フワフワした線、丸文字、すっきりしたファッション。往時、熱心なファンとは言えないけれど、周りのニキビ少年たちが入れ込んで読んでいたのが、今更分かるような気がします。ふろくも重要だった、ですな。
★4 - コメント(0) - 2015年9月29日

当時の表紙をすべて覚えている。一気に当時にトリップ。「卒業しなくては」と捨ててしまった。付録たち。あれも、これも…少しは残っているけれど、悔やむ。ぅぅぅ…。
★2 - コメント(2) - 2015年9月28日

懐かしい作品のコマ、大好きだったふろく写真の数々、待望のA子センセのインタビュー、どこを読んでも捲っても、怒涛のシアワセ(≧▽≦)「りぼん」を楽しみにしていた頃の気持ちが蘇る。ありがとー★
★7 - コメント(0) - 2015年9月27日

今読んでいるみんな最新5件(1)

11/29:yasuyuki

読みたいと思ったみんな最新5件(18)

01/31:苺飴
04/12:チャト
01/06:みこし
陸奥A子の 評価:100 感想・レビュー:25
ログイン新規登録(無料)