山上たつひこ 漫画家生活50周年記念号 (KAWADE夢ムック 文藝別冊)

山上たつひこ 漫画家生活50周年記念号の感想・レビュー(29)

最初のロングインタビューが読みどころ。「光る風」から「喜劇体系」への転身が、どんな思いの中なされていたのかがわかる。後、後続の鴨川つばめや江口寿史らをどうみていたのか?などが率直に語られる。個人的には、鴨川つばめの寄稿で氏の健在が確認できたのが嬉しい。高橋留美子氏が練馬変態クラブのブリーフを文化祭の出し物としたエピソード。今も現役の留美子氏もまた天才です。
★10 - コメント(0) - 3月20日

うろ覚えなのだが、東村アキコ先生が「本編中唐突にコントはじまるのは岡田あーみんオマージュ」と言っていたような記憶があるのだが、元々は山上たつひこではないか。とにかく偉大さがよく分かります。選集欲しくなるなあ。
★2 - コメント(0) - 2月16日

Fe
穴沢優子編 河出書房新社 2016年6月刊。なんとも盛りだくさんな内容の232ページ。特別寄稿 諸星大二郎、萩尾望都、吾妻ひでお、江口寿史、吉田戦車、鴨川つばめ、いがらしみきお、高橋留美子、とり・みき、喜国雅彦。二歳若いもー様(1949年5月生まれ)と十歳下のけも先生(1957年10月生まれ)の描く「こまわり君」の可愛らしいこと! 「2016年 ドミニカ共和国に移住。」p.5 !?  
★14 - コメント(2) - 2016年10月3日

日本のギャグ漫画の歴史を変えた人の特集ムック本。がきデカを知らない人にも読んで欲しい。そして混迷を極めるこの日本に八丈島のきょんの復活を願う。
★7 - コメント(0) - 2016年9月22日

「光る風」と「ガキでか」くらいしか読んだことがないことに気づき、「新喜劇思想体系」を通勤途中に読んで目まいを引き起こす。もうのっけから下ネタとスプラッタのオンパレード。悪趣味ここに極まれり。これって下巻はないのかしら。
★2 - コメント(0) - 2016年9月13日

6月に発売されてた事に今頃気づいて購入。とりあえずパラパラとめくっていたのだが、著者略歴欄の最後の一行「2016年 ドミニカ共和国に移住。」に固まってしまった。えーと、これはギャグなのか?いやしかし、この方ならやりかねんような気もする。諸星大二郎氏の寄稿マンガにあったように、「光る風」とまったく同じ道を歩んでいる日本に愛想を尽かしてしまったとか。しかしどうなんだ?本当にドミニカ?八丈島とか鶴居村とかじゃなくて?
★2 - コメント(0) - 2016年9月4日

まず、江口寿史の「ドギワ荘の妄春」は爆笑した。記事の中では、「3万字ロングインタビュー」と「作品解説50」が貴重。山上の笑いは、上方落語(桂米朝)、大阪の漫才(エンタツ・アチャコなど)、そして小松左京と筒井康隆といった正統的な大阪の笑いをバックボーンにしていることが分かる。そのことが安定したレベルの作品を大量に創作することができた秘訣だろうと思う。本の内容には概ね満足だが、ただあまりにも「がきデカ」に比重が置かれすぎ。「光る風」「喜劇新思想大系」「半田溶助女狩り」についてもっとページを割いて欲しかった。
★4 - コメント(0) - 2016年8月14日

巻頭のロングインタビューだけでも買う価値あり。山上たつひこの喋りの巧さもあり、冒頭からグイグイ引き込まれ、罵倒に笑う。「ドミニカ共和国に移住」は嘘なのか真実なのか気になる。
★4 - コメント(0) - 2016年7月28日

電車の中でしかも女子(笑)は ソッコー別のページをめくること数回(≧∇≦) SF.Fちゃんは 平山夢明の漫画版なのかっ!と説明文読んで思った次第。
★6 - コメント(0) - 2016年7月19日

まさかの「山上たつひこ」本、最高に嬉しいけど、がきデカキャラクターや小説についてもページあればな。☆5
★2 - コメント(0) - 2016年7月9日

今時なら、絶対少年誌に載せられない漫画。良い時代だっのかなんなのか。
★2 - コメント(0) - 2016年7月6日

俺は山上たつひこに育てられたようなものだ。どれだけ笑ったかしれない。どれだけ騒いだかしれない。俺の背骨のいくつかは間違いなく“こまわり君”で出来ている。
★3 - コメント(0) - 2016年7月6日

これが1300円というのは安すぎるでしょう。冒頭の山上たつひこロングインタビューからすでに圧倒され、二度と集まらないだろうビッグネームの競演に驚き、詳細な解説に蒙を啓かれる。山上たつひこファンも、これから知りたいという人も、みな購読すべし。
★4 - コメント(0) - 2016年7月5日

私は中学生の時、毎週発売日にブラックジャックとがきデカの載ったチャンピオンを休み時間に抜け出して近くの自販機で買ってました。また初めて「光る風」を読んだ時もショッキングでした!子供だったので収容所の便所の肥溜めを潜っての脱走に衝撃を受けました。六高寺家の人々皆狂ってます。でも今のこの国を暗示してますよ。とにかく良い本です冒頭のインタビューからして圧巻。小松筒井の影響大とは私と同じ。がきデカ一発ギャグ図鑑、歯がゆい歯がゆい博多人形が私の好み、中には忘れてたのもあり、ねこ式算数、どうぶつ時計なんて良いねえ。続
★12 - コメント(0) - 2016年7月2日

「山上たつひこが好きっ!!」こまわり君と、中学生の時に読んだ「喜劇新思想体系」がお気に入りです。
★4 - コメント(0) - 2016年7月2日

今読んでいるみんな最新5件(4)

07/31:enjin
07/13:kokada_jnet
07/06:しーたか

積読中のみんな最新5件(7)

02/05:蛇の婿
07/13:YumiMori
07/05:末讀玉

読みたいと思ったみんな最新5件(21)

03/12:Yuji
12/20:moyo
09/23:Hitoshi Mita
山上たつひこ 漫画家生活50周年記念号の 評価:100 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)