英語冠詞の世界―英語の「もの」の見方と示し方

英語冠詞の世界―英語の「もの」の見方と示し方
170ページ
12登録

英語冠詞の世界―英語の「もの」の見方と示し方の感想・レビュー(7)

2015年10月13日:アッキー
英語話者がもっている冠詞+名詞の認知的背景・感覚・ニュアンスを精緻に論じ,そのロジックを解き明かす。薄めの本だが記述の密度が高く,濃厚な読み応えがある。Exophoric な用法の定冠詞やゼロ冠詞‐ゼロ数の不可算名詞がカテゴリーと関係しているというのは『分類思考の世界』を読んだ後だけに印象的だった(特に後者は「カテゴリー=個体」説と直結すると思われる)。なお,樋口昌幸『英語の冠詞』とあわせて読むと,互いの記述の薄いところが補完されていいかもしれない。
★1 - コメント(0) - 2015年9月16日

石田秀雄『わかりやすい 英語冠詞講義』などを読んで、認知の枠組みで冠詞の使い方を大まかに「可算名詞と不可算名詞」「単数と複数」「定冠詞と不定冠詞」「定性と特定性」の区別を説明出来るようになってから読んだ方が、術語に迷うことが少ないと思う。本書ではさらに日本語と英語の比較や英語の歴史を踏まえて解説しており、特に定冠詞を解説するに当たって、英語の文の展開を定冠詞と人称代名詞に注目したり、代名詞や指示詞と絡めて考えたりしていることが良かった。『英語冠詞活用辞典』などでさらに用例に当たるつもり。
★18 - コメント(0) - 2014年10月12日

冠詞とかいうものが何なのか、理屈でもって理解できる。 ちなみにこの「理屈」は、この本からいうと、『フィーリングに対する理屈』という感覚で使っているから"the"がつくのかな?
- コメント(0) - 2013年3月3日

2011年8月7日:Yuji Adachi
最初のうちはなんじゃこりゃ!と思っていたのに、いつの間にかなんとなく使えるよう(な気持ち)になっていた英語の冠詞。改めて考えると不思議な奴です。軽めの読み物かと手に取ったら本格的な論考で面食らいましたが、また少しだけ英語の理解が深まった気がします。
★3 - コメント(0) - 2010年4月5日

--/--:宮川俊太郎

積読中のみんな最新5件(1)

12/29:yomuhito

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

05/23:@fiderio
04/06:Ecriture

人気の本

今話題の本

英語冠詞の世界―英語の「もの」の見方と示し方の 評価:100 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)