戦旗不倒 アルスラーン戦記15 (カッパノベルス)

戦旗不倒  アルスラーン戦記15 (カッパノベルス)
あらすじ・内容
中世ペルシアによく似た異世界の英雄物語――。
ヒルメスを追放しミスル国を掌握したテュニプは、孔雀姫フィトナを押し立ててパルス侵攻をもくろむ。その陰には、パルス人の商人・ラヴァンの暗躍があった。一方、マルヤム国に辿り着いたヒルメスは、国王ギスカールと再会する。二人はふたたび手を結ぶのか!?チュルク国では魔軍を率いる魔将軍イルテリシュが、パルス蹂躙の機を待つ。そしてついに、蛇王ザッハークが完全復活を遂げる!?四方を難敵に包囲されたアルスラーンの運命は!? 
クライマックス迫る!! 超絶ヒロイック・ファンタジー小説、慟哭の書下ろし最新作、第15弾!

あらすじ・内容をもっと見る
221ページ
751登録

戦旗不倒 アルスラーン戦記15はこんな本です

戦旗不倒 アルスラーン戦記15の感想・レビュー(551)

稀代の名軍師が「俺この戦争が終わったら結婚するんだ」みたいなありきたりのフラグ立てて逝くとか、そんなの嘘でしょ~(泣) もう衝撃的すぎて言葉が出てこないよ…。ただ、アルフリードの一途な思いが報われたことだけは、良かったねと言ってあげたい…(泣)
★1 - コメント(0) - 2月16日

次々フラグ立てていくからさあ、もういいよわかったよ誰でも殺せよ受けてたつよ!と読んだから、だから、だから、そんなにショックじゃないよ、そんなにショックじゃないよ、ホントダヨ、うわああああああああああああああナルサスうううううアルフリードおおおおおぎゃああああああああああもうラジェンドラしか救いがないですシンドゥラに住みたい(崩壊)ナルサスは殺すと思ったけどアルフリードまで…でもエステル殺したしな…殺すか…ああ、もうみんな殺せよ…皆殺しでいいよもう…(三角座り)
★4 - コメント(0) - 2月5日

ぶっちゃけ、仕方なく読んでる感がある(笑)。20年以上前に読んでいた物語に、落とし前が着きそうとなれば。14巻はあまりに久々過ぎてもう中身も忘れているところへ物語だけムチャな加速で苛立ちすら感じたが、今回は多少落ち着いた。とは言え、加速っぷりは相変わらずムリな速度で、勢いだけで最終巻行くつもりだなとw実は先にネタバレていたためあちこちに旗が立っているのを「あ、あ、あ…」と思いながら読んだ。分かっていてもガーン…だが。
★8 - コメント(1) - 2月5日

ラジェンドラ恐妻王が清涼剤。
★9 - コメント(0) - 2月1日

蛇王ザッハークが復活し、ミスル、マルヤムがパルスに迫る。十六翼将がまたしても・・・ 「恩や貸しは、与えすぎても害になる」(80ページ)  ラストで「さらば宇宙戦艦ヤマト」が重なりました。
★10 - コメント(0) - 1月18日

次はいつ出るの?忘れちゃうよー
★3 - コメント(0) - 1月17日

あぁ…ナルサスー(泣)一番好きだったキャラなだけに超絶萎えた…もうヤダー。ホントやだー。残るのはアルスラーンとエラムだけ予想。皆死にすぎ、アルスラーン孤独すぎ。せめて結婚してくれ!!!
★4 - コメント(0) - 1月7日

分かってたけど分かってたけど。こういう作者なんだって、銀英伝の時から分かってたけど。落涙。
★7 - コメント(0) - 1月4日

長かったアルスラーン戦記もついに終わりを迎えようとしています。 今作でもまだまだ蛇王ザッハークの脅威が強まってきて アルスラーン達の光は見えてこないし、 まさかあの人物が死んでしまうなんて・・・ 弱気な所もあるけどちゃんと後継者は育ってきているけど 今後誰が死んでしまうんやろうか。 先が気になるところではあるけど ヒルメスの話や他国の話など広がりすぎた感があって 本当に次巻で完結するんやろうか? はやく続きがみたいところです。
★9 - コメント(0) - 1月3日

★ 中学生の頃、大好きで何度も読み返した作品。アラフォーになった今では誰が誰やらわからず、惰性だけで読んでる・・・
★2 - コメント(0) - 2016年12月29日

次でやっと終わるんだ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月27日

今回一番驚いたこと。「尊師」って一部の終わりにあっさり殺されてたのにまさかの再登場。納得いかぬ。しかし復活した蛇王よりよっぽど働き者だよね、尊師。相変わらず、景気よく広げ過ぎて収集つかなくなった風呂敷をたたむのに忙しいようで、「5年も待たせた」挙句なんで今やねん、フラグ以外何の意味もないじゃん。つまらぬ。そんで、ナルサスが書いてた巻物が、もういっそみんなの似顔絵だったら面白いのにと思うほど自暴自棄になる読後。
★7 - コメント(0) - 2016年12月27日

ナルサスは最後まで残ると思ったのに!!もうバッドエンドしか想像できない・・・。続き読みたいけど怖い。
★6 - コメント(0) - 2016年12月27日

はぁ、ついに・・・という感じです。アルスラ―ンの周りをがっちり固めていた味方たちが、次々と亡くなっていく様を読むと、本当にこのままで大丈夫なのだろうかと不安が募ると同時に次が早く読みたいなぁという気持ちに駆られます。
★1 - コメント(0) - 2016年12月25日

コミックスの予習を兼ねて再読。田中氏はよく読者の裏をかいて驚く展開を用意するが、アルスラーン戦記でも、まさか最終巻を前にナルサスを死亡させるとは思わなかった。 アルフリードが少し気の毒ではある。表紙袖の作者の一言に次で終わると書いてあったが、ラストが想像できない。だからこそ期待するのと同時に楽しみでもあるのだが、登場する主人公とその仲間にはハッピーエンドを迎えてもらいたい気もする。
★6 - コメント(2) - 2016年12月13日

途中から暗示されてたけれどやっぱりショックです><何人が生き残れるのか 主人公は大丈夫なのか・・! 次巻で完結とのことで話が急ぎ足な感じもしますが、ここまで待ちに待って読み続けてるのでやめられません。幸せな結末にしてほしいです
★8 - コメント(0) - 2016年12月10日

登場人物、国が多い割に内容が薄いから深掘りできず。省いたら省いたでいろいろ大変なのは話しとして分かるけど。
★4 - コメント(1) - 2016年12月9日

「私にはわからない」「蛇王ザッハークは、なぜ復活を望むのか、ということだ」「そんなことをして、何が愉しい?世を暗黒にし、人を不幸にして、何がおもしろいのだろう。」「皆はどう思う?」
★3 - コメント(0) - 2016年12月1日

tak
え!えぇーっ、次巻に
★3 - コメント(0) - 2016年11月26日

ナルサス、アルフリード(泣)
★2 - コメント(0) - 2016年11月13日

死亡フラグが立ちましたψ(`∇´)ψ
- コメント(0) - 2016年11月11日

次巻が最終巻とのことですが何人生き残るのだろう?それぞれの国もどうなってしまうのやら。
★3 - コメント(0) - 2016年10月30日

椿
嗚呼、まさかこんなことになるとは…。彼らは、最後まで生き残って欲しかった…ショックだ…。もっと、ナルサスの気持ちの変化とかを読みたかったなぁ。次でラスト。どうなっちゃうのかドキドキするけど、早く読みたいよ。
★20 - コメント(1) - 2016年10月20日

アルスラーン陛下はいまだ十代ですが、読者の自分は中1で読み始めて、いつの間にやら、ファンタジーを買うのがちょっと恥ずかしいアラフォーの親父になってしまいました。
★4 - コメント(0) - 2016年10月19日

最近雑に死んでいくので、買ってはいたけど、積ん読してました(笑) なんか死んでくばっかで嫌だね。 物語自体も雑だし(+_+) 作者は飽きちゃったのかな~ 残念すぎます。。。
★3 - コメント(0) - 2016年10月19日

久しぶりの新刊、ラストに向けて主要キャラがどんどん退場していくのが悲しすぎる。歴史というか運命には抗えないものがあるかもしれないが、お願いだから笑顔で終わってください・・・・。
★27 - コメント(0) - 2016年10月14日

★★★ え゛~!!ラストでそうくるか!ここにきてあまりに主要人物を殺されてショック。確かにこの作家は主要人物を殺すことで有名なので、この巻フラグ立ちまくってたアルフリードは、ナルサスを守って・・・と思ったけど。まさかナルサスまでもとは!次巻でラストなのに必要なの?アルスラーンもキャラになく頭ごなしにキシュワードを怒鳴りつけたり、ナルサスを諌めたり、なんか人格がちょっとおかしくなってる。ファランギースに心配されてたのはまさかのフラグ?ラストの巻で死亡して終わりはないよね?
★3 - コメント(0) - 2016年10月13日

前巻で主要キャラが何人も亡くなって、今回は誰が…と思っていたら、まさかのお二人でした(>_<) せっかく結ばれたのに結末が悲しすぎる… ファランギースがアルスラーンにも不吉な予感を抱いてるし、次巻はどうなるんでしょう。 ダリューンやエラムも心配になってきた…
★4 - コメント(0) - 2016年9月30日

西からはミスルそしてギスカールと再び手を結んだヒルメス率いるマルヤム。東からは魔将軍イルテリシュとアンドラゴラスの肉体に宿った蛇王ザッハークがパルスに侵攻。あっけなさすぎるNとAの最期でした。このシリーズ残すところあと一巻のようですが前半と後半では別作品のような感じがします。パルスとアルスラーンの運命も気になりますが、まずはとにかく無事完結を祈ります。
★42 - コメント(8) - 2016年9月25日

まさかのこの巻で芳樹先生を暗殺しようと目論むか、もろ手挙げて喜んだかもう、諸国でザワつかせる事をしてくださったんですよ・・・私は当然なんてことしてくれたんだ!って派閥です。もう次最終巻で誰でもいいんで先生の筆から死人を増やさないよう押さえつけてください・・・
★3 - コメント(0) - 2016年9月15日

いやーーー!前の巻あたりから布石はあったけど、15巻に入ってからびしばしと死亡フラグをたて、あっけなく死んでしまって。つらい。本当にあと1冊できれいに完結するのか。せめて待たせないで。早く続きを書いて。エステルの死に次いで本当につらい巻だった。
★5 - コメント(0) - 2016年9月5日

ナルサスとアルフリード、逝く。 ヒルメスがどんどんただの小物のような人物になっているのがちょっと悲しいなぁ。確かにナルサスに散々やられて、自分の現在の状況もかなり可哀想なところもあるけれど、こんなやり方でナルサスを殺すこともないでしょうに、というくらい唐突な感じ。 ナルサスに関してはなんとなく物語の途中で亡くなるような感じではあったけど、アルフリードまで。 とにかく全方向敵だらけ、のアルスラーン。最終巻はどうまとめるのか、予測がつきません。
★3 - コメント(0) - 2016年9月5日

★★★☆☆ 次巻完結を迎えるらしいヒロイック戦記ファンタジーシリーズ第15巻、次から次へ襲い来る蛇王の刺客、再来するヒルメスの脅威、そしてついに…、まぁ知ってた。正直期間開きすぎた上に、アニメの方を見てた事もあって何がどうなってたか良く分からんレベル、小説のイメージにアニメのイメージが上書きされちゃって。ただ前巻のやっつけ仕事感溢れる内容よりは、各種描写しっかりしてた、ような気がする。ストーリー自体は完全に巻きの展開で、まとめにかかってる。ファン心理としてはなるたけ早急に最終巻出して欲しい、それだけです。
★4 - コメント(1) - 2016年9月5日

ナルサスとアルフリードのところで、これは俗にいうフラグというものなのでは、と思っていたら案の定・・・。知らなかったけど、『皆殺しの田中』なんて異名があるのですね・・・。次巻を読むのがすごく怖い・・・。
- コメント(0) - 2016年9月2日

±
一冊全編通じて死亡フラグ。ひたすら次は…次は…と生き残りの面々を数える読書であった(ラジェンドラは死なない)(ほかにも尺が足りない面子がありそうだ)。で、カップル退場とあいなったわけなんだが、銀英伝の各所でいまだに泣けるオールドタイプの読者としては『皆殺しの田中』の二つ名に恥じぬ描写を期待するわけで。最終巻はたのむよ?とか思ってしまってすみません。もう、筆者(のペン)のご健康を祈るばかり。
★4 - コメント(0) - 2016年8月31日

ぎゃーーー!!!おめでとうとなった矢先のこれ!先生!先生待って!タンマ!次巻怖いけど読むしかない。
★3 - コメント(0) - 2016年8月28日

最初から、不吉な予感はしていたのだけど、銀英伝でヤンが死んだ時と同じくらいショックでした。 っていうか、エラムはユリアンだったんだなあ。
★4 - コメント(0) - 2016年8月25日

図書館本。(角川文庫版のみ所持)なんていうか……高校時代、教科書に隠して授業中に夢中になって読んでいたのが嘘みたいな雑な展開にorz これでもかと死亡フラグがたって、やっぱり戦死。まさに『告死天使』。あと1冊で終わるそうですが、アルスラーンサイドが全滅という展開もありうる?!
★17 - コメント(1) - 2016年8月24日

心の準備ができていたせいか14巻ほどの衝撃は受けず、前巻はあそこまで人が死ぬとは予想できず本当に辛かったです…。カバーの田中先生のコメントの容赦なさ。最終巻では全滅してそうで怖いです…。とても面白く読んだ反面、そもそもナルサスの別行動にあまりにも必然性がなさすぎる…とか、蛇王が言葉を喋りだした途端に小者臭が酷くて怖さ半減(個人的印象)みたいな不満も若干ありましたが、次巻最終巻ではどれもこれも仕方のないことなのかも…。最重要人物の一人であった筈のナルサスの最期としてはちょっと雑というか、もうちょい納得のいく
★56 - コメント(3) - 2016年8月21日

Ryu
最終巻をただ待つのみ。
★2 - コメント(0) - 2016年8月21日

戦旗不倒 アルスラーン戦記15の 評価:86 感想・レビュー:299
ログイン新規登録(無料)