嵐が丘〈下〉 (光文社古典新訳文庫)

嵐が丘〈下〉 (光文社古典新訳文庫)
あらすじ・内容
ヒースクリフはリントン家の娘イザベラを誘惑し結婚する。一方、キャサリンは錯乱の末、娘を出産して息絶える。キャサリンの兄ヒンドリーもヒースクリフに全財産を奪われてしまう。ついに嵐が丘を我が物としたヒースクリフだが、その復讐の手は次の世代へとのばされていく。

あらすじ・内容をもっと見る
444ページ
542登録

嵐が丘〈下〉を読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
5918登録

嵐が丘〈下〉の感想・レビュー(422)

愛というものの違う捉え方を教えてもらった。ヒースクリフとキャサリンとは違う道をヘアトンとキャシーが進んでいき良かった!面白かったです!
★2 - コメント(0) - 2月14日

いつもすぐ後ろから死の影が這い寄って来ていて、あまりにもあっけなく人が亡くなってしまう。一九世紀の人々にとって(あるいは作者にとって)死はずっと身近なものなのだと感じた。ヒースクリフの復讐は想像を絶するもので、親族内での不幸の連鎖に息苦しくなる。彼は現世の幸福を投げ打って、死後の世界、あるいは彼の精神世界で愛するキャサリンを手に入れ、本当の幸せを得たのだろう。
★11 - コメント(0) - 1月6日

yka
疲れる物語。ヒースクリフのどこらへんが紳士なのか疑問です。けれど、キャサリンへの異常にして激しい愛には、なぜだか涙ものでした。それにしても、嵐が丘とスラッシュクロスの狭い世界で、血縁のなかで結婚するのやめたら?と思ってしまう。キャシーよ、世界は広いのだ!時代は19世紀だから、そうもいかないのかね。
- コメント(0) - 1月2日

ヒースクリフの復讐心の源が理解できない。孤児の自分を拾って世話してくれた恩人の家族でしょ。イジメられて苦労はしても恩義は忘れないのが名作の主人公の王道だ。 下巻を読み始めて感じたのは、小説のテーマは「氏より育ち」と言いたいのかということ。知能も品も善良な心も与える環境で取り上げることが出来る、という事か。自分がそうされたようにヒースクリフは復讐している。 とにかく悪意が蔓延する小説で、読んでいて滅入る。読まないで1日が終われるようにしている自分がいる。読書が苦痛だ。220pで読了とする。
- コメント(0) - 2016年12月27日

こんなにも人間は人を憎むことができるのか。これほどのエネルギーを自分のためではなく他人のために使うなんていってみればこれは愛情の裏返しなのだと思うけど、まさに真正面からの正々堂々とした復讐劇、読むほうもかなりのエネルギーが必要でした。そしてそれが次の世代にまで引き継がれていくことが辛い。幼少時は天使だったヘアトンのヒースクリフ化が痛々しくて酷すぎて…でも彼は留まった。どうかネリーの願いが叶いますように。
★53 - コメント(0) - 2016年12月22日

嵐が丘とスラッシュクロス屋敷の物語の続き。第二世代もなかなかに個性的だが、やはり第一世代のほうが強烈だった。
★2 - コメント(0) - 2016年11月2日

嵐が丘と云うタイトルと、世界の名作と云うことだけしか知らなかったので実際こんな凄まじい物語だったなんて驚きでした。熱量のすごい本。読み手をここまで疲れさせるなんて。終始ネリーの語りなので、全部が全部この通りではないんだろうなと。凄まじい、まさに嵐のような物語。
★2 - コメント(0) - 2016年8月21日

10
なにより凄いのは、ネリーの記憶力。
★1 - コメント(0) - 2016年8月13日

「どんな不幸だって、屈辱だって、死だって、神や悪魔がもっているどんな力だって、おれたちの仲を裂くことはできないはず」と信じていたヒースクリフ。「おれにたいするお前の仕打ちは許す。おれは、おれを殺した相手は許す--だが、お前を殺した相手となったら!許せると思うか?」死んだキャサリンを偏執狂的に追い求め、「何年ものあいだ復讐心を温めていながら表には出さない真黒な精神」に「悪魔みたいに孤独」に苦しむ。いやはや、すさまじい物語。メロドラマ的な作り物感は拭えず、今の感覚では読めないのに読ませてしまうのが古典の証か
★3 - コメント(1) - 2016年7月31日

復讐のために金持ちになって舞い戻ってきた主人公が仇敵から賭けで全財産を奪い取る、という展開。個人的には、主人公がどうやって金持ちになったのか、敵をどうやって賭けに引きずり込んでどうやって勝ったのかを読みたかったけれど、そこを書かないのが文芸作品の奥ゆかしいところなんだろう、きっと。何はともあれこれが海外の小説第11位。ベスト100読破まで残すところ10作。
★1 - コメント(0) - 2016年7月28日

100%の純愛小説。一切の打算なしに人を愛すればその他の全てと敵対せざるをえない。そして愛は、たとえ相思相愛だとしても絶望的な営みだ。かくしてヒースクリフは現世から離れ霊的なものを目指し、死後の存在を幻視する。科学的でもキリスト的でもない死後の在り方。嵐の過ぎ去ったあとに残る一つの芽生えを描くラストはその後の幸福を約束するものではないが、ヒースクリフの遺産を受け継ぐ意志をそこに見出せる。下男ジョウゼフの聖書を都合よく利用する醜いキャラがナイス。適当な彼は厳密さに満ちた本書の世界のネガなのだろう。
★9 - コメント(2) - 2016年7月2日

復讐心を抱き続けるヒースクリフだが、そもそも彼が、子どもゆえの無邪気さや同情・憐れみを愛情だと履き違えたことに原因があるのではないだろうか。だからヒースクリフに共感できないし、更に金や暴力で脅しつけるやり口には嫌悪感を覚える。でもヒースクリフはそうやってしか生きられなかったのかもしれない。この痛々しさはある意味滑稽でもある。なんというか虚しさだけが残ってしまったが、それが嵐が丘の情景と重なる。
★8 - コメント(0) - 2016年6月30日

舞台はヨークシャーの寒村で登場人物の多くは親族関係という狭い世界。性格が悪く気性も激しい彼らのやりとりはあまり聞いていたい話ではない。特にヒースクリフの執念はひどいものだ。家政婦が語り手であるせいか、キャサリンとヒースクリフがそこまで熱狂的に愛し合っていたとは思えなかったが、最後まで読んでみると彼を復讐の鬼に駆り立てた何かがあったことは分かった。不気味・恐いという感想で済ませては勿体ないと思う。解説によると社会的存在としての人間ではなく人間の極限的意識が描かれているとのことだが、それを追うのは大変である。
★2 - コメント(0) - 2016年6月4日

まさに嵐のような気性を持つ二人の男女が、激しく愛し合い、憎しみ合い傷つけ合い、周りの人達も巻き込んで、ドンドン不幸になってゆくお話。登場人物達の殆どに共感できないし、同情もしない。でも面白い。拾われ子のヒースクリフは、キャサリンを愛しても報われず、彼女の死後は、自分達を引き離した人々への復讐に残りの人生を捧げる。男女の愛は、相手を手に入れた瞬間が絶頂期だが、手に入れられないと、永遠に続くのかもしれない。彼らはずっと子供のままで、二人だけでいられたら、幸せだったのだろう。こんなに激しい愛は、疲れるだろうな。
★27 - コメント(9) - 2016年5月23日

[図書館本]続いて下巻。エミリー・ブロンテは、クズを書かせたら世界一の作家なんじゃないかというぐらいにクズを描くのが上手い。この作品は、単純な恋愛小説でもなければ、復讐小説とも違うと思う。人間の赤裸々な身勝手さを情け容赦なく描いていると感じた。昼ドラばりのドロドロではあったけれど、非常に面白くはあった。ある意味傑作。
★19 - コメント(0) - 2016年5月20日

意外と陰鬱さはなく、だが時に原初的な魂の結びつきに触れた箇所に止まらされ、世界の狭さを補ってくれた。ギャツビーより救いがある。
★5 - コメント(0) - 2016年5月6日

ヒースクリフの恨み、最後にキャシーとヘアトンが結ばれる、どれも人のエネルギーのすさまじさを感じられた作品でした。母キャサリンはヒースクリフの復讐をやめさせようと幽霊になったのかな。普通の人が登場人物のエネルギーを受け止めるには難しい、だからネリーとロックウッドがいるのか。こっそり言います、ネリーの一人だけ常識人ぶる姿と、キャシーや息子リントンのわがままぶりに途中までウザいと思ってました。
★9 - コメント(0) - 2016年2月23日

感想、ここに書ききれないなあ。一気読みしたが、とにかくエネルギーがすごい。19世紀の一女性から生まれた作品だというのが驚き。最終的にヒースクリフの血が絶え、アーンショウ家とリントン家の次世代が結ばれたというのが切ない。それでもヒースクリフはキャサリンとともに眠れたならそれでよかったのかな。
- コメント(0) - 2016年2月21日

【図書館】憎み続けるのに疲れたのかなあ…という考えが浮かんだ。結局、自分の遺伝子は残らず思いだけが幽霊になって残り、自分が嫌いなヒンドリーとアーンショウの子供達が仲良くハッピーエンドになってしまって。/ネリーの愛され体質が羨ましい。何だかんだでジョウゼフと仲がいい、というか上手くやっているので。/上手く想像することが出来なかったので解説でのボックスベッドの写真が嬉しい。
★44 - コメント(0) - 2016年1月18日

ウェルベックは「執念」と言ってたけど、むしろ「人間関係の排他性」がいかに幻想的なものなのかということを強く思い知らされたのだよなあ。あと、ティーカップの受け皿で紅茶飲むの私も小さいころやってた(笑)
★1 - コメント(0) - 2016年1月7日

長く感じられないほど、サクサクと読了。解説にもあるように、常識人ネリーの視点で語られるヒースクリフの最後は、正気を失ってしまったように見えました。これがヒースクリフの視点だったやなら、愛情劇となってたんでしょうね。色々な意味で。確かに名作でした。
★1 - コメント(0) - 2015年12月23日

前半はわからないでもなかったヒースクリフの行動も、子ども達にまで及ぶとは…さすがにしつこくない?と呆れつつページをめくる手が止まりませんでした。全く体裁を気にしない登場人物達、当時は相当な衝撃作だったんだろうな。解説にあったオースティンとの比較を興味深く読みました。
- コメント(0) - 2015年12月22日

『世界名作文学シリーズ』笑 名作と言われる『嵐が丘』に挑戦しました。が、、、登場人物みんなが自分の欲望に正直すぎて。ライフワーク?としてたヒースクリフの復讐は結局何にもならず自分を死に追いやった。結局「恨みから何も生まれない」っていう話し?←でもヒースクリフのせいで不幸になった人多すぎない?「純粋なの恋愛の勝利」の話し?←でもキャシーとヘアトンは最後の最後にくっついて…。うーん。話はイライラさせるのに結局後半は面白かったな。。
★1 - コメント(0) - 2015年12月12日

徹底してネリ―の語り。どうなんかなとか突っ込みたくなるのは抑え、身内づくしの結婚を見ていると、どうしてもフォークナーがチラつく。時代も、場所も違うのだけれど。ヒースクリフの傲慢さは、どうかして見返してやりろうという欲求の表れなのではないかと思えるのだ。それは「アブサロム、アブサロム」のトマス・サトペンも然り。月日が経ち、自分の老いた身体と若者の活気を引き比べてしまった時、無力感に襲われたんだろう。それで自分の人生の道のりの険しさをどうしても思いやってしまい、やり切れなくなってしまったんだろう。
★7 - コメント(0) - 2015年11月10日

古典読んで見ようキャンペーン。名作、なのかなあ。私にはドロドロの昼ドラのような、(見たことないけど)韓流ドラマのような感じで、どの辺が「名作」なのかよくわからなかった。最後まで読む程度の面白さはあったけど。ううむ。図書館本
★3 - コメント(0) - 2015年10月11日

本当に欲しかったもの。 愛憎の果てに、訪れたもの。 それは、狂気なのか、それとも。
★6 - コメント(0) - 2015年9月26日

ヒースクリフ:(エドガーの墓堀の際に)墓穴を掘って、キャサリンの棺の上の土をどけていたんで、俺は棺の蓋を開けてみたんだ。久しぶりに彼女の顔を見ると、そこを動きたくなくなった―顔はまだ変わっていないのだ。―寺男は、俺が動かないんで弱っていたね。・・・・ヒースクリフと女の人(の幽霊)がいるんだよ、あそこの丘の麓に・・・おいらにゃ、とても通れねえ。(以下ウィキ)ヒースクリフはキャサリンの墓の横で、静かに眠っているのだろうか。 それとも二人で亡霊になって、今もまだ嵐が丘をさまよっているのだろうか。
★30 - コメント(0) - 2015年9月9日

恋愛絡む小説は苦手だけどこれは特に合わなかった。ネリーの語り口もまだるっこしい感じ。だが文学的な解説もできそうになく感情的な感想にしかならない。登場人物の9割が嫌な奴、ヒースクリフは子どもに復讐の手を伸ばした時点で同情の余地の無いクソ野郎だと思っている。最後に幽霊となって嵐が丘をさ迷うのはキリスト教的にいえば天国にも地獄にも行けない懲罰だが、彼からすれば望んだ幸福なのだろう。キャシーの姉さん気質とツンデレ振りには驚いた。まさかあれだけ意地悪言って馬鹿にしていたヘアトンとくっつくとは。女心はわからん(笑)
★4 - コメント(0) - 2015年8月31日

ヒースクリフの復讐と野望はついに成し遂げられようとしていました。しかし、人間は人間であって、悪魔にあらずです。偏執狂的な彼の所業を執拗に描く筆致は、当時の宗教的なモラリズムから認められる作品になりえなかったのでしょう。ストーリーをダイナミックに盛り上げるためのプロットには「もうこの辺でいいんじゃない!」って言いたくなりますが、人間の業を描いた後世に残ってゆく小説であることに間違いはありません。善良なる家政婦「ネリー」に敢闘賞!
★5 - コメント(0) - 2015年8月27日

イザベラの息子リントンがものすごく嫌なやつだった。今回は軽く流し読みしたが、嵐が丘についてのイザベラの感想(上巻末)、死の前日のキャサリンとヒースクリフの会話(下巻の始め)が印象に残った。
★1 - コメント(0) - 2015年8月7日

悲恋物語として知られるが、わたしは人間の欲望の底しれなさを感じた。欲することはさいなまれることだとも。楽しい小説ではないけれど、人生で何度か読んでみたい小説。うまく感想がまとまらぬ。
★2 - コメント(0) - 2015年6月27日

あんまり好きとは思えないけど、それは自分が男性だからかもしれませんね。とはいえ、訳者も男性なわけですが。いわゆる復讐の物語なわけですが、日本的な因果応報の物語というのとはちょっと違います。あくまでエゴとエゴがぶつかりあうような、生々しい話でした。
★3 - コメント(0) - 2015年6月25日

結局お話としては、なんだかよくわからなかった。とは言えエミリ・ブロンテの狂気のような情熱というか執念というかそういうものは、時代を超えて伝わってきた。ヒースクリフという今までなかった独創的な男性像をつくりあげたのも彼女の功績なんだろう。今でこそ古典の名作として扱われる本作は、発表当初酷評だったのは、この時代にないタイプの小説で判断に困ったというのもあるんじゃないかな。ラスト若干明るく終わったのは救いです。
★9 - コメント(0) - 2015年6月21日

登場人物たちの揃って虚弱なことにとにかく驚く。作者の実生活が濃く投影されているのが理由なのだろうが、それにしても、生と死の垣根がこんなにも低い物語世界が、ほかにあるだろうか。
★6 - コメント(0) - 2015年6月16日

以前読んだ『モンテクリスト伯』や今年読んだ『フランケンシュタイン』など、海外古典作品で私が読む作品は何故か共通して長期間に渡る復讐劇。幽霊を見てしまうということでは『ハムレット』にも関連しているな? 堀北真希主演で劇があるとのCMを見て読み始めたのだが、是非とも観劇したいが、お金が・・・。
★11 - コメント(0) - 2015年5月4日

- コメント(0) - 2015年5月2日

何なんだ、この話は。……と言うのが、本を閉じて思った一番最初の感想でした。何かがずっしりと、心に重くのしかかってくるような印象を受けました。全く先が読めず、ハラハラして、ページをめくる手が止まりませんでした。最初はヒースクリフ(登場人物の名前です)が嫌いだったのですが、こんな生涯を送ることしか思い付かなかった彼が可哀想に思えました。作者がそれこそ命懸けで書き上げた作品です。それを思わせる端々が見えました。
★9 - コメント(1) - 2015年4月7日

人格形成に気候風土が大きく関わると私的ではあるけど思っています。 この物語の場所が嵐が丘ではなくてはならない。そんな気がします。 狭い社会で関わる人も少なく、春は穏やかでも、冬の嵐北風、雪は骨の髄まで、心の奥深くまで凍りそう。 ヒースクリフが財産を手に入れても、キャサリンを求める余りに己の悲運を嘆く心も凍りそうで・・。 お互いの愛を知りながら行き場のない思い。どんな思いでキャシーとヘアトン見てたのでしょう。 クライマックスは二度ある。 文字の間から互いを呼ぶ声が聞こえそうで、読んでてシンドかったです。
★3 - コメント(0) - 2015年3月29日

初読。日頃読み慣れないジャンルということもあってか、読み進めるのに一苦労。訳は読みやすいと思うのだけれど。登場人物の性格が極端で、誰かに感情移入して物語を追うという読み方が難しい。しかし、個人が(とくに女性が)感情を表現して思うままに生きることを抑圧された「時代の違い」を念頭に入れると、息苦しくなるまでに感情をほとばしらせて生きる人間、その強さも弱さも愛憎も狡さも純粋さも、刻み付けるように描いたことがやはり偉大ということになろうか。訳者の解説が理解を助けてくれる。
★3 - コメント(0) - 2015年2月16日

愛するキャサリンに棄てられたヒースクリフは、その配偶者、子孫にまでも復讐の手を伸ばす。ストーリーだけみると、死んだ相手にすら執着するほどの狂愛の物語に見えます。しかし訳者あとがきを読むと、どうやら、それだけではないらしい、大きなテーマを扱い、描いているようです。私にはそれは何だか一回読んだだけでは分かりかねました。少しだけ垣間見えたのは、元々一つであった星が二つに割れたときのように、一つであることのほうが自然で、2人は人が作った夫婦だとか身分だとかいう障害はなんて事のないものだった。ヒースクリフがしたこと
★6 - コメント(0) - 2015年1月27日

嵐が丘〈下〉の 評価:76 感想・レビュー:147
ログイン新規登録(無料)