猫は毒殺に関与しない: 猫探偵 正太郎の冒険 5 (光文社文庫)

猫は毒殺に関与しない: 猫探偵 正太郎の冒険 5 (光文社文庫)
あらすじ・内容
誰が犯人だ!? 桜川ひとみの自宅で開かれた鍋パーティ。作家仲間である四方幸江を陰で中傷する人物を探り出す。それが、ひとみに任された役割りだった。だが、パーティ参加者の中に、大きな殺意を抱く者がいて……。(表題作) いつもクールに謎を解く猫探偵 正太郎が、生涯二度目の恋をした!?(「正太郎、恋をする」) 珠玉の三編を収録。

あらすじ・内容をもっと見る
251ページ
143登録

猫は毒殺に関与しない: 猫探偵 正太郎の冒険 5巻を読んだ人はこんな本も読んでいます


猫は毒殺に関与しない: 猫探偵 正太郎の冒険 5巻の感想・レビュー(75)

あれ、私多分四巻読んでないわこれ。結構好きなシリーズだった記憶があるんだけど、あんまり覚えてないなあ。「正太郎、恋をする」は話の内容も恋の相手も良かった。
- コメント(0) - 2月18日

間を抜かしているようで、神楽坂の件は不明。でも、気持ちよさそうなところにお引越ししたんですね。正太郎君の恋がかないますように…。
★2 - コメント(0) - 2月12日

シリーズ7冊目、今回は3つのお話収録。滋賀から上京し神楽坂に住んでいたけど、あの事件があったために神奈川に引っ越した後。シリーズ一冊目の犯人の近況が明らかになる場面でなんだかしんみり。正太郎が新しく恋をした相手にびっくり。続きが出たのは嬉しいけど、1Pあたり13行しかなくてこの厚みだし、ちょっと物足りない。
★29 - コメント(0) - 2月8日

正太郎のシリーズ好きだったんだけどなぁ。飽きてくるのかなぁ。猫の一人称と人の一人称、三人称ごとで正太郎の性格がブレブレなのは人からみた猫の姿にばらつきがあるためって理解をしておこう。柴田さん作品は最後にとっておこうと思っていたRICOシリーズに手を出してみようか。
★1 - コメント(0) - 2月7日

前作で引越したばかりなのにまた引っ越してる!なにやら事情がありそうだが、別の機会に正太郎が教えてくれると期待したい。異種間恋愛って異種すぎじゃない
★13 - コメント(0) - 2月5日

さくさくと♪正太郎さん、お久しぶり過ぎて、背景を思い出すのが大変^^;
★23 - コメント(0) - 1月31日

シリーズモノとは知らずに借りて来ました。軽く読める1冊ですが 余り印象も残らず・・・(^^;; 最後のお話が面白かったです。
★36 - コメント(0) - 1月26日

久しぶりのこのシリーズ、過去のお話を読み返したくなりました。
★7 - コメント(0) - 1月23日

久しぶりの新刊です。今回は正太郎の毒舌があまりなかったのが少し残念かな。でも、ストーリーにオチがあり、桜川ひとみさんの天然ぶりも健在で、まあまあ面白い作品でした。
★6 - コメント(0) - 1月22日

正太郎くんは可愛なぁ。知ってる話もあったけど、どれも面白く読めました。
★1 - コメント(0) - 1月20日

正太郎シリーズ第5作。3作収録。 ものすごく久しぶりの新刊♪1作目と3作目が特に「えっ、ダマされたっ!」感があって面白かった(笑) ただ、前作を読んでからかなりの時間が経っているので、もう一度読んだ方が良かったかな、とは思いました(^_^;)
★6 - コメント(0) - 1月18日

猫探偵 引っ越し➡久しぶりすぎて引っ越した経緯とか忘れてしまった。神奈川の雑木林に住む瞳と正太郎。今回は正太郎もあまり活躍せず事態が動き、あっさりな感じでしたね。
★2 - コメント(0) - 1月11日

4と5を続けて読んだのに、なんで引っ越してるのか、わからない。 おっかしいなぁ・・・。 これ、間に何か長編とか入るんじゃなかったんでしょうか???? 4と比べると、字がでっかくて、行間も広くなってて、無理やり1冊にした感じが否めません。 好きなシリーズだけに、残念です。 でも、とりあえず「存続が危ぶまれたシリーズ」とか作者さんが書いておられたので、続いたことを喜びたいと思います。
★1 - コメント(0) - 1月10日

ひさしぶりの正太郎シリーズ、久しぶりすぎて設定を忘れてしまっています。でも柴田よしきさんの軽妙な文章で楽しく読了しました。久々に今までのシリーズを読みなおそうと思いました。
★12 - コメント(0) - 1月9日

字詰めの本を二日続けて読んだので、懐かしいシリーズの行間とフォントが大きい気がする読みやすそうな最新作を。表題作はアンソロジーで読んでたけど、桜川先生の引っ越しの理由って何だったんだ。二作目は正太郎と話してた相手とその関係者が見事に身勝手すぎて逆に笑えた。三作目、ようやっと正太郎が語り手のお話。もうちょっと長くこのお話を読みたかったし、過去作でわりと重要だった知り合い猫のその後があっさり書かれてて残念。シリーズ新作は嬉しいけど、某マエタマの最近の作品読まされてる気がした。
★2 - コメント(0) - 1月6日

『猫は毒殺に関与しない』では作家稼業、出版業界の内幕を描きつつ。『猫は三日ですべて忘れる』の憎み切れない馬鹿男。『正太郎、恋をする』が猫視点。コージーミステリー三編。
- コメント(0) - 1月2日

続編出るとは思っていなかったので純粋にうれしい。けれども、字の大きさと行間はもともとのシリーズに合わせてほしかったかな。内容が薄く感じる。正太郎は大好きなのでもっと出してほしかった。猫の描写は好き。
★1 - コメント(0) - 2016年12月15日

ハクビシンかよ‼
★1 - コメント(0) - 2016年12月14日

!? 正太郎、去s……あれ? えぇ……!? 新たな引っ越しまでに、なにがあったの~~~!?(@@;) トマシーナも過去の思い出になっちゃって……。せめて、彼女がペアリング相手を憎からず思ってくれてたらいいのだけど……。あぁ、でも、これから先も続きが出るなら読みたいシリーズです。
★3 - コメント(0) - 2016年12月12日

前の話しはすっかり忘れてしまった。 字も大きく、行間も大きくて、むりやり1冊にして出版した感じ。 内容も一度読んだらすぐ忘れてしまうような軽いノリ。
★5 - コメント(0) - 2016年12月11日

正太郎独特の存在感いいわー。「~恋をする」はまんまとだまされて快感。
★6 - コメント(0) - 2016年12月11日

久しぶりの正太郎シリーズ。 久しぶりすぎでなぜ神奈川に引っ越したのかが思い出せない~~! 正太郎の視点が楽しかったシリーズなので正太郎視点が「正太郎、恋をする」しかなかったのがちょっとさびしいかも。 でもこの話は意外性もあってとてもおもしろかったです。 字も行間もちょっと大きめなので、あっという間に読み終わってしまったのがちょっと寂しかったけど。 しかも表題作は既読だったし。 新作が出るのを楽しみしてますので、次は早めだと嬉しいです。
★45 - コメント(0) - 2016年12月10日

久々の正太郎!と思ったけど、正太郎視点は最後の話のみで物足りない〜〜
★15 - コメント(0) - 2016年12月3日

やっと発売されたシリーズ。前作から長かった~。正太郎に会える!と楽しみに読み始めたのに、なかなか活躍してくれず・・。もっともっと出てきてほしいですし、もっと正太郎らしく活躍してもらいたいです。続きも発売されますように。
★20 - コメント(2) - 2016年11月28日

正太郎との再会が本当に嬉しい。 アンソロジーで表題作は読んでいたのだけど、まさか文庫で正太郎ものの5作目として読めるなんて♪ 皮肉がきいていて、タイトルが秀逸な表題作はもちろん、正太郎の一人称パートがあるのが嬉しい「正太郎、恋をする」 施設から脱走する入所者が話題に出た時点で優子のことは分かったのだけど、脱走の謎は、気付けなかった! それに、正太郎の恋の相手は、そうだったのね。 微笑ましい。
★14 - コメント(1) - 2016年11月23日

なんでまた引越したのだったか。覚えてない。猫探偵シリーズ読み返さなきゃ。柴田先生、他のシリーズの新作もお願いしますね。
★8 - コメント(0) - 2016年11月22日

正太郎シリーズ第五弾。このシリーズ、本当久しぶり!でも変わらず面白かった。表題作は、正太郎の飼い主であるひとみの呑気さが可笑しかった。願わくば、また浅間寺とサスケの登場する話も読みたいな。
★9 - コメント(0) - 2016年11月16日

正太郎があまり活躍してなくて残念。
★3 - コメント(0) - 2016年11月15日

表題作は初出のアンソロジーで読んでいましたが、ほか2篇ははじめて読みました。 どれも少し毒があってくすりとできて面白かったです。
★5 - コメント(0) - 2016年11月15日

10年ぶりくらいの新作で楽しみに待っていたのに…のに。正太郎は3話目以外ほぼ活躍しないわ、桜川ひとみ氏の情に篤いけどおまぬけで愛すべき人柄が消え失せちゃってるし(全体的にライトすぎる表現になっていて、軽い読み物だけど柴田よしきの筆じゃない気さえした)。正太郎の飄々としながらもなんだかんだと桜川氏を助けてあげ信頼してるよきパートナー関係が垣間見れずショック。猫と人の愛すべき間柄だった過去の作品で口直しをしよう。
★7 - コメント(0) - 2016年11月14日

猫語り成分不足だわー
★3 - コメント(0) - 2016年11月12日

祝10年ぶりの帰還。 短編3作面白く読みましたが、 1ページ当たりの行数が少なすぎ。
★17 - コメント(2) - 2016年11月12日

ハクビシンの衝撃に全てもっていかれた。
- コメント(0) - 2016年11月12日

三編!!表題作の「猫は毒殺に関与しない」は読了済!作家と編集者が集まって鍋パーティ!!誰が誰を殺したいのか、殺意を抱く者は誰なのか推理しましょう!!「猫は三日ですべて忘れる」ブラック〜!したたかで一番怖い者は女…と思っていたら実は…!!「正太郎、恋をする」猫の正太郎が恋に落ちた…相手は…?エェッ!!二度目の恋は叶うのか!?最後の話は正太郎目線で書かれていて満足しました!
★36 - コメント(0) - 2016年11月11日

糸やんとサスケと浅間寺のおじさまは何処へ?正太郎と桜川ひとみさんの生活環境が変わっていてビックリしました
★7 - コメント(0) - 2016年11月11日

正太郎にまた逢えて嬉しいです。しかし、正太郎と桜川さんの状況は随分変わってしまいました。仲良しの猫仲間がいた東京の下町から、神奈川の駅から25分、防災保全林そばのあばら家へ。糸やんもサスケも浅間寺のおじさまも出てこないし、雰囲気が寒々しい。う~ん、次回作に期待!
★34 - コメント(0) - 2016年11月10日

今読んでいるみんな最新5件(3)

01/26:ミーコ
11/17:riko
11/11:vivi

積読中のみんな最新5件(11)

02/16:
02/08:本格好き
01/05:木賊
12/05:BECHA☆
12/04:かける

読みたいと思ったみんな最新5件(54)

02/23:寧々子
02/21:hal
02/14:procyon
02/11:
猫は毒殺に関与しない: 猫探偵 正太郎の冒険 5巻の 評価:96 感想・レビュー:36
ログイン新規登録(無料)