オニが来た

オニが来た
253ページ
76登録

オニが来たを読んだ人はこんな本も読んでいます


オニが来たの感想・レビュー(66)

旦那さんがダイエット村に行くとか言い出して、その間旦那さんの実家で過ごす話。旦那さんのどこがいいのかサッパリわからない。読んでなんとなく温かいカンジは好きなんだけど、旦那さんの実家を旦那さんより好きになるってあるかなー?
- コメント(0) - 2015年12月1日

ゆったりした流れの本。不思議な雰囲気だけど、違和感なく入り込めた。
★10 - コメント(0) - 2014年9月19日

40代女性、旦那の実家にて介護日誌を書く(といっても介護している感ほぼ0)。PPP(ぴんぴん生きて、ぽっくり逝く)を目指す義父、義母、お手伝いさん。「時期ってあるんだな。なにごとにも、そのときがちゃんと来るっていうか、ね」「あのお墓にいずれは入るんだって思うと、楽しみになる、そんなお墓がいいの」いいね、それ。アカの他人ですが巻き込まれたい家族。
★4 - コメント(1) - 2013年12月21日

読後、モヤモヤ…。面白かった!と手放しでは言えないけど、面白くなかったわけでもない。う~ん…。メッセージ性もあったような気がする。非現実的すぎて、あり得ない、あり得ないと思いながら読んでいたけれど、こういう話も実際あるのかな、あったらそれはそれで面白いかも、と思った。
★3 - コメント(0) - 2013年10月4日

せめて20代の結婚という設定だったらさらりと読めた。でも、40代というところに作者の企みがあるのだろうか。そういう意味ではすごく考えさせられたけれど、やはり違和感が拭えず、ファンタジーだと思って読み切った。
★1 - コメント(0) - 2013年3月21日

こんな結婚はいやだよ、と思う一方で一風変わった家族のカタチもちょっといいじゃない、とも感じたり。アンポンタンみたいにほんわりしたご飯が作れる人になりたいな。でも美味しいご飯って一緒に食べてくれる人、家族あってのものだよね。新しい家族が増えてゆくことがこんな優しい風みたいな感じだったらいいよねー。この本のようにおとぎ話みたいな現実はないけど、きっとその中にも優しい時間はちゃんと見つめていればいっぱいあるのだろう。老人の気持ち、疑似体験でしたー。誰が死んでも花火大会はずっとあるだろうな。
★2 - コメント(0) - 2013年1月26日

ゆったりおっとりした雰囲気が良かった。凄く読みやすい。あんなお年寄りになりたいなぁ。設定はありえないもんだけど、それが良い!みんなで食べるご飯も幸せで美味しそうです。
★3 - コメント(0) - 2011年9月13日

夫への愛情を超えて、家族愛、人間愛を深く感じたお話。 アンポンタンの言葉は悪いんだけど、人間味のある感じがとても可愛らしく感じた。 そこに夫がいたらもっと幸せなのかな…と思う反面、いないからこそ…なのかな、、とも思えた。
★2 - コメント(0) - 2011年8月5日

まったりとした雰囲気で それなりに面白いと言えばそうなのだけど 自分には ちよっと 考えられない設定だなぁ(笑) しまりどころがない、というか ぬるま湯小説でした。
★2 - コメント(0) - 2011年2月17日

10年後くらいにまた読みたいと思った
- コメント(0) - 2010年7月22日

P
40半ばにしてようやく結婚したのに、その旦那に放置され、旦那の実家で義父母と老いたお手伝いさんたちと暮らす元ヤンキーの主人公、をゆるく軽く楽しく、でも切実に書く。楽しいはずがないテーマなのに、何だか明るい。新感触の小説だった。面白かった。
★2 - コメント(0) - 2009年12月22日

カバーからは想像もつかない内容だった。…色々考えさせられた。
- コメント(0) - 2009年1月8日

今読んでいるみんな最新5件(1)

08/17:soramimi

積読中のみんな最新5件(3)

01/10:Kei
12/22:P

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

02/29:sala
12/22:おぴゅこ
オニが来たの 評価:36 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)