ファディダディ・ストーカーズ

ファディダディ・ストーカーズ
210ページ
77登録

ファディダディ・ストーカーズはこんな本です

ファディダディ・ストーカーズを読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
5884登録

ファディダディ・ストーカーズの感想・レビュー(49)

いろいろと惜しい。あと一歩感と帯のネタばれ感がハンパない。幻冬舎っぽいな~って感じ。皆さまいい人過ぎなのがちょっとマイナスかな。
- コメント(0) - 2012年10月10日

父親のキャラが抜群によい。娘をとことん拘束しようとする、娘から見ればうっとうしい父親なのだが、とてもユニークでかわいいキャラ設定にしているため、憎めない。うまく、ふたつの恋愛話をつなげていたと思う。
- コメント(0) - 2011年11月28日

面白かったです。主要キャラクターがとても個性的。主人公の、あやしい男松葉や父親とのコミカルなやりとりに、クスリと笑わされました。父親の子どもっぷり(子煩悩っぷり?)は、子どもの身になればうざったいことこの上なさそうだけれど、傍から見るとほほえましいです(笑)心温まるラストもあって、良い物語だったなと思います。
- コメント(0) - 2011年6月5日

タイトルや帯の宣伝文句からしてストーカーが複数いるんだろうなあと、何となくネタバレ。物語半ばでオチがこの方向かな~とだいたい予想がついた。ミステリと言うほど仕掛けは無いので、ほのぼのどたばた人情ストーリーといった感じ。親バカの父が詠む川柳が、娘を愛するあまりひねくれた父の心情を的確に表していて、毎回笑える。一人暮らしに拘る主人公の自立物語でもあるのか。子供から大人へ変わる大学生の時期、恋人への対抗心と別れ、女友達のわずらわしさ、そういった感傷的な気持ちも描かれているので、とても女性的な物語だと感じた。
★7 - コメント(0) - 2011年3月27日

父親が掛け値無しにウザすぎて、読んでる最中「あーきっと最後の方ではこれらの行動に意味付けがされたりして、和解とかしちゃうんだろうなー、騙されるなよ一咲ー」とか思っちゃう程だった。さておきなかなかに爽快感もあって良い話! 斜に構えた、と見せかけいろいろなものに対してコドモだった一咲が、いろんなものをひっくるめ受け入れて前に進むラストがじんわり良い。
★1 - コメント(0) - 2010年12月7日

娘が大好き~。子離れできない父親から離れ一人暮らしを始めたばかりの女子大生一咲。やっと父親から離れたと思ったら、父親のストーカー紛いな行為に振り回される、でも父親の他にもストーカーの影が・・・ミステリー、コメディ、青春物が詰まっちゃった感じのお話かなぁ?私的には、一咲の成長と恋のお話でした。自立、恋に頑張っちゃう一咲を、応援しちゃいたくなります。父親のキャラが目立っちゃってるけれど、一咲の元彼「慎」がめっちゃいい男だわぁ~。世の女性達は、慎のような男が好きに違いない~~(笑)
★10 - コメント(0) - 2010年10月8日

主人公の少女の周りでウロウロ紛らわしい動きをしまくっている男性陣が面白かった。途中でオチが見えてしまったのが本当に残念!
★2 - コメント(0) - 2010年9月5日

大学生になって一人暮らしを始めた一咲の回りには怪しい人影が。。って、まあタイトルからわかるように複数のストーカーが出没。子離れ出来ない父親が痛々しい以外はありふれていてつまらない。
★1 - コメント(0) - 2010年7月22日

子離れできない父親が娘に遊び半分の嫌がらせ、と思っていたら、別のストーカーも登場。 ★★☆
- コメント(0) - 2010年6月30日

☆☆青いっ!それに迷ってるねっアナタ。人物造形も話の展開も、ピシっとハマっちゃあいないさあ。でもねー半端にクドくなるよりは、走ってくれちゃった方が良いよ、多分。ところで表紙の顔がヲタ過ぎてイヤだ
★1 - コメント(0) - 2010年6月13日

tag
冬目景の装画でつい手にとってしまった。内容は・・・。幕末オタク娘と過保護パパのコメディに徹した方が面白かったかも。
★2 - コメント(0) - 2010年6月6日

冬目景のイラストちから凄いです!とりあえず新人作家さんでも手に取らせてしまいますね!実家から出て一人暮らしを始める女子大生と過保護な父親のバトルは実は...。内容も展開もまったりで次作期待ですね。
★4 - コメント(0) - 2010年6月1日

冬目景の表紙が気になって読んだ。ちょっとコミック的だけど、安定した面白さって感じ。コンビニ関係のネタはかなりリアルに感じた。
★1 - コメント(0) - 2010年5月30日

主人公の周りをウロウロしている、父親を筆頭にした男性陣達のまぎらわしいストーカーっぷりがおかしかったです。最後は、松葉さんよかったねと思いました。それと主人公の名前が幕末の志士からきてるっていう場面がありましたが、この作家さんのペンネームもそうなんでしょうか?
★3 - コメント(0) - 2010年5月22日

今作にて第2回パピルス新人賞特別賞を受賞。この賞って久保寺健彦さんが受賞してましたね。割とライトな文体でもの凄く読みやすい今作は19歳の女子大生が娘にベッタリなダメな父親の元を離れ、一人暮らしをする...ってシンプルな話です。その中に紛らわしいストーカー達(?)が入り混じって、なんだか様子がおかしくなってくる...。 親の心子知らずを地で行く直球なストーリーに意外にも少しだけほっこりしちゃいました。単なるダメでキモイ、子供っぽいだけの親父じゃないんだねー。 冒頭で登場するなんだか訳ありカップルの話が、この
★2 - コメント(0) - 2010年5月17日

安定した流れ。やられた感もないかわりに手堅いことは手堅い面白さ。個人的には好き。男どもの一歩間違えれば変態なキャラ性が愛くるしい(笑)。冬目さんの表紙と作品の雰囲気はよくマッチしてたと思います。
★3 - コメント(0) - 2010年5月15日

父親がストーカー!?な展開にどう転ぶのかと思いきや、意外や純愛ものでした。オチのつけ方には、ややインパクトが弱かったかなあと思いつつも、よかったね〜と恋愛成就にニヤっとした。女性キャラより男性キャラが個性的というか、一歩間違うと変態道にいってしまいそうな、でもなんか憎めないところがかわいかった。主人公も、負けん気と自立心の強いがんばり屋さんで、まああのお父さん相手にはこれくらいでないとなあと納得したり。あとやはり表紙が素敵でした。
★2 - コメント(0) - 2010年5月9日

うーん、文章の問題か、それとも言葉選びの問題かは分からないが、主人公に全く好感が持てないのが厳しい。構成自体は手堅くてよくできているのだけれど・・・冬目景の表紙はパワーがあるな
★1 - コメント(0) - 2010年4月27日

冬目景の表紙で購入。全体的に薄口な印象。ミステリ部は先が読めてしまうし、描写も物足りない。けれども掛け合いには光るものがあり、軽く読めるのがいい。ニヤニヤしてしまうような恋愛描写を磨けば面白くなりそう。今後に期待。
★3 - コメント(0) - 2010年4月27日

最近お疲れ気味だったので、かる~く楽しめる本を読みたくて手に取りました。だって、表紙が明るいんだもん(笑)  パピルス新人賞特別賞受賞作。・・・パピルス新人賞??なにそれ?知らん。っと思って読んだけど、なかなかどうして面白い。一応ミステリーに属するけど、ミステリ色は限りなく薄い。ベタな展開だし、すごい目をみはる展開も無いんだけど、書き味は結構いい。描写はしっかりしてるし、掛け合いも好み。軽くキモチで購入したけど意外なほど楽しめた。今後にゆる~く期待します。
★2 - コメント(0) - 2010年4月16日

一咲と松葉さんの掛け合いは何だか楽しかったwwただ、全体的に何か色々中途半端??うーん。とりあえずほどほど面白かったです☆
★1 - コメント(0) - 2010年4月13日

一人暮らしを始めた女子大生と、彼女を想いすぎる父親、愉快な大学の仲間たち。主人公・一咲の奮闘ぶり、ジタバタする感じがいい。恋愛感情の描写がぎこちないこと、先が読めてしまうことが難点。帯も罪深い。第二回パピルス新人賞特別賞受賞作。装丁は松昭教氏。
★2 - コメント(0) - 2010年4月13日

今読んでいるみんな最新5件(4)

02/04:きよ
08/26:とおる
05/03:相模

積読中のみんな最新5件(7)

09/01:だまん

読みたいと思ったみんな最新5件(17)

01/23:いろり
12/29:かわうそ
10/10:かめ吉
ファディダディ・ストーカーズの 評価:94 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)