柳橋芸者梅吉姐さん事件帖 折鶴の一刺し ((幻冬舎時代小説文庫))

柳橋芸者梅吉姐さん事件帖 折鶴の一刺し (の感想・レビュー(22)

芸者・幇間・船頭・同心のキャラが面白く本半ばまで読み進めるとあまりにもトントン拍子に解決につながっていくのに軽さを感じた。シリーズか?と検索したらこの1冊で終わったもよう。せっかくのキャラをこのまま終わらせるのももったいないような・・
★5 - コメント(0) - 2016年9月6日

カバー裏に「痛快時代小説」とあるが痛快にはなっていない。 探偵役の3人松・竹・梅が集まるのも無理がある。 謎解きもその場しのぎの偶然性だし、3人の個性が豊かなのはシリーズを目論んだのか。 お話は、もっとスピーディに出来たのでは・・・沖田正午、「丁半小僧」シリーズを読んで良いと思ったのですが、地元愛で読んでたのかも知れない。 ストーリーもキャラクターも中途半端な一冊でした。
★7 - コメント(0) - 2016年7月20日

#189★★★☆☆
- コメント(0) - 2015年9月24日

28歳。芸者の化粧をすると30過ぎに見え、素顔だと23歳くらいに見えるという設定は面白いけれど、素顔でお嬢さん扱いされてます・・・江戸時代だったら立派な年増のはずですが・・・
- コメント(0) - 2015年4月25日

芸者、幇間、船頭の異色トリオの謎解きは面白かったです。テンポが微妙に良くない気がしますが、キャラクターが魅力的なので、続編に期待したいです。
★6 - コメント(0) - 2015年1月29日

ジャケ借りしたものの。う~ん、なんか中途半端でした…。シリーズ化してキャラが落ち着いたら面白くなるかな?
★10 - コメント(0) - 2014年8月28日

化粧をすると老けて見える芸者、勇み肌の船頭、いわくありげな太鼓持ちの三人が町奉行所同心を助けて事件を解決する。
- コメント(0) - 2014年8月20日

柳橋芸者が太鼓持ちと探索にあたるという設定は面白いのだが、ストーリーが少々モタモタしていて、スッキリしない。話にスピード感が欲しい。
★1 - コメント(0) - 2014年7月23日

なんだか不自然な展開。まあまあ。
- コメント(0) - 2014年7月21日

もう少し魅力が欲しい。人物と出来事がおりあってないと言うか。。。面白い人ですが。次とか出るかなあ。
★1 - コメント(0) - 2014年6月26日

ayu
梅吉の人を見る能力が今後どんな事件でまた開花するか楽しみ
- コメント(0) - --/--

積読中のみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

01/29:めにい
08/25:nyaboko
07/02:憂霞
柳橋芸者梅吉姐さん事件帖 折鶴の一刺し (の 評価:100 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)