羊のうた (第4巻) (バーズコミックス)

羊のうた (第4巻) (バーズコミックス)
195ページ
297登録

羊のうた (第4巻)はこんな本です

羊のうた (第4巻)はこんな本です

羊のうた (第4巻)の感想・レビュー(287)

再読。姉弟愛を半ば意図的に踏み越えた関係へ逃避する二人。だが、千砂が血を求めることはない。未来の無さをこれでもかと強調する巻。八重樫さんがやりきれないなあ。
- コメント(0) - 2016年8月9日

4巻、登録。
★1 - コメント(0) - 2016年5月24日

★★★★☆ 木ノ下がいい友達すぎて。どんどん一砂たちは孤独していってるなぁ。
★2 - コメント(0) - 2016年3月29日

千砂にとっての父親への愛憎の深さはどうにもならないのか…一砂では本当にダメなのか…
★4 - コメント(0) - 2016年3月2日

これほど純粋で胸かき乱されるロマンスを、他に読んだことがない。まっすぐに一砂を思い続ける八重樫も、千砂が八重樫に感じる嫉妬や不安や憧れも、たとえ千砂が自分をみていなくても彼女を守りたいと願う一砂の気持ちも、どれもたまらなく切なく、愛おしい。24話最後の「ただいま」「おかえり」の顔がよかった。
★4 - コメント(0) - 2015年8月13日

どんどん世間から離れて世界があの家だけになりつつあります。高校生男子なのにキスされても理性保ってる一砂がすごい。美人だし、姉弟って実感できる育ちじゃないもんなぁ…どこへ迎えば終われるのか、幸せになれるのか?何かと気になります!
- コメント(0) - 2013年9月23日

 吸血、兄弟愛、どんどん背徳な状況に。。。 八重樫さん一択でしょ、何処へ暴走っていくんだよ!
★1 - コメント(0) - 2013年6月17日

独占欲と純粋な想い。千砂が八重樫を怖れているのは純粋さに鏡のように反射される自らの醜さを直視できないからなのだろうか。一砂の危険な特殊性が垣間見えてくるように思うこの巻、色々と動き出していて面白い。どこに向かって行くのかものすごく楽しみ。
★1 - コメント(0) - 2013年3月7日

わお 歪な関係…
★14 - コメント(4) - 2013年2月5日

ついにキスしてしまった。恋の話でもある。
★1 - コメント(0) - 2012年10月19日

冬目景作品をそろえるため購入。
★4 - コメント(0) - 2012年4月1日

評価★★★★
- コメント(0) - 2009年8月19日

いずれ書きます。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

10/12:martyrdom

積読中のみんな最新5件(7)

08/22:yutoS
05/06:柄谷 麹
03/24:赤魚
09/15:martyrdom
07/28:exsoy

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

02/21:suicdio
05/11:mmm
羊のうた (第4巻)の 評価:22 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)