大東京トイボックス(1) (バーズコミックス)

大東京トイボックス(1) (バーズコミックス)
201ページ
837登録

大東京トイボックス 1巻はこんな本です

大東京トイボックス 1巻の感想・レビュー(734)

ゲーム制作の現場の話の漫画、初めてです。
- コメント(0) - 2016年12月6日

熱い。ただ熱い。
- コメント(0) - 2016年11月18日

お、おもしれー!太陽が師匠ってポジションの方が個人的には好きかも。新人って延びしろがあってどう成長していくか楽しみ
- コメント(0) - 2016年10月26日

太陽さんが主人公だと思ってた(表紙的に)。元気印の大阪人主人公かと思いきや、暗い過去もある変わり種っぽい。アツいお仕事系マンガ。
- コメント(0) - 2016年8月6日

☆☆
- コメント(0) - 2016年2月25日

ゲーム作成のお仕事漫画&やりたいことっていうのは!と熱血な内容。人が動くのも動かすのも熱意なんかなー、と思いつつ次の巻へ。
★2 - コメント(0) - 2016年1月26日

ゲーム業界裏話的なやつかと思いきや、意外にお仕事物語になっていて面白い。この熱い気持ち、どこまで持つかなぁなんてちょっと引いてみちゃったりしますが。前作もあるとは知りませんでした。探してみようかな。
- コメント(0) - 2015年12月6日

前作を読んで気になってたところ。相変わらず熱い。「魂は合ってる」
- コメント(0) - 2015年11月15日

前作があるのを知らないで読んでしまった。でもちゃんと読める。ゲームクリエイターの話。企画一つ通すのにどんだけ書くのか。。。最近全くゲームやらなくなったけど、実際にこうやって作ってる人がいるんだよね。
- コメント(0) - 2015年9月27日

『熱い台詞がある』と以前(と言っても数年前)に雑誌で読んでから、ずっと読んでみたかった作品。ゲーム会社に『大変そう』というイメージしか持ってなかったけど、本当に大変そうで、ゲーム素人の私にはよく分からないところもあった。でも、素直に面白かった!ガーッと読めたし、『魂は合ってる』のか否かでボツにした太陽がかっこよかった。そういえば『東京トイボックス』読んでないのにこれを先に読んでしまった(笑)そちらも読まなければ、、
★2 - コメント(0) - 2015年7月4日

「仕様を、変更する!」初めはネガティブなイメージがあったが、ここでのこのセリフは新しい幕開けの意味だったということか。携帯ゲームが時代を表すけども、ゲーム開発の事情は今と変わらずなところ。
- コメント(0) - 2015年4月22日

仕切りなおして新章開始。新人モモは若いな…見ててイライラしてくるくらいだ(笑)。にしても仙水よく言ったわ「ゲームというのは何時間も、場合によっては何十時間もかかります」「他人の人生をそこまで拘束しておいて何も残らないようなモノなどいったいなんのために作るというんです?」ゲームじゃなくても全く同じでしょう。この覚悟こそ作り手としてあるべき覚悟と共感し、仙水に惚れてしまった。
★1 - コメント(0) - 2015年4月7日

前作に続いておもしろい。おもしろいものを作れば人は必ずついてくる!
★1 - コメント(0) - 2015年1月26日

電子書籍での1巻読了。ゲーム製作の現場の悲哀と一人の製作者に回りが振り回されるその混乱とトタバタを描いたクリエイターお仕事物語の第二部。主人公のゲーム製作経験者を募集したはずだったのに社長・天川太陽の手違いから、三毛権の百田ももがスタジオG3に採用された事からこの物語は始まる。【感想】俺、ゲーム全然やらなない&分らない人で正直チンプンカンプンだった。でも、仕事としてのゲーム製作現場の修羅場や「猫の手も借りたい」ほどの人材不足による過重労働だけはすごく伝わってきた。鬱病、脳梗塞、不整脈続出も頷けるわ。
★10 - コメント(1) - 2014年11月11日

『人間ってのは短期的には後悔できても、長期的には自己肯定する生き物だからね』
★1 - コメント(0) - 2014年10月23日

モモの逃避行動がよく分かる。
★4 - コメント(0) - 2014年10月12日

再読
★1 - コメント(0) - 2014年9月28日

全10巻読了。クウォリティにこだわり、開発者のエゴを貫くか、商売だと割り切り、妥協してでも納期を守って仕事を完遂するか。金も人手も時間もかかるゲーム制作。失敗すれば損害も大きいし、悩ましい問題です。挫折したゲームの天才に周りが振り回されるという話です。支えるスタッフは大変ですね。でも完成したゲームの出来が良ければ、その苦労も報われる。コンテンツ制作者の熱い"魂"が宿っています。
★3 - コメント(0) - 2014年9月9日

遅ればせながら10巻まで読了。めちゃくちゃ面白い! 池井戸潤作品並みの組織力学に、池井戸潤作品の5倍くらい熱くて気障な人たちが翻弄され格闘する。最強の仕事漫画。クライマックスの盛り上がりはその範疇を超えるけど。月山氏可愛すぎ!
★6 - コメント(0) - 2014年9月2日

新人百田モモの若さが読んでて恥ずかしかった。天川と月山はちょこっと進展?そんなことより、仙水の胡散臭いスピーチ、テレビ会見でのカッコ良いさ!天川かぶりつきでニヤリじゃないか!あー面白い。おまけ漫画はカップリング違くないかい?つきやまちゃん。(笑)
★8 - コメント(0) - 2014年8月10日

面白いな~。絵も好き。元気で可愛い新人さんモモちゃんいいですね~。月山と天川の距離が近付いてる?
★1 - コメント(0) - 2014年7月25日

新人・百田モモを加えて全体を通して、熱い話になっており楽しめた。
★10 - コメント(0) - 2014年7月8日

魂は合ってる! 全10巻やっとまとめ買いしたので、一気読み。やっぱり面白い!
★2 - コメント(0) - 2014年6月10日

面白い。
- コメント(0) - 2014年6月1日

これって東京トイボックスもあったよなあったよなーと思いながら読んでたらやっぱり続編かー。いや、東京トイボックスは6年くらい前に読んだんですが、さすがにけっこう内容忘れてる。。。読みだしたら面白いのは今も変わらず。確か大東京トイボックスも7巻くらいまで読んだはず。
★6 - コメント(0) - 2014年5月5日

一人がこけたって会社は潰れない。一回のミスを恐れるより、一回の行動!アイデア出しは、バイアスなしでバンバン出す。ボツの大量生産も上司の仕事だけど、最後はGOサイン出すってのがいいね。
★19 - コメント(0) - 2014年4月19日

・ゲームというのは何時間も場合によっては何十時間とかかります。他人(ひと)の人生をそれだけ拘束しておいて何も残らないようなモノなど、いったい何のために作るというんです? ・魂は合ってる。
★1 - コメント(0) - 2014年4月9日

ゲームクリエイターを目指す関西出身の百田モモは、スタジオG3に入社が決まるが、企画チーフの天川太陽が経験者と勘違いしたという事を知り愕然とする。何とか頼み込み、代表取締役の月山から、3ヶ月の試用期間を認められるが・・・
★2 - コメント(1) - 2014年4月9日

東京トイボックスの続編。新人が投入されて、社内の雰囲気に変化が。いいカンフル剤になってるのかな。社長のハラハラがせつない。坊主に無精髭はやめて欲しいな。
★1 - コメント(0) - 2014年3月20日

確か何年か前の漫画大賞で2位になった作品。その時購入してやっと今読んだ。まあ、面白いと言えば面白い。ゲーム業界の人にとっては共感できるだろう。続きも読みたいけれど、読み終わった後も手元に置いておきたいと思うほどではないかも。次巻を購入するかどうか迷うところ。
★1 - コメント(0) - 2014年3月5日

ドラマけっこう違うけど、痛すぎて(w)いいなあw
★1 - コメント(0) - 2014年2月20日

仕切り直しの新章/導入部はどうするのかと思ったら、新人モモをサブ主人公に種まきか。来るべき仙水との決戦に向けて/モモ、見合いから結婚、育児、定年退職まで、そんな贅沢な人生謳歌できると思ってるなんて、また随分楽観的な/社会人一年目思い出してうっげげげ
★1 - コメント(0) - 2014年2月15日

東京トイボックスと絵のタッチが違う気がする
★1 - コメント(0) - 2014年2月8日

私がこの漫画を買ったきっかけは、2012年マンガ大賞で銀の匙 Silver Spoon(荒川弘)に次いで2位を獲得したからです(Wikipedia調べ)。あと、ドラマにもなったみたいで(?)。一人一人のキャラの個性が出ていて、太陽さんの信念を曲げない姿にしびれました。
★1 - コメント(0) - 2014年1月16日

懐かしいバイクに乗ってるモモタモモ、イチゴのパンツと魂は合ってる?
★16 - コメント(0) - 2014年1月5日

百田モモはなんとかゲーム会社に就職し、3ヶ月のお試し期間の内に成果を出さなければならない。ゲーム制作での問題や、葛藤などを書いていて、ただ作るだけじゃないのがわかる。試用期間が迫るモモ。物凄く葛藤して、精神的にもキツイ中企画書を出していく。中々熱い。もちろん、他の人達の理解があってこそだろう。
★4 - コメント(0) - 2013年11月18日

この漫画、魂は合っている
★1 - コメント(0) - 2013年11月16日

期待を裏切らない面白さ!新人のモモちゃんがうざ可愛くて仕方ないです。
★1 - コメント(0) - 2013年11月12日

zen
あ、ドラマ化なんすね。どっちから読んでも百田モモちゃんが主役…というわけではなく、太陽さんが主役かな?ゲーム会社で働く人の話。「仕様を一部変更する」あそこで出て来れなくてツブレる人もたくさんいるんだろーなー。企画書は量より質?
★1 - コメント(0) - 2013年11月9日

大東京トイボックス 1巻の 評価:52 感想・レビュー:144
ログイン新規登録(無料)