いとしのニーナ 1 (バーズコミックスデラックス)

いとしのニーナ 1 (バーズコミックスデラックス)
178ページ
476登録

いとしのニーナ 1巻はこんな本です

いとしのニーナ 1巻の感想・レビュー(428)

レンタ読み。高校生…怖いな
- コメント(0) - 2月13日

あれ?すごい話から始まってびっくりした…予想したジャンルとは違くて…ちょっと怖いな
- コメント(0) - 2016年12月23日

いきなりハードな第一巻であった。
- コメント(0) - 2016年6月16日

先がどうなるのか気になる。
- コメント(0) - 2016年6月5日

のっとふぉーみー
- コメント(0) - 2016年5月27日

- コメント(0) - 2016年5月25日

ちょっと苦手かも、登場人物が。これからそれぞれをもっと掘り下げるんだろうか?ちょいちょいチラ見させることある苦手な作風全開だった。色々描けるんだね。そこは凄いと思いました。
- コメント(0) - 2016年5月24日

面白さがわからない
- コメント(0) - 2016年2月28日

いきなりの展開に驚き。人との関わりには色々葛藤ってあるよなーと。新名ちゃん可愛いな。正直で、強い。真正面に向き合うような強い女の子好きです。新名ちゃんの本当の気持ちは分からないけど、物怖じしない態度がカッコいい。『男の力は あんたたちが思っているよりも ずっと強い 力で 暴力で ねじ伏せる奴らが許せない』
★14 - コメント(0) - 2016年1月24日

完結までに爽やかな、あるいは幸せな雰囲気になることを切望。
- コメント(0) - 2016年1月6日

いくえみ作品で一二を争う出来だと思うんだまじで。
- コメント(0) - 2015年10月21日

○/まずい、これ胸くそ悪くなるほうのいくえみ綾では。絵が好きだから読んじゃうけど。
★1 - コメント(0) - 2015年10月21日

なんだかんだ読んでしまう!いくえみまじっく\(^o^)/
★1 - コメント(0) - 2015年6月22日

読友さんの紹介で存在を知った本です。物語上では起承転結の起に当たる本書ですが、主人公とヒロインとその周囲で起こる事件を発端として主人公の厚史はヒロインであるニーナのボディーガードに成ります。事件の加害者に関係する厚志をボディーガードにしたのは、ニーナが厚志に対して興味があり、偶然から不用意に加害者側に関わってしまった同情の気持ちからではないところがポイントです。高校生の頃って可愛い女子高生には逆らえないので、それに事件の被害者と加害者という構図が混ざり合い物語は次巻に進みます。
★3 - コメント(0) - 2015年6月11日

〖レンタル〗何だかよく分からないまま読了。導入部分だからでしょうか(>_<)少し重いテーマなので、これからどうなるのか…
★12 - コメント(0) - 2015年4月1日

監禁された女の子が通報しない時点で、なんだかすごい展開です。あー、でも、捜査による二次被害みたいなこと言われるから通報しないのはわかるにしてもまた会ってるってのはすさまじ。
★2 - コメント(0) - 2015年2月11日

再読です。初めて読んだときは、怖い始まりなのでそれなりの衝撃を受けました。今は少し冷静に読めるので、ニーナの魅力と厚志と正行の関係がよく見えてきます。正行は厚志に対して批判的な態度であるけれど、厚志は普通にいいやつだと思うし、ビビっちゃうのも普通だと思います。正行がダメなことをしても受け入れて一生懸命にそこに立ち向かおうとして、応援したくなります。まあそういうところに正行はコンプレックスを感じてしまうのでしょうけれど。ニーナ「男同士はいんだよ。バカだネ!」
★3 - コメント(0) - 2015年2月4日

あれ、ラブコメかと思ったら重い……犯罪シーンからのスタートでビックリ。軽くてかわいい女子高生って見た目のニーナの、人間のデキかたがスゴイ。「助けてやった……とか思ってたら …… ぶっころしてやる……」とか、保健室のシーンとか、複雑なシーンがあっさり端的に描かれていて、いくえみさんの力量を感じる。やっぱり巨匠なんだなー。
★4 - コメント(0) - 2015年1月20日

なんかおもーいスタートですなぁ。でも、ジワジワくる楽しさでさくさく読みました。
★3 - コメント(0) - 2014年12月30日

再読。毎朝電車で見かける他校の女の子新名(ニーナ)を、拉致って監禁する物騒なシーンから始まるお話。 面白いしニーナがとにかく可愛い!
★4 - コメント(0) - 2014年12月6日

厚志の親友の正行が、憧れの存在ニーナを拉致してきたところから物語が始まる。主謀者の牛島が、二人にとって不気味な存在。厚志はニーナを逃すが、ヒーローになれるわけじゃない。「男の力は あんたたちが思ってるよりも ずっと強い 力で 暴力で ねじ伏せる奴らが許せない」ニーナの言葉から、弱さと恐怖を厚志は学ぶ。謀らずも、ニーナのボディーガード役となり、近づくことができた厚志。それを利用しようとする牛島に、勇気をもって立ち向かっていく厚志が、痛々しくも力強い。
★3 - コメント(0) - 2014年11月17日

いくえみさんの男子は表情とかイキイキしてるな。でも、ニーナを拉致って監禁した押川と牛島、巻き込まれる形の外山、男子高生16歳。ニーナ17歳。告白して振られて拉致ることをそそのかす牛島。ニーナを逃がした外山は結局守ることが出来るのか。ニーナにもニーナの悩みがありそう。
★14 - コメント(0) - 2014年8月1日

何!この始まり方からどうやって話続いていくの!?でした。驚きの導入部。あっつはどう考えても助けてあげたと思うのに、あんまりにも不憫でして。いくえみ作品の男子はとてつもなく可愛かったり恰好よかったりのイメージなんだけど、あっつはおバカというか決まりきらない(いや、一生懸命でおばかという意味では可愛いけど)し、マサは典型的キモ系(でも根は悪い人じゃないらしい)し、牛男じゃなくて牛島は違う意味で気持ち悪いし、ニーナは今時の女子高生だねーって感じで、これはいくえみさんが描くからまだ魅力があるのかなという。
★31 - コメント(3) - 2014年7月18日

【レンタル】
- コメント(0) - 2014年6月14日

まさかの始まり。いくえみさんじゃなければ、すぐに本を投げつけたいくらい(笑最後まで読むけども。これには、話題のいくえみ男子はいなさそう。
★3 - コメント(0) - 2014年5月25日

姉本。最初、拉致って偽造誘拐か何かだと思ったけれどもそんな事はなく、恐々と読み進めた。読みたくないような、でも続きは気になるような。牛島はなんか、ギリギリのラインから堕ちて行った印象。だからと言って許されるわけでも、理解する気にもならないんだけれども。
★7 - コメント(0) - 2014年4月30日

怖い。思わず女子高生コンクリート詰め事件を思い出してしまいました。新名は無事で済んだからいいものの一歩間違えれば大犯罪。怖い気持ち悪いと嫌悪感を抱きつつも読んでしまうのは、いくえみ綾の手腕によるものです。
★25 - コメント(0) - 2014年4月13日

拉致って。
★2 - コメント(0) - 2013年11月27日

いくえみさん、色んなマンガ描けるんだね〜。マサがキーになっている所とか、今後の展開が気になる感じ。
★6 - コメント(0) - 2013年11月13日

女の子が拉致される場面から始まるので私この本だめかも…とおもったけど途中から持ち直した。でもまだわからん。
★8 - コメント(0) - 2013年9月29日

表面上は明るく取り繕っていても、内側は、たぶん。
★30 - コメント(0) - 2013年5月11日

いきなり拉致からのスタート!憧れのマドンナ(ニーナ)の顔と性格のギャップ!!友人関係!なんじゃこりゃ(@_@;)どれもこれも大変だ。
★3 - コメント(0) - 2013年4月24日

いくえみさんがこんな話描くんだ、とビックリ。ものすごく気分の悪い欝な展開の連続にうんざり。あまり読みたくないけれど、2巻も買ってしまったし、絵はすごくいい感じなので続きも読もう・・・。
★3 - コメント(0) - 2013年4月18日

RC
最初から展開が早すぎて…
★2 - コメント(0) - 2013年4月6日

レンタル。いきなり犯罪を犯しているじゃないか!とビックリした。拉致られた憧れのニーナを助ける為に頑張ったけれど、拉致させた牛島にボコられたりと大変な目にあった厚志。でも被害者のニーナも睡眠薬まで考えているようでまだ後遺症との戦いがありそう。
★17 - コメント(0) - 2013年4月3日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2013年3月15日

始まりから度肝を抜かれた。いきなり、誘拐ですか。この作者はいつも予想がつかない展開なので、おもしろい。けど、これからこの人間関係がどう変わっていくのだろう?牛島が怖いから?降られたから?拉致るのはよくない。むしろ厚志はとばっちり。牛島捕まってほっとした。ニーナが失敗したからって他の人。やだね。
★5 - コメント(0) - 2012年12月8日

ニーナの見た目とのギャップにショック。牛島、怖し。
★1 - コメント(0) - 2012年4月12日

いとしのニーナ 1巻の 評価:52 感想・レビュー:61
ログイン新規登録(無料)