いとしのニーナ 2 (バーズコミックスデラックス)

いとしのニーナ 2 (バーズコミックスデラックス)
175ページ
375登録

いとしのニーナ 2巻はこんな本です

いとしのニーナ 2巻の感想・レビュー(356)

えっ、一巻は表紙からしたイメージとジャンルが違うなーって思ったら二巻でまたジャンルが変わった。暗いのか、青春なのか。でもまた嫌な事件とかありそうで油断できない作品。
★1 - コメント(0) - 2016年12月23日

おもしろくなったきた!さすがいくえみ綾!おもしろくないわけがないよね。
- コメント(0) - 2016年6月16日

仲直りできて良かったね。
- コメント(0) - 2016年1月6日

ニーナがかわいいんだよなあ。
- コメント(0) - 2015年10月21日

○/まだまだはらはらしている。
- コメント(0) - 2015年10月21日

あっつみたいな子に会いたい。レアだもん
- コメント(0) - 2015年6月22日

1巻に続き主人公、厚志の周りで事件の主犯である牛島逮捕後の周囲の動揺が主に描かれています。登場人物がほぼ高校生なので、それぞれの日常の中での葛藤や新たな成長も見られるこの巻が全巻を通して登場人物全員が一番青春してると思います。終盤でニーナに気持ちの変化が次巻への布石になっています。
★2 - コメント(0) - 2015年6月11日

〖レンタル〗うーん、少し話は動いたと思うけど、友情物語か恋物語なのか…。友情に対しての嫉妬は誰にでもあると思うけど、こじらせたら厄介だよねー。気付くだけ偉いよ。
★11 - コメント(0) - 2015年4月2日

んー、マサがお菓子を食いまくってるのに生理的な嫌悪感を抱く点には同意できた。
★2 - コメント(0) - 2015年2月11日

正行が太ってしまって厚志に対する感情がむき出しに。厚志の正行に対する接し方は別に悪くなかったと思う。それを相手がどう捉えるかによって変わるもんなんだ。でもちゃんと言い合って改めて2人が友達になれて良かったと思う。ニーナも魅力的な笑顔を見せたかと思ったら少し変に。あっけらかんとしてるけど、やっぱりすごく怖い体験だったんだろうし、傷ついていたのだと感じる。厚志のヘタレっぷりがニーナをどこまで救えるかな。ニーナ「バイバ~イ」
★2 - コメント(0) - 2015年2月5日

前半のマサのきもちわるさがスゴイ。でもマサのぐるぐるは身に覚えがある。ニーナの不安定さも露見。みんなの傷が早く癒えてほしい。
★2 - コメント(0) - 2015年1月20日

あいつまた後で出てくるなぁ。きっとそういうやつだよ。あいつは!
★1 - コメント(0) - 2014年12月30日

再読。 全4巻。感想は4巻で。
★3 - コメント(0) - 2014年12月6日

ニーナに半ば振り回されながら、距離を縮めていく厚志。厚志の計らいでニーナへ謝罪する正行だが、厚志のことを偽善者呼ばわりして陥れる。ニーナが、厚志に「こいつ変」とSOS コールする場面が印象的。誰がのヒーローになった気でいた、本物のヒーローの瞬間だ。牛島の逮捕により、ボディーガード役も不要となるわけだが、「私を無視したら許さないから」と焚きつけるニーナ。ニーナを守り、牛島と戦い、ニーナを自分のものにすると正行に言った厚志。「うざい」ことから逃げずに解決していこうと決めた厚志。ニーナの翻弄は許されなくなる。
★2 - コメント(0) - 2014年11月17日

ニーナを攫った側の外山が守ることになったが、悪いことをした、でも好き。自分は加害者でニーナは被害者か、ぐるぐるぐるぐる外山君は高校生だなぁ。押川は過食に走ってしまう。逃げたいけど逃げられないことをしてしまった。
★13 - コメント(0) - 2014年8月1日

あっつ、ニーナに振り回されてますなぁ。あの出来事はニーナだけじゃなくて、違う意味であっつにもトラウマを植え付けちゃったんだと思う。だからニーナが不安定な状態なのをおいて言うなら、絶対やっちゃいけない冗談。狼少年になっても知らないよ?あっつとマサの関係は身につまされる。悪意はなくても浮かれて舞い上がって見落とす事もあるし、好きなのに劣等感とか抱いて辛くなっちゃって友達をつい貶めちゃったりね。でも、そこからの爽やか青春漫画のようなワンシーンが良かった!
★29 - コメント(2) - 2014年7月21日

姉本。一巻よりはだいぶ読みやすかった。マサとあつしとの関係性が結構好き。そこに尽きる一冊。
★6 - コメント(0) - 2014年4月30日

友情とはなんぞや。1番身近な存在に嫉妬してしまう気持ちわかる。つい張り合ったりひがんだりしちゃう。でもそこを乗り越えて2人が本物の友達になれて良かった。最後の新名がかわいかった。あっつ守ってあげてね。
★22 - コメント(0) - 2014年4月13日

微妙な。
★3 - コメント(0) - 2013年11月24日

うーんやっぱ内容がキツイなーニーナ可哀想。
★7 - コメント(0) - 2013年9月29日

自分が上手くいかないときは、いつもなら忘れていられた劣等感を思い出したりしますね…
★3 - コメント(0) - 2013年4月25日

牛島がいなくなっても、次の輩が現れていやーな気持ちになるも、比較的犯罪・暴力が1巻より少な目になって、『贖罪』がテーマのこの巻は多少読みやくなった。マサが厚志に憧れる気持ちよく分かる。憧れて大好きで、憎くて大嫌いになってしまったんだろうな。厚志とニーナのその後が気になる!
★4 - コメント(0) - 2013年4月20日

厚志がやってきた行動などをマサは偽善者だと思い友達と思ったことはないとニーナに言っているところ聞いて落ち込む厚志。それでも仲直り計画を立てたりして厚志にとってはマサは友達なんだろうな。その思いがマサにも最後には伝わったようだし。
★12 - コメント(0) - 2013年4月4日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2013年3月15日

今回はマサメインだったな。かなり歪んでたね、マサ。プチ引きこもりじゃないかぁ。いや、いろいろあったけど、マサが学校来られるようになってよかった。厚志とも仲直りできてよかった。それにしても、男子はこんな頻繁に殴り合いしてんのかな?ニーナと厚志の関係が変わりそうな感じ。1巻の表紙でも、手つないでたしね。
★4 - コメント(0) - 2012年12月8日

マサがそれほど悪いやつじゃなくてよかった。
★2 - コメント(0) - 2012年4月15日

- コメント(0) - 2011年10月13日

Wikiで調べたら全4巻やん!はよ続き貸してくれ〜
- コメント(0) - 2011年7月30日

あっつ完璧尻に敷かれてるなぁ…だがちょいちょいかっこいいヘタレだ。ニーナも良くも悪くも小悪魔。不器用。
★3 - コメント(0) - 2011年3月13日

あっついいやつ。ニーナは素直じゃないなあ。まだあんまり好きになれない。男同士の友情は、嫌いじゃない。
★2 - コメント(0) - 2011年2月2日

再読。でもちょっとがんばってるヘタレだ。あっつカッコイイ。続き買おうかなあ…
★1 - コメント(0) - 2010年12月14日

再読
- コメント(0) - 2010年11月24日

うひょー!!!111
- コメント(0) - 2010年10月1日

再読。
- コメント(0) - 2010年5月10日

1巻よりぐんと面白くなった。あっつとニーナの心が寄り添っていく感じがいい。
★1 - コメント(0) - 2010年4月12日

購入。
- コメント(0) - 2010年1月17日

というわけで、再読。
- コメント(0) - 2009年9月22日

なんかともだちとか憧れの子とか。。。そういうのがいちいちクる話だなあ。
★1 - コメント(0) - 2009年9月17日

いとしのニーナ 2巻の 評価:48 感想・レビュー:49
ログイン新規登録(無料)