ファントムレター (幻冬舎ルチル文庫)

ファントムレターの感想・レビュー(463)

いやいや途中まで全く意味が分からず苦戦…とある手紙の存在から一度は別れた二人が元サヤに戻れたお話(←はしょりすぎ)でした。恋愛話より阿蘇の大自然で少年期を過ごした二人の遠い昔の様子がなんともノスタルチックだった。
★10 - コメント(0) - 3月17日

お借り本。東京から親の離婚で田舎に越してきた過去の真頼と現在の治。過去に真頼が書いた手紙を通じて話は進んでいく。別れなければいけなくなってずっと気持ちに蓋を閉じていた真頼が切ない。 過去の純粋な手紙を読んで涙するシーンは良かった…!やっと認めあった訓と真頼。このあとが読みたいです。
★13 - コメント(0) - 2016年5月27日

手紙がなければ子どもたちや過去とも繋がらないけど、小学校3年生から高校生まで息子のごみ箱を延々とチェックする母親も怖いし自室のごみすら片づけない子どももどうかと思ってしまった。表紙がキレイだなーっと思って調べてみたらレーターさんすっごく寡作な方だった。
★4 - コメント(0) - 2016年5月11日

読んだ。
- コメント(0) - 2016年3月31日

読了
★12 - コメント(0) - 2016年3月6日

う〜ん・・手紙、もっとうまく使えたような気がする・・。ほとんど具体的に登場はしない真頼母に泣かされるとは。子供CPの存在もとてもいい。 イラストは可愛らしすぎて私のイメージとは違う〜。もちょっと大人な感じが合うと思う。カラーはきれい。
★1 - コメント(0) - 2016年2月3日

冒頭部分、設定がよく飲み込めず60ページまで読んだあたりで「このまま読み進めてはいけない気がする」と、最初に戻っておさらいしながら再読しました。二度目でようやく理解。宛先のおさむって名前が私には混乱の種だった模様。おさらいしてよかった。とてももどかしい二人の関係がきちんと収まるべくして収まってホッ。訓の寝室の場面は子どもたちが気になって私までいろんな意味でドキドキしました。結局、鍵を締めてなかったなんてヒドイwww子どもたちもこれから健やかに成長していって欲しいな。
★4 - コメント(0) - 2016年1月31日

★★★★「ファントム」と言うとロールスロイスかパタリロしか浮かんで来ないアホな自分♪全てを動かした真頼の手紙は本当はある筈の無い幻の手紙だった。手紙が中学・高校と進むにつれ、今の真頼と田倉の関係が痛々しくて仕方ありませんでした! 何故手紙が残されていたのか、オサムは誰なのかその真相が明らかになった時はウルっときましたね〜♪ 長い長い想いがやっと解放される瞬間が一面のコスモス畑というのが何とも美しい♡ とても良いシーンです! 交互に書かれている真頼の従兄弟の治と可愛い双葉の2人もキュンとさせられます♪
★36 - コメント(6) - 2016年1月22日

大人達の都合で理不尽な境遇に置かれ狭い田舎で小さな愛情を育みいつか遠く自由に人生を謳歌したいと儚い思いを馳せる子供達。大人になってしまえばそれはそれで相手を思うばかりに自分の気持ちを押し隠し愚かしい過ちばかりをくり返す、それもまた人生。誰に宛てたものかわからない手紙。幼い頃から変化していく拙い文字で書かれたそれが叙々に治の心に同期していく感じが好き。終盤のコスモスが眼下に現れるシーンで涙してしまった。今もそこに変わらずずっと咲き続ける花に彼らの想いが溢れているようでよかった。
★57 - コメント(2) - 2016年1月13日

avi
良かった!!幼馴染同士、リーマン:訓✕シェフ:真頼。昔は純粋に想い合ってたのに、周りの環境だとか大人になったせいで意地はってグルグルして、訓への気持ちを、自分をすごい抑えこんでた真頼だったから、昔の純粋な気持ちを思い出してくれたのが嬉しい。真頼の子ども時代に書いてた手紙がきっかけで同じ境遇だった治と双葉の子供CPも良かったし、10年後の続きが知りたいな! あと、最後に真頼のお母さんは全部知っててそれでも応援してくれてたってのが分かったのがすごくなんか胸に来た。最後のコスモスのシーンも好きだな。
★28 - コメント(0) - 2016年1月4日

eco
作家買い。とても良いお話でした。うまく感想が書けないのがもどかしい…。子供CPも可愛くて、今後どう成長していくのか読みたかった!大人も子供も山田は嫌なヤツ! (๑‾᷅-‾᷄๑)੭ु⁾⁾˞͛ ༘ؓ ︠³
★3 - コメント(0) - 2015年11月21日

★★★★★
★1 - コメント(0) - 2015年10月22日

全体の雰囲気がすごく好き。お子様カップルもかわいい。
- コメント(0) - 2015年8月21日

手紙によって過去が明かされていくのが面白かったです。お互い不器用なりにより添うことができ良かったのですが、寝室のくだりは子供達が気になって仕方なかったです(笑)
- コメント(0) - 2015年8月14日

★★★★☆ 構成が凝っていて面白かった! 謎の手紙はもっとこうスピリチュアルな展開を想像していたので全然違ったw
★1 - コメント(0) - 2015年6月28日

★★★★☆
- コメント(0) - 2015年6月17日

aya
大人CPと子供CP、東京と田舎、現在と過去。最初はなかなか入り込めなかったけど後半から成程な。長い両片想いが実って良かった。うるっとしました。
★1 - コメント(0) - 2015年5月27日

環境に引き裂かれた2人が再び付き合い出すまでに10年間かかった。でも、幼いころから想い合ってる2人はまさに純愛という感じで羨ましかったな。あまりにも酷い修羅場を経験した真頼が、自分が幸せになることに臆病になって、田倉を愛する気持ちを隠して過去をなかったことにしようと気を張り続ける様子が可哀想だった。子供たちも大人たちもハッピーエンドで良かった!
★7 - コメント(0) - 2015年5月10日

【再読】
★1 - コメント(0) - 2014年11月1日

惹かれあって求めあって傷ついた子供時代から、けん制して嘘ついて傷つく大人に。あぁ、切なもどかしい!だけどこれが恋なんだろうなぁ。
★3 - コメント(0) - 2014年10月14日

再読。
- コメント(0) - 2014年8月14日

蔵から見つかった古い手紙の束をキッカケに東京と熊本、現在と過去を視点を変えて行ったり来たりしながら徐々に形をあらわしていく終わった恋と始まった恋。おもしろい構成だとは思うんだけど話のキモであるマヨリの手紙と治&双葉たちが都合が良すぎる感じがしちゃって気持ちよくハマれなかったなー。手紙のオサムの正体もなんかねえ…。まあカップル的には子どもカップルのが可愛くて好きなんだけど!
★16 - コメント(1) - 2014年6月28日

砂原作品のなかで、私の神本に近い。
- コメント(0) - 2014年6月16日

入り込むまでに時間がかかった~。大人カプと子供カプが古い手紙を介してリンクしているのだが、途中まで頭ン中ごちゃごちゃでした。やっと話に追いついたと思ったら、大人カプの梢野にイライラしました。よっぽど子供の治の方がしっかりしている。大人になると守るものやシガラミが多すぎて臆病になるのは分かるが、中途半端に友達のフリをしている時点で甘いよ、とにかく腹くくってその後を胸張って生きていって欲しい。あと、、、子供カプの問題がスルーされていてちょっと残念。最後まで読みたかった。
★3 - コメント(0) - 2014年6月14日

SA
学生時代の二人の話が読みたくなりました。手紙の中の真頼は感情豊かなのに、大人になった真頼はあまり感情を表に出さない。なくした恋が原因かと思うと切ない。それとも良くある「手紙の中は性格が変わる」ってやつかな?学生時代の真頼が手紙の中の真頼みたいならどんな風だったのか見てみたい。逆に訓は昔は口下手だったようなので、そんな初々しくて可愛い二人が読みたくて仕方ない!二人が恋して駆け落ちして、最後は好きなのに別れなきゃいけない…これだけで1冊本になる!出して欲しい!絶対買う!(笑)
★7 - コメント(0) - 2014年5月20日

★★★☆☆ よかった。車窓から目にした一面のコスモスに感極まりました。物語の余韻で心がいっぱいです。
- コメント(0) - 2014年4月28日

3.0
- コメント(0) - 2014年4月27日

シリアス。大人組と子供組、舞台は2つに分かれてスタートする。それが1つになるまでの話の流れや終わり方も良かった。キレイにまとまってる作品。ただ思ったのが・・訓!奴は怖くないか?(笑)よく今まで我慢してたなぁと。あの開き直りといい、愛が重い系男子。真頼は絶対離してもらえないだろうなー。でも真頼も好きなんだからいいのか。
- コメント(0) - 2014年4月16日

面白かった。砂原作品はシリアスな方が自分の好みなんだなと実感した。幼馴染で好き合っているけれど、十代まで住んでいた閉鎖的な田舎では許されなくて別れたふたりが大人になって……というターンと、その田舎に住んでいてまさに進行しつつある幼いふたりのターンと、交互に出てくるつくりが読みにくい向きはあるけれど、二組が出会うまでの色々が面白かった。過去話は切ないなあ。特に駆け落ちが終わった後のところと受の結婚のくだりとか。そんななか、子供組が可愛くて和んだ(子供組の親については言いたいことがあるけれども)。
★4 - コメント(0) - 2014年4月8日

湿度を感じる作品だった。切なくて読んでて悲しくなるところもあったけど、とてもよかった。読後感も良い。イラストも綺麗だった。最後の挿絵がモノクロでは一番すき。表紙は特に好き。
★5 - コメント(0) - 2014年2月13日

読み終わった後、スタンディングオベーションを贈りたい感じでした。終始、映画を見ているみたいな作品でした。ベースは王道・ベタな話なのですが、治が真頼の部屋に現れたときのワクワク感。治の前で真頼が気持ちを白状したとき、「たまたま」居合わせる訓。王道・ベタ万歳!(ガッツポーズ) ラストの○○を車窓に放るシーンは、涙ぐみながら読んでしまいました。それから、阿蘇の描写が美しくて心に残りました。昔行った草千里の空気感を思い出しました。田舎出身の私には、田舎がいいところだけじゃないっていうのもすごく身につまされました。
★2 - コメント(1) - 2014年2月11日

全く予備知識なしで読んだので、構成に驚き、シリアスな展開に唸りました。これはリピート読み必須。大人組の過去は割とさらっと描かれているので、想像の余地があって面白いとも言えるし、もし読めるのなら詳細に書いて頂けると嬉しかったり。絵師さんも良かったです(表紙が!あと子供組もかわいい)。
★2 - コメント(0) - 2014年1月28日

すごく良かった…!! 構成は凝っていたけど、話の展開は王道でした。学生時代に付き合っていた二人が、色々なことがあって別れることになり、東京で再会する。梢野の感情がすごく伝わってくるだけに、すごく切なかったなぁ。子供カプも良かった。できれば大人になった二人のお話が読みたいです(笑)
★10 - コメント(0) - 2014年1月15日

うーん、名作。凝った構成だし視覚的なシーンが多く映画みたいだった。なお、手紙の相手は絶対当てられないと思う。
- コメント(0) - 2014年1月15日

手紙のくだりは良かったけど、ちょっとできすぎかなあとも思わないでもない。でもこの手紙があったからこそ、子供たちが一歩を踏み出すことができたんだろうな。子供たちの真っ直ぐさに比べると、大人たちがじれったい。まあ大人になると、好きな気持ちだけじゃあどうにもならないことのほうが多いしね。ラストのコスモス畑に指輪のシーンがとても好き。子供たちの5年後、10年後が読みたいです。
★1 - コメント(0) - 2014年1月4日

彼らの少年時代のエピソードと、現在の子供たちの話が純粋で良かったです。大人になっても同じ気持ちを持ち続けた二人が素晴らしいです。
★3 - コメント(0) - 2013年12月16日

ファントムレターの 評価:82 感想・レビュー:206
ログイン新規登録(無料)