君の夢を見ている (バーズコミックス ルチルコレクション)

君の夢を見ているはこんな本です

君の夢を見ているの感想・レビュー(188)

後半、受けの性格変わってねーか?ってなったけど、後半の性格の方が好きなので無問題。
★6 - コメント(0) - 3月9日

これ本当に私のツボをついてて結構、泣く。アハハ
★3 - コメント(0) - 2016年12月1日

(お借り本)よかった。ファンタジー? SF?要素もある。彼を助けてから、会わなかった二人の話になり、そこから、ゲイじゃないのにほれていくところが特に好きだ。猫かわいい。借り本感謝です。
★18 - コメント(0) - 2016年11月24日

kei
お気に入り様の登録より。幼い頃からの予知夢に導かれ由比に惹かれていた旅行ライターの雨森と彼に迫られ戸惑う編集者の由比。他人からの愛情に飢えている由比が雨森からの惜しみ無い愛情で癒されていく物語前半部分と一転SFチックだが違う立場で運命のように惹き合った展開の後半、気付いたらグッと引き込まれ、ああ総てこの結末のために用意された舞台だったのだなあと心が震える。前半は攻→受、後半は受→攻で気持ちを繋ぎ「同じ人に2度恋する」って素敵。しっとり泣かせてくれたARUKUさん、矢張り素晴らしいの一言。
★26 - コメント(8) - 2016年11月19日

お借り本♪わーん。゚(゚´Д`゚)゚。作家さんたちの思惑通り泣いてしまった。雑誌編集者の由比と恋に落ちる予知夢をみてきた、人気旅行ライターの雨森。予知夢の通りに雨森に惚れていくが、次第に雨森の方も不吉な予知夢をみるようになり…。お話の前後半で視点、立場が逆転します。逆転してからの由比が切なくて…ハッピーエンドで良かった!感謝のお借り本でした(*´∇`*)
★14 - コメント(0) - 2016年11月15日

死にネタかと思ったら、途中でSF展開。いいお話でした! でも、受、なんでもてないの?かわいいのに~。 あとね、お骨、すぐ触ると熱いよ!
★2 - コメント(0) - 2016年11月5日

登録のために再読。原作ARUKUさん、作画コウキ。さん。SFもお得意なARUKUワールド全開。ARUKUさんの世界観にコウキ。さんの絵が馴染むまで少し戸惑うが、読後には全くの杞憂と分かる。今作は初読の方のためにネタバレ極少で。キーワードは予知夢・絆を創る・タイムライン。テーマはおそらく「大切な現在を失ってでも変えたい過去、守りたい未来はありますか」。物語を展開で大別すると前・後編の2部構成。同じ伏線が異なる局面で2重に回収される鮮やかさ。ARUKU作品だからとハードル上げて読んだがやっぱり号泣><
★33 - コメント(2) - 2016年10月30日

突然にSFというのかファンタジーというのか、急に夢から覚めた感がする。それにもはや別人なのにそれでもいいか?って。なんかしっくりこない。あと、ネコがマフラーみたいになってくれるのか気になった。重いかな。
★4 - コメント(0) - 2016年10月23日

絵柄が苦手でなかなか入り込めなかった。ストーリーも取っ付きにくいので余計に。せりふまわしやモノローグはまごうことなきARUKUワールドだったので素敵でしたが。登場人物のバックボーンなどがあまり分からないのがARUKUさんの絵だと気にならないのですが、今作は気になってしまいました。
★7 - コメント(0) - 2016年10月16日

★4.5
- コメント(0) - 2016年10月2日

電子再読。ついつい200年間後悔し続けたユイの孤独を思ってしまうけれど、雨森さんの生い立ちも辛い。ライター雨森氏にはユイの夢という支えがあったけれど、アナリスト雨森氏にはそれがなかったわけで。何が支えだったのかなあ。そう思うとアナリスト雨森氏が幸せになれて良かったなと思いつつ、ライター雨森氏が魅力的なので微妙な気持ちになる。撞着さーせん。
★11 - コメント(0) - 2016年9月25日

aya
表紙見て可愛い話かな~と思ったら泣きました。コウキさんの絵でもARUKUさんの話だなあ。ARUKUさんも凄いけどARUKUワールド壊さず描いたコウキさんも素晴らしい。ハッピーエンドで良かったです。
★5 - コメント(0) - 2016年9月25日

★★★突然「ずっと君と恋に落ちる夢を見ていた」と知らない男に言われた主人公のユイ君。そしてその男、雨森さんと出会ってから彼が死ぬ夢を何度も見るようになる…という話。SF要素がありますがARUKU先生のストーリーとコウキ。先生の絵がとにかく素晴らしい。雨森さんは自分がすぐに死んでしまうことがわかってたから、ユイ君にあんなに愛を曝け出してたのかな。予知夢がなくてもユイ君を好きになった雨森さん。でも二人を繋いだのはユイ君を想ってずっと一人、旅してきた雨森さんだよね。彼の残した本が消えなくて良かった。
★3 - コメント(0) - 2016年9月20日

ARUKUさんの絵柄ならするりと馴染んでしまいそうなエキセントリックなセリフ回しや驚きの展開も、コウキ。さんのノーマルに綺麗なキャラ達だとちょっと浮き上がってしまった気もします。でも、雨森さんの周囲が見惚れるイケメンという設定の説得力はコウキ。さんならではかな~等々、ついつい比較してしまうのが一番の問題だったかも。
★4 - コメント(0) - 2016年9月18日

再読。やはり泣く。
★7 - コメント(1) - 2016年9月17日

人魚姫の時も思ったけれど、ARUKUワールドは、ARUKU先生の絵があってこそというのを感じてしまいます。コウキ先生には申し訳ないけれど、ついつい頭の中でARUKU先生の絵に脳内変換。ウルウル見上げる瞳や、永久凍土を心に持つエリートもARUKUキャラだったら。なんて思いながら読んだ一冊。ちなみにコウキ先生のサイン本だった。
★11 - コメント(0) - 2016年9月17日

遙々アルク「ビター×スイート」を読んだ時漫画ではなく物語を読んでいるようで入り込みにくいと思ったのですが、今回は作画も違うし、けどやっぱ読みにくいと思いつつ後半・・・泣いた!いや、あ~ゆうお話弱いの。映画「君の名は。」の過去改変が大好きなシュタゲと違って軽い!とイマイチだったけど、もうね200年だしね。なんかね良かったね♪と思えた。
★4 - コメント(0) - 2016年9月14日

Elm
半額フェア
- コメント(0) - 2016年9月11日

★★★★☆。ARUKUさん原作との事で購入。予知夢で見てずっと好きだったと初対面の雨森に告白された出版社勤務のユイ。雨森の予知夢に引きずられるように一緒にいる事が多くなる二人。一方で雨森の事故死の夢を見るユイ。そして起こる事故。もう普通なら地雷の死に別れエンドは無理!って投げたくなりましたがARUKUさんがうまい事SF風に繋げてくれてそして出会いました、雨森さん(改)に!以前の雨森さんの自由奔放さを思いだし切なく想いながらも生きていてくれてありがとう!という想いも。雨森さん(改)ともお幸せに❤面白かった♪
★46 - コメント(0) - 2016年8月8日

原作がARUKUさんということで購入。ある日突然出会った男から、「昔から君と恋人になる予知夢を見ていた」と迫られる…というインパクトのある冒頭に引き込まれて一気に読了。すごく面白かった!!さすがのストーリー展開だとしみじみ。細かいエピソードや会話もすごく印象的で泣けました。お気に入りの1冊!
★5 - コメント(0) - 2016年7月16日

★★★★ 雨森は自分の最期を夢で見た?見えるのはユイのことだけって言ってたけど、自分の死後のユイは見えてたのかな?野良猫に優しくしたのも、家にいついてユイの助けになることがわかってて、過去に戻って自分の能力を消すことで、ルートが変わっても会えるとわかってたから?200年後にタイムトラベルできる装置?があることと、200年以上生きてる人が細胞の置換をしてないみたいなのは……?
★1 - コメント(0) - 2016年6月30日

絵がもう少し上手ければ…。いろいろ気になって話に集中できなかった。原作付きだからか、長編のダイジェスト版を読んでるような、「無理にまとめました」感も気になった。エピソードの繋がりが不自然というか。予知夢までは面白かったけど、SF要素が入ってきて、話についていけなくなった。この設定だと、世界中の人が「未来を知ってるのは自分だけ」って思って暮らしてそう。ハッピーエンドなのにモヤモヤするのは、雨森さんが顔と名前だけ同じの別人にしか思えないせいかな。
★2 - コメント(0) - 2016年6月26日

医療やら科学やらが急激に発達してよかった〜(泣)でも200年も悔やんで思い続けるとかしんど過ぎ。雨森さん改、えらいキャラ変でおもろい。でもどんどんユイに甘々になっていくやろな〜。ちっさい頃苦労したり孤独やったりした二人が幸せになれそで嬉しい。
★2 - コメント(1) - 2016年6月23日

お借り本。あの雨の日、雨森さんは何を言いかけたのかな。もしかして自分が死ぬ予知夢も見てたのかな。しかしこれじゃあBEだよ!この後、一体どんな展開が・・と思ってたら、まさかのネコが喋りだし、予知夢以上のファンタジー展開に出てた涙が引っ込んだwそれでも、再び出逢ってからの話に、またまたぐいぐい引きこまれて気がつけばまたもやウルウルに。予知夢がなくても由比を選んだ雨森、良かった〜。
★29 - コメント(0) - 2016年6月20日

実にARUKUさんらしい白昼夢のような物語なので、絵がARUKUさんでないことの違和感が・・・。ARUKUさんのクセのある絵に抵抗がある人は、この絵なら抵抗がないのか?少なくともARUKUさんより絵のうまい人、または全く違うタイプの絵柄の人じゃないと意味がないような。漫画家が漫画家の原作をすることの難しさを感じる。
- コメント(1) - 2016年6月12日

今月はこの作品から。さすがARUKU作品、泣かされました。予知夢の能力を持つ雨森(オリジナル)が亡くなってしまうのがやるせなかったが、能力抜きの人生を謳歌している雨森が最終的にユイを選ぶ姿に心震えました。絵・コウキさんはお初、正直好みとはズレていましたが、雨森の乳児期の可愛いさったら~(*゚ー゚*)ポッ。お気に入りの一冊です。
★27 - コメント(1) - 2016年6月1日

雨森さんが死んでしまった時は、ヤバい!コレは読んではいけないヤツだ!!(バッドエンド嫌い)と読むのを中断しようかと思いましたが、その前にファンタジーの世界に連れて行かれてしまいました。予知夢ネタ自体、既にファンタジーなんですが。後半はバタバタと畳み込まれるかのようにはぴえん。よかったけど、よかったけど、この感じだったらバッドエンドなところで終わってしまってもよかったかなぁと思ってみたり。ファンタジー得意じゃないので。
★1 - コメント(0) - 2016年5月10日

ARUKU先生原作。コウキ。先生初読み。ARUKUワールド…なのに、物足りない気がするのは何故かな?もしかしたら、1冊に纏めるのは無理があった?詰め込み感がありとてつもなく勿体ない気が^^;コウキ。先生の作画に全く文句はありません。だからこそ折角の壮大な原作を活かすためにもページ数を増やして丁寧に掘り下げたらもっともっと感動的な作品になったのではないかと…。なんて、生意気なことを申し上げたりして(ゴメンナサイ!)素敵なSFテイストのファンタジー。ハピエンで良かった^^巻末ARUKU先生の1P漫画が可愛い♪
★69 - コメント(0) - 2016年5月2日

衝動買いしたもの。原作者さんの作品は未読。作画さんの作品は以前読んだことがあるかな。ある日出会ったライターの男性・雨森に、恋に落ちる運命だと言われる編集者の由比、最初は反発していたものの、次第に距離を縮めていって…、というお話。中々すごい設定だなぁと思いながら読み進めたけど、すごく、良かった…! 抜け殻みたいになってしまった由比くんが切なかったけど、最後ああなって良かった。原作者さんの作品読んでみたいなぁ。
★2 - コメント(0) - 2016年4月29日

「僕と君は恋に落ちる運命なんだよ」と現れた雨森に戸惑う由比。仕事相手だった雨森は予知夢を見ていると言う。気付けば同居している二人。ある日由比が夢を見る、雨森の死ぬ夢。夢を気にしつつ、雨森も気になってる。恋の始まりにドキドキしました。でも嫌な予感も。あの日、雨森はわかっていて出かけたんでしょうね。そう思うとううう~っ、そしてあまりにもあっけない終わりに由比の抜け殻状態が切なかった。本当に救ってくれてありがとう!私の心も救われたぁ~。題名の『君の夢を見ている』は本当そのまんま。お気に入りの一冊になりました◎
★10 - コメント(0) - 2016年4月25日

最初読んだ時はあまり理解でなくて、猫が話し出す所とか、唐突に感じて、え??って思ったのに、二回目に読み直したらぼろぼろ泣けました…。ラストまで読んでから読み直すと、新しく気がつくとこがでてきて噴水のシーンとか、雨森さんの言葉に胸がぎゅうっとなります。素敵なお話でした。
★3 - コメント(0) - 2016年4月17日

(作画の方が悪いのではなく)ARUKUワールド全開な話だったので、ARUKUさんの絵で読みたかったな…
- コメント(0) - 2016年4月8日

面白かった。ボールペンのエピソードとか泣けました。感情のベクトルが途中から180度変わる。そこから先は切なくて切なくて…ARUKUさんの絵は良く言えば個性的、正直言って「上手い」とは言えないと思っていたのですが、ARUKUさんの紡ぐ物語はARUKUさんの画で読んだ方がより伝わるような気がします。コウキ。さんが駄目というわけじゃなくて、ご本人の画で読みたかったです。
★9 - コメント(0) - 2016年3月9日

すごい深いお話でした。途中ファンタジーっぽいです。説明がむずかしいのですがおもしろかったです。読んでみて!
★14 - コメント(0) - 2016年3月8日

ARUKUワールドでした。何処か物悲しく随所にあぁ、こういう感じだなぁってしみじみ思っちゃいました。運命の人とはたとえ別れてもまた出会ってしまう。 10年前から用意したボールペン、自責の念に苦しみ続けた200年前の自分から来た手紙… 心臓バクバクでした。そしてまた愛さずにはいられない。必ずいつか別れはやってくるけどそれまで精一杯悔いの残ら無いよう生きなくては。コウキさんの絵も凄く可愛らしかったんだけどもう一度出来ればARUKUさんの絵で読んでみたい。
★15 - コメント(0) - 2016年3月7日

P
予知夢を見る能力があり、受けに「俺は君は恋に落ちる運命なんだよ」と突然言ってきたライター×雑誌編集者。どちらも初読み作家さんなのですが、読了後タイトルを改めて見て震えました。シンプルながらも、タイトル以外でこの作品を語ることはできないですね。突然のSF展開に!?となりましたし、SF的にもっとそこ詳しく!みたいな設定も多数ありましたが、後半の展開が心底素晴らしい。私がBLに求めているのはこの「運命」感だなとしみじみさせられた作品でもありました。まさに「恋に落ちる運命」なんだよ。涙がじわり。
★39 - コメント(0) - 2016年3月5日

予知夢からこう転がるか!という驚きの展開でBL抜きでも充分楽しめたが、BLあってこそのこの作品だとも思う。
★2 - コメント(0) - 2016年3月4日

ぱら読みして泣きそうだったのでしばらく積んでました。何と言うか、色々分かってても泣けるわ~。何度出会い直しても恋に落ちる運命なんだよと妙に納得させられました。コウキ。さんの絵柄もファンタジックで夢の様なこのお話にぴったりだと思う。
★33 - コメント(0) - 2016年3月3日

読み始めて後半に辿り着くまでは「ハズレ」だったかなぁ」と何度か読むのをやめそうになりましたが、後半にやられました…。涙どぱー。試し読みしてたら、100%買わなかったであろう漫画です。正直SFは苦手なんですが(猫と共に糸を辿るシーンとか、序盤の予知夢の下り)そんなの忘れてしまうくらいジンときました。
★5 - コメント(0) - 2016年3月1日

君の夢を見ているの 評価:100 感想・レビュー:99
ログイン新規登録(無料)