英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法 (幻冬舎新書)
213ページ
304登録

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法はこんな本です

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法を読んだ人はこんな本も読んでいます


英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法の感想・レビュー(201)

英語の手の届かない落とし穴を細かく教えてくれる。予想以上に自分のためになった。
★2 - コメント(0) - 2月14日

英語は勉強ではなく習慣にしてしまう。 英語に限らず、わざわざ外国語を使ってまで言いたいことがなければ外国語の学習は続かないのは実感。 英語の否定文に対するyes,noは動詞に対してのyes,noだけれど、 日本語では「あなたが言っていることが正しい」からyesなのだ、というのが分かりやすい説明でした。
★22 - コメント(0) - 2月10日

父の本棚にあった本。必要だと思いつつ学ぶのを年齢のせいと、昔からの苦手意識で遠退いている英語。40ではないが、年齢のせいにしなくてすむかなと言う思いで読む。年齢のせいにはしなくなりそうだが、やはり熱意は必要なので、私にはこの本だけでは学ぶには至らない。
- コメント(0) - 1月29日

その気にさせてくれるタイトル。確かに言っていることも今なら受け入れられるものばかりだ。本を読むようになり、この頃塊で認識できるような気がするからいずれチャレンジしてみたい。
★56 - コメント(0) - 2016年11月21日

確かに、英語力というのはそもそもそれぞれの話題が分かってないとしゃべりようがないよなぁ、だけと反復練習は若い頃に比べキツくなってきた気がする。
★3 - コメント(0) - 2016年10月16日

英語の勉強法としてはごくごく普通のオーソドックスな方法が書かれています。サブタイトルの3つの習慣とは音読、多読、表現の暗記。特に驚異ではなく、誰もが言っていることです。 やはり英語(というか語学)ができるよになるには、音読、多読、暗記が必要なんだということを再確認できました。
★1 - コメント(0) - 2016年10月8日

以前挫折したのを再読。タイトルに偽りなしで、40歳から英語を学ぶのがいいのか、どのように勉強したらいいのか、が端的に書かれていた。ただ、英語=TOEICと思っていると、この本は役に立たない。この本は英語の勉強の仕方が書かれているだけで、攻略法は教えてくれない。TOEICばかり考えていたが、使える英語、話せる英語、読める英語。自分が求めている英語の、そんな英語がいいな、と感じた。とりあえず、英語の音読をしてみよう。
★2 - コメント(0) - 2016年5月25日

思っていたよりも具体的な方法が提示されていて、しかもあまり手間も費用もかからない方法なので、あとはやる気次第というのが納得出来ます。ここ数年単語を覚えるのに苦心してきましたが面白くないしあまり成果を感じられないしで頓挫してました……興味を持てるかどうかは大事。そして、文法はやっぱり大切なんですね……正に分からないままフワッと誤魔化してきた事ばかりで頭痛くなりました。頑張ろう。
★1 - コメント(0) - 2016年5月3日

「何故日本人の大半が話せない言語を勉強するのか、何故そんな言語が受験で重要なのか、自分には無駄ではないか、そう英語の勉強は必要ない!」学生が最も罹ってはいけない病に感染した自分にとって「英語は40歳から~」と言われて感じるのは「まだ間に合うんだ!」という希望ではなく「まだ数年は英語から逃げれる!」と言う安心と油断。そもそもこの逃げ腰から治さないと…と痛感する。英語は勉強ではなく気持ち、記憶よりも習慣!話題豊富な40代からの方が伸びやすい。1・音読する、2・多読する、3・英語表現を覚える…3つの習慣が重要!
★30 - コメント(0) - 2016年4月22日

英語を学ぶモチベーションアップになった。 年齢が高くなってからでもぐいぐい英語が上達するという話に勇気づけられた。 聞きながらの音読を習慣にしてみよう。
★9 - コメント(0) - 2016年3月15日

最近NHKのラジオ講座を楽しく聴いている。テキストも毎月買っている。それが間違いでないことを確認できた。問題は我が家では感情を込めて英語を音読する場所が洗濯機の前しかないことだ。著者はTOEICの対策本を出版してきたのに、TOEICの教材をすすめない。この点も面白く信頼できる。英英辞典に興味が湧いた。
★1 - コメント(0) - 2016年3月3日

微妙なニュアンスの違いの説明がよく分かりました。確かに必要に迫られないとだらだら勉強してしまいがちなため、慌てる必要はないという気持ちにさせてくれました。
★16 - コメント(0) - 2016年2月21日

日本語と英語の違いというのは本当に興味深い。受験勉強としての英語学習がこれほどまでに悪習だったなんて驚きだ(>_<)
★23 - コメント(0) - 2016年2月21日

なぜ、40歳からは始めるのが良いかあまり、説得力はなかった。語学を勉強するのはやはり、早ければ早いにこしたことはない。
★3 - コメント(0) - 2016年2月20日

わかり易く、あまりお金のかからない方法が提案されていて、とっかかりとしては良さそう。続けられるかが最大の問題ですが・・・。
★3 - コメント(0) - 2016年1月26日

受験英語の勉強法はいったん捨てる、音読・多読を大事にする、自分の興味が持てる分野の教材を選ぶなど、納得のいく内容。
★56 - コメント(0) - 2016年1月26日

本書でなければならないという理由はないが、何から手を付けてよいかわからない方にとっては、格好の水先案内人になるであろう。音読、多読、表現の三つの習慣は、基本的に高額な費用がかからない方途が示されているので、まずやってみよう的な取り組みがしやすい。途中でやめても大きな打撃にはならないからだ。自分の英語レベルが、NHKを利用して確認できる方法も書いてあって、この点は非常に有用であった。後は、継続、工夫の繰り返しである。これだけはどの方法をとるにしても、避けられないプロセスである。
★1 - コメント(0) - 2016年1月17日

題名の理由付けとしては、若い頃の記憶力よりも明確な意志や目的意識が大事、学校英語は間違っているので忘れてた方がいい(笑)、経験豊富だと話題も豊富、結局はコミニュケーションツールだし、というところ。40歳からでも遅くない!とかではないのが前向き。一方で、◯日間でマスターとか聞き流すだけとかそんな簡単な訳ないよね?としっかり釘もさす。3つの習慣の方は、音読、多読、最低限の表現は覚える。ということで目新しさはないが、逆に画期的な方法などないことが確認できたので、いい加減ノウハウよりも実践に移りたいものです。
★22 - コメント(0) - 2015年11月30日

絶対にやってはいけない英語学習法…私が長きに渡って続けてきた勉強方法が悉く否定されておりましたな(笑)。掛けた時間の割には成果が上がらない現実からすれば然もありなん…。 大変参考になりました!
★4 - コメント(0) - 2015年11月15日

p44.「3つの習慣」で英語を伸ばす 1.音読 2.多読 3.英語表現を覚える p46.人には「発音できる音は聴き取れるようになる」という言語能力が備わっているからです。
- コメント(0) - 2015年8月3日

社会人になってから勉強したり、勉強法を調べたりしたことがある人なら既知の内容である。これから始めようという人にとっては、うまく1冊にまとまっているのかな。こういう本がたくさんあるのって、勉強法についてあーだこーだ言うわりに実際に勉強を始めない人が多いからなのだろうか?話が飛躍するけど、日本人のホワイトカラーの生産性が低いと言われるのもそういうことが一因だと思う。40歳からという根拠はわからなかったけど、要は必要に迫られた時に始めるのが最も効果的なんだろう。
★24 - コメント(3) - 2015年7月30日

この安心感のあるタイトルが良い。書いてある内容は他の本と変わらないかもしれないがそう思う。内容は基本的に3つの習慣「音読をする」「多読をする」「英語表現を覚える」を実践していくことがベースになる。それぞれの習慣をどうやっていくかがしっかりと解説されている。教材の情報も豊富にあり、何を選んで勉強するかがわからない人には非常にありがたい。また、日本人がよく間違える表現や発音など豊富な事例があり、読んでいる直後は本当によく分かる。巻末の44の英語表現もわかりやすい。なんとか覚えてしまいたい。結局ここである。
★10 - コメント(0) - 2015年5月21日

英語上達完全マップの簡易版という感じ。共通する部分が多かった。音読、多読、短文暗記がメインの学習。やっぱり効果あるんだなと再認識。
★2 - コメント(0) - 2015年5月5日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2015年4月26日

《購入本》分かりやすく面白い。ひとつひとつがなるほどと腑に落ちる。本書を読むと受験英語を黙々とやらなければならない学生諸君が気の毒にさえなる。私自身、学生時代は学校でやる英語が苦手で大嫌いだった。しかし、英語そのものが嫌いだったのではない。できないながらも原書を買っては読むのが好きだった。いつかすらすらと読めるようになりたいと憧れていた。やっと50歳を過ぎてから昔やり残した英語への挑戦を再開した。気楽に愉しくを心掛けて。本書はそんな取組を力強く応援してくれ手助けをしてくれる嬉しい一冊だった。
★40 - コメント(0) - 2015年3月24日

春になると、英語を学びたくなる。仕事などで必要としているわけではないので、英語を使うあてがないのだけれど、原書で本が読めたり、映画を字幕なしで観られるようになりたい!。この本を読んでみて、諦めなければ私にもできるような気がしてきた。よし、NHKの語学講座を始めよう!。
★28 - コメント(0) - 2015年3月22日

文法などわかりやすくよかった。44の例文覚えるまで繰り返して読もう。と、ただ今英語勉強中〜!
★3 - コメント(0) - 2015年2月3日

ちょっとおもしろいタイトルに惹かれて、購読。著者の英語講師としての経験から、英語を学ぶのに年齢はあまり関係ない。むしろ、受験や試験のためよりも、社会人が「話す」という目的のために学ぶ方が効果的であると述べる。著者は、これまでの英語の勉強法の問題点を指摘する一方、音読の重要性を強調する。すなわち、英語は、実際にはリエゾンしたりするので、文字通りには発音されないということ。また、音読は、リスニング力の向上にもつながるという。英語を学ぶ上で、新しい視点を与えてくれた。
★5 - コメント(0) - 2014年12月23日

学ぶのは40歳から「が」というより「でも」が正しいと思う。確かに英語がどれだけ話せても話題が無ければ、話すことができないし、語学を学ぶにはいろいろな知識が会った方がよいというのは50歳になって思う。45歳になってから海外赴任して、英語力がちょっと上がったけど、音読が良いということをもっと早くに知っていれば良かったかも。まあ、これからでもがんばってみるかな。
★5 - コメント(0) - 2014年11月28日

英語を学ぼうという気も無いのですが読んでみました。英語学習の方法について色々書いてあって参考になりました。40歳からでも間に合いますという著者のメッセージが伝わってきます。英語をやろうと思ったらもう一度読んでみようと思います。
★4 - コメント(0) - 2014年11月9日

「音読」の必要性を再認識。身体が覚えるようになるまで、音読する。新たな事が入ってこず、退屈なようでも、これが遠回りなようで確実な方法。
★5 - コメント(0) - 2014年10月13日

p.116 受験英語の勉強法をやっていては「聴けない・話せない・書けない英語」になってしまいます。6年間も英語を学んできたのに、まったく通用しない英語になっているのは、まさに受験英語の弊害といえます。 p.212 英語はスポーツやお稽古事と同じです。毎日続けること。これが上達する唯一の方法なのです。
★3 - コメント(0) - 2014年8月24日

本書に書かれていることは、『必要に迫られてモチベーションがある方が効率的に勉強できる』程度のことで、なにも40歳に拘る必要がない。書かれている英語学習のポイントは、あらゆる世代の学習者にとって、重要であり特に音読の必要性を理解した。英語は受験以降ほとんど使わなくなった私には、4章は読むのが大変でしたが、確かに間違えて覚えていることが多く、特にyes、noの使い方は大変参考になった。学生時代、英語はとても苦手でだった私でも、本書を読んだことをきっかけに、頑張って勉強してみようと思った一冊。
★5 - コメント(0) - 2014年7月2日

音読・多読・必要最低限の英語表現を覚える…という3つの習慣の重要性について解説されており、特に音読の必要性を理解した。耳から聞いて口パクをして覚えようとしていた時があったが、これは効果が無いようだ。第四章の「日本人がもっとも間違えやすい英語表現」にて、質問に対する回答のYes・No表現を逆に言ってしまう間違いが指摘されているが、これこそ私が英語を敬遠した最大の理由だ。この攻略法が書かれていただけでも、本書を購入した甲斐があった。もう一度、英語にチャレンジしよう!
★6 - コメント(0) - 2014年6月27日

中・高生で習った英語の概念が薄れてきているから、40歳からがいいらしい。読んで、励まされたので、英語の勉強を始めてみようかと思います!
★19 - コメント(0) - 2014年5月10日

自分もそう思っていたんだよね〜と共感したタイトルに魅かれ、自分への励ましの意味もあり読んでみた。内容も共感出来る事ばかりだった。英語ができても、仕事の経験や実力がともなわなければ使えない人材になってしまうということや、日本のビジネスを日本語でやってきて、そのやり方の良さを活かして英語というツールを使って海外に挑んだほうが良いといったことは、日々自分でも思っていた事だった。英語は、どう言うかよりも何を言うかが大事。その何かをちゃんと言えるのが40歳からのベテランなのだと思う。改めて自信を持たせてくれた一冊。
★4 - コメント(0) - 2014年4月26日

毎日、音読します!
★1 - コメント(0) - 2014年3月19日

英語勉強したくて購入。少しずつ継続。音読。翻訳本ではなく原書で読みたい!
★2 - コメント(0) - 2014年2月10日

特に40歳という年齢にはこだわらず(それほどの根拠は読み取れませんでした)、英語をこれから学び始める人、くじけていたけどまた始める人たちの動機づけになればよい内容。
★3 - コメント(0) - 2014年1月5日

英語を学ぶのは40歳からがいい 3つの習慣で力がつく驚異の勉強法の 評価:88 感想・レビュー:81
ログイン新規登録(無料)