暮らしのおへそ Vol.22 (私のカントリー)

暮らしのおへそ Vol.22の感想・レビュー(30)

洋服や化粧品は捨てやすいから安いもの、と決めているが、複数人MUJI(おばあさまシェフ)やユニクロ(UA勤務の方…)の「似合う」方が出てきて、これは負けられないという気持ちに。他にも何人も上記ブランドの持ち物を使っていて、参考になる。シャンプーは「mlの2倍の値段」というが、排水溝の汚れを考えれば、アミノ酸系のクレイシャンプー2000円也でも高くないなっ。とか、人様の価値観と自分の価値観を比べるのもたまには悪くない、と思いながら楽しく読めた。
★4 - コメント(0) - 2月7日

「これでいい」と思うまでとことこん考える。 「これでいい」と思ったら、ずっと続けてみる。 大事なのは、自分以上になろうとしないこと。 (大谷哲也 大谷桃子さん) 『言葉をストックする』 ピンと響いた言葉をメモ。 自分のなかになかった言葉が心を豊かにしてくれる。 (久保輝美さん)
★8 - コメント(0) - 2月4日

毎日を穏やかに過ごすヒントをもらった。
★1 - コメント(0) - 1月29日

毎回発売を楽しみにしているこのシリーズ。今回は大好きな脚本家の木皿泉さんも登場していてやっぱり木皿節が素晴らしかったです。「損をしたくない、という思いが、余計に人生をしんどくさせている」ホントその通りなんです。そして「大切な人がそばいて、明日食べるものがあれば幸せ」誰一人として約束された幸福な未来を持っているわけではないし、この狭い島国でくらしていることですでに、明日同じ状態が続いている保証はありません。そう思うと木皿さんの言葉が何より真実味を帯びてきます。
★2 - コメント(0) - 1月29日

先のことは考えない。まずは動いてぶつかってみないと次の扉は開かない。と桜井エミコさんの言葉。今でもドラマの再放送を待ち望んでいる「すいか」の作者、木皿泉さんの「ここにいてよし」も心にしみる。他の人の「適正価格」が面白かった。本当に人それぞれだなぁ。
★22 - コメント(0) - 1月17日

木皿泉夫妻が素敵でした。
★5 - コメント(0) - 2016年11月17日

登場する人が、それぞれ個性的で、こだわりが一人ずつ違うのがとても良かったです。「みんな一緒にシンプル~」とか「一緒に断捨離しました~」的なのは好きでないので。若い人ではなく、ある程度の年齢になり、生活そのものが個性になっている人が何人かいました。そういう年齢の重ねかたが素敵。そういう人をこれからもとりあげて欲しいです。
★56 - コメント(0) - 2016年11月16日

いろんな人のおへそ(習慣)が読めておもしろい。森本千恵さんのインタビューは、耳がいたいところもあって、自分の生活を見直した。愛用している品物をいろいろ紹介してあって、参考になる。
★5 - コメント(0) - 2016年10月16日

今号は掃除や整理整頓の要素が目に留まりました。 森本千恵さんのおへそ 『掃除機をかけて部屋じゅうを水ぶきしたらシャワー』を実践してみました。 汗だくになって水ぶき仕上げしたクリーンな部屋を見るのは本当に清々しい!気の流れの良さが爽快で癖になりそう。素晴らしいおへそ、私のおへそにもしていこう。
★5 - コメント(0) - 2016年9月29日

f
みなさん素敵だなー。でもその素敵さの裏にある、暗さや疲れなんかももうちょっと見てみたい。だってそれがなきゃ不自然でしょ!なんて思う私が疲れてるんだろーか。あと適正価格の話がよかった。自分はどうかな?なんて考えられて。それとバックの中身。なんであんなに面白いんだろうか。
★4 - コメント(0) - 2016年9月25日

ann
為末大さん、モデルみたい。木皿泉さんのご夫妻の在り方に感動しました。カバンの中身は、やっぱり凝視してしまいます。
★52 - コメント(0) - 2016年9月11日

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/11:マリ
02/07:チョビ

積読中のみんな最新5件(2)

02/04:ちこ

読みたいと思ったみんな最新5件(4)

11/27:suicdio
11/17:hiro
09/03:まど
08/30:mamarika
暮らしのおへそ Vol.22の 評価:73 感想・レビュー:11
ログイン新規登録(無料)