プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手 (祥伝社黄金文庫)

プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手 (祥伝社黄金文庫)
208ページ
60登録

プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手はこんな本です

プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手を読んだ人はこんな本も読んでいます


プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手はこんな本です

プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手の感想・レビュー(53)

素直であること。 プレッシャーに強いこと。 いつ上の目に留まるチャンスが来るかわからない。 その時の為の日々の努力。 選手の読書家の多さ。
- コメント(0) - 1月30日

野手の場合は二軍から一軍への定着の条件は守備力だという。そもそも打撃は数多く打席にたつうちには目が慣れてくるのでヒットは打てるという。そしてレギュラーをつかむために大切なのは運というもの。代打で出されてヒットを打てるかどうか。このため日々の精進が必要である。投手の場合は精神的なタフさが重要。いままで鳴り物入りで入団した豪球投手が目が出ないのは精神的な弱さというのが多くのパターン。マウンドにあがるとまるで別人のようになってしまうという。みなそれぞれ可能性をもってプロの世界に入ってくるのにもったいない話だ。
★23 - コメント(0) - 2016年8月10日

選手や監督ではなくコーチとして、そしてスカウトとしての視点。とても興味深く読ませてもらいました。昔々、将来の夢はプロ野球選手になることでした。毎日家の庭でバットを振って、愚かにもそれだけでプロ野球選手になれると本気で信じていました。今考えたらプロってどれだけ偉大か。でもそんなプロの集まりの中にも色んな人がいるんだなぁ。確かに自分の才能に寄り添ってしまってもプロになれる人もいます。でもそこでも上を目指すのなら。やっぱり自分の頭で考え抜くことなのかな、と思います。そしてそれは、あらゆる事に共通するのかも。
★12 - コメント(2) - 2015年4月7日

V9の人たちは、ONを除くと実に著作は少ない。その訳が分かりそうな一冊かも。真面目で誠実そうな書き口の中に、書いてはいけないことが透けて見えなくはない(だからサブタイトルの割りにスカウトの話が控えめなんだろう)。川上哲学の概略が垣間見れるところが読みどころ。コーチの仕打ちみたいなのは一生忘れられないのだな。
★2 - コメント(0) - 2014年9月14日

桑田氏の推薦という帯に惹かれ、衝動買いした。基本的には、スカウトの裏話に終始しており、一流になる選手と消える選手の明確な違いは分からなかった。ただ、次の内容に強烈な衝撃を受けた。プロ野球選手も、NPBだと日系企業で働くのと変わらないんやね(涙)。以下、要約。あるコーチに、スライダーを狙って、それ以外は全て見逃せと言われたからそれに従ったが、結果はストレート三球で見逃し三振。監督はカンカンになって怒り、即二軍行き。コーチは全く庇ってくれなかった。この状況で言い訳、反抗していたら、私はそこで消えていた。
★1 - コメント(0) - 2014年7月1日

序盤は良かったが、後半になるにつれ基本自慢話になりつまらなくなった。
- コメント(0) - 2014年4月25日

著者が巨人のコーチ、スカウトだけあって全体的に巨人を中心としたエピソードが多い。
- コメント(0) - 2014年2月5日

一流と二流の違いは、長所を伸ばすこと、プレッシャーと向き合うこと、素直であること…。努力は量ではなく質が大事。 書いてあることは、野球界だけでなく、普通の企業でも通じるものがある。 どの業界でも一流になるために必要なことは変わらないんだな。
★1 - コメント(0) - 2014年1月25日

できる人は、若い時から気づいている。できないやつは後で気づく。若いうちから努力すれば、桑田になれるが、やっぱり桑田はそんなにいない。
★1 - コメント(0) - 2013年8月29日

上田武司氏はレギュラーではなかったが、真面目な性格がにじみ出ていた人でした。良書です。
- コメント(0) - 2013年4月6日

元ジャイアンツの選手、コーチ、スカウトだった上田氏、背番号2でショートを守っていた記憶がある。野球に限らず、人として大事なことを「五心」として新人選手に教えていた。1.素直な心2.反省の心3.謙虚な心4.奉仕の心5.感謝の心選手として伸びるのは、1.精神的に強い2.考えて練習する紙一重の差をつけるのはこの二つですね。
★3 - コメント(0) - 2012年11月22日

スカウティングよりコーチングの話の方がおもしろかったなあ。もっとこう、スカウト業裏話みたいなの期待してたんだけどちょっと違った。ただ、プロとしてやっていける体を持ってるかどうかを判断するために、母親のお尻を見るってのはおもしろいなと思った。何を根拠に体つきは母親から遺伝すると言ってるのかはわからないけど。
★1 - コメント(0) - 2012年10月27日

『プロ野球スカウトが教える』と言うよりも、『巨人軍に44年仕えた私が教える』と、タイトルを変えた方がいいと思います。スカウトの裏話など、スカウトの事が分かると思い読みましたが、ガッカリの一言です。
- コメント(0) - 2012年4月18日

これを読むと、ジャイアンツが素晴らしいチームに見えるな・・・。
- コメント(0) - 2012年1月16日

超一流じゃないからこその目線は勉強になる。やはり経験ベースの話はおもしろい。俺も本で読んだネタだの聞いた話などじゃなくて経験談で話をしたい。
★1 - コメント(0) - 2011年8月5日

タイトルと内容がイマイチ一致しない。当たり前のことが書いてある。裏話は面白いかったが。
- コメント(0) - 2011年6月17日

スカウト目線より、コーチ目線の話が多い。才能を持ちながら消えた選手の話や川相を鍛えてレギュラーにした話など面白い。スカウトについては先日読んだ、「伝説のスカウト河西俊雄の生涯」と比べて面白かった点がいくつか。ひとつは内海についてお母さんのお尻が大きいから内海も鍛えれば体が大きくなるはずだという話。河西さんも選手のお母さんを見るという話が出ていた。違っていたのは小野仁に関する話。上田氏は選手の性格は実際に接してみないとなかなかわからないというが、河西氏は第一印象や練習中のふとした行動から性格を見抜くと。
★1 - コメント(0) - 2010年9月28日

普通にビジネスでも役立つ要素が含まれてるね 選手が才能を開花させるのもビジネスで成功するのも道筋は一緒ですね
★1 - コメント(0) - 2010年7月25日

面白かった。野球人だけでなく、社会人として成功するためのノウハウ本だと思う。
- コメント(0) - 2010年4月24日

プロ野球の世界の現状を知れる作品でした。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

04/22:kwai528

読みたいと思ったみんな最新5件(6)

08/12:よっしー
09/15:はと
09/15:ライアン
プロ野球スカウトが教える 一流になる選手 消える選手の 評価:83 感想・レビュー:22
ログイン新規登録(無料)