チェイサー91 (祥伝社文庫)

チェイサー91 (祥伝社文庫)
808ページ
127登録

チェイサー91の感想・レビュー(87)

これは面白い!映画化希望です。
- コメント(0) - 2016年12月26日

TACナームアリスを読んでいてどうもこの話につながる前作があると分かりこの本を知りました。想像した内容とはだいぶ違いましたが、800頁を超える大作寝る時間を削って読んでしまいました。
- コメント(0) - 2016年12月14日

臨場感溢れる描写に、展開が分かっていても先が気になってしまう。一気読み必至。ご都合主義的だったり、女性が多く登場するといった、筆者作品にありがちな設定もご愛敬。壮大な物語故の分厚さではあるが、結構あっという間に読める。
★4 - コメント(0) - 2016年10月28日

読む前から予感はしていたんですが、ちょっとねちっこい中韓描写がちょっと…。(まあドラッグストア等でのマナーとかはどうかと思います私も)全体的には胸熱展開もあるし、700Pのわりにはスラスラ読める内容で良いと思います。ちゃんとF15だけでなく他にも空自戦闘機出てくるし。しかしもんじゅはただの金食い虫では。それならプルサーマルを伸ばすくらいのが良いのではないでしょうか。まあ、原発を無くしてメタンハイドレート実用化が一番の期待です。
- コメント(0) - 2016年9月2日

先日読んだ「TACネームアリス」がこの作品の続編だと知り慌てて購入。 手に取ると800ページの分厚さに一瞬ビビるがほぼ一気読み。ストーリーはなかなかのスケール感で面白かった。女好きの夏見作品の期待通りこの作品でも美人姉妹と美人危機管理鑑が登場。 ・・が、強いて言うならラストシーンに至るシナリオ、茜の脱出から特に茜、F15、ひかる、747の立ち回りはちょっと力技を使いすぎて現実味に欠けた感は否めない。そこの描写にもう少しページを割いて緻密に再現して欲しかった。900ページになっても許したんだけどね(笑)
★1 - コメント(0) - 2016年7月15日

話が進むほど荒唐無稽になってしまい… 文章にも違和感があり 本の校正をちゃんとやったのだろうか?
★2 - コメント(0) - 2015年3月9日

相変わらずのきたない朝鮮とサヨクの皆さん。 ん?最後のF-2のサリーって…・・・
★1 - コメント(0) - 2015年2月9日

★★★★ 初めてこの著者の本を読んだけど、先が気になって一気読みだった。多少現実にはありえないようなところやご都合主義的な場面はあったけど読んでて非常に楽しかった。
★1 - コメント(0) - 2015年1月19日

「スクランブルシリーズ」が気になっていたけど、1作目から読まないとわからなそうだったので、それとは別で同じような自衛隊モノを買ってみた。ストーリーは面白かったけど、擬音とか場面展開とか、文章がちょっと気になったな。
★1 - コメント(0) - 2015年1月13日

スクランブルシリーズも読んだけど、戦闘機好きにはたまりませぬ。この著者の本を読んでいると、本当に日本の自衛隊の規定はコレでイイのかって思っちゃいます。2機で飛んでいても撃たれた方しか正当防衛で攻撃できないとか・・・。ハラハラ、面白い本でした。
★2 - コメント(0) - 2014年11月28日

「ちょっと待ってて!今忙しい!」政府専用機を追うF15Jイーグルから謎なアルトの若い女の声。。原発問題、集団的自衛権、防衛省機密漏洩、TPP、反政府デモ、歪んだ歴史認識、捏造、反日、中国共産党、工作員、偽装漁船、領空侵犯、尖閣、その他モロモロ、AKB総選挙に到るまで(笑)揶揄して相変わらず面白い。内政干渉はなはだしく怒りを覚えるが日本の防衛力、危機管理の脆弱性を思うと情けなくなる。
★54 - コメント(1) - 2014年11月13日

最近の時事ネタを入れつつ、スクランブルシリーズ同様、壮大なストーリーでした。核による抑止力、未だに終わらない第二次大戦のしがらみ…問題だらけですね。平和的な解決ができたらいいですが、本当に難しい問題です。。平和な世の中になってほしいものです。最後にサリーが出てきたのは憎い計らいでした。スクランブルシリーズの結末?も気になるところですが、これはこれでドキドキしながら読めました。
★5 - コメント(0) - 2014年11月3日

ストーリー顛末に登場人物像に戦闘シーンは、スクランブルシリーズと粗方同じ。最近の時事ネタ織り込んで、大陸の横暴に半島の傲慢さ満載の800頁はアッという間の大活劇。それに移民国の単純さ加わり現実とかぶる。『もんじゅ』を持つ事がお荷物ばかりと報道されているが、海外から見れば核武装への脅威と写るのは小説だけのことではないのかも。
★10 - コメント(0) - 2014年10月2日

スクランブルシリーズと内容は酷似しており斬新さは無いのですが人物が一掃されたのでのびのびした内容となっています。なかなか面白かったですけど、本が厚いので電車の中で読むのが非常に辛い(笑)最後に出てくるF2の話は読者の方のコメントを読んでハッとしました!なかなか憎い演出です。
★3 - コメント(0) - 2014年9月26日

予算いっぱいあって映画にしたらおもしろいかも
★2 - コメント(0) - 2014年9月26日

面白いんですが途中でちょっと中だるみして時間がかかってしまった。できるだけ航空機戦に特化していただいて、もう少し薄くして欲しいです。お値段が高いので購入を躊躇われる方もいるかと。ということで値段がネックでお勧めしないです。夏見さん好きは迷わず買いです
★4 - コメント(0) - 2014年9月26日

文庫本で¥1,000いじょうするという厚さ(笑)夏美氏の書かれた航空自衛隊ものはやはり面白いです。途中でラストが想像つくのと(かなり後半ですが)最後の部分にちょっと消化不良のところはありますが面白かったです。最後に応援に駆け付けたF2のTACネーム。これはもしかしてもしかするのか?出版社が違いますが、新しいシリーズに突入するのか?はたまた旧スクランブルシリーズのキャラクターが登場するのか?次がまた楽しみです。 しかしこのシリーズ。いつも厚いですね。普通なら2巻に分かれてる。さて次はいつかな?
★5 - コメント(2) - 2014年9月19日

かなりのボリュームで、読むのに時間がかかったけど、面白かった。日本が、核を作れる国であることの事実が、恐ろしいし、実際にこんな陰謀がありそうで恐い。個人的に主人公は女性でなかったほうが良かった気がする
★5 - コメント(0) - 2014年9月19日

面白い。実際すでに手遅れなほど日本には大陸や半島の工作員が多数浸透しているのだろうなと思う。 「テロの芽は、潰さなくてはいけない。この国の政権を、またわけの分からぬ連中に渡すわけにはいかないんだ」 → ホントその通りだよ。
★8 - コメント(0) - 2014年9月12日

獅子身中の虫を排除するため味方を欺き命を賭ける…
★6 - コメント(0) - 2014年9月2日

今読んでいるみんな最新5件(9)

03/23:Mistral
07/27:みやしん
08/15:buslane29
12/05:EDF航空隊

積読中のみんな最新5件(9)

03/30:ちっちぃ
02/03:ぴの
08/13:buslane29
05/06:Martin

読みたいと思ったみんな最新5件(22)

03/01:shinchan6605
02/17:いちべ
09/22:suicdio
08/17:pekety
チェイサー91の 評価:46 感想・レビュー:20
ログイン新規登録(無料)