本当は怖ろしい万葉集―歌が告発する血塗られた古代史

本当は怖ろしい万葉集―歌が告発する血塗られた古代史
292ページ
10登録

本当は怖ろしい万葉集―歌が告発する血塗られた古代史の感想・レビュー(6)

kin
独特の観点から歴史を読むことができてとても楽しい。日本の歴史ではなく、アジアの歴史と捉えれば、不思議と納得させられる内容。
- コメント(0) - 2014年11月10日

2014年4月17日:shino
2012年7月18日:みっく
万葉集から古代史を読み解こうというのが面白そうだったので図書館で借りました。作者のほかの著作のものも含め引用文が多く、これだけを読んで納得するのはちょっとつらいほど読みにくかったです。蘇我氏が土着の部族という文章と渡来してきた一族という文章があり、ちょっと混乱しました。渡来してきた一族でも、何代かそこに住めば土着っていう解釈なのかなあ。
- コメント(0) - 2012年2月5日

★★★★
- コメント(0) - 2010年10月10日

--/--:雪原歌乃

今読んでいるみんな最新5件(1)

11/25:owarinagoya

積読中のみんな最新5件(1)

04/22:だる夫

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

09/09:古関

小林惠子の関連本

本当は怖ろしい万葉集―歌が告発する血塗られた古代史の 評価:100 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)