また、桜の国で

また、桜の国で
あらすじ・内容
ショパンの名曲『革命のエチュード』が、
日本とポーランドを繋(つな)ぐ!
それは、遠き国の友との約束。
第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)。
ナチス・ドイツに蹂躙(じゅうりん)される欧州で、
“真実”を見た日本人外務書記生は
いかなる“道”を選ぶのか?

世界を覆(おお)うまやかしに惑(まど)わされることなく、常に真実と共にあれ。
1938年10月1日、外務書記生の棚倉慎(たなくらまこと)はワルシャワの在ポーランド日本大使館に着任した。ロシア人の父を持つ彼には、シベリアで保護され来日したポーランド人孤児の一人、カミルとの思い出があった。
先の大戦から僅(わず)か20年、世界が平和を渇望する中、ヒトラー率(ひき)いるナチス・ドイツは周辺国への野心を露(あら)わにし始め、緊張が高まっていた。
慎は祖国に帰った孤児たちが作った極東青年会と協力し、戦争回避に向け奔走(ほんそう)、やがてアメリカ人記者レイと知り合う。だが、遂(つい)にドイツがポーランドに侵攻、戦争が勃発すると、慎は“一人の人間として”生きる決意を固めてゆくが……

あらすじ・内容をもっと見る
504ページ
858登録

また、桜の国ではこんな本です

また、桜の国でを読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
5882登録

また、桜の国での感想・レビュー(312)

毎度ながら、歴史に関して恥ずかしいくらい無知な私。この本を読んでポーランドの悲しい歴史を知った。歴史の事実を列挙するだけでは伝わりきれない。人と人が交わしあう心や湧き上がってくる感情だったりを混血児であり一見外見だけ見ると日本人には見てもらえないことで心に傷を抱えながら育った男の子棚倉慎の人生に重ねながら描かれていることで、歴史の流れに翻弄されたポーランドの人たちのことも彼が親交を寄せたように身近な存在として感じられた。「極東青年会」を中心としたワルシャワの人々が人間として生きるために自国を取り戻そうと→
★15 - コメント(2) - 3月24日

時折読み続けるのがつらくなる内容だが、ボリュームのわりには読みやすく、なかなかに感動的だった。ポーランドの悲劇はあまりよく知らなかったけど、歴史と人間の生きざまに考えさせられるものがあった。
★9 - コメント(0) - 3月23日

日本とポーランドにある歴史を感じながら、三人の男性の「祖国」に対する苦悩や思いに心を揺さぶられた。人種だけでなく戦争での関係性まで超えた友情が素敵だった。映画で「戦場のピアニスト」や「カティンの森」を見ていたので何も知識が無いよりは入りやすかった。人の命の重さより大切な物ってなんだろう。戦争をして得られるものってなんだろう。それでいったい誰が幸せになれるの。間違った行為を止めることも愛国心なのでは。
★28 - コメント(0) - 3月23日

第二次大戦下のポーランドを舞台に外交官の目から世界情勢の理不尽がか語られる。日本人の多くが知りえない、欧州での複雑な歴史の中での戦争。国籍、人種、民族それぞれが複雑に入り組んだ3人の男たちの約束が切ない。
★9 - コメント(0) - 3月21日

慎、その父、レイの確固たる信念と貫こうとする強さ。 戦闘の指揮をとりながらも、原点を見失わないイエジの「君たちは、自由のためにみごとに散るためにいるのではない。美しい最期を望むようになったら、それはもう、理想そのものを自ら投げ捨てたのと同じことなのだ」の言葉。ただ、人間としての尊厳を求めた人たち。心が震えた一冊。
★9 - コメント(0) - 3月21日

周囲を強国に囲まれ過去何度も地図から名前が消えた国・ポーランドは第二次世界大戦時もナチスドイツの首都ワルシャワへの侵攻で再び戦火に覆われた。ポーランドに着任した外務書記生・棚倉慎は強国によって語られる歴史にはない「最も正直な世界」を見る事で一人の人間として重大な決意をした。ナチスとの同盟により米国との戦争へと向かった…その一方で戦争回避に奔走したり日本とポーランドの間に深い繋がりがあった事はあまり知られてない。歴史には様々な側面がある…日本とポーランドを繋いだ深い関係…愛国心とは何だろうと考えさせられた。
★41 - コメント(1) - 3月21日

本書は第二次世界大戦下のポーランドを舞台にした作品です。日本と馴染み深いとは言い難いポーランドですが、その史実に架空の日本人外交官を配して、読みやすい工夫がなされています。 人種や国境を越えた友情をテーマにしたフィクションとしても読みごたえは充分ですが、それ以上に当時の欧で微妙な立場にあった日本の姿。さらに独侵攻からワルシャワ蜂起に至るまでの史実を興味深く読みました。本文は触れていませんが、この物語から30年後、受難の国家ポーランドは東欧革命の端緒を開きます。ソ連は崩壊し世界は大きく変化して行きます。★5
★23 - コメント(0) - 3月20日

第二次世界大戦中のポーランドを舞台に、日本の外交官、ポーランド人、ユダヤ人それぞれが時代に翻弄されながら、友情をはぐくみ、ポーランドの為に戦う小説。 小説ではあるが、大国に翻弄されるポーランドや誰からも救いの手をさしのべられないユダヤ人など、詳細な研究に基づいて当時の状況を話の舞台として再現している。 辛いテーマで、ハッピーエンドとも言えないが、悲壮感だらけでは無く爽やかな話。分量はあるが、あっという間に読めてします面白い小説だった。
★9 - コメント(0) - 3月20日

作者の過去作の歴史ものを読んだ後に読了。過去作も大作ですが、また違った視点からWWⅡを記した本作も、フィクションってなんだったっけと思う程に精緻で、日本ではあまりスポットライトを当てられないワルシャワを脳裏に思い描く事が出来ました。言葉も登場人物も魅力的で、実在の人物も多いようです。重く長い話ですが、ハッとさせられる言葉も多く、再読したい気持ちになりました。
★9 - コメント(0) - 3月20日

第156回直木賞候補作で図書館に予約しなければ出会わなかった秀作。舞台は第二次世界大戦前からのポーランドの首都ワルシャワ。ポーランド分割もゲットーも教科書で習ったことすら忘れていた歴史的事実。その中で自我をを求めるロシア人との混血の日本人外交官棚倉慎が主人公だった。何度も国が亡くなっても誇りを失わないポーランドのために、命を捧げた人がいたという事実を、この本を読んだことをきっかけにもう少し深く知ろうと思った。2017-41
★55 - コメント(1) - 3月19日

このボリュームにもかかわらずイッキ読みさせられるくらいスピード感と重厚感に溢れ、素晴らしい筆致の小説。哀しくズシンと重い読後感。第二次大戦期のポーランドのあの悲惨な状況をビビッドに描いているのも流石。
★10 - コメント(0) - 3月19日

要所要所で、心に留め置きたい名台詞があるのは流石の筆力。特に、慎の父様の、旅立つ慎に告げた台詞は好き。素敵なお父様だなあとうっとりし、それを胸に過酷なポーランドで信念を貫こうとする慎に声援を送りながら最後まで読みました。人の持つ醜い部分をこれでもかと見せられつつ、でもだからこそ美しい部分を大切にしたいという姿勢。現代に生きる私も見習いたいと思いました。
★8 - コメント(0) - 3月18日

「それは、遠き国の友との約束」第2次世界大戦下のポーランドを舞台にしたフィクション。ポーランド分割もゲットーも教科書にはほんの少ししか書かれていない。何度も地図から消えた国、ポーランド。今を生きる私達はそのことを知らなすぎるのではないだろうかと思った。おそらく反戦を望む本作は淡々と、しかし強く語りかけてきた。たしかにフィクション作品だ。しかし、この作品から見えてくるものは嘘とはむしろ真逆のものではないかと思う。『また、桜の国で』
★12 - コメント(0) - 3月18日

第二次世界大戦前後のポーランドが舞台
★3 - コメント(0) - 3月18日

500頁という厚さに関わらず、一気読み。毎度毎度、歴史の勉強不足を痛感させられますが、ポーランドという国が過去に何度も消滅したという歴史を、私たちはもっと重く受け止めていいと思いました。「戦闘は無残なものだ。理念がどれほど崇高であろうが、実現するための戦闘はただただ残酷だ」という言葉は、なんとも胸に刺さる言葉。でも、現代の世界はなにも学習していない気がする。ひょっとしてひょっとすると大学ではポーランド語を学んでいたかもしれない私、半生をかけて濃密に付き合ってみたくなった国のひとつ。
★8 - コメント(0) - 3月18日

★★★★☆
★2 - コメント(0) - 3月18日

ポーランド分割は世界史で習ったが、陸続きの欧州では弱いと亡国の憂き目を見る。第一次世界大戦ですべてを失ったドイツが暴発、厭戦気分が蔓延する英仏は日和見でこれを放置、悲劇が拡大する。対米関係を悪化させる日本は、連戦連勝のドイツを軍事同盟の相手に選んでしまったことが、破滅へのポイントオブノーリターンになってしまったということか。この小説の冒頭の時点ではまだ色々な選択肢があった。事態が絶望へと流れていく中で、自身の信念と覚悟と友情に殉じた外務省書記官の物語。秀作。
★26 - コメント(0) - 3月17日

第二次世界大戦のヨーロッパ戦線の方は世界史の知識があやふやなので、そうか、ポーランドはそういうことになっていたのか! とその辺がとても興味深く読めます。日本人(ってもロシアとのハーフ)の大使館員が主人公なので、長いし外国の話だけれども読みやすい。後半主人公がヒーローすぎるのがちょっと惜しい。
★45 - コメント(0) - 3月17日

ポーランドに対する価値観が激変しました。読んで良かった!!!イケメンが登場し過ぎて現実感に乏しいのだけが残念(笑)とレイのように笑い飛ばせたら良かったのですが、史実として起こったことを思うといろいろな感情が渦巻いてしまって寝られません。。
★11 - コメント(0) - 3月16日

すごく重い。心に刺さる。
★6 - コメント(0) - 3月16日

感動とはまた違う。ひたすらに悲しくなってしまった。世界はなんにも進歩していないように思うし、きっと歴史のなかには知られていない蓋されたものも多いのだろうと。
★20 - コメント(0) - 3月15日

見た目以上に重い一冊。ポーランドという国について、ヨーロッパの大国間の闘争の犠牲になった国、という認識しかありませんでした(本書読了後もその認識自体は変わらない)が、第二次大戦でここまで酷く蹂躙され故に必死に抵抗した人たちがいたことを初めて知りました。西側の利にならないことへの連合国の黙殺、ポーランド内のユダヤ人差別など読者をハッとさせる内容が多い本です。どこまでが史実かわかりませんが日本にも戦争を止めようとした人がいたことは、こんな時世だからこそ手放しで評価すべきなのかもしれません。
★13 - コメント(0) - 3月12日

ヨーロッパでのいじめられっ子とも言えるポーランドに、書記生として赴任した主人公が、第2次大戦に巻き込まれていく・・・。この大戦のヨーロッパでの勃発が私の生まれた年であり、この大戦に私(の親)もまた未曾有の苦しみを味わったことから、比較的親近感を持って読むことが出来た。 しかし現在といえども、当時の状況から本質的に歴史的な進化を遂げているとは決して言うことは出来ない。いわゆる「国際社会」とはいえ、大国のエゴの集合体でしかない以上、実効的な展望を持った平和への取り組みが必要とされている。
★9 - コメント(0) - 3月12日

知られざるポーランドの姿。かの国と言えば、ナチによるユダヤ人迫害の舞台になった国でそれを傍観してて、自らはソ連に助けてもらったぐらいのイメージだったが、国の、人間の誇りをかけた戦いだったワルシャワ蜂起を経ての戦後の歩みだったのだなあ。 ワルシャワに行った時にめちゃくちゃ優秀なガイドさんで、でもその辺は黙して語らずだったけど、内心忸怩たる思いを抱えていたのかも。
★11 - コメント(0) - 3月11日

ポーランド・ワルシャワ。上手く感想が書けません。自分のためでなく、友や国のため、自分の信念のために誠実に生きた人たちが描かれています。多くの人がこの本に出会ってくれたらと思います。
★69 - コメント(0) - 3月11日

図書館本。ポーランドの歴史、何度も隣国から攻め込まれ占領され分割された国。そして、裏切りにあった国。読んでいくうちにこんなにも心に迫る言葉を、心に深く突き刺さる言葉を、忘れてはいけないとおもった。メモを取りはじめたらA4のノート4ページにもなっていた。それでもまだ足りないほどだけれど。涙をこらえながら終章を読み終えて本を閉じた時表紙のタイトルにまたもう一度心が抉られた。
★45 - コメント(2) - 3月10日

長い作品でしたが、とても読み応えがありました。前半はなかなか苦戦しましたが、中盤以降はとても面白かったです。 フィクションでしょうが、あの時代の中でもこのような気骨のある人々が外交官だったというのが垣間見られました。また外交官としての役割をほんの少しですが知りました。今時代が巻き戻されているような状況ですが、決して戻ってはいけないと思い知らされる1冊です。
★13 - コメント(0) - 3月9日

SU
一気読み。
★5 - コメント(0) - 3月9日

シベリアからやってきたポーランド孤児たちを受け入れ看護した日本。そこから繋がっていく物語。周囲の強国に食い荒らされ地図から消えたことのある国、ポーランド。日本大使館の外務書記生となった慎の目を通して知る第二次大戦下の彼の国の凄惨さ、そして民族差別の恐ろしさに震える。人としての尊厳を守る為に、事実を伝える為に、未来の為に戦った彼らの想いに胸が苦しい。「国を愛する心は、上から植え付けられるものでは断じてない。まして他国や他の民族への憎悪を糧に培われるものではあってはならない」
★64 - コメント(6) - 3月8日

この世の中には、知らなければいけない歴史がまだたくさんある。そして、そういう歴史に触れたならば、それを後世に伝えることが使命だと思う。私も、この本を読んだことで、歴史を伝える使命を持つその一人となったのだと思う。だから皆様、是非ご一読ください。たくさんの想いに流されそうになりながら、読了!
★71 - コメント(0) - 3月8日

ga
序盤、挫折しそうになってあと少し・・と、読み進めて良かった。(1/5過ぎた辺りから物語がいきなり動くから最初つまづいても頑張って!)ポーランドというか東欧全般に関しては知識認識薄め。来日したワルシャワ孤児も知らなかったし、ユダヤ人迫害も上っ面の事だけしか、だけどそれらは後から消し去られ情報操作された歴史の一部だったのかも。慎の目を通して民間人が巻き込まれる民族差別に侵略してくるナチスの恐怖、何故そこまでする必要が・・凄まじい臭気の下水道や街に攻めくる戦車の轟音、ゲットーと読み応えあったけど感想が書けない。
★33 - コメント(5) - 3月7日

大変面白かった。シベリアからやってきたポーランド孤児たち。彼らが日本に抱いた思い、信頼感を国は裏切ってしまったけれど、それに答えようとした人間はいた。ワルシャワの町の様子、ワルシャワ蜂起の間も人々は芸術を楽しもうとした。一昨年アウシュビッツ・ビルケナウを訪れたし、その前後に関連書を割と読んだので、結びつくところも多かった。最終章への切り替えもすごいと思った。なのに、どういうわけか最後まで心が揺さぶられるということはなかった。感心はしたけれど感動はできなかった。何故かはわからず。
★19 - コメント(0) - 3月5日

慎視点で大半が書かれているにもかかわらず、最終的に慎が亡くなっていたというところに違和感を感じた。もう少し地の文が客観的叙述でもよかったかなと思う。かなり歴史的背景の説明をしているが、ここが冗長なので、ストーリーが動く部分の作者の筆力との段差も感じた。この本をより深く味わうために次の映画を見るといいと思う。「カティンの森」「ソハの地下水道」「リベリオン」。いずれもポーランド映画だが、見るのと見ないのとでは本から受ける印象もまた違ったものになると思う。
★4 - コメント(0) - 3月4日

主人公になったつもりで読んだとき、あまりにも自分の日常と違う世界に、何度も立ち止まってしまいました。今現在の静かな日常に感謝するとともに、歴史をもっと知らなくてはと痛感しました。
★12 - コメント(0) - 3月4日

神の棘の作者、須賀しのぶさんの作品。ポーランドの日本大使館に着任した書記生の慎は悲惨な戦争なかで奔走する。主人公の慎が誠実で、頑固で、努力家で魅力的だった。人種差別、人の無関心、平和様々なメッセージが込められている作品でした。須賀さんの文章は読みやすくて、展開も胸を打ちます。他の作品も読みたいです。
★19 - コメント(0) - 3月3日

『革命前夜』に続きこれもまた激動の時代のややこしい社会情勢がとても読みやすく分かりやすく書いてあり、その筆力に唸らされた。今作では民族であるとか愛国心であるとか国とはとか、アイデンティティについて終始考えさせられた。ただやっぱり主人公が類型的な感じでいまいち感情移入できなかった。色々設定を入れすぎて逆にどれも上手く生かせてない気もするし。濃い時代が舞台なのだからキャラはシンプルな方がよかったかも。「(登場人物たちが)どう歴史と関わったか」ではなく「(その時代その状況を)どう生きたか」が読みたいんだよなー。
★18 - コメント(3) - 3月3日

初読み作家さん。直木賞候補と聞いて借りていた本でした。あまりの分厚さと興味のわかない内容かもしれないと尻込みしたものの、時間は多少掛かりましたが読み終えることが出来ました。ポーランドと日本の関係も知らず、海外の地理にも史実にも疎い私が最後まで読めたのは、やはりこの主人公の外務書記生の慎が何よりも魅力的だったから。巻末にあるたくさんの参考文献からも須賀さんが今この話を書かなければならないとの強い思いを感じました。慎が幼い日にカミルに打ち明けた秘密が知りたくて読んだというのもあるのですが(笑)
★104 - コメント(1) - 3月3日

1944年8月。ナチス・ドイツの占領下にあったポーランドの首都で起こったワルシャワ蜂起。 歴史に疎いためか、だいぶ俯瞰して物語を読むことができた。 しかし終章では、心臓がぎゅっとなるような衝撃とともに登場人物と同じ目線に引き降ろされて、涙が出そうになった。 作中で、建物の罅(ひび)についての描写が印象的だと感じたので、調べてみてナットクでした。もっといろんなことを知らなきゃいけないな…。
★21 - コメント(0) - 3月2日

感想を書くかどうか悩んだのだけど、酷評で失礼します。史実を命を削るようにして書かれた作品と比べてはいけないのだろうが、感動を持ってこようと言うのが見え隠れしているように感じた。やはり、戦争を扱ったものは選んで読もうと思う。
★145 - コメント(6) - 3月1日

美しい文章に舌を巻く。一切の破綻・余剰がない。そして「国籍・民族・国家・戦争・アイデンティティ・尊厳」という、普遍的だが入り組んだテーマを、滑らかに描き切るスケールには圧倒された。70年以上も前の史実を整理して小説に仕立てる筆者の技量に、ただただ感服させられた読書体験だった。
★16 - コメント(0) - 3月1日

また、桜の国での 評価:100 感想・レビュー:179
ログイン新規登録(無料)