また、桜の国で

また、桜の国で
あらすじ・内容
ショパンの名曲『革命のエチュード』が、
日本とポーランドを繋(つな)ぐ!
それは、遠き国の友との約束。
第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)。
ナチス・ドイツに蹂躙(じゅうりん)される欧州で、
“真実”を見た日本人外務書記生は
いかなる“道”を選ぶのか?

世界を覆(おお)うまやかしに惑(まど)わされることなく、常に真実と共にあれ。
1938年10月1日、外務書記生の棚倉慎(たなくらまこと)はワルシャワの在ポーランド日本大使館に着任した。ロシア人の父を持つ彼には、シベリアで保護され来日したポーランド人孤児の一人、カミルとの思い出があった。
先の大戦から僅(わず)か20年、世界が平和を渇望する中、ヒトラー率(ひき)いるナチス・ドイツは周辺国への野心を露(あら)わにし始め、緊張が高まっていた。
慎は祖国に帰った孤児たちが作った極東青年会と協力し、戦争回避に向け奔走(ほんそう)、やがてアメリカ人記者レイと知り合う。だが、遂(つい)にドイツがポーランドに侵攻、戦争が勃発すると、慎は“一人の人間として”生きる決意を固めてゆくが……

あらすじ・内容をもっと見る
504ページ
728登録

また、桜の国ではこんな本です

また、桜の国でを読んだ人はこんな本も読んでいます

罪の声
3586登録
夜行
5178登録

また、桜の国での感想・レビュー(236)

とにかくおもしろかったです。カミルと衝撃の再開をしたシーンなど鳥肌ものでした。自分自身あまり知らなかったポーランドについてもっと知りたいと思った。日本とポーランドの絆についても触れられていた。こういった日本とポーランドとの絆があることをもっと知ることで、自分の国を誇れるようになると思う。
★9 - コメント(0) - 2月25日

ワルシャワの悲劇、ポーランドの事実を知る。分割されようが、他国に支配されようが、ポーランド語とポーランド文化を守ってきた不屈の精神や、『革命のエチュード』にこめられた思いが響いてきた。忠誠や国を愛する思いは崇高だが、ほぼ必然的に排他的な性質を帯びる。本当は美しいはずの思いは、一体どの時点でナチスのような醜悪な化け物に変貌するのだろう。最後まで戦ったダビィデの星の人々を思う。彼らは自由を取り戻すためではなく、尊厳を持って自らの人生を終わらせるために戦った。自分たちは人であると世界に訴えるために。
★53 - コメント(0) - 2月25日

第二次大戦勃発前後のポーランドを舞台に、日本人外務書記生が見る現実とそれに立ち向かう人々、それぞれの選択を描く長編小説です。初めて知るポーランドの歴史と日本との関係、当時の世界の趨勢、色々な読みどころがある中で最も心惹かれるのは、過酷な状況でも失わない人と人との固い絆です。表面的な違いさえ除けば同じ人間同士なんだ、と確信している人達がそこにはいたのです。世界が不寛容で分断的な道に進もうとしている今こそ、本書のような人間の根幹を知る機会と各個人の深い思索が必要と感じました。
★11 - コメント(0) - 2月24日

ユダヤ人迫害やポーランドがドイツとロシアの間で翻弄させられていたことは知っているが、第二次世界大戦中のポーランドがここまで酷かったとは思わなかった。「真実」が外側に伝わらないとは、いかにヒトラー率いるナチスドイツが情報操作に長けていたかがよくわかる。国や世界が戦争に向かうなか、多くの外交官が戦争を避けようと尽力を尽くしていたことや平和を望んでいたことが伝わってきた。
★7 - コメント(0) - 2月24日

あまり馴染みない国と思ってたポーランドが昔から日本と親交があったとは。地図から消されても屈しないポーランド人の誇り、ユダヤ人の尊厳ー戦争回避のため奮闘する日本人外務書記生が見た、過酷で、美しい、最も正直な世界の姿。
★10 - コメント(0) - 2月24日

直木賞候補時点で予約した本。受賞は叶わなかったけど、これは読んでよかったと思える本でした。ポーランドという国はアウシュビッツ収容所があった所という認識しかなかったけれど、しっかり歴史の勉強をさせていただいた感じ。どこの国でも戦争の陰で命を投げ出さざるを得なかった人々がいたのですね。それにしても国が無くなることがあるなんてやはり島国日本人では想像もつかない。
★11 - コメント(0) - 2月23日

また、桜の国で。 指切りをして別れた3人のその後は。 第二次世界大戦が勃発するヨーロッパ。 舞台は西にドイツ、東にソ連が控えるポーランド。 ナチスドイツ、ラーゲリ、ゲシュタポ 耳慣れたドイツ軍の非道さに 改めて眉根を寄せて読む。 世界は灰色で 太陽なんてないんじゃないだろうかと 思うような暗さの中 唯一差し込む光の筋。 それは 人としての良心や信念にしたがってしたことは、必ず相手の中に残るということ。 そして、人は真心で動くということ。 涙無くしては読めない497頁。 分厚い本の重さはそのまんま比例
★9 - コメント(0) - 2月23日

直木賞候補作、壮大な歴史小説。ポーランドがナチスに侵略されている悲惨な物語。平和の大切さと戦争の悲惨さが痛感。それにしても、そこまで市民を虐げるドイツ人は想像を絶する。
★14 - コメント(0) - 2月23日

こんなラストだったのか?ネタバレになってしまうのでこれ以上具体的には書けないが、想定外の結果だった。須賀しのぶ氏の作品はこれで3作目、「エースナンバー」「ゲームセットにはまだ早い」でよい作家さんと巡り合えたなと喜んでいたが、氏の作品が直木賞候補と聞いてぜひ読まなくてはと、この作品を手にした。想像以上の骨太の作品に驚きつつ、物語に身を浸しまくっている自分がいた。ハンナの日記、マジェナの最後。ポーランド史を勉強しようと思う。
★17 - コメント(0) - 2月23日

第二次世界大戦勃発時のポーランドを 舞台にした物語である。外務書記生棚倉慎の 視点で 激動のポーランドを描く。 ドイツとソ連に挟まれた国 ポーランドを 軸に ユダヤとナチ、そして日本の当時の 感情が 残酷に読者に伝わる..それにしても 日本人にはわかりにくい 略奪の国 ポーランドの歴史が 哀しみが 見事に現代に蘇る..貴重な物語だった。
★279 - コメント(1) - 2月22日

読み終わって、涙があふれた。前半は欧州の世界史を復習するような展開だったが、知らないことも多く段々惹きつけられていった。きった隣国と接していない日本では想像できがたい哀しみなのだ。隣国からの侵略、引き裂かれる国や民族、友愛に読んでいて辛い。今も紛争や政治的な差別には、国籍、民族が複雑に絡んでいる、そこには望む土地での日常を暮らす人たちが犠牲になっている。それでも自由のために強く前を向こうとしている。関連図書を追ってみたくなった。タイトルも『革命のエチュード』も女性たちも強く印象に残った。
★48 - コメント(4) - 2月22日

何度も落涙。アイデンティティとは、人として生きるエネルギー。 自分の家族を愛するように、世界の向こうにいる人も同じように愛する人がいる。その事実は普遍なのに、民族や国家というものになると、なんだか薄まって、ねじれて、遠いものになってしまう。 今、世界が不穏な方に動いているような気がする。多分、平和は、誰かに与えて貰うものじゃなくて、私の隣から守っていくものなんだと思う。 今年は桜を大切に愛でたい。
★12 - コメント(0) - 2月21日

Syo
ポーランド。 大使館。 第二次世界大戦。 凄い。 高速モードで読んじゃった けど…。
★24 - コメント(0) - 2月21日

ようやく直木賞候補作を全て読破。戦争ものが候補になると、選考委員からあがる「なぜ今、戦争なのか」「なぜ戦争を知らない人が戦争を語るのか」という声。今回の選考会でも話題になったのだろうか。戦争を語るのに、タイミングなどあるのか。私たちは、戦争の悲劇さえもすぐに忘れてしまうから、折に触れ、こういった作品の力を借りて、思い出す必要があるのではないか。戦争を知らないからこそ、今の言葉でだからこそ、語れることもあると思う。<2017-022>
★21 - コメント(0) - 2月20日

慎はポーランドの日本外務書記生になった今も幼少の頃日本で出会ったポーランド人のカミルのことが忘れられなかった。ドイツのポーランド進行が始まり日本も戦争に巻き込まれていったが、虐殺の果てに残るものは憎しみなのか。物語の半分くらいまでは淡々と読んでいたが、300ページを越えたあたりから一気に感情移入、なぜか涙が止まらないまま最後まで読了。世界史には結構疎いが、ある程度史実に基づいた話なのだろう。こんな出来事が、自分が生まれるちょっと前に起こりまた現在も世界のどこかで理不な殺戮が繰り返されている。
★64 - コメント(0) - 2月16日

革命のエチュードを頭の中で再生しながら(某ドラマのおかげ)一気に読んでしまった。戦争により虐げられる人々の様子を日本人外務書記生の視点から語られている。幼いころ出会ったポーランド孤児カミルとの再会で盛り上がった。「外交は相手を理解し、信じることから始まる」外交官としての戦いには頭が下がる。ヤンとレイと交わすユビキリゲンマンから終章には涙がこぼれた。またひとつ訪れてみたい国が増えた。
★15 - コメント(0) - 2月16日

めちゃくちゃ読み応えのある作品やった。ヨーロッパ(ドイツ)には仕事で行ったことがあったけど、正直ポーランドには全く興味がなかった。第二次世界大戦といえば太平洋戦争のことだけを思い出しがちやけど、ヨーロッパで壮絶な戦いや残虐な殺戮が行われてたことは忘れがちである。そんな中、誇り高き人たちが人種を超えて戦ったことが描かれている。重い話やけど、とても心に響いた。こういう素晴らしい作品が多くの人に読まれ、世界平和を願うことが出来れば、とても素晴らしいことやと思う。タイトルも意味があっていい!(★★★★★)
★86 - コメント(0) - 2月15日

これもまたスゴイ本だ。ナチスが関わる話だから結末は決して明るくはないが、いろいろな想いがよみがえって、切なく温かい読後感。『革命のエチュード』が強く心に刻み込まれた。タイトルは、この本の終盤で交わされる命をかけた約束。誰と誰の間で、どのように交わされるのか。第二次大戦直前のポーランドへ日本大使館外務書記生として赴任した棚倉慎。ナチス・ドイツに侵攻されズタズタに引き裂かれてゆくワルシャワで、慎は何を感じ、どう動いたのか。それ以上に、国や国籍や民族、その複雑さや曖昧さを考えさせられる。とにかく強く心に響いた。
★93 - コメント(1) - 2月14日

重量感のある読書体験でした。この世には私の知らないこと、知らなかったことがたくさんあると、本を読むことで思い知らされる。
★14 - コメント(0) - 2月14日

ナチスドイツによるワルシャワ侵攻前夜からはじまり、ワルシャワを軸に戦争が描かれる。主人公はロシア人を父に持つ日本人の外交官。大国に翻弄されるポーランドの姿を、外から、内から、みごとに描かれていると思う。読む手が止まらなかった。そして、純粋にみずからを日本人やポーランド人だと思えずに生きてきた人物を中心におくことによって、民族や国籍におけるアイデンティティを考えさせる作品にもなっている。かたいレビューになってしまったけど、ともかく個人的にはとても感動した物語でした。
★24 - コメント(1) - 2月14日

第2次世界大戦の時の物語。昔から色んな事実が葬りさられるんですね。私は知らなかった。ポーランドのワルシャワ蜂起。どれだけポーランドが裏切られたか。それを1人の日本人が真実を伝える為に生きた物語。そしてそれぞれ国は違う3人の友情の絆。「戦争ほど残酷なものはない」まさにどの世界にも通じることだと思います。棚倉慎には生きていてほしかった。
★45 - コメント(0) - 2月14日

先の大戦に関しては日本は一つの側面の当事者であるから、どうしても太平洋戦争の教育やら報道が優先されるのは仕方ないのかもしれない。欧州戦はその歴史も含めてなかなか理解は難しく感じる。単純にナチスが絶対悪でも済ませられないし。勉強不足でピンとこなかった今作。日本人が国土を失っていないこともその一因だろうか。そういったことで私の中では日本沈没に繋がり、特に第2部を再読したくなりました。
★18 - コメント(0) - 2月13日

悲劇の国ポーランドという国の現代史と作者の日本の今に対する危機感が伝わってきました。
★9 - コメント(0) - 2月13日

改めて地図を見てみると、ポーランドとかバルト三国は平坦で地政学的には周りの国から攻められやすい場所なのかもしれません。それにしてもあまりに過酷な現実があったんだと思うとやりきれない気持ちでいっぱいです。戦争を起こす理由は本当のところ、何なんでしょうか?今も世界中で局地的な戦争が起きて、悲しみに暮れる人が絶えません。極限状態での心の持ちようを深く感じました。
★13 - コメント(0) - 2月12日

第二次世界大戦でドイツやソ連に蹂躙されたポーランドの人々の不屈の戦いと、その中で『祖国』を求める者たちの苦闘を描く。主題が異なるために、ナチス・ドイツのユダヤ人への所業は最小限の描写にとどめられているが、ポーランドの悲惨な、それでも誇りある戦いの場面だけでも、戦争の残虐さや愚かさは伝わってくる。人の心があまりにも軽く扱われる現代において、あまりにも重い指切りの意味を考えるべきなのだろう。
★29 - コメント(0) - 2月12日

ドイツ占領下のポーランド。重く暗い話なのにどこか明るく力強ささえ感じるのは、マコやヤンたちの人を信じる心とそれに応えようとする固い信念のためか。ラストは唸ってしまったが、それでも彼は悔いなく生きただろうと思える。読みごたえのある本だった。
★12 - コメント(0) - 2月12日

素晴らしかった。小説を読む意義とか楽しさを改めて感じる。第二次大戦中のポーランド。まずこの国のことを知らない。日本との親交、国民が戦時下で味わった絶望、国を取り戻すための過酷な闘い、そしてナチスのユダヤ人虐殺。教科書にのる文字は何も教えてくれない。この500pもの物語は何度も私の心を揺さぶり無知だったことを知らしめる。「外交官の武器は言葉と信頼」。命を懸けて闘った外務書記官の主人公の信念が今の日本に受け継がれていることを願う。直木賞候補で終わったのがとても残念。早くも今年のベストに入る。
★79 - コメント(2) - 2月12日

bay
第二次世界大戦中のドイツやソ連の非道振りはそれなりに知っていたけど、ポーランドがここまで厳しい状況に追い込まれていたのは恥ずかしながら知らなかった。国と国の関係を超えて信頼するもの同士の言葉が重く今の世界にも突きつけられている気がする。
★14 - コメント(0) - 2月11日

ヨーロッパの地理歴史に疎くて、ポーランドどころかロシアやトルコまで含みこんなに複雑な関係にあったことを初めて知った。戦争に負けても、昔から変わらず"日本"であり、何百年も前の建築物が残るこの国と比べて、何度も自分たちの国を奪われ、破壊され、騙されてきたポーランド。ユダヤ人に対する虐殺の影に隠れていたのかもしれないけれど、こんなにひどいことが行われていたとは。二度とあってはいけない。そして、外交官の方には、棚倉さんや織田さん、後藤さんたちのように、1人でも日本のファンが増えるような外交をがんばって欲しい。
★27 - コメント(0) - 2月11日

もう今年のベストに出会っちゃったかも。1938年のポーランド。主人公棚倉慎はワルシャワの日本大使館に外務書記生とし て着任。彼の父は学者として来日したロシア人であり、慎は日露独波の言語に堪能だった。また、慎にはポーランドに特別な思い入れがあった。幼少時、日本赤十字社もかかわって救済したいわゆる「シベリア孤児」の一人カミル少年との短い邂逅ゆえだ。そんな背景もありワルシャワの市民とも暖かな交流を持つ慎だったが、1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻し・・・。慎は戦争回避・戦争終結・人権の尊重のために闘い…
★12 - コメント(0) - 2月11日

強者の不条理に勇敢に立ち向かった人、不条理に耐えながら懸命に生き続けた人。須賀さんは勝者が築いてきた歴史の中で、ほとんど語られることのない人々の真実を描こうとしている。もちろん、この本は小説であり創作。しかし、巻末の20を越える参考文献を見ると、この物語は限りなく事実に基づいていたのではないかと思う。この本の舞台は第二次世界大戦時中のポーランド。国名ぐらいしか知らなかったポーランドが今では、ほんの少し特別な存在になっている。この小さな変化が嬉しい。自分が進んで知ろうとしなかっであろう世界を教えてくれた本。
★26 - コメント(0) - 2月11日

自身にとって2冊目の須賀さんは第二次世界大戦のポーランドを舞台にした物語です。主人公の棚倉真が大戦開始前ポーランド日本大使館に書記生として着任から44年のワルシャワ蜂起までを描いたこの作品は500ページ弱の大作ですが読み易い文章なのでipodを片手に知らないことを補完しながら一日で読み終えることが出来ました。最初に読んだ「紺碧の果てを見よ」が重い作品でしたがこの作品の登場人物も皆ストイックでひたむき、須賀さんももう少しロマンスとか艶っぽく潤いがある話が登場すればもっと読みやすいのに
★33 - コメント(1) - 2月10日

直木賞候補作品だったのと、最近英語の教科書でイレーナセンドラーについて教えたので図書館で借りてみた。数々の苦難を乗り越えてきたポーランドという国についてよく分かった。慎が日本を離れてこそ日本人だという自覚をもつのもなんとなくわかる。慎、ヤン、レイ、イエジ、すごい人物だ。でも美しいマジェナが亡くなったのが、悲しすぎた。早速Y-tubeで革命のエチュードを聴いてみた。
★13 - コメント(0) - 2月10日

ポーランドが親日だというのはなんとなく知っていた。ポーランドがこんなにもすさまじい歴史を持つ国だとは知らなかった。もっと、もっとポーランドのことを知らなくてはと思った。いまなお、ロシアとドイツに挟まれて明るい笑顔で暮らすポーランドの人々の気持ちを知りたいと思った。
★23 - コメント(0) - 2月9日

直木賞候補作。第二次大戦中のポーランドを舞台に日本人の外交官の生きざまを描く。歴史的背景、人間関係、すべてが重厚。泣きながらページをめくってまた泣く。時代に翻弄されねばならない人生の辛さ、悲しさ。それらを受け入れ乗り越えたときの命の輝き。辛くて重たい内容なのに、読み終えると心から淀みが掬い取られたような気持ちになるのが須賀さんの小説だ。これを機に須賀さんの作品がもっと読まれることを願う。
★31 - コメント(0) - 2月8日

須賀先生が直木賞にノミネートされる日がくるとは! 直木賞の審査が戦争ものや時代ものに甘く、推理小説などに辛いことは明らかですが…。面白かったです。戦時中の話なので、嫌な部分も多いけれど、不思議に爽やかさがあるのが、須賀しのぶ流。今までの作品ではほぼ確実にあったロマンスがない点も、爽やか度を上げている。「自分が何者か?」と煩悶している主人公も、基本的には前向きで行動派で、好感が持てる。しかしこうして第二次世界大戦下の欧州を見ると、日本なんか、あとから出てきて原爆まで落とされて、一体なんだったのかと思う。
★32 - コメント(0) - 2月7日

重厚でした。ポーランドと首都ワルシャワが、幾度も奪われ侵略される様子が生々しくて描かれていて、読むのがとても辛かった。惨状が正しく伝えられることが、こんなにも難しいことなのかと驚愕しました。平和がいかに尊いものか、しみじみと痛感する小説でした。
★35 - コメント(0) - 2月5日

戦争の時代、侵略され抵抗するワルシャワ市民の活動を、そこに加わった日本人外務書記生の視点で描く。同盟国側と枢軸国側といった国籍・人種を超えた個人の関わり、彼らの間の信頼、義、友情、約束。史実を背景としたフィクションは、それが国や民族の生死を賭けた人間ドラマである以上、常に熱い感動を呼ぶ。長くて読みごたえ十分な大作ではあるが、戦争の残虐非道な実態と人々の反骨的な怒りの描写については、少し緩いか。
★20 - コメント(0) - 2月5日

★★★☆☆。 歴史に疎いためポーランドのこのような歴史は知らなかった。ほんの少しではあるが今までよりポーランドを身近に感じることができるようになった。
★10 - コメント(0) - 2月4日

第二次大戦さなかのポーランド、ワルシャワが舞台。ドイツの脅威にさらされながら、懸命に生きようとするポーランドの人びとの為に奔走する外務書記生、棚倉誠が主人公。 何よりワルシャワ蜂起と云う歴史的な事実に無知な自分を恥じる。 ショパンの国、と云う朧げな理解だったのだが、ロシアやドイツなど周辺国に幾度も攻め込まれた辛苦の歴史の国。 戦争にならない為に何が出来るか、と異国で生きた先祖を思う。読み応え、あり。
★18 - コメント(0) - 2月4日

また、桜の国での 評価:100 感想・レビュー:135
ログイン新規登録(無料)