うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)

うさぎドロップ 10 番外編 (Feelコミックス)
204ページ
1564登録

うさぎドロップ番外編 10巻はこんな本です

うさぎドロップ番外編 10巻の感想・レビュー(1447)

結局、紫の上…かなりがっかり。りんちゃん幼少期の世界に入り込んでいたから尚更、りんちゃんとダイキチが互いを意識するところが受け付けなかった。りんちゃんの本当の父親が誰なのかも明かされず。というか2人が結婚するために出してきた設定なのかなと勘ぐってしまう。ダイキチのツンツン具合が男目線で大切に育てた紫の上に愛されちゃってもう大変〜な自慢にしか聞こえなくて、気持ち悪くすらある。これならコウキ母とダイキチが結婚、りんちゃんとコウキの一つ屋根の下ラブv(古)の方が良かったかも。一気に少女漫画臭くなるが。
- コメント(0) - 3月13日

再読。やっぱり、りん達は子供の頃の話が好きだなぁ~。みんなが怖がってたコウキの傷は何で出来たんだっけ?って忘れてたから理由が分かった。坊主のコウキ新鮮。そして潔いな。
- コメント(0) - 2月12日

りんを新妻と呼ぶ大吉。物凄く違和感。このシーンを読んで、本編のラストも受け入れられないと思うようになりました。
- コメント(0) - 2016年11月27日

M
ヒロキの傷の謎がここで解けた。水族館のエピソードとかほんわかして読めた。
★2 - コメント(0) - 2016年11月1日

本編読んでる時から気になってたコウキのおでこの傷の真相が明らかになってスッキリです。
- コメント(0) - 2016年10月22日

図書館には9巻までしか置いてないので、10巻は買ってきた。出来るものなら、図書館に寄贈しようかな。。 本巻は番外編という位置付けで、本編を知らないとよくわからないかも知れない。映画のみならずほぼ同時にアニメ化もされているそう。少なくとも漫画はよいシリーズだった。
- コメント(0) - 2016年10月17日

面白かった。彼ら彼女らのその後やこれまでに描かれなかった部分の補完の短編集です。何だかんだこの間が一番面白かったかも^^
★6 - コメント(0) - 2016年7月18日

りんが小さい頃の話は、ほんわかしてていい。水族館のくだり、こうきママと上手くいかなかったのが残念だなーと。
★6 - コメント(0) - 2016年7月16日

後半再読の流れで。「さやかちゃん」が、ああ、あのパパ友の!というのを今頃になってようやく思い出した。ダイキチ「うちの新妻は」って、籍入れたのか……。
- コメント(0) - 2016年3月30日

コウキ・ママともう少し進展していた方が、全般的な幸せにつながっていたのでは…。そう感じる番外短編。◇まあ、子育て中(特に、事実上のシングルファーザーである大吉)は他のことに関心を持って行きにくいんだろうけど…。
★7 - コメント(0) - 2016年3月26日

りんの母の正子さんや紅璃先輩がいいなあ。
★2 - コメント(0) - 2016年2月27日

番外編。幼い頃のりんたちとの日々は読んでてやはり和みますね〜好きです。本編のその後もチラッと覗き見れて「うわー大吉が新妻とか言ってるー!」とにやにやしてしまいました。なんだかもっと見たい気分。アニメもちゃんと観てみようと思いました。うさぎドロップ、大好きな作品です。
- コメント(0) - 2016年2月8日

番外編と本編その後。読めば読むほどコウキはバカなことしたよなあという思いが込み上げる。そして大吉、マジで結婚したのか。コウキママと上手くいかなかったことがホントに残念で仕方ない。
★1 - コメント(0) - 2016年2月2日

レンタル。番外編含む全10巻読了。現実的に考えるとどれも過酷な環境であるはずが、表現があっさりしていて情感がこもっていない為か、フーン、という感想で終わってしまった。父娘家庭の義理父娘がああなることに読者の是非はあるだろうに私はどうでもいい。性的な匂いがしないからキャベツの中に子供が来そうだよ。コウキのお母さんと上手くいかなかった理由もさっぱり解らない。。。ちなみにうちの男家族は「癒された。とてもいい話だった」としみじみしていたのをつけ加えておきます。
★3 - コメント(0) - 2016年2月1日

再読
★1 - コメント(0) - 2016年1月31日

番外編。コウキの額の怪我のエピソードがあって良い。そういえばあの傷気になってたけど完全に記憶から抜け落ちてた。本編終わった後に描いてるのでしょうが、どの話もその時その時のキャラクターなんだなぁと思えてとても面白かった。色々なキャラクターがそれぞれ色々思いながら、大人も子供も、男も女も成長していく話だと思っているので、そういう意味では、今巻の様な別のキャラクターの側面が見えたのは面白かったし、そこにしっかりとした思いがあったんだなぁと実感させられた。春子好きだったので、春子の話もあったら良かったけどね。
★1 - コメント(0) - 2015年12月1日

mio
一応締めとして読んだけど、特に読まなくとも本編にはあまり関係ない。むしろ、もっと深い話がほしかったくらい。
- コメント(0) - 2015年11月26日

養子の娘と親が結婚する展開を私は素直に賞賛出来ない。親との関係性に苦悩するりんの姿は人間として美しく感じるが、父と結婚するという未来は明るくはないだろう。子育てに正解はなく、親子関係にも正解はない。正解は当人達が判断していくものだろう。1つ言えることは色々と考えさせられる作品である事だ。筆者は何故このような泥臭い展開にしたのだろうか。私は今、快とも不快とも言えぬ複雑な読後感に陥っている。読者を深い思索状態に陥らせるという意味においてこの作品は傑作である。私は終盤の展開には素直に肯定出来ない。
★3 - コメント(0) - 2015年11月20日

10巻分まとめて感想。全編通して本当の悪人ていなくて、優しい話だなぁと思う。一気に高校生編になったとき、ちょっと話の飛びっぷりについていけなくなったけど。正直、30の時から育ててきた娘に恋愛感情を抱くことなんてあるのかなぁと思うけど、でも、コウキやコウキのお母さんとのやりとりがあった上で、こういう終わり方になるのが一番収まりが良いのも分かる。とはいえ、これがベタベタした恋愛ものだったら気持ち悪くて読めなかったと思う。なんでもない日常がどれだけかけがえのないものなんだろうと思える話でした。
- コメント(0) - 2015年11月15日

I図書館から。
★1 - コメント(0) - 2015年10月24日

これで全巻読了。最後は番外編。やっぱり、りんちゃんが小さい頃の話の方がホッコリして好きです。コウキのおでこの傷は・・・やっぱりオトコは基本アホでなくちゃね(笑)
★14 - コメント(0) - 2015年10月18日

最後は番外編ということで。コウキのおでこの傷の原因…なるほど、バレたくない理由がわかるくらいカスなことが原因だったなwいやはや久しぶりにマンガ一気購入を決断させた作品だった。
★1 - コメント(0) - 2015年9月24日

読了
★1 - コメント(0) - 2015年7月19日

2~10巻までまとめ読み。4巻のラスト2、3話であまりにも「綺麗事がすぎる」と感じたのは第一部の最後だったからか…と気付く、構成の妙。正直、親が離婚しても麗奈のように天真爛漫に育つのか?とか、10年以上娘として育ててきた存在に恋愛感情を抱くことはできるのか?(逆も)とか、色々とツッコミ所はあるが、許容できた。それは、この作品が問題提起をする社会派でありながらも「根本では心地の良いフィクション」だからなんだろうなぁ…と。徹底的にリアルを描いた作品で問題提起するより、こういった作品で主張する方が効果的だな、と
★2 - コメント(0) - 2015年6月29日

正子さんの事はあまり好きじゃなかったけど、この人も、やっぱろ辛さを乗り越えてきたんだと思うと、せつない。今の旦那とであえてよかったよね。 そして大吉とりんちゃんが、幸せそうでなにより!
- コメント(0) - 2015年6月23日

補足と言うか、判らなかった事や中学生の時の話もあり、埋まって良かった。デコの傷の謎もわかったし!笑、男子ってホンマ、アホやな・・!そうだ、忘れてたけど(!)、コウキも幸せになあれ!!作者インタビューも読めて良かった。それにしてもやっぱりお父さんは謎なのね!本当は一巻で終わるはずだったのに、長く続いたと書かれていたけど、でも着地点は決まってたんや。どの時点で?
★3 - コメント(0) - 2015年4月12日

この二人が結婚したのは、そこにもってかんでも話作れただろ!って思う反面、元々光源氏計画が根本として嫌いでない私としては、まぁそれでもいいわ…な落とし所でした。最後まで、サッパリそこに、落ち着くって解らなかった(決めてなかったんじゃないかね?これ)から、逆に新鮮だったのもあるかな。ダイキチの真の子育ても見てみたかったなー。しかしダイキチは偉いわ。子供引き取ったから飲みにも行かないって…最近の親のこれの出来ない事出来ない事。コウキも出来なそうだしなw理想の保護者像であり、旦那像であり致し方ないかね…
★3 - コメント(0) - 2015年4月12日

一応読みましたがオチが気持ち悪かっただけにこの番外編の意味が全く見いだせません。ダイキチとコウキママ、りんとコウキ、がくっつかないって分かってるのにあんなエピソード載せられてもねぇ。この漫画はこの2つをくっつけたら普通に丸く収まったと思うんだけどなぁ。最終話も中途半端だな。なんで最終話にきてコウキとあんまり出番のなかったさやかちゃんのフラグをたててダイキチとりんの何気ない会話で締めるんでしょうか。この作品は読めば読むほど魅力がなくなっていく。4巻まで読むのをオススメします
★2 - コメント(0) - 2015年3月9日

番外編。一番好きなのは正子とその夫(名無し!)の話。あんなに嫌いだったのに彼女も苦しんでたんだなーと思うと救われる。チーフアシになったチャラ男は9歳年下なのか〜。コウキのおデコの傷は…武勇伝ではなかったのが笑える。
★6 - コメント(0) - 2015年2月15日

ああ、ちっちゃいりんちゃんだー。なんだかホッとする。ちょっと気になってたコウキの額の傷の原因、こんなこったろうと思ってた(笑)ダイキチとりんのことで、コウキは卒業後、気持ちをどう吹っ切ったのかと思ってたので、ばったり夜道で会ったときにはドキッとしてしてしまった。さやかちゃんとの偶然の出会いが彼の新しい春になるといいな。そしてなんでもない日常の二人の会話なのに、それがとても感慨深いものがあって、じんわりと感動が押し寄せてきた。とても良い作品でした。
★15 - コメント(0) - 2014年12月10日

番外編。やっぱり子どもの頃の話はほっこりするなぁ。子どもに対してこんなに落ち着いて対応できる人が独身なんて信じられない。リンは良い人を見つけたね。
★4 - コメント(0) - 2014年11月29日

電子書籍。作者さんのインタビューを読んで、この結末は最初から決まっていたこと、そして「正子を愛していたこと」が分かって、なんとなくホッとした。ダイキチ…そこまで言ったんだから、最後まで言えよな、そのくらい、りんのために言ってやれよ…。
★24 - コメント(0) - 2014年11月21日

公立図書館)番外編ということで、全巻をまだ読めてなくても楽しめた。コウキもリンもみんなみんな大きくなっちゃって。。(他の巻をぜんぜん読めてないのでこの本を読んで、みんなの成長に驚きます。)
★2 - コメント(0) - 2014年11月13日

いい話なんだけど結末があれなのでいまいちのめりこめないんですよねぇ
★1 - コメント(0) - 2014年11月2日

sio
本編の足りなかった部分はそこだったよーなそこじゃなかったよーな不思議な短編集 ところでりんの実父って出たっけ?
★11 - コメント(0) - 2014年11月2日

番外編。コウキいい子だね。
★2 - コメント(0) - 2014年10月13日

番外編です。りんと大吉の出会って間もない頃はまだ二人の関係がギクシャクしていてどこか微笑ましいです。コウキの額のキズ、アカリ先輩との出逢いと別れからりんとの関係の修復。坊主頭のコウキ、いいですね。正子さんの見えざる葛藤も描かれていますが、やはり理解できないな…完結後のエピソード、幸せそうな二人が見れてよかったですが、周りは納得しているのかな!?というところがやはり気になりました…
★16 - コメント(0) - 2014年9月18日

番外編まで読めばまた感想も変わるかも?と期待して読んだけれど、この結末はないなぁ。。。
- コメント(0) - 2014年8月10日

ako
りんの母親正子と彼の出会いや、コウキのグレ始めとグレ終わりの話、二人のその後の話は番外編らしくて良かった。他の話は普通に懐かしいキャラに会えた感じ。あ~終わっちゃったんだな…
★9 - コメント(0) - 2014年8月3日

うさぎドロップ番外編 10巻の 評価:50 感想・レビュー:417
ログイン新規登録(無料)