13月のゆうれい 1 (フィールコミックスswing)

13月のゆうれい 1巻の感想・レビュー(152)

おもしろいなー。格好良い服きたいときも、可愛い服を着たいときもあった。すきな服を着れるようになりたかった。今はもう、理想に着てもらえばいいかーと思うようになってきた。「他人のことなら無責任に言えてほんと最高」わかる!
★1 - コメント(0) - 2016年11月12日

女装趣味のある弟と、女性らしい服装が嫌いな姉、二卵性双子の二人が再会して始まる話。優しい弟と、彼の女装に恋した男と、尽く恋に敗れてきた利発な姉の三角関係……になるのか? 元々4コマ漫画家だった作者が連載を手がけたばかりの作品。4コマの1コマが1話に替わったような構成で、各話で起きる事件や進展が人物の心情を主軸にさくさくと描かれていく。姉、弟の同居人、姉の友人、同僚などの人物は心情が分かり良いが、明確な過去が描かれていながら弟の女装趣味の原因はつかめない。次巻で彼が女装する理由が見えてくるだろうか。
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

サイン本を買いました。
- コメント(0) - 2016年9月1日

ネリの考え、キリの考え、周防くんの考えがぐるぐるして面白い。
- コメント(0) - 2016年8月30日

周防 メチャクチャ好み
- コメント(0) - 2016年8月18日

生まれたときから一方的に与えられる「男らしく」と「女らしく」に足掻く双子のお話。中身だけに留まらず、外見までも『らしさ』を纏うことを求められる『性』の不思議。面白いです。続きが楽しみです。
★2 - コメント(0) - 2016年8月3日

二卵性の双子のネリとキリ。ネリは子供の頃は男の子に間違われるような活発な子で、ヒラヒラ系の女の子っぽい服装が嫌いなキリの姉。キリは子供の頃から女の子みたいな見た目で、小学生の頃におっさんにいたずらされたトラウマがあり、かわいいと言われるのが嫌いだったが、男子高の女装コンテストで優勝して女装に目覚める。そんな2人が大人にって3年ぶりに再開するところから物語は始まる。これ、ジェンダーの話というより「見た目」の話なのかな。まだよくわからない。周防の反応がおもしろい。
★1 - コメント(0) - 2016年7月26日

初読み作家さん。双子の姉ネリと弟のキリ。三年ぶりに再会したキリは女装男子になっていて、ネリは反対にごつい男っぽい格好が好きな空手やってるような女子。合コン先で出会った周防がキリの同居人だと知り…。私もピンクとかリボンとか可愛い系の洋服着れないからネリの気持ちがわかるよ…(泣)最後イイ所で終わった~!早く続きが読みたい~‼
★7 - コメント(0) - 2016年7月23日

フィールヤング連載。二卵性の双子がいて、子どもの頃にはショートカットの男の子ふうの容姿だったが、やがて姉は女の文化コードに馴染めないことを悩むようになり、弟は休日女装するようになった(ホモ痴漢にいたずらされた描写あるが、やや理屈がない)。「女っぽい衣装を避ける、女顔な男子っぽい女」と、「女装した、女顔の男子」の違いが必要な分だけ描き分けられているように感じた。あくまで男の感覚だけども。
- コメント(0) - 2016年7月17日

「双子の弟と再会したら女装姿だった」というあらすじから、よくある女装ものかと思っていましたが、全然違いました。 思い人が好きなのは女装した自分の弟だったり、女装には武装の意味もあったり、女装した友人が好きなだけでゲイではなかったり……。みんなが性別に関して何かしら囚われて悩んでいるのが面白かったです。特にネリが感じている服装や化粧のわずはわしさは共感できる! 周りに何を言われても、自分の好きな格好を貫くネリが格好良い。双子の関係もお互い支えあっていて素敵でした!
- コメント(0) - 2016年6月22日

好きな感じ。ネリもキリも幸せになって!ちょっと長めに読んでみたい
- コメント(0) - 2016年6月12日

前作はイマイチだったけどこれはおもしろかった〜!みんな性?やら愛?やらに振り回されまくってるのが淡々と描かれてて、でも淡々だけじゃなくたまにゾッとするほど核心に迫ってて…これは虜になりそう。いや、もうなってるな。読まず嫌いにならなくてよかった。
- コメント(0) - 2016年5月7日

すげえ面白いじゃん!最初は滑ってる感あったけど持ち前の「相手の気持ちを先読みして暗い感情が渦巻く」展開が物語の渦としても素晴らしい!次も期待v
- コメント(0) - 2016年4月10日

高野さんの淡白というかなんか乾燥している感じの漫画は癖になる。双子がどちらも可愛いしお互いがお互いに影響を受けて与えている関係も良い。最後まで読んで続きがあると知った。この先どうなるのかな。
- コメント(0) - 2016年4月6日

大の女装男子好きのあたし。きっかけは帯の女装男子の文字。でも女装男子がどうのこうのより引き込まれる作品だった。ぐいぐい読み進めた。あたしはピンクやリボンやふりふりがこの年になってもまだ大好きな人だけど。周防君がまたなんか、何を考えてるのかよく分からないかも。この双子の顔が好きなのは分かるけど!
★1 - コメント(0) - 2016年4月5日

面白い。女性漫画家の強みをしっかり活かせているし、3者の心情や関係性をきちんと描いてくれてるので良い。
- コメント(0) - 2016年3月31日

なかなかフシギな三角関係(?)……。周防くん、本当にそれでいいのか(笑)!?
★1 - コメント(0) - 2016年3月23日

男性女性の描き分けが薄い絵柄とジェンダー的にズレた双子が良い感じにマッチしてるのでは。
★1 - コメント(0) - 2016年3月18日

これはすごい……。絵柄に合った淡々としたストーリー進行の中に棘がたくさん埋め込まれていて、TG当事者は特にえぐられるかも。次巻を震えて待つ。
- コメント(0) - 2016年3月17日

最近の新人作家さんで、僕の中で特に期待値の高い高野雀先生の新作。これはマジに僕の中での今年の中のトップ10(100タイトルくらいは読む予定)になるかもしれません。それほどまでに面白かったです。双子の姉弟の自身のジェンダーに対する違和感、心情描写が淡々と描かれていきジワジワと胸に突き刺さる面白さがありました。そして、3人の絶妙なバランスの三角関係がたまらないです。一生を掛けて高野雀先生を応援します。
★1 - コメント(0) - 2016年3月16日

それぞれが持っている違和感みたいなものがよくわかった。
★1 - コメント(0) - 2016年3月14日

面白かった!!子供の頃に負った心の傷を、隠すために女装するキリ。キリの双子の姉のネリは、リボンやレースが大嫌い。女装している時のキリが好きな周防。…なんだこの関係…。でも、それぞれの主張が、じゃあしょうがないよねと理解出来るからこそ、絶妙なバランスで成り立ってるというか。このバランスを崩してしまったら、3人とも動けなくなったりしないだろうか。
★4 - コメント(0) - 2016年3月9日

面白い。こういう系の恋愛読んでて疲れるの多いけどそれ以外の要素もあって女装してる理由がいつ分かるのかが楽しみ。理想が目の前に出てきてっていう男2人のこれからが気になる。絵も好きだしおすすめしたい1冊。
★1 - コメント(0) - 2016年3月9日

このマンガがすごい!って言いたい。 装丁もきれいで素敵
- コメント(0) - 2016年3月5日

初作家 男女双子のマイノリティーの話。思春期の葛藤をこじらせたまま大人になってしまった双子。今悩み持ってる中高生に読んでほしい。早く続き読みたい。
★1 - コメント(0) - 2016年2月28日

放浪娘&放浪息子。 大変好みです。
- コメント(0) - 2016年2月27日

5話の扉絵がめちゃいい。口半開きってのがポイント。
- コメント(0) - 2016年2月26日

男よりも男らしい姉・ネリの性格がさっぱりしてて読んでて気分がいいです。好きな恰好してモテてえ、ピンクとリボンは着たくねえ、めっちゃ共感してしまいました・・・クッソわかる・・・
★1 - コメント(0) - 2016年2月24日

このひとの線を見ているだけでも僕は満足です。
★3 - コメント(0) - 2016年2月24日

『さよならガールフレンド』が良かったので。顔は可愛いのに性格も服装もボーイッシュなネリは合コンで出会った周防の顔に一目惚れ。が、彼はネリの双子の弟で女装するキリの同居人だった..。三者三様の見た目に対する好みや執着。周防が好きな見た目は女装のキリと女っぽい格好のネリ。そっくりな姿に戸惑う様が可笑しい。キリはネリの本物の女の姿形に妙な納得と若干の嫉妬を感じてる。ネリとキリは二人で一人前みたいな所があって今のところ仲いいが、今後見た目から踏み込んで中身が問題になった時、三人の関係はどう変わっていくのだろうか?
★2 - コメント(0) - 2016年2月24日

ブックファースト新宿店
- コメント(0) - 2016年2月22日

女装男子な弟と、男勝りな姉と、男の、こじらせた恋愛模様。三角関係をこじらせてるのはモチロン、個人個人もかなりこじらせてる。周防の気持ち次第で3人の関係も変わってくるのだろうけど、今のところ不安定だし、最後の展開はどーゆー心境なんだろ?今後が気になります。
★1 - コメント(0) - 2016年2月19日

aoi
かわいい服が苦手な佐波寧里(さなみねり)。ある日、街でバッタリ双子の弟希里(きり)と数年ぶりに再会する。驚いたことにキリは女装していたが、友人の誘いを受けネリは事情を聞かないまま合コンへと向かう。そこで顔がタイプの周防(すおう)と会うが、彼が同棲している人とののろけ話をすると知り、ネリは残念に感じていた。そして酔った彼を同居人が迎えに来ると知り、嫌々一緒に待つことに。そこにやってきたのは何故かキリで──。第1〜7話+描き下ろし「Another Scene」「あとがき」収録。感想はコメント欄。
★5 - コメント(1) - 2016年2月18日

ややこしくて難しくて大変な設定だけど、現実味もあるお話。双子だからって、家族だからって、分かっているとは限らないよー!!続きが気になります。
★1 - コメント(0) - 2016年2月17日

最初はややこしいなと思ったけど話が進むにつれて理解してきて3人の行く末が気になるようになった。続刊も読みたい。
- コメント(0) - 2016年2月17日

三人三様の心模様の描きようがいいなと。シンデレラの話をシンデレラと王子それぞれの立場からみたり、三様の視点で見せることで面白い奥行きが出ています。ここで終わってもアリだけどto be continuedでこの先どうなりますかね。楽しみです。あと巻末の描き下ろしのぜんざいのエピソードが凄く良くないですか。いやわたしおっさんですけども。各話扉では高野さんはホント妙なポーズ好きなんだなとつくづく。あとこのカバーデザイン良いですね。帯してると全く分からないんだけど、外してみておっとなった。上手い(勿体ない)
★3 - コメント(0) - 2016年2月13日

なんか好い(*^o^*)丁寧に恋愛というか気持ちが描かれてて読み返せる感じが。
★4 - コメント(0) - 2016年2月12日

「女の子なんだから」が大嫌いなのに、「お姉ちゃんなんだから」とは言われなくても姉を全うして弟を守るネリがなんだかすごくかっこよくて愛しい感じ。
★1 - コメント(0) - 2016年2月12日

可愛い系全否定のネリが、街中で出会ったドッペルゲンガーは女装の弟、しかも可愛い系!ややこしい双子のネリとキリ。話はどこに行くんだろう?
★11 - コメント(0) - 2016年2月11日

13月のゆうれい 1巻の 評価:56 感想・レビュー:43
ログイン新規登録(無料)