錆びた夜でも恋は囁く (ディアプラス・コミックス)

錆びた夜でも恋は囁くの感想・レビュー(1084)

日付は登録日
★2 - コメント(0) - 2016年12月26日

再読
★4 - コメント(0) - 2016年12月8日

初読み作家さん。DVものBLって小説の方ではそこそこありますが、漫画では読んだの初めてかも?高校時代から付き合っている同級生2人と、受けと中学時代にいい感じだった院生3人が主な登場人物。何やかんや色々あるんですけど、最後のお色気シーンに全部持っていかれました(^q^)えろいやないか(^q^)他の作品も読んでみたいです。
★8 - コメント(0) - 2016年11月20日

★★★☆☆:再読。DV彼氏のかんちゃんと惰性で付き合っている弓。酷くなる暴力を諦観しながら日々を送るが、高校の同級生真山と再会し…というお話。かんちゃんの暴力と真山の救いっていう光と陰のコントラストが絶妙のため、かんちゃんの魅力が死んで無いのがすごい。初読では暴力意味不…しか印象に残らなかったんだけど再読する度に、冷静に弓の軌跡をなぞることが出来て感動が増す。個人的には真山とのエピよりかんちゃんとの別離を選ぶしか無かった遣る瀬無い現実の方が切なかった。高校時代は彼に救われたのにね。でも殴ったらあかん。BL
★22 - コメント(0) - 2016年11月15日

良かった!おげれつたなかさんの作品何度も再読してるけど、これだけは持ってなくて久々に読んだ!本当の自分を見せることと自分の弱さを見せることはイコールで、だからこそ知ってほしい気持ちとだめだという気持ちがせめぎ合う。それならいっそ笑顔でいた方が自分が傷つかないしね。心理描写もイラストも上手いわ〜。新作楽しみ!
★11 - コメント(0) - 2016年10月31日

借り物。なんていうか…かんちゃんも根っからの悪者でDVしてるわけじゃないんだろうなとは思ったけども共感はできなかった。しばらく経ってからまた読んでみたい。でもとりあえず恋愛ルビを読もう…
★1 - コメント(0) - 2016年10月30日

先に「恋愛ルビ」を読んでたんで、かんちゃんがDV野郎だというのはうっすら聞いたことがあるな程度だったんだけど…恋愛ルビの方でかんちゃん可哀想と思った自分を殴りたいというか…。おげれつたなかさんは、本当に表情が痛々しく描かれるので読んでるこちらも痛くなる。かんちゃんが弓の手を離し、弓も加山の手をとる事ができたのは救いなんだろうな。
★3 - コメント(0) - 2016年9月24日

恋愛ルビの~を先に読んだからかんちゃんのこと可哀想だなっておもったけど、こっち先に読んだら絶対むかついてたと思う・・・かんちゃんもちゃんと幸せになるって知ってるから安心して読めた。
★1 - コメント(0) - 2016年9月17日

DVが印象的。あえて理由を明かしていないのかもしれないけれど、とにかく良い気分にはならない。そしてそれ以上に幸せになったメインカプが嬉しそうにイチャイチャするのがほっこり。早漏かわゆす。
- コメント(0) - 2016年9月1日

登録迷った借り本だが読メ外からなのでばっさり切ろうか、好きな方すんません。ちょいDVシーンが痛いのなんの。暴力が全部無理ではないが、過程がページ数をもって細かに描かれてないと受け付けない。そして私は芯が強く精神がたくましいキャラが好きな傾向にある、特に男性。よりによってBLというジャンルで途中上手く精算すれど関係性ズルズルは腹が立ってしまう(ー ー;)複雑な状況なのは分かってるが、好きなのか好きじゃないのか?連絡するのかしないのか?はっきりせい!!と潔癖な心が騒ぐ。ここまでかと思うほど合わなかったなぁ。
★3 - コメント(4) - 2016年8月31日

自己満足度:★★★☆☆ エロ度:★★☆☆☆ 面白かった~。今のところこの方の作品全部好き♪ちょっと痛そうなシーンがあったり、それ以上のDVシーンがあったらダメだったんだけどね~、イイ感じに抑えて本筋をヒューチャーさせるあたり作者さんの力量を感じます。最後・・・・よかったね。まあ、人にはそれぞれ好みがありますから。
- コメント(0) - 2016年8月20日

「恋愛ルビ」を先に読んじゃったせいで、かんちゃんが気になってしょうがない。DVは最悪なんだけど、最後にかんちゃんが自分から弓を切り離せてよかったなと。弓は良い子だから幸せになって欲しい。あと真山の真面目顔がたまに日テレ某アナウンサーに見えてちょっと笑う。現実の人物とリンクすることなんてめったにないのになぁ私。
★1 - コメント(0) - 2016年8月17日

再読。久しぶりに読んだらやっぱりおもしろかった…弓は真山に心を許すと1人でたてなくなるのが怖かったんだよね…真っ直ぐな真山に、自分が誤魔化して平気なふりをして隠してるものを言い当てられるのが怖かったんだんだよね…でも、弓にはそんな真山が必要だったんだなぁ。よかったなぁ。かんちゃんも好きだけどやっぱりDVはだめだよ…別れられてよかった。ところでなんで真山は狂言すきなんだろ(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年8月10日

絵が好きじゃないなと思ったけど、丁寧に描いてるし色んな顔があるし、手抜きしてない感があり好ましかった。話は主人公の小難しい考えが分かりにくく、伝わって来なくて深く入り込めなかったけど、作品としてはすっきりまとまっていると思う。
★1 - コメント(0) - 2016年7月30日

バイオレンスって内容のあらすじを見て、迷ってたけど思ったより大丈夫だった。かんちゃんが最後で引いてくれて救われた感じ。真山が踏み込んできて弓が苦しんだように、弓自身も何されても流してたことで、かんちゃんを苦しめてた原因なのかなと思った。真山がいいキャラ
★2 - コメント(0) - 2016年7月24日

林田の過去ばなし、この金髪ちゃんは髪の毛短い方がいいな。あと、真山の童貞感嫌いじゃない。ただ、やっぱかんちゃんが好き
★2 - コメント(0) - 2016年6月21日

DV共依存についての心理研究については足りていないとは思う。しかしながら、登場人物の微妙な表情を描くのはお上手だし、真山が弓を誠実に助けたいという気持ちを口にするシーンにはキュン。これがあるからDV描写はキツいと感じながら読めてしまうのかも。そして、ラブラブなだけの物語にあきている読者層にウケるのだと思う。鼻血萌えと言うおげれつさん、すごいですね。読んだのは2作目なんだが、ものすごい人気みたいなので他のも読んでみようと思う。
★24 - コメント(0) - 2016年6月20日

恋愛ルビを先に読んだためか錆びた夜ではかなりかんちゃんよりの目線で読んでいました。きっと読む順番が逆だったらかんちゃんに対する印象はまた少し違ってただろうし、素直に受け入れられなかったと思う。なので現在から過去の順で読むことができて良かった!かんちゃんから一方的な暴力を受けてかなり痛々しい弓ですが、かんちゃんの存在があってかそこまで入り込めず…弓はあまり好きなタイプではないのかもしれない。同情とかはしなかった。
★15 - コメント(3) - 2016年6月18日

_φ(・_・
★3 - コメント(0) - 2016年5月28日

何度目家の再読。は~、このかんちゃんが受に…///。ほんと病んでたなぁ…。秀那×かんちゃんは今もまだ続編が連載中なんだけど、うまく収まればいいな。もうこの頃のかんちゃんに戻ってほしくない。
★25 - コメント(0) - 2016年5月24日

【借り本】「恋愛ルビのただしいふりかた」を先に読んだので林田さんの過去に衝撃が...弓と真山カップルの好感度が自分的にすごく良かったのでお気に入りの一冊となりました。
★2 - コメント(0) - 2016年5月11日

恋愛ルビのほうを先に読んでたのでDVするお話というのは予備知識で知ってました。このお話だけだとかんちゃんの葛藤が描かれてないので酷い男っていうのしか残らないですね。拗らせちゃった恋愛ベタな二人がようやく想いを遂げられてよかったですね。
★7 - コメント(0) - 2016年5月8日

なかなかDVするようなマンガとか読まないので、ちょっと衝撃あったけど、ハッピーエンドで良かった。先に恋愛ルビ読んだのでDVするほうの気持ちもわかってたから良かったかも。じゃないとイヤなやつとしか残らなかったと思う。
★13 - コメント(0) - 2016年5月7日

描きおろしの続編が良かったぞ。でもどちらかといえば、かんちゃんの話の方が好きだな~。なんでだ…あ、真山というキャラクターが可もなく不可もなくあんま心にひっかからなかったからかな?
★1 - コメント(0) - 2016年5月3日

koboで。正直、こういうのは好きではない。なんで買ったのか記憶にないけど、申し訳ないけど、本当に痛覚にくる。ということで、痛いってことで。
★3 - コメント(0) - 2016年4月30日

DVシーンが痛い、辛い。笑いあってた学生時代があるだけに、助けてくれが痛い。弓もかんちゃんも幸せになれー。
★1 - コメント(0) - 2016年4月24日

DV描写はあるけれどすごく好きです。かんちゃんから弓の手を離した所に、ある時から道を間違えてしまったかんちゃんの、弓へのさいご精一杯の愛情を感じて泣けてしまいました。高校時代のふたりの笑顔の写真がほんと切ない。弓が幸せになってよかった!真山のかわいさにも癒されました。
★8 - コメント(0) - 2016年4月22日

ほどける怪物を先に読んでいたから、高校時代の笑っているかんちゃん、暴力を振るうかんちゃんがツライ。弓がもう暴力をふるわれることもなく幸せになれたことは良かった。いつか、かんちゃんと弓が高校時代と同じようには戻れなくても笑顔で話せる日がくればいいな…
★6 - コメント(0) - 2016年4月19日

再読。鼻血とDVが苦手で発売後すぐに1読で寝かせてました。「薊」を読んでからの今回の再読は暴力描写よりも、暴力を止められないかんちゃんの苦しさが伝わってきて、ハァ…せつない。3人とも不器用で愛し方も愛され方も下手なんだけど、ただ1人真山がキラキラした太陽みたいな子だったおかげで弓もかんちゃんも救われたよね。描き下ろしの真山と弓の幸せそうなHを見て、もう弓が傷つくことはないんだなぁ~って思うとホッとした。
★42 - コメント(0) - 2016年4月16日

登録漏れ。再読。おげれつさん、絵が素晴らしく綺麗。綺麗すぎるからか、笑顔のアップが、私にはちょっと怖く感じてしまった。DVも苦手。これも絵が綺麗すぎるせいでリアルに感じて怖かった。
- コメント(0) - 2016年4月8日

暴力系ってあまり好きじゃなくてなかなか買う勇気出なかったんだけど、おげれつたなかさんが大好きなのでついに買いました。実は恋愛ルビの感想を読んでて知ってはいたんだけども、ほどける怪物の続編だったんだね。先に恋愛ルビのほう読んでて良かった。かんちゃんが救われるってこと知らなかった。そうじゃなければきっとショックだったし、多分かんちゃんは嫌いだった。お互い素直じゃなくて我が強くて、そのせいで傷つけあって、それでもまた惹かれ合う、そんな2人が好きです。
★2 - コメント(0) - 2016年4月1日

同人誌購入のため再読。はじめて読んだ時は殴られてもへらへらしてる弓にうーんwって感じだったけど今回は暴力時に昔の笑顔を思い出してる弓を見て楽しい頃がもちろんあったんだよな~と切なくなった。「助けてくれ」と言ったかんちゃん。許されることではないけれどかんちゃんも苦しかったのねっと思うようになったかな。エッチシーンで真山があまりにも不慣れでパニック起こしてるのが可笑しかったし乗っかる弓がエロ可愛かった♡
★27 - コメント(0) - 2016年3月24日

おげれつさん2冊目。デビュー作が合わなかったけど、こちら評判いいから読んでみた。結果、やっぱり合わない作家さん。多分もう買わない。真山とかんちゃん、真山の髪がトーンになると見分けつきにくい。弓がなんで暴力ふるわれながらかんちゃんと付き合ってんのか、卒業してから真山を避けたのか、みんなどこがどんなに好きなのか全然わからない。かんちゃんが急に別れたがったのも。絵が好きなだけに話が合わないのが残念。それっぽい雰囲気だけで進んだ漫画という印象。
★6 - コメント(0) - 2016年3月22日

登録のために再読。★★★
- コメント(0) - 2016年3月16日

あぁ、痛い。痛くて堪らない。悲鳴を上げているのは体か、それとも心か――。分からなかった。ただ平気な顔をして気付かないふりをした。惨めな自分を晒したくなどなかったから。だからいつだって曖昧に笑って誤魔化した、自身の弱さをひた隠しにして。本当は怖かったんだ、壊れそうだった心が限界を迎えるのが。けれどいつだって隠した心をこじ開けるのは君で。全てを晒しても受け止めてくれた君が酷く愛おしくて。君と離れたくないと思ったんだ。ねぇ、もういいかな。君の手を取っても。そろそろ幸せになりたい。願ったのは、二人一緒の未来。
★42 - コメント(0) - 2016年3月15日

かんちゃんの話を先に読んでしまって弓くんの事が気になって仕方ありませんでした。なるほどね〜そういう事だったんですね。弓くんが幸せを掴む事ができてホッとしました。
★13 - コメント(0) - 2016年3月13日

恋人かんのすけの日常的な暴力も受け入れていた弓だが中学時代の同級生真山が現れ少しずつ三人の関係が変わっていく。みんな純粋でみんな意地っ張りでみんながお互いを想う。おげれつたなかさんのエロはどの作品もバツグンにえっちですがそこに至るまでの切なくてチクリと痛むお話に注目して読んでほしい一冊です! 弓ちゃん健気でかわいすぎます!
★2 - コメント(0) - 2016年3月10日

【再読】弓が気になって、何回も読んでしまう・・・☆
★18 - コメント(0) - 2016年3月3日

【再読】
★18 - コメント(0) - 2016年2月28日

おげれつさんの暴力描写は本当に痛そう。ヘタレ攻めの真山がとにかくまっすぐ弓のことが大好きで良かった。お幸せに。恋愛ルビ~もどこかに積んでいるので探して読もう。ペーパー2枚付
★5 - コメント(0) - 2016年2月22日

錆びた夜でも恋は囁くの 評価:56 感想・レビュー:359
ログイン新規登録(無料)