テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)

テンカウント 4巻の感想・レビュー(1492)

久々に髪をセットした城谷さんが見れて嬉しい。過去が明らかになったけどあんな女子高生に悪意向けられたらそりゃトラウマになるわ。ショタ城谷さん可愛いのにひどい。描き下ろしの黒瀬君が白猫の世話焼く話が可愛かった。あの猫が居着いたら城谷さんは黒瀬君の部屋入れなそう。
★5 - コメント(0) - 2月19日

再読
- コメント(0) - 2月14日

古本屋。 黒瀬の指に、言葉に、翻弄される城谷。 そんな彼に黒瀬は告げる。 「城谷を好きになった理由」を……。 ショックで黒瀬の元を飛び出した城谷は、疼く体に自ら手を伸ばしてしまい、 ずっと目を背けてきたトラウマを呼び起こされる…。
★8 - コメント(0) - 2月5日

エロい!感情を表に出さない人が攻めだから、控えめな表情や言葉から色気が滲んでいるからかもしれない。
★2 - コメント(0) - 2月5日

トラウマ巻。ってか、おとん!
★3 - コメント(0) - 1月31日

★5。 
- コメント(0) - 1月22日

借り本。なんとお姉さんでなくお父さんだったのか。黒瀬くんのアレもびっくりしたけど…愛さえあればらぶいずおーけー…かな…?
★2 - コメント(0) - 1月21日

SM度がさらに上がってきた。もう1巻のころのふわふわした展開が嘘のようなんですけど。でもおいしいです。城谷さんの潔癖の原因が明らかに。
★2 - コメント(0) - 1月19日

お父さんが大好きだった少年時代。それが潔癖の原因なのか…城谷さんは黒瀬くんが居ないと駄目になっちゃうね。エレベーターのシーンがたまらんww城谷さんめちゃ泣くやん!黒瀬くんの歪みが浮き彫りに…
★17 - コメント(0) - 1月18日

2016年1150冊め。再読。城谷氏の父親は一見聡明そうなのだが、女子高生と関係してしまうあたり彼も「何か」あるのだろうな、と。
★17 - コメント(0) - 2016年12月26日

azu
清くなくても正しくなくてもラブラブ甘甘が好みなんですけど大丈夫かな、、このまま読み続けても…。黒瀬くんまっくろなのか…そうなのか…どうなんだ…??カプがどう転んでも最終的には幸せになってほしいハピエン厨です……。
★11 - コメント(0) - 2016年12月14日

城谷の過去。父は何故あんな小娘に引っかかったのだろうか。巻末の猫可愛過ぎか。
★5 - コメント(0) - 2016年12月11日

えっちだ…。トラウマスイッチ入ってるキャラ可愛いって思っちゃうので城谷さん可愛くて。でもこの父と植田さんは嫌い…。あの台詞は、そっちが言っていたんだね。自分の事を色々思い出す城谷さん。エレベーターの下りはひたすらときめき。
★6 - コメント(0) - 2016年11月26日

漫喫で
★4 - コメント(0) - 2016年11月11日

城谷さんは典型的な、自分は汚いと思ってるタイプの潔癖症。お父さんが好き、というマイノリティがあって、それを弄ばれて、辛かったんだね。あの女め。SMに発展していくのかな?トイレで、大嫌いなはずの自慰を、黒瀬くんにされてることを想像しながらエロ本も真っ青の妖艶さで処理する城谷さん……!最高です。巻末の猫可愛すぎる
★4 - コメント(0) - 2016年11月3日

巻末を和み漫画にして感想を有耶無耶にするなんて、とても策士。黒瀬くんの誉めるタイミングが本当にわからなくて、キャラを掴みきれていない自分が悪いのかと思ってしまう。何のタイミングで褒めているんだろう。
★6 - コメント(0) - 2016年10月21日

2016年867冊め。再読。エレベーターの中での号泣で、城谷氏は「大丈夫」な気がした。大きな一歩だったと。
★38 - コメント(0) - 2016年10月18日

【再読】まっくろ黒瀬くん。番外編の白猫が可愛い♡
★9 - コメント(0) - 2016年10月12日

電子版にて。
★12 - コメント(0) - 2016年10月5日

L
城谷さんのトラウマの原因となる過去がちょっと辛かったけど、エレベーターでわーんと泣いちゃう城谷さんを見たら全部吹っ飛んだ(笑) そして巻末の白猫で更に和みました。あー可愛い。
★3 - コメント(0) - 2016年10月4日

明かされた過去は白谷の方、黒瀬の過去が気になる。SM話だっていうのはなんとなくわかるが、そこに本人たち(黒瀬は知らんが)の自覚がなくてもSMと言えるんだろうか。どちらも自分の性癖に自覚なさそうだしなー。ただ信頼関係の確立は、徐々に作っているよね。明後日の方向からで、ちょっと新鮮だ。
★8 - コメント(0) - 2016年10月1日

再読
★4 - コメント(0) - 2016年10月1日

ここから初読み。城谷さんの潔癖症の原因が明らかに。多感な時期にこれは辛いなぁ。そしてムッツリ変態ドS先生は一体城谷さんをどうしたいのか気持ちがちっともワカリマセーン。今のままじゃ犯罪的な変態調教プレイだよね。黒瀬の中にもこういう行動をさせるトラウマ的原因があるような気がします。そして黒瀬に触れ(られ)たくはないけど依存したい城谷さんも一体この先どうなるのか。潔癖症克服も、三歩進んで二歩下がる的にちょっとづつでも良くなってるといいな。しかしエレベーターの偶然は出来過ぎ感満載でちょっと白けました。
★19 - コメント(0) - 2016年9月28日

当時5年生のトラウマの原因?の実父と女子高生のそれを見せつけられながら自慰をする自分が汚いもの・気持ち悪いと思い続け、父を始め次第に他人を遠ざけてきた。城谷さんのショタ時代とトイレの妄想となんか色々凄かった。段々、心も躰も黒瀬くんに浸食されながらついには自分から黒瀬くんに…。エレベーターの中の子どものような泣き方は過去の自分(父を想う気持ち悪さ)への贖罪なのか。このお話がどこへ向かっているのかまだ理解できない私です。描き下ろしの白猫もろ城谷さんwペーパー:小動物城谷さんの涙目でおねだり姿に萌る黒瀬くん
★6 - コメント(0) - 2016年9月27日

ショタ時代の城谷さん回で手が止まってしまい、今頃読了。雑誌の時も「ひ~」と思いましたが、再読だというのに実にきついです。可哀想で泣ける。お父さんは塾の生徒に手を出すとかいっそ逮捕されちゃえ!(おいっ)。エレベーターの中の城谷さんと黒瀬くんの間に流れる空気の緊迫感にドキドキ。そしてエロい。序盤のスーパーエロ展開より正直エロスを感じました。城谷さんは服を着てるとき(葛藤してるとき)のほうが色っぽい気がする。可愛いです。5巻が手元にあるのですぐに続きが読めて嬉しいです。
★96 - コメント(2) - 2016年9月23日

本当に可愛い。それしか言えない。エレベーターの城谷さん、本当に可愛かった。
★7 - コメント(0) - 2016年9月22日

相変わらず、表紙から何かエロ…ww城谷さんの過去、潔癖症になった原因が明らかに。んー、城谷父はあの女子高生が好きだったのかな…それとも流されて…って感じなのかな…。まぁ、親のあーゆーのは見たらトラウマにはなる気がする。話が進むにつれ、城谷さんも黒瀬くんも歪んでるな…と感じる。どんどん距離は狭まってるけど今後どうなるか…とりあえず5巻読みます。
★23 - コメント(0) - 2016年9月17日

★★★☆☆:黒瀬の城谷に固執する理由が歪みすぎてて良かった。城谷の父親とその女には嫌悪感しか無かった。城谷はエロくなる事によって潔癖症を克服しているような気がする。1巻読み始めた時はツッコミどころ多すぎて気が散ったけど、4巻までくると慣れてきて、宝井さんの作品に引き込まれたんだなぁと感じる。ただ潔癖症の割に黒瀬の家のお風呂よく使うなとは思った。まぁ、もはや潔癖症の話では無いよね。
★25 - コメント(0) - 2016年9月15日

人の指だと汚いから、道具...って理由で、使うパターンは、初めてみたな。城谷さん、無自覚に誘っているのが、こわいぞ。黒瀬の過去も、そろそろわかるのかな。
★21 - コメント(0) - 2016年9月11日

シリーズ買い。1,2と3,4で違うお話みたい~という印象でしたが、城谷さんが潔癖症になった理由が明らかになり、やっぱり通常の潔癖症とは逆というか…周りが汚くて触れないというより自分が汚れていると思っている。トラウマの要因と現在の抑圧の解放がエロという関連がわかり急なエロ路線にも納得。黒瀬君は全てお見通し?!表情が無いから怖いな。本格的な調教、汚したいのか守りたいのか二つの気持ちが存在してる時点で黒瀬君も歪んでる。城谷さん自分が…より、黒瀬君を汚したくないって気持ちが強くなってるのは快方なのか悪化なのか?
★82 - コメント(0) - 2016年9月11日

(1・2巻はめちゃくちゃ楽しかったのですが、3・4巻から気持ちが入らなくなってきました…なぜだ…)
★2 - コメント(0) - 2016年9月10日

城谷さんが潔癖症になった原因つらすぎ
★9 - コメント(0) - 2016年9月8日

kei
城谷さんを「傷付けたくない気持ち」と「めちゃくちゃに汚したい気持ち」とでパラドックスを抱える黒瀬。……これは、いよいよ彼の方が歪みが深そうだ。今迄はずっと城谷さんの心情をベースに進んできましたが、いつも疑問だった黒瀬の腹の底が知れない不気味さというのは、成る程こういう倒錯的な部分が原因になっているのかも。城谷さんの過去はまあ中々に不愉快極まりない感じだけれど(笑)、何故彼が黒瀬から齎される性的行為にあんなに流されてしまうのか判明した気はする。エレベーターでの密約を交わす風なシーン、素敵だった。
★17 - コメント(0) - 2016年9月6日

初BL本購入。  潔癖はほぼ無くなりましたが、わたしも重度の「なんたら症(伏せておきます)」を幼少のころから持ってますので、「だれか(助けて)」って言うのとかわかるなあ。と思いました。城谷さん見てたら自分ももっと相手に素直に「やだ」とか「だめ」とか言った方がよい気がしてきた。黒瀬くんくらい積極性があって泣いても止めないひとなのであれば、自分ももすこし早く改善してたかな。城谷さんも頑張ってるからわたしももうすこし頑張る。そういう視点で勇気付けられたし、黒瀬くんいる城谷さんが羨ましい。
★5 - コメント(0) - 2016年9月5日

5巻を読む前に流れを思い出すため復習再読。
★11 - コメント(0) - 2016年9月4日

新刊のために復習再読。城谷の過去話が不愉快すぎる。そして、いよいよ危ない歪み具合な黒瀬。ひょっとして黒瀬の方がヤバイんじゃないだろか。次巻で何か分かるかな。
★24 - コメント(0) - 2016年9月4日

四巻を前にようやく読みました。内容は雑誌で読んでたからサラッと。おまけがいつも面白い!
★1 - コメント(0) - 2016年9月2日

黒瀬君の本心は「傷つけたくない」「めちゃくちゃに汚したい」・・・おおお~歪んでおります!城谷さんが潔癖症になってしまった原因が明らかに。ファザコンだった城谷さんをライバル視した父の恋人の嫌がらだった。可哀想だよ。女は怖いな~。出先のエレベータで出会う二人、もう運命でしょう。やっと素直になった城谷さんが可愛すぎた。
★9 - コメント(0) - 2016年9月1日

そうだーどエライところで続いてたんだった!宝井さんってもっと淡白な作風の方だと思ってたからびっくりする昨今。ど変態もいいところ。でも愛はたっぷり。城谷の過去はかわいそう。
★18 - コメント(0) - 2016年8月31日

テンカウント 4巻の 評価:62 感想・レビュー:436
ログイン新規登録(無料)