百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)

百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)
126ページ
5284登録

百姓貴族 1巻の感想・レビュー(4633)

経験者だからこそ噴出する家畜愛・農業愛とブラックユーモアにまみれたコミックエッセイ。『銀の匙』の下地となる体験談。子供も労働力と見なされるのは農家あるあるですね。【図書館本】
★8 - コメント(0) - 3月17日

読んだのはしばらく前ですが登録するのを忘れていたのでついでに感想も投下。 オリジナル作品、コミカライズ共に力量のある漫画家さんですが、エッセイはどんなものかなと軽い気持ちで手に取ってみたら、これがとてつもなく面白かった!読んで損は無いどころか、読まないと損するくらいのレベルです!
★3 - コメント(0) - 3月15日

書いてある内容量は「銀の匙」と同じことなのだが、作者の実体験と言うことで凄みが増している。北海道が独立して、食糧供給を止められたら、本気で日本は困る。政府はもっと農業従事者に優しくあるべきだ。個人的ツボは、羆に競べたらツキノワグマなんて…の誤解を解くのに、呂布と関羽に例えたこと。面白かった。
★5 - コメント(0) - 3月5日

★★★★おもしろすぎる
★2 - コメント(0) - 3月4日

遅まきながらアニメの『銀の匙』を見ている。ここから始まっていたんですね~。
★15 - コメント(0) - 2月20日

百姓あるある。身近にいなすぎて、新鮮
★1 - コメント(0) - 2月17日

面白かったです!こんなにも農業高校が過酷な所だとは思いませんでした!!!
★2 - コメント(0) - 2月9日

ポテトハーベスタでじゃがいもを収穫しているとポテトチップスの袋が出てきたとは・・・
★4 - コメント(0) - 1月4日

『銀の匙』の数々のエピソードにつながる小ネタ満載の北の大地の青春物語。非常に面白かったね。農作業のツラさを乗り越えるモノは、仲間とか、ノリとか、親子の本気バトルとか、達成感とか、郷土愛とか、運命とか、いろいろあるようだが、要は覚悟の問題だろうと改めて思った。覚悟に勝る決断なし。さあ、今年もあとわずか。もうひと踏ん張り、頑張ろう。
★7 - コメント(0) - 2016年12月20日

アオハタのコーンが発売中止になると聞いて落ち込みのあまりに再読。日本の食糧自給率の低い中に、国産コーン100パーセントのコーン缶詰を提供されてきたメーカーさんに頭が下がります、いつか復活するといいなあ…コーンスープ作るときはいつもこれだったんだよーと、これじゃ缶詰の感想だ。 作者のお父さんのキャラがワイルドすぎて、これもある意味地域差なのだろうかと思ったり。袋一杯のメロンは憧れるなあー。北海道はおいしいものに満たされていたなあ、と思い出される漫画です。
★9 - コメント(0) - 2016年12月7日

農家の方はすごい、働きすぎだ。
★10 - コメント(0) - 2016年12月6日

人気に違わず面白い!!人気漫画家である著者が、北海道で農業を営む実家での暮らしを描いたコミックエッセイ。荒川さんって男性かと思ってた。冒頭の、収穫期の一日のタイムスケジュールが凄すぎる。この時点で一般人では無理。そして親父さんも凄すぎる。農業高校も面白い。農家の子はたくましくなるわけだ。そして理不尽な生産調整に振り回されたら、北海道独立とか言いたくなるよなぁ。
★5 - コメント(0) - 2016年11月26日

1☆いや〜北海道の畜産農家さんは大変だなぁ。ブラックジョークてんこ盛り。笑
★19 - コメント(0) - 2016年11月23日

かねがね日本の食料自給率の低さは問題だと思っていたけれど、北海道に限れば自給率高い! 北海道独立計画、千代の富士を国家元首にできなくなったのは残念。
★4 - コメント(0) - 2016年11月23日

《銀座でベコ飼え!!ヒルズを耕せ!!》
★1 - コメント(0) - 2016年11月20日

Ai
第一次産業の方々には本当に頭が下がる。美味しいモノを食べられる生活は羨ましいけど、あのタイムスケジュール見たらドン引きするしかない・・・
★5 - コメント(0) - 2016年11月3日

北海道の農家、半端ねい! それだけ働いてもなかなか成り立たないのは?考えてしまいます。
★7 - コメント(0) - 2016年10月16日

知人から借りた漫画。荒川弘さんって農家出身だったのか…!確かに銀の匙とか描いてるしね。そして荒川さんの描く農家の実態が、農家出身でない者にとっては驚きでしかない。カルチャーショック。個人的には農業高校のエピソードたちがとてもすき。
★3 - コメント(0) - 2016年10月2日

読友さんから2冊セットで借りました。マヂかっ?!の連続。比べたらあかんけど加工済みを調理だけしてる私とはたくましさの出来が違う ( ̄▽ ̄;)段々予測はついてきたが農業高校のくだり最高。
★28 - コメント(0) - 2016年9月20日

読友さんから借り本。面白かった〜北海道は日本から独立し北海道国となる‼︎あり得る?最後の羊肉の北海道自給率で爆笑。
★98 - コメント(1) - 2016年9月5日

生まれて初めて農家やりたいと思った!この漫画を生かせば、農家の後継ぎ問題の改善になったりしないかな?荒川父みたいな人、好きだなー!荒川先生、ファイトォー!
★5 - コメント(0) - 2016年8月25日

元北海道農民出身とは知っていましたがその生活の凄まじさにドンビキ。どれだけ健啖家でも決して太らないと思われる運動量ですね。荒川農園のお父さん半端ないな。心と体が鍛えられる環境=北海道!自給率並外れてる北海道!農民すげー!
★16 - コメント(0) - 2016年8月23日

第1巻を読み逃してましたが本日読了。2巻3巻を先に読んでいて、もちろんそちらも面白かったけど、やはり1巻は内容濃くていいね。少し「銀の匙」に通じるところがあったかな、そして何よりも北海道農家の皆さんはたくましい!こういう生活をしていると肉体的にも精神的にも強くなりますね。
★28 - コメント(0) - 2016年8月19日

なに書かせても面白いなー荒川先生
★9 - コメント(0) - 2016年8月3日

ホルスタイン模様の牛もとい漫画家をおっかけて、辿り着いたのは不思議の国ならぬ、不思議の国よりももっと不思議な酪農の国北の大地は北海道!農家の常識は世間の非常識のキャッチコピー通りの本でした。非常識じゃないとやっていけないという事は、それだけ本人達には負担がある訳で。そう言うふうに作って貰った物だから、美味しく頂きますをしたいと思う。そんな真面目な感想を抱く半面で、あまりにも面白過ぎる農家の生活。熊の話とかね、本州ではありえないですからね!まだ「銀の匙」連載前の話なので、元ネタを探しているみたいで楽しいです
★82 - コメント(0) - 2016年7月31日

北海道はスケールが違うなあ。
★26 - コメント(0) - 2016年7月16日

道民としては騙されるか!と思いつつ、同じ事を他県の人に話したくなる。
★3 - コメント(0) - 2016年7月5日

アニメ銀の匙をみていました。自分はめったに吹きだしたりしない方なのですが、これはちょくちょく人が大勢いる中で読みながら二ヤけてしまいました(笑)。…けど農家って…かなりハード…。
★8 - コメント(0) - 2016年6月21日

何度目かの再読。そして息抜きでのエッセイ漫画。荒川さんの百姓貴族は何回読んでよ面白い!
★7 - コメント(0) - 2016年6月18日

農家エッセイ漫画ですが、腹筋殺しにかかる笑いの連続。同じ農家でも酪農家はこうなんだなぁ、と勉強になりました。(米づくりが盛んな地域出身につき、酪農は知らなかったので)
★7 - コメント(0) - 2016年6月18日

『鋼の錬金術師』や『アルスラーン戦記』の作者である、荒川弘の農業・酪農にまつわるコミックエッセイ。北海道のでかさに驚いたり、牛の末路に半泣きになったり、いろいろ現実を見せつけられた感が半端ないがこれが現実。目を背けてはならない。命のありがたみに感謝。北海道、いいなーと思ったり。しかし、寒さに耐えれるのか、私…。
★29 - コメント(0) - 2016年6月11日

作者にツッコまれそうだが父のキャラがワイルドで好き。いや、一家が好き。ゴミ袋いっぱいのメロンかあ(´﹃`*)
★10 - コメント(0) - 2016年6月7日

すごすぎてもう言葉をなくす。ワイルド。すごい…。
★7 - コメント(1) - 2016年6月7日

うちの実家も一応畑やってるので、でも荒川さんチに比べたら猫の額だけど、ウンウン。と思う所もあればへーと思う所もあった。絶対にしんどい筈の作業をこうも笑いに落とし込めるとは。荒川さん自身が楽しんで農業や酪農をやってたからだろうなぁと思った。泥棒の話は経験あるのでイライラが伝わりました。本当人間より野生動物の方が採り時解ってるよね。
★8 - コメント(0) - 2016年6月4日

Twitterで見かけて読んだけど、農業ってやっぱり興味深い。やってみたいけど、苦労も多いんだろうな
★4 - コメント(0) - 2016年6月2日

内容が盛りだくさんすぎて、感想どこから手をつければいいものやら…しかし農協やら消費者は勝手なものなんだよなあとしみじみ。農家出身の人に、トウモロコシ泥棒をしようとした話するとか、無神経というか、ものをよく考えてないというか…意識の違いというものがよくわかります。
★10 - コメント(0) - 2016年5月28日

3Kとも言われる日本の農業エッセイ。北海道の食文化すごい(笑)
★5 - コメント(0) - 2016年5月19日

銀の匙を読んだので。その裏がわかって面白い。 労働時間を見ると貴族ではなく奴隷っぽい。
★8 - コメント(1) - 2016年5月17日

K
農家の人々のすごさ。これはたくましく育つわけだ。「動物のお医者さんの巻」は考えさせられた。実験動物にするよりもひと息に殺すことを選ぶ。そんな優しさもあるんだなと思った。
★6 - コメント(0) - 2016年5月14日

ワイルド&デンジャラス
★3 - コメント(0) - 2016年5月12日

百姓貴族 1巻の 評価:52 感想・レビュー:1500
ログイン新規登録(無料)