島根県謎解き散歩 (新人物往来社文庫)

島根県謎解き散歩の感想・レビュー(14)

2016年12月20日:ochatomo
2016年7月27日:ハッケンバッカー
島根県、出雲・石見・隠岐の3つの国、お酒とお米が美味しく、海の幸も山の幸も~。ノドグロも鯵も美味しかった(^-^)私がいた10数年前は59市町村でしたが、この本を見ると8市10町1村に、合併が進んでるんですね。人口は72万でしたが、69.4万人に。宍道湖七珍も今は珍から幻でしょうね。松江で食べた鯛飯のうまさ、舌が記憶しています。出雲の割子そば、大田のさば寿司、美味でした。松本清張「砂の器」の亀嵩(かめだけ)、文学の香り、映像の美学が漂ってました!山紫に水清き・・・、素晴らしい土地ですね!
★21 - コメント(1) - 2016年4月3日

地味な県の象徴として扱われることの多い島根県ですが、神話と古い歴史に裏付けられた深い文化を持っております。個人的には京都に負けないくらいネタは豊富だと思うのですが、やはりなかなか目立ってないように思われます。本書は島根の文化的、歴史的魅力が網羅されており、今まで知らなかった島根の新たな魅力を発見できることでしょう。島根は何回も訪れてますが、時間をかけて再び散策してみたいです。ただ本シリーズ全体にいえるのですが、広く浅くやや羅列的な記述で、時々前提となる予備知識が無いと、少し厳しい箇所もありました。
★2 - コメント(0) - 2015年9月17日

島根歴1年の私が、島根を知るために、昨年購入し積読していた本。ここ1年で仕事等々県内を渡り歩いたものの、まだまだ知らないことはたくさんあった。日本神話について詳しく書いてあったものの、たくさんの登場人物の名前が覚えにくく苦戦した。ヤマタノオロチ伝説の定説がまさか斐伊川とは‥今後この本を持って出先に赴くとしよう。
★2 - コメント(0) - 2015年7月20日

島根県入門篇といったところか。山中鹿之助辺りに興味津々です。
★3 - コメント(0) - 2014年11月4日

2014年9月6日:れお
自分の育った県の歴史や文化を改めて知れた。昨年遷宮の年として、伊勢と共に話題になったんだけど、そこで島根県に興味湧いた方にも読んでほしい一冊。写真も多くて読みやすい。
★4 - コメント(0) - 2014年7月19日

水郷松江に小京都津和野。世界遺産石見銀山。出雲大社や八重垣神社を始めとするパワースポット。宍道湖の夕陽に隠岐の自然。古湯玉造や温泉津など数多の温泉。古代神話に八岐の大蛇。荒神谷の銅剣に加茂岩倉の銅鐸。ハーンの怪談に黄泉比良坂。七珍、和菓子に出雲そば。石見神楽に安来節。島根の名物数あれど加えておきたし「しまねっこ」←アイコンの島根県観光キャラです♪(^▽^)♪
★3 - コメント(0) - 2014年7月10日

2013年10月7日:spica
2013年3月17日:ほしっち
2013年3月5日:jun
島根県、中でも出雲周辺に行く前に読んでおくと興味深いかも。自分はあんまりその辺はあんまり面白くなくて斜め読み。歴史編がかろうじておもしろかった程度でした・・・。
- コメント(0) - 2012年9月23日

今読んでいるみんな最新5件(4)

04/01:hitokoto
09/18:pollack
09/21:うまる

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

05/13:紺色の風
島根県謎解き散歩の 評価:100 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)