運転、見合わせ中

運転、見合わせ中
312ページ
954登録

運転、見合わせ中はこんな本です

運転、見合わせ中を読んだ人はこんな本も読んでいます


運転、見合わせ中の感想・レビュー(591)

初読み作家さん。読みやすかったけど、少し物足りなかった。みんな少しの希望を感じる終わりかたでよかった!(17-21)
★2 - コメント(0) - 2月26日

★★★☆☆3/5:仕方ないけど「阪急電車」の二番煎じとされちゃうんだよな~(>_<)畑野さんは長編ダラダラより連作短編で紡いだ方が実力がより発揮されますね。
★2 - コメント(0) - 2月25日

朝のラッシュ時の電車の運転停止により、少し予定を狂わされた人達の連作短編集。各話の主人公に全く共感できない。魅力もない。ストーリーの裏には深い背景も感じ取れず私には合わなかった。その中で、最後の運転士を目指す女性の話は割と良かったかな。好きな作家さんだけに残念…
★23 - コメント(2) - 2月19日

電車が運転見合わせになってしまい、その影響を受けたひとやその原因になったひとのお話。電車に乗り合わせるだけの関係の他人、それぞれに事情があったり様々な状況があったりすることを改めて思わせられました。とりあえず砂川が謎。あとトイレは大事。内股って我慢してたんですもんね(笑)その後はみんないい方向に進んでいたらいいなぁと。抱えているものは人間それぞれ違っていても、そのなかで普通の日常を描いた一冊という感じでしょうか。これぞ面白いということはないけど、その普通さがいいんだと思えるかも。
★3 - コメント(0) - 2016年12月30日

読みやすかった。短編の主人公たちがみんな、始まりよりちょっと違う考え方を持ったり、少しだけ変わったような気分で終われる話ばかりでよかった。
- コメント(0) - 2016年12月5日

飛来物のせいで運転中見合わせになった人々を描いた連作小説。表紙から勝手に恋愛小説なのだと思って読み始めてしまいました。感想は、電車で隣にいるひと、涼しい顔で乗っているけれどみんな悩んでるんだなぁという印象。ちょっと重かったです
★7 - コメント(0) - 2016年11月19日

連作短編小説です。有川浩「阪急電車」に構成や雰囲気が似てますがこちらはこちらで楽しめます。本の表紙の雰囲気そのままの小説なので個人的には良かったと思います。たまに違うときあるじゃないですか~w
- コメント(0) - 2016年11月11日

314/11/10/2016 それぞれの事情が細やかで嫌いではない。30年以上昔、東海道線で帰省中、台風で止まってしまった時、車中泊するしかないかと覚悟した私と友人に3万円下さって旅館に泊まらせてくれ(そしてご本人は、そのまま乗っていた)た、あの奇特なおじ様は、今どうしていらっしゃるのだろう?携帯もメールもない時代、気の利かない学生だった私たちはご厚意に甘えて宿泊し、どこのどなたかも存じ上げないまま。私はこの恩をまだ返していないなぁ。その時の友人は30代で亡くなってその記憶を分け合う相手もない。
★15 - コメント(0) - 2016年11月10日

飛来物が落下してラッシュ時にもかかわらず上下線とも運転見合わせ中。その影響をうけた沢山の人たちの中から4人の乗客と飛来物?それから女性の駅員の視点から描いた短編集。今一な感想が多いですが、私はいろんな人がいて結構面白かったです。そんなもんかのう?とかあるなぁ?とかうらやましいなぁ?とかwそれにしても、トイレ我慢して乗った電車が、線路の上で立ち往生したら困るなぁああ。それが一番切実に思いましたー
★70 - コメント(0) - 2016年10月23日

★★☆☆☆運転見合わせという事態に影響を受けた人物たちのオムニバス。どの登場人物にも共感も持てず、好意も抱けなかった。。。自己陶酔してる人たち多すぎ。唯一最後の話だけ良かったかな。
★2 - コメント(0) - 2016年10月22日

電車に乗れなかった人、止まった電車に乗っていた人、電車を止めてしまった人や駅係員…。電車が運転を見合わせるという現象によってその日の行動が微妙に変わり、それによって人間関係や、考え方やものの捉え方が変わっていく。日常はそういった偶然や無意識の選択によって在ることを意識させられた。それぞれがそれぞれに嫌な部分を適度に持っていて、悩んだり迷ったり勘違いしていたりするのだが、それぞれがなんとなく前進している感じがよかった。
★2 - コメント(0) - 2016年10月5日

それじゃ駄目だろとあきれる場面も多々あるけれど、ちゃんともがいている。ほんの小さなことでも何か変えられたら、それを少しずつ積み重ねていけたら。止まった電車を転機に、変わりはじめたささいなことが、とても微笑ましく思える。そういう、人に向けるまなざしの優しさを感じる。会話もいいんだよね。劇的な何かが起きるわけじゃないけど、するする読めてちょっとほっこりな物語。
★2 - コメント(0) - 2016年9月29日

ある程度肩の力を抜いて読める作品。んーむ…もう少しパンチが有っても良いかなぁ。
★7 - コメント(0) - 2016年9月26日

うーーーん 読みやすいんだけどそれだけかな
★3 - コメント(0) - 2016年9月12日

この小説は現代の若者の生き方を切り取ったリアルな実態をえがいているんでしょう。うーん、中年の自分には共感できる登場人物がいない。本当にそれでいいの?というように、つい、お父さん目線で小言の一言も言いたくなる人物ばかり、少しほっとしたのは最後のかわいそうな(ではなくてかわいすぎる)女性駅員さんぐらいかな。本当に親が泣いているぞと(作り話ではありますが)読みながら思った不思議な小説です。
★5 - コメント(0) - 2016年8月10日

図書館本。畑野智美先生の作品は二作目。1つ1つの話が短編になってたが、全てが繋がてって面白かった。電車が止まり予定が崩れるが、気づかなかったことに気づいて人生の考え方を変えた人もいると思う。綺麗な話で読後感が良かった。
★7 - コメント(0) - 2016年8月4日

今時の若い女性像に愕然としました。今、同じ世代に生きていたらと思うと、思いっきり外れいて、ついていけなかったでしょう。あまりにだらしないフリーターの永山さん。幼くて可愛いと見える女子大生の上原さんが、教授の愛人だったり。こんな女の人ばかりでてくるのなら読むの嫌だなと一時休止。あとの方になってくると、異性問題では軽そうでも、仕事には真面目だった飯田さん、駅員の加奈さんも良かったです。引き篭もりの神田さんの線路逃走を面白がってしまった自分もいじめに加担した事になるのかな。
★49 - コメント(0) - 2016年7月31日

ある男の子が駅のホームから線路上へ落ちてしまった為... タイトルの「運転、見合わせ中」な訳か。 電車が停まってしまった時間、電車内に居合わせ人達、線路上に落ちた引きこもり男性、男性にぶつかり線路上に落としてしまった駅員さん... 6人6様の気持ちが読み取れる。 でも私的には、あらすじを読んだ時面白そう!と期待してしまったのだが... 思っていた以上の引き込まれ感はあまり無くちょっと残念な一冊だった(・・;)
★31 - コメント(0) - 2016年5月27日

いい意味で複雑な気持ちになる内容だった。表現方法に抵抗がある部分はあったが、全体的に読みやすい。それ故、登場人物の心情がダイレクトに自分の内側に問いかけてくるようで、重かった。でも、それがクセになる文章だった。
★2 - コメント(0) - 2016年5月27日

「飛来物により運転を 見合わせています。」 畑野智美さんの作品 朝のラッシュ時に電車が止まった その時の6人の物語 彼らのその瞬間を切り取った物語です
★3 - コメント(0) - 2016年5月10日

線路内人立ち入りによって、止まってしまった電車に関わった人たちの短編集でした。駅の外からだんだんと中にはいっていく形が面白かったです。どれも希望があるような終わり方で、さらさらと読めました。フリーターも引きこもりも駅員さんも皆、前を向いて生きている。
★7 - コメント(0) - 2016年5月9日

電車が動き出すのを待つ人、電車を止めてしまった人、などいろんな立場で運転見合わせ中変わってしまった人の話。初読みの作家さんだったけどとても面白かった。特にデザイナーとOLの話が好きでした。
★4 - コメント(0) - 2016年5月1日

バタフライ効果を感じた群像劇。電車の運転見合わせの影にはその原因だけでなく、それによって変わったたくさんの人生が横たわっている。
★1 - コメント(0) - 2016年4月21日

電車が運転見合わせ中になり、その影響を受けた人達を連作方式で綴った短編集。乗車前の大学生や乗車中のデザイナー、電車を止めてしまった人物や駅員さんなど。コラ〜っと叩きたいような人もいますが、それぞれ面白く読めました。電車が突然止まった時の情報を求めて焦る気持ち。今は車社会に暮らす身なので、何だか懐かしかった。ゲームやってて倒れたおじさんのエピソードも書いて欲しかったです。
★14 - コメント(0) - 2016年4月15日

運転見合せ中の電車に関わってしまった男女の連作。みんな自分の生き方の何かがどこかにつまずいていて、運転見合せ中の人たち。デザイナーの話は「夏のおわりのハル」のダイチの話とリンクしてるのかと思ったけど違うみたい。運転見合せ中の電車が走り出したところで、それまでにロスした時間や、焦り、苛立ち、やり直せない予定を元通りにすることはできない。それは人も同じ。でも、動き始めれば、また走り出せる。走り出した先でまた予期せず停まったとしても、走り出したことに意味はある。そんな気持ちで読み終わり。良かった。
★1 - コメント(0) - 2016年4月14日

一話一話のストーリーがすっきり終わらないまま、でもそれが良い。電車を止めた人、止められた人、誰もがみんな悩みを抱えていて、大団円とは行かないのがリアル。さらっと読めました。良作。
★11 - コメント(0) - 2016年4月3日

読んでる途中は登場人物に対してダメな奴だなとか、イライラすることもあるんだけど、最終的には1歩踏み出す決断をして、前向きな感じでどの話も終わってて、すかっとした。登場人物たちを応援したくなりました。電車が止まって困ることもあるけど自分のことを見つめ直してて、読後感は良かったです。
★3 - コメント(0) - 2016年3月13日

電車が止まったことで起こる6つの物語。6人6様のそれぞれの人生、そして考え方。同じ事象の中で、こんなことが起こっていたんだね~と軽く読める。決して深く考えてはいけない物語だ。きっとこの様なことが、大なり小なり現実でも起こっている。自分の心の中でさえも日々、フリーター的なところや引きこもり的なところが、せめぎ合っているしね
★37 - コメント(0) - 2016年3月6日

電車を止めた人、動き出す電車を待っていた人。それぞれの物語。悩みながら生きていくしかないんだなぁ。
★7 - コメント(0) - 2016年3月5日

電車を止めた人、止まったことによって影響を受けた人々の交々。電車も人生も立ち往生、みたいな何だかスッキリしない感じ。
★39 - コメント(0) - 2016年2月28日

線路内人立ち入りで運転見合わせとなった駅・電車内を舞台にした連作短編集。畑野さんは三作目だけどこれはあまり響かなかったな…線路の上、の二つはいまいち共感できなかったし電車の中は主人公があんま好きじゃなかった。ひとつの場所で、実は色々繰り広げられられてバタフライエフェクトが実感できる作りは好きなのだけど、ね。デザイナーの話が一番良かった。
★3 - コメント(0) - 2016年2月17日

ナニコレっ!めちゃくちゃおもろいっ!❤♩ワタシ重たい本好きやと信じ込んでたけど全然好きっ♡♡♡♡ラノベぽいのめっちゃよい。この人のセンスまじで好きやわ。帯に書いてる様に、ほんとにこれ以上は書けないと思う 笑 誰にも。
★12 - コメント(0) - 2016年2月4日

オムニバス小説。この作家さんは人の不幸を描くのが上手だなと思った。不幸な中でも最後にちゃんと希望も描く。たこ焼き屋さんの話が好きです。
★4 - コメント(0) - 2016年1月28日

運転見合わせ中の6人を描いた短編集。
★1 - コメント(0) - 2016年1月26日

図書館より。残念ながら最初の2つの話しか読みませんでした。表紙の絵や帯の説明が恋愛・最高傑作・これ以上のものは中々書けないとのことで恋愛小説として期待して読んだのですが・・・最高傑作の恋愛物?!えっ?ここで終わっちゃうの?!って感じで、読んでも満足のいかない中途半端なところでストーリーが終わってしまうので読むのやめました。ストーリーは良く展開が気になって読むのは楽しいのに半端なところで終わるの勿体ないなぁ、続き読みたいなぁと思う。中途半端な作品だと私は思った。
★1 - コメント(0) - 2016年1月23日

「線路内立ち入り」のため、止まってしった電車。その車中、ホーム、駅前、当事者のお話。正直、どうでもいいかなー。といった感想。特に何か残るということもなく、サラリと読了。
★5 - コメント(0) - 2016年1月22日

誰もがみんな悩みを持っているのね。
- コメント(0) - 2015年12月29日

ある日電車が止まってしまって影響を受けた人たち視点の短編集。私のお気に入りは、「フリーターは、ホームにいた」。電車を待つ隣にいる人にも、いろいろ悩みがあって、一人ひとり違う物語を抱えている。毎日頑張ってるのに上手くいかなくて、思い描いた夢の通りにはいかない。それでも、毎日を過ごし明日も生きていく。上手くいかなくたって、悩む日もあっていいじゃない。『あなたはきっとあなたが思ってるほど、残念な人じゃない』から。
★49 - コメント(0) - 2015年12月19日

フリーターとOLには全然共感できなかったけど、ひきこもりの話にひき込まれ、駅員の彼女はけっこう好感がもてた。電車にはたくさんの人が乗るのだからそれぞれのドラマがあるのでしょう。でも畑野さんの他の作品も好きなので、「これ以上のもの」もいっぱい書けると思うんですけど…。
★3 - コメント(0) - 2015年12月11日

おしい!
★1 - コメント(0) - 2015年12月5日

運転、見合わせ中の 評価:72 感想・レビュー:272
ログイン新規登録(無料)