雪煙チェイス (実業之日本社文庫)

雪煙チェイス (実業之日本社文庫)
416ページ
3730登録

今話題の本

雪煙チェイスの感想・レビュー(2141)

スリルがあってスピード感も素晴らしく、明るく楽しめた。
★7 - コメント(0) - 3月25日

スリル感がたまらない!ただ結末のどんでん返しのネタがサスペンス劇場タイプで う~むといったところ。
★15 - コメント(0) - 3月25日

日本最大級のスキー場での鬼ごっことは、女将うまく言ったもんだな。読み終わった感想は、根津さんおめでとう!と、楽しかった。
★24 - コメント(0) - 3月23日

遅読な私がさくっと通勤二日で読めた。細かいことは気にせず所々斜め読み。それでも所々に気になる突っ込みポイントが…。気にしちゃいけない(笑)、それこそ疾走感をもって読んでこそ楽しめるシリーズなのだ。根津と千晶のオチには、思わずニンマリ。
★39 - コメント(0) - 3月23日

疾走感あってとても面白かった!恋愛要素もあっさりしてて嫌味がなくてとても読みやすい。
★63 - コメント(2) - 3月23日

東野圭吾氏の小説は、相変わらず読みやすくてサクサク進む。スノーボードで滑り降りるスピード感がモロ感じとれて気持ちがいいな。強盗殺人事件の犯人に疑われた脇坂は、無実を証明する為にアリバイを証明してくれる美人スノーボーダーを探す。まわりの友人や彼を追う刑事など個性豊かで面白い。そして恋愛要素もあって、映画化になりそうな見どころ満載です。
★24 - コメント(0) - 3月23日

弟から借りたから油断してのんびり読んじゃった。コナンみたいだった!なんだかのチェイサーって無かったっけ(笑) 女将さんと小杉このあとどうなるんだろうってニヤニヤ。読んでたらスキーしたくなっちゃったなぁー! 弟にも読んだって報告しないとー^^*
★40 - コメント(0) - 3月23日

うん、まぁハラハラドキドキで一気読みだったので面白かったとは思う(笑)スキーやボードができる人がちょっと羨ましい。
★44 - コメント(10) - 3月23日

前作『恋のゴンドラ』がチャラい話だったので、今作もあまり期待してなかったけど、結構面白かった。本当は、もう少し警察とのチェイスがあれば、より楽しめたかな。1作目から出てる根津と千晶が結婚?ハッピーエンドで終わる話は好きですね。おめでとうございます!
★73 - コメント(0) - 3月22日

殺人事件の容疑者として追われる脇坂。アリバイを証明してくれるはずのスノーボーダーを探しに、少ない手掛かりをもとに里沢温泉スキー場に向かう。 東野圭吾らしい期待を裏切らないスピード感。ただ展開は極めてシンプルなので先が読めてしまう。根津と千晶のハッピーエンドも予想通り。 軽く読書をしたい時にオススメの一冊。
★29 - コメント(0) - 3月22日

東野さんがスノーボードを趣味にしているせいかスノーボードのシーンは映像を観るように面白かったです。 犯人容疑をはらそうと目撃証人者を探すのも面白く読めました。 でもスケールが小さいから映画化は難しいかな。
★24 - コメント(0) - 3月22日

ゲレンデシリーズ。殺人容疑をかけられた大学生が自らのアリバイを証明してくれる唯一の女性スノーボーダー“女神”を探す。そして、その大学生を追う所轄の刑事。大学生目線、刑事目線で物語が進んでいき少しずつ狭まっていく捜査網になかなか見つからない“女神”そして迫ってくる刑事と手に汗握る展開でした。また、このシリーズではお馴染みの根津さんと千晶の関係もこれで一段落?とても疾走感がありゲレンデシリーズでは一番好きだな。
★52 - コメント(0) - 3月21日

頭の中で登場人物たちがすごいスピードで雪原を滑っている光景が目に浮かぶ。そのスピードは、何としても女神を見つけて逃げ切れ!という逸る気持ちとリンクしている。その一方で、上司の無茶振りで派遣された小杉も応援してしまう。今回は事件というよりも、平たく言えば追いかけっこ。でも非常に面白くて手汗握るようなスリルに満ちていた。
★22 - コメント(0) - 3月21日

難しいことを考えずに文字だけを追ってサクッと読むことが出来た。いい意味でも悪い意味でもあっさりした内容だった。
★15 - コメント(0) - 3月21日

雪3部作、読了。 根津と千晶が結ばれて万々歳(笑) 今回もさらっと読めました。
★18 - コメント(0) - 3月20日

シリーズ物なのね…まぁ気にせずサクサク読めた。
★19 - コメント(0) - 3月20日

東野圭吾の「白銀ジャック」「疾風ロンド」に続くスキー場を舞台にしたミステリーです。殺人犯の嫌疑を掛けられて警察に追われながらアリバイを証明してくれる女性スノーボーダーを探す大学生と、その大学生を捜査一課を出し抜いて確保しようとする所轄の刑事に、スキー場パトロールの根津や元スノーボード選手の千晶らシリーズメンバが絡むストーリーです。単純な設定の中で最後まで読ませる東野圭吾のストーリー展開の上手さは流石です。
★27 - コメント(0) - 3月20日

on
おもしろい!女神の捜索二転三転、ハラハラしながら読みました。根津と千晶もようやくおさまり、読了後なんとも言えないほっこり気分です。
★26 - コメント(0) - 3月20日

読みやすかった。軽い作品なのでサクサク読めます。
★16 - コメント(0) - 3月20日

恋のゴンドラに続いて読みました。サクッと軽く一気読み。最後に小杉刑事が捜査に協力してくれた女将に会いに来る場面が好きです。どうやってスキーに誘おうか考えてるところ、カワイイですよね
★26 - コメント(0) - 3月20日

ゲレンデシリーズ、しかも「恋のゴンドラ」から間髪置かず発刊。殺人容疑をかけられた大学生の脇坂竜実。アリバイ証明できる唯一の人物―正体不明の美人スノーボーダーを捜しに日本屈指のスキー場に。帳場立つも本庁捜査一課から抜け駆けで探しに来た所轄刑事の小杉/白井。村の人々も巻き込み広大なゲレンデを舞台に予測不能のチェイス。雪上結婚式イベントが花と混乱を添え、テンポ良い痛快なストーリー!学生:脇坂竜実・波川省吾・後輩藤岡、所轄:大和田課長・南原係長・小杉敦彦・白井、パト:根津界平・長岡慎太・瀬利千晶・成宮莉央/葉月。
★44 - コメント(1) - 3月20日

借り物。殺人事件の容疑をかけられた大学生が、アリバイの証人を探すためゲレンデに向かい、警察から逃げ回りながら『女神』を探すという話。スノボ好きにとっては、舞台がゲレンデってだけで面白い。殺人事件の話なのに軽く楽しく読めます。
★24 - コメント(0) - 3月19日

シリーズ三作目。刑事に追っかけられる大学生は、自分のアリバイを証言してくれるかもしれないスノーボーダーを捜しにゲレンデへ。鬼ごっこみたいな展開ですが、犯人ではないので軽い感じがしましたね。
★75 - コメント(0) - 3月19日

大学生だからできるぶっとびだよね。 東野圭吾まだまだ若いな。やっぱり犯人は他にいると思った。
★20 - コメント(0) - 3月19日

ゲレンデシリーズ4作目?読みやすくて面白いけど題名のように大学生の容疑者ともっと警察がチェイスして追っかけっこするかと思ったからスリル少な目で拍子抜け。それに警視庁捜査1課と所轄の意地の張り合いも中途半端でドタバタ感が否めない。 根津を始めとするスキー場のみんなのキャラがいいのが救いだったかも・・・。でも葉月の妊娠とか千晶の代役ボーゲンとかももう少し描いて欲しかった。えっ根津と千晶結婚? 真犯人の描写少ないから置いてけぼり。
★109 - コメント(0) - 3月19日

このシリーズ3作目です。メインストーリーとは別に、千秋や根津の間系も描かれていて違う意味でドキドキしました。サスペンスだけど、どこかホッコリするような小説でした。
★27 - コメント(0) - 3月19日

東野さん雪山スポーツ好きですねぇ。九州育ちの私には、毎回の事ながらたぶんこうなんだろうナしかわからない。逃走をたすける友だちの彼女をちょいと乗せて、その子がこっそりナビの行き先確認してて。刑事がその子と偶然会って行き先を教えるってことがなければこんな話しにはならないよな。軽く読みたい時には良い本。
★39 - コメント(0) - 3月19日

前2作のゲレンデ物よりは・・・良かった。軽く読めるので後に残らない。 ガッツリ読み込みたい東野ファンには食い足らないなぁ。
★34 - コメント(0) - 3月19日

情景描写はさすが!スノボしたくなりました。期待に反し事件の展開のハラハラ感はあまり無く、真犯人の動機にも心揺さぶるものがなかったです。全体的には短時間で読みやすいです。
★21 - コメント(0) - 3月19日

殺人容疑をかけられた大学生が無実を証明するためにスキー場へ向かう話。読みやすくてよかった。
★19 - コメント(0) - 3月18日

全く滑れない私でもスキーの爽快感を感じることのできるシリーズ。根津さん、おめでとうございます♪
★29 - コメント(0) - 3月18日

久しぶりの東野さん。相変わらずスピーディな展開、キャラある人々の登場が楽しい
★20 - コメント(0) - 3月18日

なにやら、他の本と繋がりのある本のようだが、先にこれを読んでしまったので、ギャグ戻りで関連本をよんでみよう。その記録に今回の登場人物は、開明大3年脇坂竜実(福丸陣吉殺害容疑者でお尋ね者)波川省吾、法学部でキレ者、竜実に的確なアドバイスし共にアリバイ証明してくれる女神を探す。小杉敦彦(自分は将棋の駒だという刑事、だが、人情派でキレ者)根津昇平(雪パトロール)と後輩長岡慎太、婚約者成宮葉月。妹莉央(今回のゲレンデウエディングプランナー)瀬利千明(元スノボー選手、莉央の好敵手)根津と新郎新婦の代役。
★20 - コメント(0) - 3月18日

純粋なる娯楽作編 最後にもっと激しいチェイスするのかと思ったのになかったのは残念
★16 - コメント(0) - 3月18日

気楽に読めるドタバタ感が良い感じ。サクッと儲ける東野クオリティー(^^)
★20 - コメント(0) - 3月18日

読みやすくて面白い。犯人が誰なのか気にならない
★20 - コメント(0) - 3月18日

脇役だけれど、今回はしっかり根津さんが出てきて何だか嬉しかったな〜最後には千晶ちゃんとそうきたか!な展開で! 3部作、映画化に続き、こちらはドラマ化になりそうな予感。
★30 - コメント(0) - 3月18日

冬の定番のゲレンデもの読了。 面白くて一気に読んでしまいました。
★23 - コメント(0) - 3月18日

失敗した、シリーズものだったのか。まぁ問題なく読めたが。やっぱり東野作品は読み易い。そして美人が多い(笑)。格好つけた言い回しや、思わせぶりで読者に委ねるような文章が無いから、頭を使わないでもスラスラ読める。情景や人物像も容易に脳内映像化できる。そこが万人受けする人気作家たる所以なんだろうな。ストーリー自体は特に凝った内容でもなくツッコミ所も多々あるが、2時間ドラマ的な感覚で気楽に楽しめる。真犯人はどうせポッと出の人物だろうと期待してなかったけど、本当にオマケ程度の扱いだった(笑)
★32 - コメント(2) - 3月17日

殺人の容疑をかけられた大学生がアリバイを証明するため、ゲレンデで出会った名前も知らない女性を探す話。白銀ジャック、疾風ロンド、恋のゴンドラの登場人物が出てきて楽しめました。恋愛模様の発展もあって続編も期待できるし、小杉刑事の今後の登場が楽しみです。
★29 - コメント(0) - 3月17日

雪煙チェイスの 評価:98 感想・レビュー:892
ログイン新規登録(無料)