結果を出して定時に帰る時間術

結果を出して定時に帰る時間術の感想・レビュー(28)

かれこれ4冊目?かなりイメージが沸いてきた。実践しよう!【メモ】・小さな用事はそのとき処理・文房具と明日の仕事の書類だけ・「○○さんのおかげで」・同時平行術で集中力アップ・少し先の自分に役立つことをする・休日は午前中に予定を作る
★1 - コメント(0) - 2016年12月4日

キーフレーズを纏めるために再読。「自然を見るだけでストレスが27%削減できる」と聞いたのがきっかけで、外で走ることにした、という記述ポイントは何となく分かる気がしました。毎朝走ってますが、それがリフレッシュになってるんですね。
★1 - コメント(0) - 2016年10月29日

小室さんの本を読むのは2冊目ですが、結構前作と内容が被っていたので、短時間で読みました。ちょっと物足りない感あり、かな。
★4 - コメント(0) - 2016年10月28日

行動に移すこと。 ■同時並行術 →集中力の持続と、やらなければならない程度は終わるというメリットがある 【プライベートの時間管理について】 ■自分が役に立てる環境に行くこと ■少し先の自分に役に立ちそうな事を今のうちからしておく ■1人で何かしないこと →朝から何かしら予定を入れて行動する だらだらしても疲れは取れない
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

日本企業に染み付いた長時間労働は幸せな生活を送るのに望ましくなく、労働生産性も低い。残業時間を減らすことは様々な面で有意義であることがわかるし、その達成のためのノウハウも知ることができる。
★2 - コメント(0) - 2016年4月16日

「ワークライフバランス」ではなく「ワークライフシナジー」とはなるほどと感心した。仕事も含めいかに自分の人生と家族の人生を楽しみながら時間をどう使っていくか。限りある時間、無駄なく価値的にと再確認。自分を必要としてくれる人と会う事。
★2 - コメント(0) - 2016年4月8日

時間に制約がある人ほど短い時間で有効に過ごそうとする。多様化した時代には多面的な視点が必要とされる。会社の外にはアイデアがたくさんある。私生活の用事や約束を大事にした方が仕事の効率がアップする。ワークライフバランスの大切さを再認識した。
★5 - コメント(0) - 2016年3月1日

以前の文庫版とどう違うのか、興味があったので読んでみた。所々、加筆されていたが予想通り第5章が具体的な記載が増え、アップデートしていた。ブックマークをメーラーで管理するのは変わらずで、クラウド型に移行していないので、意外だった。家事を可視化するというアイディアは、早速取り入れたいと思った。
★3 - コメント(0) - 2016年2月7日

ライフワークバランスの本当の意味がわかった。 ただのバランスじゃなくて、仕事とプライベートの相乗効果。 仕事あとの時間を有効に活用する。勉強する。友人と飲みに行く。教室に通う。。 まだまだ今の仕事の仕方じゃアカンと思いつつ、先輩には気を遣う。
★1 - コメント(0) - 2016年1月20日

・とにかく予定を入れてみる ・決断力をつける ・仕事を後輩に振り分ける ・情報を整理する 小室淑恵さんの言ってる事は完結でわかりやすかった。 残業すればするほど仕事が増えてカオス状態になるのは自分の責任でもあるな。と。 社会人8年目にしてやっと本気で残業無くす意味がわかってきたのでこの本をよんだ。読んで良かった。 やることやって、帰る!! ・・・感想というよりほぼ決意(笑
★3 - コメント(0) - 2015年12月8日

(図書館)自分の通う大学にて、先日、この著者による特別セミナーがありました。その話が非常に面白かったので最新著書を図書館にて借りてみた。が、特に真新しいことなし。端的にまとめるなら、「締切を設定して早め早めで行動して仕事をやりきったほうが自分にとっても組織にとっても良い」といった具合かな。細かいテクニック等は既にやっていることばかりでした。
★12 - コメント(0) - 2015年11月9日

本当に自分がしなければならない仕事なのか、今、しなければならない仕事なのか、人に頼める部分は頼む。取捨選択が必要。
★2 - コメント(0) - 2015年11月8日

残業すると会社に迷惑。まさにその通り。あとは、内容的に読んだことがあるもの。時間を有効に効果的に使う必要を感じています。
★2 - コメント(0) - 2015年10月30日

今のままの働き方は長くは続けられないだろうなと漠然とした危機感はあったのだけれど、どうしていいかわからず思い悩んでいた矢先、本屋で目に留まり購入。「ワークライフバランス」という言葉にはずっと反感をもっていたけれど、「ワークライフシナジー」という言葉ならなんとなく納得できる。毎日定時退社を実現するためには、この内容を会社全体で全員が腹落ちして実践しようと思わない限り難しいだろうとは思うけれど、少なくとも私がまず実践することで私の働き方から少しずつ改善していきたいと思う。
★2 - コメント(0) - 2015年9月23日

仕事復帰に向けて②ライフワークバランスはライフワークシンパシー(相乗効果)5足のわらじは仕事時間を1/5にする!一人で抱え込まない!頑張れば何とかできちゃうことは、分担して楽になろう。
★2 - コメント(0) - 2015年9月12日

今読んでいるみんな最新5件(1)

09/12:ydendoh

積読中のみんな最新5件(2)

11/29:ゆーゆー
09/14:まりぼん

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

11/09:フク
10/05:あっくん
結果を出して定時に帰る時間術の 評価:100 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)