ある数学者の生涯と弁明 (シュプリンガー数学クラブ)

ある数学者の生涯と弁明の感想・レビュー(30)

3月16日:Hori
1月31日:gill
2016年11月6日:zoros
2016年9月17日:ムラカミ
2016年3月29日:nbhd
2016年1月29日:adikoh
数学者ハーディーが数学について述べた「ある数学者の弁明」と、その友人スノーによる「ハーディーの思い出」の2編。数学の美しさ、深さ、純粋さなどが語れるが、高慢ともとれるような感じ。「純粋数学は応用数学より有益」と述べながら、「純粋数学は戦争に全く影響を及ぼさな」というのは違うような気がする。純粋で実用に供さないゆえに数学は高い位置にあるという、数学者の矜持が伝わってくる。
★32 - コメント(0) - 2015年12月19日

老年で才能が枯れた数学者ハーディの悲哀に満ちた著述と聞いていたが、文学的な次元の価値はよく分からなかった。もう少し年を取らないと分からないのか。抽象世界一筋に生きてきた人間が人生の終わりごろに感じる得体のしれない不安を扱った本として興味深い。
- コメント(0) - 2015年6月19日

『放浪の天才数学者エルデシュ』にて言及があったので。著者は百年以上前に生れたヴィクトリア朝時代に育ったパブリック・スクール出のイギリス数学者だ。つまり、傲慢なほどの高潔さ、無謀なほどの勇気、呆れるほどの無邪気さの権化とでも見ておけば大して間違いはないだろう。それ故に、功成り名を遂げ、老いてもなお肉体的に活発だった人間が、肉体的よりも先に頭脳的に人生が終わったしまったことを自覚し、生涯を振り返るとき、イギリス的皮肉の精神ですら覆い隠せぬほどの純粋な絶望を感じることができる。そして、エルデシュはそれを超克した
★2 - コメント(0) - 2015年3月31日

2015年3月23日:石原和之
MrO
いかんともしがたいのだろうが、翻訳調が前面に出てきていて、読みづらい。この読みづらさが、英語と日本語の構造の違いに起因するのか、ハーディの数学者としての書き方に原因があるのか、わからない。これは、一発、英語で読まなければなるまいと、決心する。たしかに、一般の人からすると、数学を記述する文章も、普通の文章に比べ、分かりづらいものなのか。数学者から言わせると、明快、明確以外の何ものでもない文章なのだろうが。
★1 - コメント(0) - 2014年11月7日

”ある数学者の生涯と弁明”は,情熱的な遺書のような本であった.最高の数学は美しいばかりでなく,serious なのであるという話は,岡潔 が”春宵十話”で述べた,鋭い喜びに似ていると感じた.次のあたりは激情的である.”数学は瞑想の学問ではなく,創造の学問である.創造する力や意欲を失ったら,誰も数学から慰めを引き出すことはできない.そして,これは数学者に思いのほか早くやってくる.それは悲しむべきことであるが,もしそうなれば,彼はどのみち重要ではなくなるし,彼のことを心配することは愚かなことである.”
★1 - コメント(0) - 2014年4月17日

2014年1月30日:tototo
数学者が一度は抱くであろう疑問が弁明の中にかいてある。一回読んだだけでは文章の奥深さを理解できない。
- コメント(0) - 2013年12月5日

2013年8月28日:東堂冴
2013年7月27日:request
7年ぶり?の再読。20世紀前半に活躍したイギリスの数学者ハーディが一般読者に向けて「数学研究の価値」や「数学者の人生の意味」を語る前半部「ある数学者の弁明」と、それを年下の友人であるスノーが解説する後半部「ハーディの思い出」からなる。「弁明」は全編にわたりいかにもイギリス風の静謐さに包まれ、しかしその中でハーディは力強く、「数学者の考える創造というもの」を伝えようとする。「思い出」はハーディの人となりを描き、「弁明」の過激さをバランスするもので、こちらにはラマヌジャンとの関わりの話も出てきます。
★1 - コメント(0) - 2013年4月27日

2013年1月15日:†.* 叶夜 *.†
2012年12月25日:gussaksh
2012年12月13日:すきすき絢辻さん
2012年6月12日:
2012年6月3日:Rio Ohtsuka
2012年2月26日:FF256grhy
2012年1月3日:nozma
2010年8月31日:boxeur
2010年5月3日:aki
2007年12月29日:もへじ
2007年9月15日:ハム太郎

今読んでいるみんな最新5件(4)

12/27:Kurumi
11/06:MrO
01/18:tototo
04/22:ymatz

積読中のみんな最新5件(2)

04/07:ymatz

読みたいと思ったみんな最新5件(34)

02/20:きよえ
11/22:Yuki.O
01/19:クロ
ある数学者の生涯と弁明の 評価:47 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)