おおきいツリー ちいさいツリー

おおきいツリー ちいさいツリーはこんな本です

おおきいツリー ちいさいツリーを読んだ人はこんな本も読んでいます


おおきいツリー ちいさいツリーはこんな本です

おおきいツリー ちいさいツリーの感想・レビュー(209)

図書館本。大きいツリーの先っちょを、切って切って・・・、ねずみさんでやっとおしまいになったと思ったら、最初のお屋敷だったという、こういう繰り返しって、子どもが好きそう。今シーズンは間に合わなかったので、次のクリスマスに読んであげたいな。
★6 - コメント(0) - 1月16日

大きな大きなクリスマスツリー。先っぽがつかえて邪魔だからと、切って、切って、切って、切って、切って、最後はネズミのところへ。みんな素敵なクリスマスツリーで幸せ。
★4 - コメント(0) - 1月15日

少し大きなツリーでもになぜかみんな先端をちょん切る。根本を切ろうと考える人もいるが目の前であっさり先端を切られたり。途中からもういい加減小さくなってそうなものだが、切られ続けて最後はネズミに。それが最初の屋敷にいるネズミということで一周回って帰ってくる。
★1 - コメント(0) - 2016年12月27日

★★★★4歳2か月《再読》今年購入したクリスマス絵本。大きいツリーをお屋敷に運び入れたのですが、先が長くて曲がってしまってちょん切ります。それを捨てて、他の人・動物が拾って家に運び込む…の繰り返し。いろんな人・動物にツリーが行き渡って、みんながとっても幸せな気持ちになる♡ハートフルなストーリーにこちらもほっこり幸せになります♡
★5 - コメント(0) - 2016年12月25日

今日はクリスマス。児童クラブの子どもたちと一緒に工作でツリーを作った。そのあとにこちらを読み聞かせ。感のいい子はすぐに「ツリーを配っていくんだ」と気が付いたが、それでもあれこれ考えながら絵を見ていた。最後にウィロビーさんのツリーとその下のねずみの穴にあるツリーに子ども達が気が付いてびっくり!そんな仕掛けがあったなんて。子どもはすごい!
★8 - コメント(0) - 2016年12月24日

もうすぐクリスマス。ウィロビーさんのお屋敷に届けられたのは、見たこともない大きなクリスマス・ツリーで、先っぽが天上につっかえてしまいました…。■小さい子たちが喜びそうな たのしいお話♪ ウィロビーさんかわいい(ღ′◡‵) 執事のバクスターさんかわいい(ღ′◡‵) そうしてそして どこまでも旅するツリーの先っちょかわいい(ღ′◡‵) ■繰り返しの物語ってたのしいですよね。みんなににっこりのクリスマス、森のみんなも良かったね♪ (1963年)
★33 - コメント(0) - 2016年12月24日

MerryChristmasイブイブ~☆明日から息子が合宿でいないので、今日が我が家のクリスマス☆気分を盛り上げるために30年ぶりくらいに再会した本を読む。可愛い話。表紙のツリー、ちょっと残念なことに。さぁ、どうする!?伐るよね。そのあと、どうなる!?世界中のみんなが心穏やかに過ごせますように、と願わずにはいられない。
★44 - コメント(8) - 2016年12月23日

自分の不要は誰かの必要。 あげたりもらったりではなく、見つけて、というのがこれまたいいと思いました。 たくさんの人や動物たちが素敵なクリスマスを迎えられますように!
★5 - コメント(0) - 2016年12月22日

ウイロビーさんの大きなお屋敷に届いたツリーは、大きすぎて天井につかえてしまったので、切った先っぽを女中さんにあげた。そのツリーをもらった女中さんの家でも、かざってみると少し長いので先っぽを切って捨てた。するとその先っぽを他の誰かが拾ってまた…。森の動物たちもツリーを拾ってめぐりめぐって…という繰り返しが楽しい。大きなお屋敷にも小さなねずみの家にも、みんなのところにツリーがあって、みんなが幸せな気持ちになれた結末にほっこりした。 (8分)
★26 - コメント(0) - 2016年12月21日

家に入りきらないおおきなツリー、どうなるの?? みんながものを大事にするところ、拾ったそれで幸せなクリスマスを過ごしていてほっこり。うちにはちゃんとしたクリスマスツリーがないのですが、欲しくなります。
★49 - コメント(2) - 2016年12月20日

【既読:初読は2011.12】4年前の絵本は大抵覚えてないから,これも5年前だし絶対覚えてないと踏んで借りたのに「あ,これ,面白いよね~。」と8歳男児,絵本を手にとっての第一声^^; ここ1-2年内に図書館で1人読みしたとの事。それでも,好きみたいで何度も一緒に再読。テッペンがくにゅぅ~。っと曲がっているのを見る度にクスッ。チョキン!切った先っぽが「だんだん大きくなってるよ!」絵をじっくり観察し「ほら,やっぱり!枝の数が増えてる!」探偵のような息子w 最後ネズミ家の場所に「ここは!」気づいてまたニッコリ。
★25 - コメント(0) - 2016年12月16日

もうすぐクリスマスなので、アメリカで大人気のクリスマス絵本を読んでみた。 めっちゃほっこり (♡ˊ艸ˋ♡) みんなが幸せで素敵なクリスマスを過ごせるオススメの絵本*⑅୨୧
★79 - コメント(4) - 2016年12月15日

@図書館本。可愛いお話しだった~ほっこりした。クリスマスの読み聞かせにぴったり。大人も楽しめる。
★12 - コメント(0) - 2016年12月12日

小2娘に読んだら、次はだれがツリーを手に入れるのかを予想しながら聞いていた。なるほど、これでおおきいツリー、ちいさいツリー!みんなすてきなツリーを手に入れられてよかったね。娘もおもしろかった~とご満悦。
★5 - コメント(0) - 2016年12月9日

結果的にみんなで1本のクリスマスツリーを分け合う、幸せなクリスマスの準備!今の季節にピッタリ。
★5 - コメント(0) - 2016年12月9日

大きなツリーがどんどん小さくなって、みんなハッピー。 季節柄クリスマス用の絵本を探していて図書館で借りて試しに読み聞かせをしたけれど、まだはやいなー(2歳10ヶ月)
★5 - コメント(0) - 2016年12月8日

もうすぐクリスマス。ということで…。久し振りに読みました。小さなツリー,次は誰がもらうかな?
★7 - コメント(0) - 2016年12月7日

障害者学童保育デイサービスで読みました。読み終わってから、「いくつクリスマスツリーが出来た?」と問いかけたら、一同ガクッ。
★14 - コメント(0) - 2016年12月6日

読み聞かせ(208)ちょっと長め。だけど、楽しく聞いてくれました。最初のツリーと最後のツリーを見比べると、大きさの違いがよくわかってよかったようです。
★28 - コメント(0) - 2016年12月2日

みんなにピッタリのツリーがあって良かった!クリスマスの時期、楽しい気分になれる絵本。
★27 - コメント(0) - 2016年11月27日

大きなお屋敷に入れたツリーは大きすぎて天井で弓なりに・・・キツそうだから先端をチョキン!あれ?その先端もツリー?繰り返しの絵本ですが、色んなおうちで飾られたツリーの挿し絵も欲しかったなー。6分。
★9 - コメント(0) - 2016年11月27日

どんどん小さくなっていくツリーが渡り歩き喜びをふりまくのが、ぴったりなクリスマスを思い出したけれど、いらない部分をポイっはかなしいわ。そのかざらなさも好きだけど。
★4 - コメント(0) - 2016年11月24日

息子5歳1人読み。
★10 - コメント(0) - 2016年11月17日

広間に立てるには大きすぎたツリーですが、先端を切ると素晴らしいクリスマスツリーになりました。 でも、切ってしまった先っぽは? 一本の大きなツリーが、次々といろんな人たちのクリスマスを盛り上げていく展開に、とても微笑ましい気持ちになりました。 多くの人たちをしあわせに出来るなら、切られたツリーもきっと本望ですよね。
★17 - コメント(0) - 2016年11月13日

ツリーが小さくなれば、持ち主も小さくなる。小さな子供たちが大好きな、くり返し。どこまでつづくの?最後は???私の予想通りだった。みんなが素敵なクリスマスを迎えることが出来て良かった!
★18 - コメント(0) - 2016年5月23日

読んでいるうちにだんだん楽しくて幸せな気持ちになれる。人間だけじゃなくいろいろな動物たちがクリスマスツリーを飾って幸せを感じているってすてきだなあ。
★6 - コメント(0) - 2016年1月5日

4歳9ヶ月。図書館本。確かにクリスマスツリーって、不思議な力を持ってるようだね。見ていて幸せな気分になれる。
★36 - コメント(0) - 2015年12月24日

読了済み。素敵なお話。みんなが幸せになるクリスマス。
★12 - コメント(0) - 2015年12月22日

幼稚園の先生に年中さんの賛美礼拝後にプレゼントとして読んでもらった本
★3 - コメント(0) - 2015年12月21日

児童クラブで1年生と3年生の女子に読み聞かせ。大きなツリーのてっぺんが天井につかえるので切り取られてしまう。その先がどんどん小さくなってそれぞれの人の手に渡っていく。どこでもツリーは大歓迎され手にした人や動物が皆幸せな気持ちでクリスマスを迎える。聞いていた子ども達は、何人にツリーが渡ったか気になって一緒に数えた。「皆よかったね」と優しい感想付きで喜んでいた。
★6 - コメント(0) - 2015年12月20日

山のてっぺんからお金持ちのお屋敷に届けられたクリスマスツリー。見たこともないほど立派な立ち姿で、お屋敷の大広間の天井につっかえてしまいます。仕方なくツリーの先をバッサリ。それは小間使いの女性に贈られました。まだまだ素敵なツリーの姿をしていて、女性の部屋には大きすぎたので、先をチョキン。それはまた……。幸せのおすそ分けがリレーになって、ユーモラスでハッピーなストーリー。2000年10月初版。
★79 - コメント(0) - 2015年12月12日

何ともハッピーなお話です。絵もかわいらしくって。人間も動物たちもみんなを幸せな気持ちにしてくれるツリー。素敵なお話に心もぽかぽか。
★13 - コメント(0) - 2015年12月12日

★★★★★3歳1ヵ月。クリスマス絵本9冊目。これまたとんでもなく素敵な絵本に出会ってしまいました!返却するのが惜しい、購入したい!お金持ちの家に運ばれた大きいツリー、長すぎる部分を切って捨て…それがどんどん繰り返されて、全員がハッピーになれるという面白く温かいストーリーです。ほっこりして親子共々温かくなれるような絵本です。
★4 - コメント(0) - 2015年12月3日

こちらもイベントで紹介されていたので手に取りました。素敵なクリスマス絵本です。最後みんなが幸せになるのがいいですね。
★49 - コメント(1) - 2015年11月23日

購入本。絵がとてもかわいくかわいいお話です。もうすぐクリスマス。ウィロビーさんのお屋敷き届けられたのはみた事のないおおきなツリー、けれども大きすぎて、先を切る羽目に、、、その切ったツリーを小間使いのアデレードに送って、、、、。クリスマスにぴったりの絵本です。
★20 - コメント(0) - 2015年11月11日

おおきいツリーを買ったけど、おおきすぎて天井につっかえたので、ぶちっと切っちゃうところは、いきなり?!って感じてびっくりしましたが、じつはそこから、どんどんツリーのおすそ分けみたいに(実際はおおきいからとみんなチョキチョキ切っちゃうんですが)、ツリーが拾われてみんながそのツリーのおかげでクリスマスを幸せに過ごすというなんとも素敵なお話でした!
★14 - コメント(0) - 2015年2月10日

子供が選んで借りた本。クリスマスも終わってしまったし時期外れだなぁ…と思いながらも子供の為に朗読するととっても温かくて可愛いお話でした。今度はクリスマスの時期に読みたい。
★6 - コメント(0) - 2015年1月22日

クリスマスということでチョイス。ひとつの大きなツリーから生まれる、小さなツリー。手にする人や動物たちが、そのツリーに見あったサイズなので、次に出てくるのは何かなー?と想像しながら読めて楽しい。ただ、息子は「このツリー、途中で大きくなってるよね?」と。確かにそう見えるよね(^_^;)
★8 - コメント(0) - 2014年12月25日

読み聞かせ(258)クリスマス前なので読んでみた。知っている子が多かったけれど、楽しく聞いていた。どんどんツリーが小さくなっていくのが、おもしろい!どのツリーもすてきなツリーでした。
★52 - コメント(0) - 2014年12月24日

面白かった。ツリーが増えていく様や、一番大きいツリーと小さいツリーの大きさを想像すると楽しい。心温まる絵本。リズムも良い。
★17 - コメント(0) - 2014年12月19日

おおきいツリー ちいさいツリーの 評価:68 感想・レビュー:71
ログイン新規登録(無料)