企業価値評価 第5版 【上】

企業価値評価 第5版 【上】の感想・レビュー(34)

通読はせず
- コメント(0) - 2016年8月29日

2016年7月30日:mononofu
2016年1月27日:metsu
2016年1月4日:TadashiK
2015年10月22日:test
2015年10月12日:Iruka
2015年10月12日:Atsushi Kamata
2015年9月25日:Ciao
2015年7月8日:Takao Umetsu
2015年6月9日:Shoki Yamazaki
16
なんとか4月中に上巻読みおわた、、、なんとなくの事前知識は証アナであったものの、やはり途中途中の数式がすんなりは入って来なくて。。。でもコンセプトはなんていうか非常にわかりやすいし、この手の本にしては読みやすいんじゃないかなと思った。
★2 - コメント(0) - 2015年4月26日

2015年1月2日:kskhn
企業価値を最大化するには、何が成長率を高め結果として価値を創造しているか理解して売上高が増える事で生み出される価値こそ重要になる。競合の対抗により価値が変わる。革新的な商品で新規顧客開拓や既存客の流れが変わり競合に一時的優位性を保て価値が上がる。市場シェアの獲得による売上の増加は競合からシェアを奪う事で成立するので成熟業界は激しく対抗されインパクトが欠け価値増加になりにくい。変更の必要がない製品を生産し続ける事は収益を安定させることが出来る。変革や競争に巻き込まれやすい体質は価値を上げることは困難
★8 - コメント(0) - 2014年12月5日

2014年10月17日:tanajin
2014年7月23日:Naoto
最近、ある化粧品会社やNPO法人の収益を増やすため、財務モデリングを作成する機会があった。 財務の数値から複数の事業シナリオを策定し、それに従い事業ドライバーの感度を検討することで、オポチュニティーやリスクを定量的に把握し、迅速かつ的確に意思決定出来る大きな可能性を感じた。 これまで自分自身がどれほど、シュミレーションを怠って事業を行ってきたと考えると恐ろしくなると同時に、何年も経営が続いて企業の収益モデルがなぜ上手くいっているのかが、自分なりに解釈出来るようになってくる。数値の魅力に憑りつかれそうだ。
★3 - コメント(1) - 2014年5月25日

2014年2月1日:N.W.R.
2014年1月1日:HIKARU
2013年10月28日:keimalbot
2013年9月30日:kskhn
2013年6月3日:くまりん
2013年5月14日:Asura
必要とされる水準はそれほど高くはないけれども、本書を読みこなすには、企業会計についての知識がある程度必要。読んだ感想としては、企業価値を算定するのに必要な分析手法を丁寧に解説しているため、非常によくできた本だと思った。ところが、解説が丁寧すぎるのも考え物で、すぐに要点をつかめない箇所がところどころある。
★1 - コメント(0) - 2013年2月14日

2013年1月13日:ywthm
言わずと知れた、Valuationと言えば、の書籍の最新版。その発想・手法を、基礎から網羅的に解説しようとした書籍。上巻においては、MBAで教えられるであろう内容が、具体的な数値例、分析展開も含めて解説されている。和書で、実務で使う内容がしっかり書かれている書籍はなかなか無いので、やはり本書は重宝すると思う。
★2 - コメント(0) - 2012年12月6日

2012年10月4日:kskhn
2012年9月26日:kakuka_fuji
2012年9月16日:yasu
--/--:藤幸助
--/--:㎡itsuo
--/--:優斗

今読んでいるみんな最新5件(10)

08/16:mass
09/26:おにぎり
09/12:Ciao
04/12:のぶ

積読中のみんな最新5件(3)

05/21:Ruther
02/20:m-nakamura
02/11:Mozcune

読みたいと思ったみんな最新5件(30)

07/19:yellow-seed
06/29:dzzzzzzzzb
06/25:mass
06/14:Alex
04/11:foxtile
企業価値評価 第5版 【上】の 評価:41 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)