人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと

人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのこと
184ページ
171登録

人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのことの感想・レビュー(94)

潜在意識や周りの抵抗に負けないように頑張る。沖縄が舞台だった。最後に書かれていたカフェと食堂に行って見るかな?
★1 - コメント(0) - 2016年11月8日

読みやすい。アドラー心理学に共通点がおおい。どういう場面でどうしたらいいのかなど具体的なので実践しやすい。
★1 - コメント(0) - 2016年8月23日

脳に対する正しい質問の仕方。 1.自信をつける方法:自分との約束を守る。(一人行動する)//2.自分の行動は全て自分で選択している。//3.「どうすればうまくいくだろう?」//4.感じたことをストレートに、素直に。//5.受け入れ方。「おもろいな〜、それ。」、、器。
- コメント(0) - 2016年8月21日

よかった。メンタルがやられたときにまた読みます。
- コメント(0) - 2016年7月1日

とっても読みやすいのに、ひとつひとつの教訓が深く読み取れて心に残りました。 すぐに実行してみると気持ちが楽になり、過ごしやすくなりました。
- コメント(0) - 2016年5月20日

なるほどなーと思いつつ読了。前向きな気持ちになれる本。黒猫思考は少し難しそう。けれど楽に生きられそう。
- コメント(0) - 2015年12月27日

嫌なことを思い出したり難しいことを考えたり書き出したりしなくていいので、ハードルが低く実践しやすい。 内容のほとんどが会話形式ですんなり読めて、先生役が黒猫だというのも説教臭くなりすぎず良かった。
- コメント(0) - 2015年12月10日

自分の脳は自分が思った通りの自分を作り出してしまう。「自分なんて」とよく思ってしまいがちなので改めなきゃと思った。黒猫のように自分は自分と凛として生きていけたらいいけどなぁ。
★1 - コメント(0) - 2015年8月19日

流し読み。自分には合わず。内容は自己啓発を網羅したような小説。
★2 - コメント(0) - 2015年6月19日

とにかくまず、嫌われてもいいという前向きな覚悟を持つだけでも、随分と気持ちが楽になることが実感できる。
- コメント(0) - 2015年6月12日

「問題」と「(問題から生じた)気持ち」を分離する技術の重要性に共感。例えば防災分野では、「災害が起こってほしくない気持ち」が「災害を見つめること」「防災対策を進めること」を阻害している。他人に批判された時も自分と違う意見を面白いと受け取るユーモアを持って、原因を冷静に分析する力を養いたい。 セルフイメージの書き換えは今話題の"ビリギャル"に出てくる自己成就予言に通じるものがあった。"本当の自分"は探すものじゃなくて作り上げてくものだと肝に命じたい。
- コメント(0) - 2015年4月18日

久しぶりに一冊の本を読むことができました。 心に残る言葉がいっぱいありました。 その中でも1章の『黒猫の講義』では「未来から逆算して生きる」と、3章の『変化を促進する方法』の「セルフイメージを書き換える」に響きました。 今の私にピッタリの言葉です。 「なりたい自分を決める」ことで、行動・人生が変わる。 ワクワクして楽しい気持ちになりました。 パンニャーさんの読了本を参考にさせていただいて、この本を手にとりました。 ありがとうございます(*^^*)
★44 - コメント(2) - 2014年11月19日

自分の人生は自分の理想通りに創っていくもの!と自覚できた。人に嫌われるのが怖いというセルフイメージを必ずしもみんなに好かれる必要はない。自分が充実していればそれで幸せだ。というものに置き換える。 過去に縛られていたが、過去とはどんどん遠ざかるもの、未来はどんどん近付いてきて、無限の可能性から自分が選択できるものという考えが新鮮で取り入れたいと思った。
★4 - コメント(0) - 2014年10月24日

ガネーシャ系の小説仕立ての自己啓発本。さらっと読めるけれど、あまり共感はできませんでした。分かりやすいようで、分かりにくい。
★31 - コメント(0) - 2014年7月24日

この本はわかりやすかった。物語風になっているから、実際に変化する姿で、内容をうまく表してると思う。セルフイメージの書き換えと夢リスト、未来から逆算することは、実践したい。難しそうと思った時点で、脳は難しいと思い込んじゃうんだな。無理なく前向き思考できそうな本だった。
★16 - コメント(0) - 2014年6月7日

脳科学関係でおすすめされたので読んでみた本。個人の意志を強く持ちたい人向けの本ですね。専門用語が噛み砕かれており、ストーリー形式なので著者の伝えたいことはイメージできると思います。黒猫の絵も和やかでいいです。個人的にはこの思想の一部を取り入れて「三毛猫思考」「キジトラ思考」にできればと思ってます。
★2 - コメント(0) - 2014年4月14日

評価4
- コメント(0) - 2014年3月16日

ストーリー形式でとても読みやすかった。 試してみたい気持ちにしてくれる本です。 まずはやりたい事を書き出してみようと思います。
★2 - コメント(0) - 2014年2月15日

同時並行して読んでいた「嫌われる勇気」という本が衝撃的すぎて、あまり覚えてない、、><
- コメント(0) - 2014年1月12日

うまくいった気になった後の落とし穴。最後の章が気になりました。ありがとうございます。/天狗にならずに、クラウンに[なろう]。いつもまんまるな赤い鼻をポケットに♪ 
★20 - コメント(5) - 2013年11月26日

物語になってて読みやすく受け入れやすい。頭で考えたように脳は再現してくれている。プラス思考でいこう。
★13 - コメント(1) - 2013年10月2日

夢を…の象が猫になった感じ。可もなく不可もなく。こういうのが素直に読めないからいけないのかもしれないけど、ありきたりだなぁ、と。まぁ、前向き思考は大事なのはわかった。
★1 - コメント(0) - 2013年7月29日

セルフイメージを書き換える、というところが一番好きです。 "セルフイメージは、自分で思い込んだり、他人から指摘されることで形成される。人は、このセルフイメージ通りに振る舞ってしまう。(中略)セルフイメージをうまく書き換えてしまえば、なりたい自分になれるのだ。"
★2 - コメント(0) - 2013年7月15日

なぜに黒猫思考? 白猫や三毛猫じゃダメなの?・・・ふ~ん、黒猫=嫌われ者の象徴だから・・・あえて人に嫌われたっていいや、自分らしく生きるんだ!という気概を持つために黒猫思考。そういう理由のネーミングらしい。いやさ、私は自分の意見をはっきり言う人だから言うけど、黒猫=嫌われ者じゃないから、愛すべき黒猫だから!(笑)
★7 - コメント(0) - 2013年7月14日

とても読みやすいけど、簡潔にまとまっていてよかったです。 読了の翌日に付せんつけながらもう一回再読しました。
★1 - コメント(0) - 2013年6月10日

小説みたいで予想したよりおもしろかった。文句があったら本人に言うこと。空気を読まずストレートに伝えること。そういう人だって思われて、特に問題のないときから、そういう行動を取っていれば、相手は驚かないんだと思う。なるほど・・・。
★2 - コメント(0) - 2013年5月10日

著者のセミナーに行き、隣の人から勧められて即買いしました。考え方と使う言葉で脳の働き方は大きく変わることを、黒猫を語り手にしているところが特徴です。なぜ黒猫なのかはわかりませんが。さくっと読めるので本をあまり読まない人にもおすすめ。
★2 - コメント(0) - 2013年5月10日

★★★★☆
- コメント(0) - 2013年4月29日

大きなコンセプトとしては、自分に正直に。そして前向きに。 そう生きるためにはどのようなメンタルに持っていけば良いかを、黒猫的思考としてストーリー仕立てで指南してくれます。 わが身を振り返らせられる事も多く、良かったです。 ただ、物語内に登場した資料をホームページからダウンロードできると言うことでそのページに行ってみると、入手するためには、名前から住所までネットショッピングするかのような個人情報を登録しないといけない。なぜなんでしょう?アンケートぐらいならまだしも…。ダウンロードはあきらめました。
- コメント(0) - 2013年4月23日

凄く読みやすくてためになりました。 人に嫌われてもいいやぁーって軽く思えるようになりました。 読んで良かったです!
★2 - コメント(0) - 2013年4月7日

考え方次第で、どんどん人生を変えていける見本のようなストーリーが分かりやすい。人に合わせ過ぎない、ネコらしい価値観が評価されていて、ネコ好きにはちょっとうれしかったりします。
★8 - コメント(0) - 2013年3月12日

さらりと読みやすく、具体的で自身に引き寄せやすい内容でした。いい方向に変化するだけではなく、その先にある躓きにも触れられていたので、実践の心構えもできそうです。
★2 - コメント(0) - 2013年2月15日

表紙&タイトル買いだったんですが、なかなかためになる内容でした。まずは夢を700個書きだしてみようかな。
★2 - コメント(0) - 2013年2月5日

疲れた~、だるい~、な目標を見つけられずダラダラ生きてる主人公の上昇ストーリー。実在するお店やイベントが出てくるところがリアルとリンクしていて面白かった。
★1 - コメント(0) - 2013年1月23日

推定133歳?の黒猫という主人公がおり、悩みながらも黒猫から9つのルールを教えてもらうという小説風自己啓発書。書いている内容は、原理原則であり、あまり本に馴染みが薄い方でも読みやすい内容となっています。特にビジネス書をあまりよまない方でも一度読んでもいいのではないか?と思います。まとめブレない自分になるためには…黒猫思考1 人に合わせないー自分の価値観をつくる2 群れずにひとり行動するー自分に自信をもつ3 受身にならないー行動も感情も自分がきめる4 モヤモヤは人に吐き出さないー自分で解決する5 ストレート
★1 - コメント(0) - 2012年12月28日

名前買いしました笑 タイトルから、今はあまり必要なさそうな本だなと思ったのですが、めっちゃ学べました。 多くの啓発書は、抽象的で上滑り感があったりしますが、本書は具体的に書かれていて良かったです。
★3 - コメント(0) - 2012年12月27日

こういう本は大概、表面的な事だけを書いていて、実際に向き合う問題については一切触れていないものが多いけれど、この本は「確かにそうだけど、実際はこういう問題にぶつかるんだよねぇ~」と思いながら読んでいくと見事に「そういう場合は・・」と対処方法が書かれていてビックリ!!つまり・・まさに私向けのご本だった、と言うこと!ひええ。恐るべし・・!!
★4 - コメント(0) - 2012年12月25日

黒猫の「ライオン」が人生を良くするアイディアを教えてくれる物語。NLPとかコーチングとか引き寄せの法則などが散りばめられています。なんか勇気をもらえる話、続編出て欲しいな。
★4 - コメント(0) - 2012年12月21日

自分を持っている人には当たり前のことが書かれていたけど、ぶれやすい私には分かりやすくよかった。とても読みやすいので気楽にさっと読める1冊。
★2 - コメント(0) - --/--

人の目を気にせずラクに生きるために黒猫が教えてくれた9つのことの 評価:85 感想・レビュー:40
ログイン新規登録(無料)