陰者の告白 (ちくま文庫)

陰者の告白の感想・レビュー(10)

2月2日:c6
2016年6月8日:半殻肝
著者はフランス文学者で平野レミさんのお父さま。15年に渡ったヤク中の告白。乱用、精神病院の生活、フェティッシュの告白、離婚・再婚、オーバードーズによる昏睡、どれも事実とは思えないほど。壮絶。
★1 - コメント(0) - 2015年1月22日

2015年1月12日:まんねんしつ
これはスゴイ本です。著者はフランス文学者で平野レミさんの父だったりする人ですが、早稲田在学中に鼻づまりに効くと友人からコカイン1回分を貰ったら強烈に効いてしまい、いきなり文書偽造してコカイン入手等々の薬中一筋15年の記録な訳です。何せ詩人で頭もいい人なので、皮下注射と鼻腔摂取の効果の違いや、抱水クロラールの経口摂取方法の具体的さやトリップ描写のウゲゲなところが素晴らしく、凄く良い人だった最初の嫁の健気さやそれを欺く家庭崩壊の具合、次々死んでゆくコカイン仲間や失踪した薬中彼女などは文学風味。薬ダメ絶対!
★4 - コメント(2) - 2014年10月24日

うわぁ、なかなか面白かった。女の手について分かる気もする。もう、表現の仕方が流石というか………鳥となって空中をとんでいくのよ
★1 - コメント(0) - 2013年10月11日

--/--:苔丸
--/--:ノチヲ

今読んでいるみんな最新5件(2)

05/09:agrippa69
07/29:bee38
陰者の告白の 評価:60 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)