聴耳草紙 (ちくま学芸文庫)

聴耳草紙の感想・レビュー(13)

2月13日:バルス
小さい頃絵本で読んだ物も多くあり、あらためて絵本の重要性を確認。もう誰も知らない話が各地にどれくらいあるのか考えると切なくなるが、少しでも残せたらと思う。
★2 - コメント(0) - 2016年1月26日

2015年6月16日:お粥
2013年11月25日:とが氏
親から子や孫へ語り継がれて来たこの国の物語たちの豊かさに嬉しくなり、その物語の裏側や歴史を考えさせられ、一人のある人物の偉業とその現実に想いを馳せる。民族学的や学問として意味ある物語集なのでしょうが、この豊かさを物語として次の時代にも伝えていけたらいいなあ、と思います。
★5 - コメント(0) - 2013年6月30日

2012年12月9日:F
2012年6月7日:
2012年5月29日:Choronzon
2012年1月11日:半殻肝
--/--:yagyou
--/--:おらり
--/--:baba

今読んでいるみんな最新5件(3)

04/15:yuuchann
12/28:半殻肝

積読中のみんな最新5件(4)

01/28:バルス
01/12:半殻肝
09/17:uchi93

読みたいと思ったみんな最新5件(29)

03/19:Hirosi
02/28:OkawariGohan
01/01:文吾
10/27:バルス
聴耳草紙の 評価:46 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)