ソフィストとは誰か? (ちくま学芸文庫)

ソフィストとは誰か?の感想・レビュー(23)

2016年9月28日:ダメ太郎スマイル
2016年4月15日:ピュシス
2016.03.22(2016.03.17)(つづき)納富信留著。  03/12  (P014)  ギリシャに始まった西洋の「哲学」には、19C以降、とりわけ20Cに、根本的反省が加わる。  「哲学」の営みは科学技術の悪用や全体主義の暴力など人類を不幸へと導く元凶となったのではないか。  その始まりに批判的にかかわってきたソフィストが見直されてもいいのではないか。  しかし、歴史の舞台から姿を消しているソフィスト。  ソフィストとの対決によってのみ哲学の可能性を手にすることができる。 
★43 - コメント(0) - 2016年3月22日

2016年1月31日:pheebin
2016.01.27(2016.02.17)(つづき)納富信留著。  01/18  (P016)  ソクラテスは、彼と対話した多くの人々の反発を引き起こし刑死する。  しかし、やがて「哲学」が学問や職業として確立され定着すると、その存在は自明のものとされてしまう。  当初哲学が突き付けた厳しい問いは専門家集団の内輪のパズルと化し、象牙の塔の中の遊戯と化してしまう。  デカルトの「魔物」や、カントの「懐疑論」は哲学を根源から問い直すものとして、真摯な道を切り拓いていった。 
★45 - コメント(1) - 2016年1月27日

2016.01.26(2016.01.17)(初読)納富信留著。  01/17  (納富信留)  1965生まれ、東京大学文学部哲学科博士課程、九州大学助教授、慶応大学文学部教授。  2007.-2010.、国際プラトン学会会長。  (あとがき)  ソフィストを書くことの困難。  哲学は、ソフィストを哲学者から区別し批判した。  しかし、ソフィストたちは、その区別を認めず、哲学の意味そのものを消去しようとする。 
★53 - コメント(1) - 2016年1月26日

ソフィストたちのテクストが翻訳されたあとで注解が加えられるパートがスリリング。アルキダマス論は、語りとエクリチュール、あるいは観念とその提示の関係を考え直すときに参考になる論点が多く含まれているように思った。
★2 - コメント(0) - 2015年10月26日

ソフィストと言うと悪役と言うか非難される対象のようなイメージがあるけど、人に物を教えて金を貰う事を非難されるのは今までよくわからなかった。この本を読むとなんとなく理解できたかな~って気がする。ソクラテスとソフィストを対立させたプラトンの話とか面白い。ゴルギアスの作品を読めたのは良かった。特に『ヘレネ頌』の方はソフィストの感じが分かる気がする。もっと哲学やソフィストの勉強がしたいな。
★17 - コメント(0) - 2015年9月21日

2015年9月16日:別ミルメ - BETSU MIRUME
2015年6月10日:Natsuki Yoshikado
2015年6月4日:みかんの下
タイトルを見て、ソクラテス?と思った私デス。私がソフィストと聞いて想像するのは、クロでもシロにしてしまう辣腕弁護士。真実に関係なく、口八丁手八丁で弁を弄し被告を無罪へと導き、多額の報酬を請求する者。あながち当たらずとも遠からず、な印象を本書から受けた。モヤッとした感想しか抱けないのは、ソフィストの対に哲学者を置き、哲学者じゃない者がソフィストという話にも読めるからか。今、紐解ける資料として、ソフィストを批判した哲学者側の書物しか残っていないのは辛い。保守と野党が争っても、一般人には政治家と一括りの感あり。
★12 - コメント(0) - 2015年5月18日

2015年5月9日:Yasuhiro Okamoto
2015年4月19日:
2015年4月10日:ユルフワテス
2015年3月29日:とみちゃん
2015年3月28日:hundari
古代ギリシア社会ではアルファベット文字の発明で習得が容易になったために逆に軽んじられた書き言葉。ゴルギアスの弁論テクニックが面白い。現代に生まれてたら大人気文化人にでもなってたんじゃなかろうか。不思議な少年のソクラテス編でやりこめられたオッサンのイメージしかなかったので新鮮だった。
- コメント(0) - 2015年3月22日

詭弁を操り人を欺く連中としてネガティブなイメージで捉えられてきたソフィストの実像を一次、二次資料の読解を通じて明らかにする。哲学者プラトンはソフィストをしきりに批判するが、実は、当時「ソフィスト」という名称は確定した実体を持ったわけではなく、むしろ、哲学者が、真理の探求という自らの営みが哲学であることを、自分たちはソフィストではないという仕方で規定することによって、「ソフィスト」が誕生した、ということが明かされる。
★2 - コメント(2) - 2015年3月22日

2015年3月20日:半殻肝
2015年3月14日:Tomy
2015年2月24日:ゴーゼ
2015年2月18日:hk0125

今読んでいるみんな最新5件(1)

01/28:北摂人

積読中のみんな最新5件(1)

04/02:Books'Lupin

読みたいと思ったみんな最新5件(24)

03/19:あつと
10/21:begemote
07/03:権威主義
06/30:バルジ
05/29:たいじ
ソフィストとは誰か?の 評価:70 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)