明治探偵冒険小説集 (4) 露伴から谷崎まで (ちくま文庫)

明治探偵冒険小説集 露伴から谷崎まで 4巻の感想・レビュー(9)

読んだことのある作家の作品もあれば全く知らない作家の作品もあって面白い。時代を感じさせる筆運びも今読めばかえって新鮮で生まれてもいない時代なのに懐かしくもある。やはり今に至るまで広く名を知られている作家の作品は読みやすく巧いと思った。
★1 - コメント(0) - 2月13日

58−2016
- コメント(0) - 2016年7月10日

幸田露伴、国木田独歩、谷崎潤一郎以外の作家はマイナーな感じで読んだことがありません。明治の探偵冒険小説集ということで、今から見るとなんだ雄思われるようなものもありますが、当時の風俗などが知れていいと感じます。谷崎の作品「秘密」は今読んでいる潤一郎ラビリンスにも入っていないようで楽しめました。
★41 - コメント(0) - 2015年2月11日

どの作品にも現代ではあまり見られない、当時の人間でしか書き表せぬ不気味さ、滑稽さ、良い意味での古臭さが感じられて面白かった。言葉のリズムが整っていてともすれば現代語よりもスムーズに頭に入ってくるような気がした。谷崎潤一郎『秘密』が一番良かった。
★1 - コメント(0) - 2011年12月31日

すんなり読めない作品もあって日本語の変化に戸惑う。でも普段使わない感覚が刺激された気がして読む価値は充分にあった気がする。日本語はいいなあ。
★1 - コメント(0) - 2011年10月19日

2011年9月21日:半殻肝
2009年8月29日:まりん
2005年10月24日:nora

今読んでいるみんな最新5件(1)

09/20:半殻肝

積読中のみんな最新5件(4)

11/24:来古
10/03:bebeckck
05/26:oyu
03/20:nukunuku

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

12/24:ホームズ
02/12:みかん
10/22:馬の背
09/16:ハルト
明治探偵冒険小説集 露伴から谷崎まで 4巻の 評価:100 感想・レビュー:5
ログイン新規登録(無料)