接客セブンティーズ―清水義範パスティーシュ100〈4の巻〉 (ちくま文庫)

接客セブンティーズ―清水義範パスティーシュ100〈4の巻〉の感想・レビュー(32)

笑ったのは、「蕎麦ときしめん」「動物ワンダーランドーヒト特集」「秘湯中の秘湯」「欠目戸街道を辿る」「みどりの窓口」「接客セブンティーズ」「奥の細道」「秘密倶楽部」だが、その中でも「接客セブンティーズ」は爆笑した。高齢者優先雇用法というものが成立して、七十三歳のお婆さんがデニーズでウエイトレスをし、ピンクのミニスカートを着ているので、膝の横に貼ってあったエレキバンが客に見られてしまったという箇所は爆笑した。「時代食堂の特別料理」はピクサー映画「レミーのおいしいレストラン」に非常に似ている。
★3 - コメント(0) - 2016年11月3日

玉石混淆の短編集だが、面白い作品が多いと思った。
- コメント(0) - 2014年11月5日

ryu
「きしめんの逆襲」が入っていない、だと…!?
- コメント(0) - 2011年12月12日

蕎麦ときしめんがやはり傑作☆
- コメント(0) - 2011年10月21日

この巻は以前読んだ作品が多かった。が、何度読んでも「時代食堂の特別料理」は秀逸!確かTV「世にも奇妙な物語」でも映像化と記憶するが、さてどんな味付けだったかは?
- コメント(0) - 2011年6月22日

★★ ◎「蕎麦ときしめん」、〇「マツノギョウレツケムシ」、〇「奥の細道」、〇「大騒ぎの日」、〇「時代食堂の特別料理」
- コメント(0) - 2011年4月27日

『秘湯中の秘湯』がお気に入り。
- コメント(0) - 2010年1月10日

以前も思ったけど「蕎麦ときしめん」の名古屋人論は面白い。微妙に事実と誤解が入り混じっているあたりがいい。表題作も、ばかばかしいのだけど妙に笑えた。どの作品も頭をリラックスさせながら読めて、旅行先に持っていって車内で読むにもいいかも。
★1 - コメント(0) - 2009年7月14日

ニュース番組の地方紀行に仕立てられた「奥の細道」と、大化の改新がワイドショーやニュースで放送される「大騒ぎの日」が秀逸だった。
★1 - コメント(0) - 2009年5月17日

世相・ビジネス・マスコミなどを笑いのめす17編。表題作に出てくる働く70代の接客業は、新聞の集金人、マクドナルドとデニーズ、そしてクリーニング店の店員とピザの配達人。そのとんでもない接客シーンは・・・ちょっと想像しただけで笑えるでしょ。もちろん読めば想像していた時以上に笑えますよ。
★1 - コメント(0) - 2009年4月23日

今読んでいるみんな最新5件(2)

03/01:半殻肝

積読中のみんな最新5件(7)

02/13:けけくち
12/06:なんと
04/18:まりーむ

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

10/20:ちぇ。
05/06:ペコ☆
08/27:あい♪
接客セブンティーズ―清水義範パスティーシュ100〈4の巻〉の 評価:63 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)