屋上がえり (ちくま文庫)

屋上がえり (ちくま文庫)
255ページ
61登録

屋上がえりはこんな本です

屋上がえりはこんな本です

屋上がえりの感想・レビュー(34)

★3 - コメント(0) - 2015年12月19日

失恋も食べ損ねたサンマも年長者からの耳の痛い助言も、全て同じテーブルに載せてあるような、かと言って淡白に生きているわけではない。偏らないものの見方にほっとする。
★3 - コメント(0) - 2015年10月6日

ただいまで、さよならで、こんにちは。
- コメント(0) - 2014年11月17日

屋上に登りたい。遮るもののない空間で空を見上げたい。普段はどちらかといえば部屋の隅にうずくまるほうが好きな私にもそう思わせる。とはいえ千さんの視線は大空や遠くを眺めているのではなく、すれ違うひとたちや哀愁漂う遊具たちなどを見つめる。その細やかな視線を追っていると、自分もそこにいたような気持ちになっていくから不思議だ。次の晴天には、屋上に登ってみよう。ぼんやりと、自分の気持ちだけを感じてみたい。
★11 - コメント(0) - 2014年9月30日

石田千さんの文章は素敵だけれど、自己満足?陶酔してるのではないか?そんな思いも抱きつつ楽しめる石田節♪心が静かなときに少しづつ読むのがよろしい。
- コメント(0) - 2014年7月27日

この本を読んだら青い空を眺めて屋上ビールが飲みたくなったのです。
★6 - コメント(1) - 2014年5月17日

マニュアルカメラのファインダーを覗いて見たゆったりした景色を思い出しました。屋上が持つ特有の気だるさや安心感がぽつりぽつりと伝わってくる。こんな人見たことあるなあ、という不思議な既視感。懐かしくて、立ち入り禁止の屋上の鍵をピンで開けて忍び込んでいた高校時代を思い出しました。
★20 - コメント(0) - 2014年3月20日

東京には意外に、屋上が存在してたことを知った。夜景よりも生活臭ただよう、けれども地上よりはふわっと浮ついた感じ。
★2 - コメント(0) - 2013年8月20日

屋上は普段見えないものを、出会えないものを見せてくれる不思議な場所だ。のぼってみなければ、どこからともなく吹いてくる風がこんなに気持ちいいことも、その風が食べ物の匂いや人のぬくもりを運んでくることも知らないままでいたはずだ。石田さんの文章は一文一文が非常に短くこぎみいいだけに、一度読み始めると止まらなくなる。今日みたいな暑い日に、屋上気分でビール片手に枝豆でもつまみながら読むのにはぴったしな一冊かもしれない。
★9 - コメント(0) - 2013年8月15日

屋上も様々で、そこにいる人、していることも様々でいろいろな世界ができているのですね。 東京のビルの屋上なんて、もわっとしてそうなのにな。
★1 - コメント(0) - 2013年6月19日

視界にうつるものをよく見ている。淡々と丁寧に描く。この人の言葉で写し取られると、自分が気にも留めない何気ないものが、自分で見るよりいきいきとする。たとえば「こうこうと眠る」なんて、思いもつかない表現だけど、読んでみるとこれ以上しっくりくる言葉なんてない気がする。どれもこの人でなければ使いこなせない描写だと思う。
★3 - コメント(0) - 2012年2月10日

東京のいろいろな屋上からの風景。途切れ途切れに連なる一人称の描写が不思議と心地よく、ホームビデオを見ているような感覚。次々と物事を捉えていく視線の優しさと物寂しさがいい。屋上から見下ろされる、ビルの谷間で読みたいエッセイ。
★3 - コメント(0) - 2011年11月19日

ふんわりして淡々としていた。読みやすいけど文章がひらがな多目でちょっと分かりにくい。文章にもう少し力を入れてほしいなーと思う。
- コメント(0) - 2011年11月4日

石田千さんの文章ははまる時とのれない時とがあるので、タイミングをはかりつつちょっとずつ読み進みました。「月と菓子パン」の時期に比べると文体に気取りのようなものを感じてしまうことが増えたかも。私の方の変化かもしれませんが。「反省は、しているうちに死んでしまうからしない。」というのは格好良い。
★6 - コメント(0) - 2011年11月3日

好みの文体ではあるんだけど・・無理に屋上の縛りがなくてもよかったかな。途中で飽きた。主に東京の屋上からの風景なんてどれも似たりよったりだよな。しかしいつでもビールぐびぐび飲む作者に親近感。
★4 - コメント(0) - 2011年11月1日

今読んでいるみんな最新5件(2)

04/04:amenohinooto
10/08:tomo

読みたいと思ったみんな最新5件(17)

12/28:nogami
08/29:ホームズ
10/30:カオル
05/21:ぱせり
屋上がえりの 評価:88 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)