ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉武満徹: 現代音楽で世界をリードした作曲家 (ちくま評伝シリーズ“ポルトレ”)

ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉武満徹: 現代音楽で世界をリードした作曲家の感想・レビュー(9)

2016年10月23日:とし
武満さんについて知っていることといえば、ご存命中にテレビで何度か聴いた曲とエッセイを書かれていたことぐらい。作曲されたものの中では「系図」という曲が好きでした。今回この評伝を読みつつ曲を聴いてみて、いいなと思う曲が他にもたくさん見つかりました。私の音楽の趣味は1960年代のジャズで止まっているので(クラシックはどの時代のものでもたいてい好みです)、現代音楽ももう少し聴いてみようと思います。
★39 - コメント(0) - 2016年8月14日

武満さんの音楽で初めて聴いたのは「弦楽のためのレクイエム」。あれは20歳ごろだったか。あの独特な音楽を作った人について、初めてその伝記を読んだ。そして涙が出そうになった。貧困や結核との闘いだった青年期。独学で作曲家になったという、そんな努力の人なのに、決して深刻ぶらず、自然体で音楽を作っていたことに、かえって感動を覚える。もう少し長生きしていただきたかった。
★22 - コメント(0) - 2016年6月30日

2016年6月24日:鵯州
2016年4月23日:半殻肝
手にとって悪かった。本当に知らないわからないごめんなさい。
- コメント(0) - 2016年3月29日

2016年3月11日:minako
2016年2月16日:桃カステラ
2016年1月28日:asako

積読中のみんな最新5件(1)

01/28:保田潤子

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

08/15:neimu
08/14:Sherringford
07/06:夕鬱
04/04:yossy
ちくま評伝シリーズ〈ポルトレ〉武満徹: 現代音楽で世界をリードした作曲家の 評価:67 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)