未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義II

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIはこんな本です

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIを読んだ人はこんな本も読んでいます


未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIの感想・レビュー(271)

N
価値は何からでも作れるということが、おそらく主張。問いを立てるのを繰り返し、リフレーミングする。ティナ・シーリングの本は常に要領を得ない。まとまりに欠けて主張がわかりにくい。
★1 - コメント(0) - 1月26日

クリエイティブな発想も訓練できるんだと実感。「知識は想像力の燃料」というのはその通りだと思う。
★2 - コメント(0) - 2016年8月24日

冒頭でイノベーションエンジンという概念をぶち挙げてみたものの、本分を通読してみた感じ、すごくまとまりに欠ける本になっていると思います。個々の項目では役立つ内容に触れることができますが、それらがぶつ切りになっており、一冊を通して大きな流れになっていないと申しましょうか。だからといってだめな実用書でもなく、学べることは多々あります。
★9 - コメント(0) - 2016年7月24日

イノベーションエンジンについて、最初と最後に書いてあるが、中心はクリエイティビィティを伸ばす方法であった。環境やルール、モノの見方をフレームを変えようということ。参考になったのは、問いの立て方が重要という点、三番目に思いついた答えがよりクリエイティブになるという点。
★2 - コメント(0) - 2016年5月5日

MRIという言葉しか記憶に残らなかった。
★1 - コメント(0) - 2016年3月10日

gop
わりとよく言われていることに、実験結果などを提示して補強するというような本で、巷にあふれる根拠のない実用書よりは役に立ちそうです。
- コメント(0) - 2016年1月23日

色々な考え方を提示してくれました。読んでいる間中、終始脳みそを刺激されていました。楽しいひとときでした。
★3 - コメント(0) - 2016年1月20日

読了。書いていることはとても前向きで参考になるものばかりだが、1巻同様、例示が分かりにくく(筆者の学者友達の話が多くイメージしにくい)残念な部分もあった。特にイノベーションエンジンとして6つの要素を挙げていたのは興味深かったです。
★1 - コメント(0) - 2015年12月15日

青い壁はクリエイティビティを高める。青いカーテン買ってきます。
- コメント(0) - 2015年11月15日

これだけたくさんの知識や情報も、やってみないことには活かせない。そして、なにかを始める前に大事なのは姿勢だ。フォード「できないと思えばできない。できると思えばできる」ここが出発点なんですね。できると思ってやることから始まる。舞台に上がる前の心得だ。
★10 - コメント(0) - 2015年11月11日

こんな授業受けたかったよおおおおおおお
- コメント(0) - 2015年10月20日

イノベーションエンジンは頭に入ってきませんでしたが、書かれていることは有益な情報ばかりでした。
- コメント(0) - 2015年10月14日

qee
刺激が多い環境で育てられると、大脳新皮質が発達しやすいらしい。自分はもう子供には戻れない。でも今からでも色々なことに挑戦しようと思っています。
★2 - コメント(0) - 2015年10月2日

★★★☆☆
★1 - コメント(0) - 2015年9月14日

What I wish I knew when I was 20 の続編。 クリエイティブをどのようにして問題解決に役立てるかを説いている。日々の観察を通して知識をみにつけ、それを元にして想像力を働かせてアイデアを産む。 それと、道は開けると思い込むこと。最初から無理と思い込んでしまえば、開けるものも開けない。
★1 - コメント(0) - 2015年9月7日

物事の考え方や発想の仕方は、学校教育ではなかなか教えられない。著者は、人生における最大の失敗は、想像力を働かせないことと言い切る。その上で、クリエイティブな成果を上げるためには、あらゆる類の制約が重要な役割を果たすとし、「なぜ」を繰り返すこと、視点を変えること、最初に考えつくアイディアは最善ではないと説く。
★7 - コメント(0) - 2015年8月30日

HM
★★☆☆☆前作が良かったので読み進めたが、本作は私には合わなかった。発想方の本だが、あまりまとまっていない印象。
★1 - コメント(0) - 2015年8月29日

新年度に向けてどんな取り組みをしようか―案を練っているときに、「“クリエイティブ”がテーマになっている本を読んでみよう!」と思って手に取ってみました。失敗をおそれず、どんどんチャレンジすること。失敗をしても解決法をあきらめず見つけ出すこと―。固定観念にとらわれず、自由な発想をもっとしてみようと勇気づけられる1冊でした。
★1 - コメント(0) - 2015年7月15日

是非授業受けたいなって思った。自分は大学入るまでなんもかんがえなかったけど、日本の大学ってこゆことしてないなってなった。こういう教育を受動的にされてるうちに積極的に自分てできるように生るのかなとも思う。どっちにしろ、いまできることか何かじゃなくて、何をしたいか考えて生きたいなって思った。バックミラーばっか見てたらぶつかっちゃうしね。
★1 - コメント(0) - 2015年5月6日

斬新なアイデアを生み出すための方法論を紹介。
★5 - コメント(0) - 2015年2月15日

リフレーミングの考え方を学べただけで読んだ価値があった。同時に発想は日々の積み重ねがあって身につくものだと思うので読んで終わりにしてはいけないと思った。前作ほどのインパクトはなかったかな。
★1 - コメント(0) - 2015年1月14日

挑戦の奨励。小さな発展も驚くような発想も、無からではなく日常の不満、気が付きを深く掘り下げ、横に広げて、新しい事への挑戦と失敗から生まれる。ではじっと椅子に座って新しい発想が"降りてくる"のを待てば良いのか? いや、私達は少なくとも創造性を発揮させるための手段を持っている、失敗を許容し挑戦を認め、様々な視点で物事を見つけるために環境を作り、手を動かし、知識を掘り出す、その実践的な手段についてが描かれている。 創造性を発揮するのは楽しい。それは間違いない。これらの手法は楽しく仕事をする上でも役に立つと思う
★2 - コメント(0) - 2014年11月17日

創造性は高められる。その為の手法について、分かりやすく解説されている。私自身は創造性が全くないので、グーグルの入社希望者に問われたという、「スクールバスにはゴルフボールが何個入りますか?」なんて質問、良い答えが全然思い付かない!思い込みにこだわらず疑ってみる事や、知識を蓄える努力をしてみよう。
★2 - コメント(0) - 2014年8月15日

リフレーミングで視点を変えて、想像力を伸ばす。適切な問いをたてることはとても大事。確かに不適切な問いをたててしまうと、全く関係のないところで解決策を探すことになってしまう。当たり前のことのようだけれど奥が深いと思った。「問い」がそもそも正しいのかと問う姿勢は忘れずに常にもっておきたい。
★5 - コメント(0) - 2014年8月13日

良い本です。具体的な事例が豊富で楽しんで読めます。確かに20代の時に呼んだらよかったかも。
- コメント(0) - 2014年7月27日

読了。イノベーションエンジンを働かせるには、自分の意識を変えないといけない。豊富な事例とともに、少しの工夫と役割づけだけで人間のもつ創造性を大いに発揮できるようになる。
★9 - コメント(0) - 2014年7月2日

著者:ティナ・シーリングの前作「20歳のときに知っておきたかったこと」を僕は20歳のときに読んで、それはそれは良かったので、その続編という位置づけが本作なので、読むしか無いでしょという流れなので、けどそれは出版社の戦略なので、まんまと引っ掛かった。
★2 - コメント(1) - 2014年6月24日

"クリエイティブ"という言葉は、使い方によっては非常に浅いものになってしまう言葉だ。単に奇をてらうだけとか、ナルシストな欲求を表す言葉に。そういうものとは違って、本書において著者が"クリエイティブ"になるために提案していることやその具体例としてあげていることは、実際に重要なことだと思う。文化、知識、環境、資源、姿勢、想像力。そのどれもがかけてはいけないことだ。例えば、どこかでマシュマロチャレンジをやれば、その場がその瞬間から、がらりと変わるかといえば、必ずしもそうではないだろう。
★1 - コメント(1) - 2014年6月22日

成功の鍵は、いつも自分の中にある。この本を読んだところで何かが変わるわけじゃない。非常に柔らかな語り口でとても読みやすかったです。
- コメント(0) - 2014年4月23日

読んで、こんな風に新しいアイデアを出していけたら楽しいだろうな。とわくわくできた。アイデアを出すための手法が沢山紹介されているけれど、個人的に気になったのは、環境の与える効果を分類しているところ。環境は人生の舞台。みんなで共有もできる。実践したいと思った。
★2 - コメント(0) - 2014年1月8日

「世界一の剣の達人は、世界で二番目の剣の達人を恐れる必要はない。恐れるべきは、剣を手にしたことがない無知の敵である。こうした輩は、やるはずのことをしないので、達人は備えができない。そして、やるはずのないことをして、達人を捕え、その場でとどめを刺すのだ」 マーク・トゥエイン
- コメント(0) - 2013年11月7日

hem
母であり起業家であり教授であるティナシーリグさん。彼女の目線はとても温かいと著作を読むといつも思う。奇抜に見えて、科学的に裏付けがしっかりとれた良いイノベーションの方法を与えてくれる。イノベーション・エンジンによって加速が始まる瞬間の楽しさを、感じられるように参考にしよう。前作は原書もテンポが良く読みやすかったので、本書も読んでみたいな。
★1 - コメント(0) - 2013年10月25日

姿勢や発想を変えることは決して大袈裟な事ではなく、日常業務一つにも繁栄できる。孫引きになるけど、凄く響いたのは以下。"マーク・トウェインに、こんな有名な言葉があります。「世界一の剣の達人は、世界で二番目の剣の達人を恐れる必要はない。恐れるべきは、剣を手にしたことがない無知の敵である。こうした輩は、やるはずのことをしないので、達人は備えができない。そして、やるはずのないことをして、達人を捕え、その場でとどめを刺すのだ」" 今の企業活動を射ぬくような鋭い言葉だと思う。
★1 - コメント(0) - 2013年10月13日

努力でイノベーションを生み出す工夫はできる、ということかな。
- コメント(0) - 2013年10月12日

めちゃくちゃ面白かった。また読みたくなるだろうな。フレームの使い方も具体的でいい。
- コメント(0) - 2013年9月19日

クリエイティビティとは、頭で考えるだけでなく、実際にやってみるものだ、ということです。一瞬一瞬が創造性を発揮する機会になることに、目を見張るでしょう。素晴らしいアイディアを思いつくのにコストはかかりません。・知識は想像力の燃料です。・想像力は、知識をアイディアに変える触媒です。・このプロセスは、資源、環境、文化などさまざまな外的要因に左右されます。・姿勢は、イノベーション・エンジンを動かす強力な起爆剤です。(実際にやらねばっ!@ Sun.)
- コメント(0) - 2013年7月10日

大学の講義を思い出すような内容。確かにクリエイティブな考え方をするための具体的作法がいくつも登場する。クリエイティブな考え方に憧れを抱いていたり、勉強したい方にはオススメ。
★1 - コメント(0) - 2013年7月5日

具体的なアイデアを出す方法がたくさんの事例と共に書かれている。読みやすいと思う。
★1 - コメント(0) - 2013年6月21日

クリエイティビティとは、頭で考えるのではなく、実際にやってみるもの。自分にも無限の想像力があると自信がつく。「サード・サードという考え方。何か問題にぶつかった時、最初に思いつくのはありきたりな答え、二番目が面白く、三番目がクリエイティブな答えになる」 「青は空のイメージと結びつくので、開放的になる。これは、屋外や天井の高い部屋のほうが、アイデアを膨らませやすいという事実と一致する」「クリエイティビティは制約が好き」「何か問題にぶつかった時、解決する方法はあると信じることが、解決法を見つける重要なステップ」
★17 - コメント(0) - 2013年6月16日

文字は少ないが中身は濃い。非常に具体例が豊富で説得力があり、楽しみながら授業を受けた気持ちになれる。
★1 - コメント(0) - 2013年6月12日

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学 集中講義IIの 評価:60 感想・レビュー:79
ログイン新規登録(無料)