K2 苦難の道程(みちのり)―東海大学 K2登山隊登頂成功までの軌跡

K2 苦難の道程(みちのり)―東海大学 K2登山隊登頂成功までの軌跡
290ページ
13登録

K2 苦難の道程(みちのり)―東海大学 K2登山隊登頂成功までの軌跡の感想・レビュー(7)

写真が掲載されていなかったのが、残念。
- コメント(0) - 2013年8月16日

K2はとても気になる山で、好きな山である。高さは2番目でありながら、第1位のサガルマータ/チョモランマよりも困難な山であること、そして測量番号が呼び名となったままの山ということが、その理由だと思う。 そのK2の登頂にいたる軌跡を登山隊長がまとめたのがこの一冊で、記録だけではなく取り巻く人々の思いが散りばめられている。 登頂・下山の場面には、登頂した小松隊員の手記からの記述が記載されていて、より強い印象を与えている。 やっぱりK2は凄い山である!
- コメント(0) - 2013年5月25日

率直な感想。正直、序盤はつまらなくて読むの止めようと思ったがC3からの登頂アタックから一気に面白みが増した。蔵元隊員の不運、8000mでのビバークを乗り越えたりといろいろと濃い話でした。。。そういや昔東海大女性初登頂うんたらとマスコミが騒いでいたな~と過去の記憶が蘇った。彼らのことだったのか....
- コメント(0) - 2011年6月26日

2009年1月28日:かず
2008年9月21日:Stevie G
後半になるにつれて面白くなった。
- コメント(0) - --/--

--/--:nuku-poka

今読んでいるみんな最新5件(1)

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

10/27:コイヌ
10/20:さえ

人気の本

K2 苦難の道程(みちのり)―東海大学 K2登山隊登頂成功までの軌跡を読んだ人はこんな本も読んでいます


K2 苦難の道程(みちのり)―東海大学 K2登山隊登頂成功までの軌跡の 評価:100 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)