くらべる時代 昭和と平成

くらべる時代 昭和と平成
175ページ
194登録

くらべる時代 昭和と平成を読んだ人はこんな本も読んでいます

みかづき
3603登録
i(アイ)
3344登録

くらべる時代 昭和と平成の感想・レビュー(19)

⭐️⭐️⭐️⭐️
★2 - コメント(0) - 3月26日

大好きなおかべさんの本、最新刊。 昭和と平成、同じものがどう変わったかを一目瞭然に紹介されています。食べ物が固いのが昭和、柔らかいのが平成だそうで そういえば昭和の人間の方がアゴがガッチリしていますね。(その写真はないけど) とにかく昭和のアレコレが懐かしすぎて身もだえがしそう~。昭和の物は今こうして見ると洗練されてないけど、勢いがあった気がします。昭和の大きなうねりの後、こじんまりとセンス良くまとまった平成になったような。昭和生まれも平成生まれも読んで損はない、楽しい本です。
★10 - コメント(0) - 3月26日

平成生まれにとって『屋上で遊べた』ことは、驚きのようです^^
★8 - コメント(0) - 3月25日

図書館の本。昭和と平成の物たち。どちらもよ〜く知ってる身としては面白くてスラスラ読めました。読むというより写真だから「見る」かな。機能が優れてるのが平成の物なんだろうけど、ここに載っている食べ物は昭和の方が美味しそう。キャラ弁なんて「食べ物で遊ぶんじゃない」って思ってしまうのは私が古い人間だから?ガムが硬い、顎が疲れるという消費者の声があるって?笑
★5 - コメント(0) - 3月25日

なんだかロマンを感じる本でした。あと、平成と呼ばれている部分は2000年からだとあとがき?でも書いてありましたが、2000年より前は公衆電話も普通にあったし、茶髪のひとは不良だったし、ウォシュレットも一般的ではなかったなと平成前期に思いを馳せました。
★5 - コメント(0) - 3月24日

目で見るシリーズもくらべるシリーズも楽しくて好き♪やはり写真の効果が絶大。表紙のオムライスから「確かに〜!」と納得。並べて比較すると、街のネオン、公園の遊具、花束、日傘など様々な身の回りの物が変化していることが分かる。コラムの「昭和あるある」も面白く、写真の焼き増しなんて面倒なことをしていた日を懐かしく思い出した。利便性や機能性が向上するのは嬉しいことだけど、ガラスのラムネ瓶やレトロな郵便ポストがなくなるのはちょっと寂しいかな。次の時代になったら、紙の本と電子書籍が比較対象になっていたりして(^^;
★94 - コメント(7) - 3月23日

「目でみる」シリーズの時代比較版。表紙にもある昭和の「オムライス」は、学生時代に通った近所の定食屋を思い出し、味と香りだけでなく、客の前でも平気で罵っていた店主夫婦の口喧嘩まで蘇りました(笑)。母と買い物に行って遊んだデパート「屋上」の遊園地、子どもが片手で持つにはやや重い花柄の「卓上ポット」など、思わずページをめくる手をとめて、しばし過去へタイムスリップ…。ネタの選定において、目の付け所が絶妙です。単なる懐古趣味に陥ることなく、「変化のポイント」を冷静に分析する視点の確かさに敬服いたします。
★41 - コメント(0) - 3月19日

「実に面白い」セリフじゃありませんけど本当に楽しかったです。ある程度昭和時代に物心ついていないと、そのくらべ方が分かりにくいかも。今も現存しているものたちを写真と丁寧な解説で、その変化を感じることが出来ます。家庭用品(食器類や黒電話)などはうちの古い家にまだ残っているので、後で探してみようと思いました。オムライス、プリンは昭和の固めが好みです。昭和だった頃を思い出しノスタルジックな気分に。和暦と西暦の換算方法は昭和はハッキリ分かってましたが、何だか未だに平成は何年なのか?悩んでいたけれど、これでバッチリ!
★90 - コメント(0) - 3月19日

スタイリッシュなのが平成。存在感のあるのが昭和。
★13 - コメント(1) - 3月12日

昭和と平成と明確に分けられるモノではなく、時が流れていく中で徐々に、変わっていったモノを見ていく印象でした。個人的にインパクトが強かったのは、表紙のオムライス。幼少の頃、お子様ランチのオムライスは左でした。懐かしい。色々な世代の人達と一緒に見たら楽しいと思う1冊。単なるネタ本と感じないのは、説明とコラムが充実しているから。
★39 - コメント(0) - 3月10日

この感じ、大好き。目線が優しくて、どの写真にも愛を感じる。言葉で表せない気持ち。胸の中がふわぁ~~ってなる。このノスタルジーは宝物。
★25 - コメント(0) - 3月10日

昭和は64年で幕を閉じた。そのちょうど真ん中に生まれたので昭和のものはどれもこれも懐かしく今でも当たり前と思ってるふしがある。花束、田舎の花屋さんは堂々と昭和仕様で仕上げてくれる。ここら辺のお寿司やさんは昭和のままの握り。時代は流れるけれど一度にパッと代わるのではなく少しずつ形や様子を変えていくんだね。ドラム式の洗濯機が出始めたとき使ってみたけど今は普通の全自動。サイクロン掃除機よりも紙パック式。この本の良さはどっちがいいって言わないところ。オムライスは断然くるんだ方が好きです。
★105 - コメント(3) - 3月7日

見開き写真で一目瞭然の昭和・平成の違い。比較だけじゃなく、今も現役な昭和のもの(丸いポストとか)を見てるだけで楽しい私は、そうです古い人間です。個人的にびっくりしたのは「花束」。いわれてみればなるほど。ちなみに表紙のオムライス、私は断然昭和派です。
★47 - コメント(2) - 3月6日

楽しく拝読いたしました。いつの間にか変わってしまったもの忘れられていくもの沢山ありますね。先日祖父の家に行き柱時計のねじをまいてくれと頼まれた息子は時計の前面を開けるということが分かりませんでした。7匹のこやぎはどうやって隠れたと思っていたのでしょう(笑)
★16 - コメント(1) - 3月2日

昭和など「つい最近のこと」と感じる人も多いでしょうが、実に様々なものが変化しました。オムライスに花束、日傘、トンネルなど34項目にわたる「昭和と平成」の写真を撮ってきましたので、その変化を見くらべて楽しんでください。お子さんも含めて幅広い世代で見て、時代の変化について語り合うきっかけの一冊になれば嬉しく思います。個人的なおすすめはもうすぐなくなってしまうというすべてガラス製のラムネ瓶かな。まだ探せば飲めます。
★81 - コメント(5) - 2月20日

今読んでいるみんな最新5件(6)

03/26:たく
03/25:kiko
03/23:チョビ
03/18:kuri8655

積読中のみんな最新5件(10)

03/26:spatz
03/25:kiko
03/25:あまね
03/19:アサナン

読みたいと思ったみんな最新5件(159)

03/26:たく
03/25:いおい
03/25:ナガツキ
03/24:izuru
03/24:るぴん
くらべる時代 昭和と平成の 評価:100 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)