折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
あらすじ・内容
【『折れた竜骨』特設ページ公開中】

ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある日、放浪の旅を続ける騎士ファルク・フィッツジョンと、その従士の少年ニコラに出会う。ファルクはアミーナの父に、御身は恐るべき魔術の使い手である暗殺騎士に命を狙われている、と告げた……。自然の要塞であったはずの島で暗殺騎士の魔術に斃れた父、「走狗(ミニオン)」候補の八人の容疑者、いずれ劣らぬ怪しげな傭兵たち、沈められた封印の鐘、鍵のかかった塔上の牢から忽然と消えた不死の青年──そして、甦った「呪われたデーン人」の襲来はいつ? 魔術や呪いが跋扈する世界の中で、「推理」の力は果たして真相に辿り着くことができるのか? 現在最も注目を集める俊英が新境地に挑んだ、魔術と剣と謎解きの巨編登場!

*第1位 『ミステリが読みたい!2012年版』国内篇
*第1位 『2012本格ミステリ・ベスト10』国内ランキング
*第2位 『このミステリーがすごい!2012年版』国内編
*第2位 〈週刊文春〉2011ミステリーベスト10 国内部門
*第6位 Best Books of 2010/Amazon.co.jpエディターが選ぶ文芸TOP11(2010年12月8日)

あらすじ・内容をもっと見る
338ページ
5933登録

折れた竜骨を読んだ人はこんな本も読んでいます

夜行
5930登録

折れた竜骨の感想・レビュー(3926)

図書館本。同著者の「さよなら妖精」が好みじゃなかったので、不安に思いつつ読んでみたら面白かった。私はミステリー音痴だが、ファンタジーとして十分読み応えがあった。粗野な雰囲気で血生臭い中世イングランドや北海の荒々しい気候風土が、時代はずっと後になるが皆川博子「海賊女王」を思い出す。十字軍や魔術・騎士道など現実的でありながら神秘的な設定がとても生きていると思う。錬金術や魔術というものを本気で信じていた時代だからこその<剣と魔法のファンタジー>の醍醐味を感じられた。ラストは驚いた!これがミステリーの手法なのか!
★5 - コメント(0) - 3月27日

面白かった!期待していたほどスケールの大きい物語ではなかったけれど、魔術がなんでもありではなく、ギリギリのリアリティをはらんでいるのでミステリとして成立して面白い。一人称は好みではないのですが、それもしっかり効果を発揮していて良かったです。世界が広がりそうな期待を感じる終わりもよかったですが、読者としては続編を期待してしまいます。。それとももうすでにあるのでしょうか。。気になる。。
★2 - コメント(0) - 3月27日

作者の本を一気に読んでいるせいで「この台詞も怪しいのでは!?」と疑心暗鬼にかられながら読みました。伏線わかりやすかったですが、それでも面白かったです。序盤は慣れない中世のワードが沢山出てくるからか読み辛く感じるところもありましたが、事件があってからは一息でした。それにしても主人公かっこよすぎ。
★2 - コメント(0) - 3月25日

再読。初めて読んだときは謎がよくわからなくて「?」ってなったのだけど 〈走狗〉が誰がうろ覚えで読んだらすぐに気になる箇所はわかりました。なるほど。ミステリーぽくないけれど 魔術で記憶が吹っ飛んで犯行を行なった当人でさえ行なったことがわからないという「動機」や「精神の揺さぶりによる自白」は通用しない、頭を働かせて色んな要素をつなぎ合わせなければ犯人は突き止められない、そういうミステリ、だと思います。
★3 - コメント(0) - 3月22日

魔術のあるファンタジー世界で起こった殺人事件を、探偵役である騎士が解いていく話。語り手は殺された領主の娘。あまり見かけない設定で、面白く読みました。世界観は好きなんですが、伏線はもうちょっとオブラートに包んで出してくれたほうが良かったなぁ。
★5 - コメント(0) - 3月16日

魔術のあるファンタジー世界でもミステリーを成り立たせようという斬新な試み。辛辣な意見をいえばそのワンアイディアで止まってしまった感じも否めない。相反するものを上手くまとめあげたなあという印象で、相乗効果を感じるほどまでではなかった。とはいえ、この世界に漂う雰囲気自体は好きなので、ちょっとミステリ要素のあるファンタジー程度の塩梅で続編が読みたいなと思いました。
★7 - コメント(0) - 3月14日

ファンタジーと本格ミステリなんてどうあっても交わらなさそうなのに……お見事!冒頭こそ登場人物にこんがらがったものの、読みやすい文体だった。魔術と剣、不死身の人間まで出てくるのに、あくまでも論理と推理で犯人を暴き出すってのがいい。全員揃ったところで1人ずつ容疑から外していく展開も、「犯人はお前だ!」から物語が急展開するのも、ツボをおさえていてにやり。結末まで読んで意味の分かるタイトルが、彼らの未来を想わせてくれた。
★5 - コメント(0) - 3月7日

獅子心王の御代ということでアイヴァンホーの世界に魔法をかけたような物語だった。中世を舞台にFateをやったらこんな感じなのかも。十字軍の時代のグローバルな雰囲気がよく出ていて面白かった。
★3 - コメント(0) - 2月25日

ファンタジー色の強いミステリーと聞いて正直あまり期待はしていなかったが面白かった。登場する魔術が超次元的なものではなくこじんまりとした親しみの持てる魔術で、世界観が壮大になり過ぎていなくて良かった。犯人は割と想像の範囲内だけど、劇中で起きた事件、交わされた会話の全てが伏線になっていて見事に回収されているからすごい。いつか成長したアミーナとニコラが再開できたらいいな。
★2 - コメント(0) - 2月25日

個人的にはあんまり。ファンタジー要素が特徴の一つですが、自分には合わなかったようです。ただ推理自体は確かに論理的で、犯人が明らかになるまでのプロセスはワクワクしました。
- コメント(0) - 2月23日

なかなかの長編ですが、全く長さを感じさせないくらい面白かったです。ミステリと聞いていたので魔法やら呪いには戸惑いましたが、きちんと謎解きしていて素晴らしい。キャラクターは個性が強く、戦闘シーンも迫力がある。少し切ないラストも好みです。ハリウッド映画で観てみたいような作品でした。
★26 - コメント(0) - 2月22日

たまたま目に付いて・・全く期待してなかったし(最初の何ページか、読み始めたら、ラノベ??って感じだったし・・)。とはいえ、米澤穂信さんの初期作の感じがちょっとだけ垣間見えるような感じがするところが面白い。たぶん配偶者はこういう世界観のお話は結構好きだと思う、聞いてないけど。ファンタジーっていうのもたまに読むと結構楽しめる、かな?。どこまで史実に沿ってるんだろう?12世紀のイギリス近傍の島??騎士道って?海賊?デーン人?魔術や呪いが跋扈??馴染みの無い設定だからこそ楽しめたのかな?引き出しの多い作家さんだ。
★10 - コメント(0) - 2月16日

これ面白い!最近読んだ中でもダントツ!最初は「分厚いなぁ…しかも上下2段じゃん。え?魔法?呪い?…なんかあんま面白そうじゃないなぁ…」と思ってました(すいません笑)実際読み始めは、登場人物の名前とか覚えられなくて苦戦したんです。でも後半になってスピードアップ!デーン人との戦いのシーンではハラハラして。ニコラに終始キュンキュンして。これはファンタジーでもあり、ミステリーでもあり、恋愛小説でもあったんですね!女性の方にぜひ読んでもらいたいなぁ。最後のシーンも情景が浮かんで良かったよー。楽しい読書時間だったぁ。
★4 - コメント(0) - 2月14日

思ってた以上にファンタジーな作品だった。展開が早く、読みやすかった。
- コメント(0) - 2月8日

作者で本を選んだらちょっと苦手なファンタジー物でしたが、史実をベースにしているということもあり面白く読めました。ミステリーというより冒険物という印象を持ちました。
★2 - コメント(0) - 2月4日

むっちゃくちゃ面白い!! 舞台は12世紀のイングランド沖の架空の島で、十字軍やイギリス国王の名前など史実どおりなのだが、魔法が存在する世界。そこで起きる領主殺人事件。物語の語り手は領主の娘。魔法は存在するがそれも含めて犯人を推理する思考はとことんロジカルな超本格ミステリー。「本格」という言葉は使いたくないが。小説全体に漂う寒々とした空気感、語り手であるアミーナと"探偵役"となる騎士ファルクの従士であるニコラが少しずつ心を通わせていく描写が良い。ラストの余韻もとても素敵。とにかくニコラが良いなぁ。
★44 - コメント(2) - 1月29日

外国人の作家が書いたのかと思ってしまった。 ファンタジーと、ミステリー。 個人的に、魔法とかのファンタジーは苦手で、その意味でなんともしっくりこなかったが、力作。
★1 - コメント(0) - 1月29日

前半は淡々と進む印象だったけれど、後半は気持ちが乗せやすい。それというのも、前半はアミーナとニコラの会話がないからだ。アミーナが領主の娘の立場から少しだけ外れたところで会話できるのがニコラで、2人の会話はかわいらしくて楽しい。犯人はわかりやすいけれど、関係者を一堂に集め、この人はこういう理由で犯人ではないと説明して残った人間を犯人として挙げるスタイルはミステリが好きな人間としてはやはり嬉しいもの。アミーナとニコラがいつかまた再会してくれたら嬉しい。同じ著者の作品をもう少し読んでみたくなった。
★9 - コメント(0) - 1月26日

「満願」「羊たちの〜」の後に読んだ。かなりテイストが違うのでびっくりした。ヨーロッパのお話で魔術が出てくる。犯人は早い段階から分かったけど、デーン人のことなど付属要素も色々あったので、最後まで楽しめた。「満願」のようなような驚きは少ないかも。
★4 - コメント(0) - 1月25日

思ったよりとても面白かった。魔道士達は、なるほど錬金術師という方があっている。ページ数の割にペラっと読める。キャラクターも世界もどこか軽い感じがするのでラノベのように読めるのかな?犯人はかなり早い段階で目星がついてしまうので、それよりも世界観やデーン人達との闘いを楽しむ感じに。久しぶりに、この物語の続きを読みたいと思ったワクワクする一冊。それにしても、この人の本は毎回本の途中ですぐに犯人がわかるなぁ。。ヒント散りばめすぎなのか?
★3 - コメント(0) - 1月20日

 中世ヨーロッパの世界に、「魔術」などのファンタジー要素を組み入れ、それらを駆使しながら、あくまでも論理で解決するという、独特な推理小説でした。  「魔術」や「走狗」の設定が、ミステリーとして破綻しないように、ことこまかに調整してあり、そのバランス感覚が見事でした。  唯一の不満点があるとしたら、登場する人物があまりにも、「日本人が想像する中世ヨーロッパのイメージ」から脱せていないところです。  リアリティを追求すれば良い作品になるとは思いませんが、どことなく登場人物が希薄に思えました。    
★6 - コメント(0) - 1月11日

再読。先ほどに引き続き中世風ミステリが読みたくなって。犯人が最初から分かってても面白いと思わせるのって、やっぱり腕がある証拠だよな。初読時から見当付いてたから意外感は無いのが残念なとこ。
★7 - コメント(0) - 2016年12月30日

ファンタジーとミステリー、ロードスを読んでいた中・高生時代に出会っていたら今より楽しめたのかな~
- コメント(0) - 2016年12月23日

中盤ぐらいまでで犯人の検討はついてたのであとは世界観を楽しみながら読んだ。呪われたデーン人との戦闘シーンが1番ワクワクした。論理的であるミステリーとある程度何でもありのファンタジーを巧く両立させる米澤さん、流石です。
★6 - コメント(0) - 2016年12月19日

伏線を回収しつつ容疑者を走狗候補から外していく推理パートが爽快でした。魔術的な道具や生命について、推理に関連する事柄は先に説明されている為、ファンタジーな世界観にも関わらず、読者視点でも犯人探しが可能となっているのが面白かったです。師弟の最後のやり取りでは、走狗以外にものっとり的便利魔術があったか?と疑いましたが、終章でファルクの意思とエドリックの顛末が語られたことで、すっきり飲み込めました。むしろ彼らとの会話やエピソードに既に伏線があったことが分かり、意外でありつつも納得のできる結末だと感じました。
★4 - コメント(0) - 2016年12月18日

とても面白かったです。魔法の存在する世界の中でも論理が通用していました。最初はあまり読み進まないけれども、途中からは 一気に読んでしまった。。。特に謎解き部分はやっぱりテンションがあがるなぁ。そして物語を通してアミーナ様 かっこいい。いつか読み直してみようかしらん。
★2 - コメント(0) - 2016年12月15日

ファンタジーの世界観に「推理」が融合した異色作品。しかし久しぶりにこんな王道ミステリー読んだ!と思うくらい「推理」部分の本格さが際立っていました。魔法が存在する世界。ソロン諸島の領主の娘アミーナは何者かに父を殺される。人を「走狗」に仕立て殺人を犯させる魔術。20年閉ざされた牢から消えた呪われた囚人。アミーナは騎士ファルク、その従者ニコラと共に父の死の真相に迫っていく。剣と魔術の世界観の中でロジックにのっとったミステリーが進んでいく不思議。ありそうでないニューミステリー。面白かった(๑>◡<๑)!
★36 - コメント(0) - 2016年12月10日

ミステリーとファンタジーが見事に融合していた。最後の展開が衝撃的で、読み応え抜群!ニコラとアミーナの最後の約束が、感動的でした。
★13 - コメント(0) - 2016年12月1日

召喚士とか魔導士とか戦士とか吟遊詩人とか、ファイナルファンタジーの世界ですよ!懐かしいーー。暗殺騎士を途中まで、暗黒騎士だと思ってた。謎解き勿体ぶるよな、と思っていたけど、最後まで楽しく読めた。
★3 - コメント(0) - 2016年11月15日

再読。
- コメント(0) - 2016年10月28日

こういうファンタジー物ってなかなか世界観に入り込めないし、設定は複雑だし、おまけにこの本は少々分厚いので今まで読めなかった。でも、読みはじめて、慣れてくると止まらなくなる!まず主人公が凄い。父親を殺され、その犯人を暴くため信頼できる仲間と共に調査に乗り出す。現実をしっかりと見据え、その信念を貫く姿勢に脱帽。戦いのシーンも迫力があり読み応えがあった。何よりヤバいのは最後の“犯人”!びっくりした。これは卑怯。全く思いつかなかったよ。でも、途中で分かってたらそれはそれで辛いので、よかったかな。
★10 - コメント(0) - 2016年10月5日

★★★★☆
★3 - コメント(0) - 2016年9月16日

中世時代のミステリーという設定は斬新で、魔法や不死身人間等の設定的拘束があったにも関わらず、トリックの完成度に無茶はなく、展開のスピードも含め、非常に高い完成度であった。でも走狗の正体(犯人)に途中で気付いてしまった。気付かなかったら最後まで純粋に楽しめたのに、、、と少し後悔。 ミステリーとしても中世ファンタジーとしても楽しめ、一冊で二度楽しめる。
★2 - コメント(0) - 2016年9月11日

初め物語に入りこめず、ちんたら読んでいたけど後半の展開は(推理らへん)面白く読みました。こういうファンタジー展開もほのぶん書くんですねぇ。でも私はいつもの作風が好きかも。
★12 - コメント(0) - 2016年9月6日

最後まで話の展開にのめり込むことはできなかったけれど、登場人物がひとりひとり丁寧に描写されていて、みんな魅力的でした。一番心が震えて印象に残っている場面は、襲ってくるデーン人に立ち向かうよう、コンラートの一党にアミーナが指揮官として指令を放ったところ。「勇士たちよ、力を見せなさい!」それに比べて、兄のアダムときたら┐(´~`)┌
★11 - コメント(0) - 2016年8月25日

AI
ミステリ読もうとして蓋を開けてみたらファンタジーなことに度肝を抜かれ、ついでに気勢も削がれてしまい、序盤は読み進むモチベーションがわかなかったが、舞台に慣れて登場人物の人間性に好意を持つようになってから面白くなってきた。元々ファンタジーも好きなので一度受け入れてしまえばスラスラ読めた。アダムがわかりやすく無能なのがストーリーの都合っぽくて残念。父に似ず祖父に似たのか?それにしたって祖父も(性格はともかく)勇敢ではあろうに…。そして傭兵は皆強すぎだし不遇。推理云々よりも何より、師弟愛がよかった。
★3 - コメント(0) - 2016年8月18日

以前、図書館の期限が迫って途中で諦めた本をお盆休みに再読。舞台は真冬だった!丁寧に構築されたファンタジーの世界が印象的。
★8 - コメント(0) - 2016年8月15日

単にファンタジーの世界というだけでなく、魔術や特殊設定が謎解きの要素になっていて面白かった。アミーナ様やファルクは最初の方から魅力的で、ニコラはいまいち?と思っていたら、ニコラが家族の話をしたあたりからどんどんニコラが魅力的になっていったし、お話自体が後半すごく面白かった。解決してめでたしめでたし、では終わらないけれど、読後感が悪いわけではない。続編がもし出るなら読みたい。
★5 - コメント(0) - 2016年8月12日

魔術が出てきてしまっては何でもありなのではないか‥それはずるいなぁっと思いながら前半を読みました。が、後半になってその魔術のルールの中できちんと推理し、無理のない結末に大満足でした。走狗の正体が途中でわかってしまったのは残念だったけれども、どう着地させるか、ワクワクしながら読むことができました。
★15 - コメント(0) - 2016年8月3日

舞台はファンタジーだけどやってることは探偵もの。新境地って書いてあるけど、デビュー前に書いていたものが元になってるんですね。後半特に面白かったです。アダムがすごいボンクラ~。
★6 - コメント(0) - 2016年7月29日

折れた竜骨の 評価:74 感想・レビュー:1643
ログイン新規登録(無料)