退職刑事〈5〉 (創元推理文庫)

退職刑事〈5〉 (創元推理文庫)
あらすじ・内容
退職刑事若かりし頃の事件「凧たこあがれ」や、五郎の妻美恵がディスカッションに参加する「五七五ばやり」、なんとも皮肉な結末に退職刑事の問題発言が飛び出す「Xの喜劇」など8編を収録。安楽椅子探偵の名シリーズ第5集。

あらすじ・内容をもっと見る
285ページ
69登録

退職刑事〈5〉の感想・レビュー(45)

古き良き安楽椅子探偵として楽しませていただきました。言い回しが古くて読みにくい部分もありますが、出版年が出版年ですからね。仕方がない……というか、それはそれで趣きがあって良かったです。
★4 - コメント(0) - 3月16日

シリーズ第5弾。〔再読〕さすがに5作品目、五郎の妻美恵さんが会話に入ってきたり、退職刑事のシリーズでは珍しい展開の作品も登場してきます。謎解きも少々強引だったり、ユーモアで読ませたりと、安楽椅子探偵の可能性を試す様にも感じます。「読者への挑戦状」は、ミステリー好きとしては必ず在って欲しいものです。しかし安楽椅子探偵の条件を鑑みると、論理的に伏線を読み解き事実を構築し、真実にたどり着くばかりが楽しめるとは言えない。そこには会話のみに於いて描くシステムだからこその、こんな解釈はどうかという緩さが良いと思える。
★65 - コメント(0) - 1月12日

シリーズ5作目。もったいぶってたけど再開。今回は現職さんの奥さんが推理に参加する話が新鮮。全体的に男女間のもつれが動機なのが目立ち、なんだかゴシップ的で私がグッとくるものがなかった~ザンネン。闇鍋がラストも「ふふふ」で良かったかな。解説に西澤さん出てきてうれしかった。さて、ついにラストの6作目へGO!!
★32 - コメント(0) - 2016年8月1日

【図書館】退職刑事も五巻目、徐々に謎解きが煩わしくなってきた。 それに論理的な謎解きでは無く、想像の域を出ない謎も増えて来た。 いろいろな解釈法を見つけ出す退職さんが凄いと思うけど、こじつけが入るようになった来たのは考え過ぎか・・・安楽椅子探偵物を続けていくと言うのは、しんどい事だと思う。 ほんとに敬服する。 「Xの喜劇」なんぞは、言葉遊びを楽しんでいる、こういう小説もアリかな?
★13 - コメント(0) - 2016年7月11日

わたし用に借りた本。退職さんと現職さんの安定のかけあい。椿先生の登場多め。いよいよ次がラストの6巻だなあ。
- コメント(0) - 2015年12月21日

「Xの喜劇」が一番好きかな。殺人予告とかシリーズの最初の頃に比べると変わっているなあ。
- コメント(0) - 2012年5月12日

現職さんの奥さん登場!セリフもあり。
★6 - コメント(0) - 2010年11月29日

好きなシリーズ。しかし、動機がほとんど友人に男盗られた、女盗られたなのはちょっと・・・(笑)。最後の「Xの喜劇」はなんだかホンワカしている。ダイイングメッセージでXを書いたがために、その後の推理によってとんでもないことが暴かれる。これ、自分だったら凹むなあ・・・、とはいってもダイイングメッセージを書いた時点で死んでるからもうどうでもいいか。
★1 - コメント(0) - 2010年10月2日

☆☆★
- コメント(0) - 2010年9月29日

『落葉の墓』再デビューした歌手の死。行方不明の妻。『凧たこあがれ』退職さんの手掛けた事件。『プールの底』プールの底の死体。共犯は好きじゃないな。『五七五ばやり』暗号もの(笑)ちょっと予想外な結末(笑)暗号ものとしては微妙かな。『闇汁会』闇汁会での死。時効の事件の捜査(笑)『遅れた犯行』まだ生きている人間を殺したと自主した男。賭けだよな(笑)『あくまで白』肉叩きが凶器。ちょっと微妙かな。『Xの悲劇』これが一番面白かった(笑)退職さんの間違った推理が導きだしたものが(笑)
★1 - コメント(0) - 2008年9月27日

今読んでいるみんな最新5件(3)

07/27:ミーホ
07/24:みっつ
03/29:yossy

積読中のみんな最新5件(13)

12/09:utsuken
08/03:ミーホ
01/16:Henriette
10/08:lonesome

読みたいと思ったみんな最新5件(8)

01/28:kbtysk
11/04:TKC
09/07:miruz444
02/08:
04/20:ゆかり
退職刑事〈5〉の 評価:44 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)